ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「法務省」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

集中連載 新型コロナで経済死しないための方法 :
借金を返せなくてもヤクザは来ない
資金繰りに行き詰まり、お金が払えなくなったらどうなるか? 「ナニワ金融道」張りの怪しい面々にあの手この手でハメられたり、暴力団がやってきて昼夜を問わずドアをたたかれたりするのではないかと想像する人がいるかもしれないが、それはもう過去の話である。「債権管理回収業に関する特別措置法」によって生まれた債権回収会社(サービサー)について紹介しよう。(2020/5/29)

日本マイクロソフト、新型コロナ対策の官民連携プロジェクトで内閣官房と協定 効果的な対策推進を支援
日本マイクロソフトは、新型コロナウイルス対策の官民連携プロジェクトで内閣官房と協定を締結した。効率的かつ効果的な対策の推進や、収束後の新しいIT技術活用モデルの提示に向け、IT活用による関連機関との連携強化や「新型コロナウイルス感染症対策」Webサイトによる情報提供の拡充などを支援する。(2020/5/22)

新型コロナの情報をAIで自動検索、内閣官房のWebサイトにチャットbot実装
日本マイクロソフトは、内閣官房のWebサイトに「新型コロナウイルス対策FAQチャットbot」を実装した。「Azure QnA Maker」を活用して開発した。AIによる自動応答で新型コロナウイルス感染症に関する情報を検索できる。(2020/5/1)

株主総会、ネット中継が主流に 緊急事態宣言で
新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、6月下旬に集中する3月期決算企業の株主総会の主流がネット中継になりつつある。5月になっても感染症の収束が見通せなければ、各社は延期や開催規模縮小の本格検討に入る見通しだ。(2020/4/15)

保釈制度見直し本格化、被告へのGPS装着が焦点に ゴーン氏の逃亡きっかけに
保釈に関する刑法改正が法制審議会に諮問され、保釈制度の見直しに向けた動きが本格化する。カルロス・ゴーン被告の逃亡事件をきっかけに、GPSを被告に装着させるシステムの導入が議論の焦点となる。(2020/2/25)

法務省、民事訴訟で翻訳AI活用を検討 国際化による多言語化に対応
法務省は、民事訴訟で翻訳AIの活用を検討している。国際化に対応し、訴訟資料の多言語化などでAI活用を目指す。(2020/2/21)

民事訴訟にAI活用 法務省、法制審諮問へ
 民事裁判の訴状や準備書面をインターネット上で提出できるようにする民事訴訟IT化の一環として、法務省が人工知能(AI)を活用した裁判の可能性について法制審議会(法相の諮問機関)に諮問することが19日、関係者への取材で分かった。訴訟の国際化に対応するためAIによる翻訳などを議論する見通し。(2020/2/20)

GPSを付けた被告が空港に近付くと警告するシステム、法務省が導入検討へ
日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告の逃亡を受け、法務省は保釈中の被告にGPS発信器を装着させ、空港などに接近した場合に警告するシステムの導入を検討している。(2020/1/17)

ゴーン被告の会見受け、東京地検と法務大臣がコメント 被告の主張は「自らの行為を不当に正当化するもの」
どちらも被告の行為や主張について強く批判する内容となっています。(2020/1/9)

スピン経済の歩き方:
「ほら、日本ってめちゃくちゃでしょ」 ゴーン氏の逆襲をナメてはいけない
カルロス・ゴーン氏が、会見を開く予定だ。「大丈夫でしょ。悪いのは彼なんだし」「すぐに逮捕して、日本に戻せ」といった声が聞こえてきそうが、大きな声をあげればあげるほど、日本にダメージを及ぼすリスクがあるのだ。どういうことかというと……。(2020/1/7)

AI活用で観光客をおもてなし 東京五輪の今と昔
2020年の東京五輪、パラリンピックでは、AIを搭載したロボットや翻訳機などが警備や案内に活用される見込みだ。1964年の東京大会では人海戦術に頼っていた観光客への対応が、技術の活用で大きく変化しようとしている。(2020/1/7)

業界動向:
建設業では受け入れが拡大する「外国人労働者」への依存度が高まる
ヒューマンタッチ総研は、国内における建設業の人材市場動向をまとめた2019年11月分のマンスリーレポートを公表した。今回のトピックスでは、外国人労働者の動向をトピックスとして取り上げている。(2019/11/28)

受刑者の減少で製品が作れない? 新宿矯正展に展示された貼り紙が「よく考えたらポジティブな理由」だと話題に
開催は8月6日16時まで。(2019/8/6)

この頃、セキュリティ界隈で:
1億人超の個人情報流出、容疑者はAmazon元従業員 クラウドセキュリティに不安の声も
米金融大手から流出した個人情報。容疑者はAmazonの従業員だった。(2019/8/5)

カメラで自動顔認証、電子申告ゲートを国内6空港の税関検査場に導入 NEC発表
カメラの位置を意識せず、ゲート内を歩くだけで本人確認が完了する。既に成田国際空港第3旅客ターミナルで運用されており、新たに新千歳空港、成田国際空港、羽田空港、中部国際空港、関西国際空港、福岡空港に導入される。(2019/7/11)

クラウド勤怠管理システムの選び方
「特定技能」で増える外国人材、勤怠管理システムの見直しが急務になる理由
労働環境は世相や意識の変化といったトレンドに大きな影響を受ける。新たな在留資格「特定技能」による外国人材の増加は、勤怠管理システムの機能を大きく変える可能性がある。(2019/7/4)

子に「親と同じ名前」を付けることはできるのか?
付けないけど気になる。(2019/6/27)

「『不正指令電磁的記録の罪』積極的な取り締まりを」警察庁の2月の通達、奈良県警が全文開示
奈良県警がエンジニアのSUGAIさんの情報公開請求に応じ、「不正指令電磁的記録に関する罪」(いわゆるウイルス罪)についての警察庁からの通達を公開。(2019/4/11)

世界を「数字」で回してみよう(56) 働き方改革(15):
外国人就労拡大で際立つ日本の「ブラック国家ぶり」
ここ最近、連日のように報じられている「外国人労働者の受け入れ拡大」。メディアで報じられている課題はともかく、この外国人就労拡大で際立っているのが、日本の「ブラック国家ぶり」です。このブラックぶりは、驚きを通り越して、むしろすがすがしいほどなのです。(2019/2/26)

2018年のブラック企業大賞、三菱電機に ジャパンビバレッジ東京は「有給ちゃんと取らせろ賞」
一般投票による「市民投票賞」は財務省。(2018/12/23)

建設業の人材動向レポート(4):
建設業における外国人労働者の実態、「技能実習生」だけでなく「建設技術者」などの専門職でも増加
本連載では、ヒューマンタッチ総研が独自に調査した建設業における人材動向をレポートする。政府は2019年4月からの新制度導入を目指して、詳細な制度設計などの準備を進めている。本稿では、ヒューマンタッチ総研が、外国人労働者受け入れ拡大の流れを踏まえながら、建設業における外国人労働者の実態についてまとめた。(2018/12/21)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「日本が嫌い」になる外国人を増やす、穴だらけ改正入管法の欺瞞
外国人労働者の受け入れを拡大する入管難民法などの改正案が成立。「移民政策ではない」とする矛盾を抱えて成立した法案には問題が多い。外国人を「よそ者」扱いする社会のままでは、日本を嫌いになる外国人が増えるだけではないか。(2018/12/14)

「ブラック企業大賞2018」ノミネート企業発表 「有給取得クイズ」メールのジャパンビバレッジやスルガ銀行など
事務次官による女性記者へのセクハラが大きく報じられた財務省もノミネートされました。(2018/12/5)

どんな事態が起きるのか:
外国人労働者受け入れ法案が招く、本当の姿
政府与党と維新の会の賛成で衆院可決し、法の成立が固まった出入国管理法(入管法)改正案。日本の将来像に重大な影響を与える法案ですが、移民が始まるとどんな事態が起こり得るのでしょうか。現実的な想像をしてみたいと思います。(2018/11/30)

日本で働けない外国人の無念背負う:
外国人材受け入れをもっと 法の壁に風穴開けた就職支援会社社長の執念
2019年に外国人材の受け入れ条件が緩和される。火付け役は外国人の就職支援のパイオニア企業の社長。日本で働けなかった外国人の無念を背負っての活動が実った。(2018/10/17)

CAD:
測量業・土地家屋調査士業向けCADシステム「Mercury-Evoluto」機能を強化したVer.8をリリース
福井コンピュータは、測量用CADシステム「Mercury-Evoluto(マーキュリーエヴォルート)」のバージョンアップを行い、国土交通省の「地籍調査事業」と法務省の「法14条地図整備事業」に適合させるため、地図作成などの機能を刷新する。(2018/9/13)

「お墓を持つのはぜいたく」な時代が来る? お盆前、日本の“最新墓事情”について調べてみた
お墓で土地がいっぱいにならないの?(2018/8/9)

電力業界のサイバーセキュリティ再考(2):
重要インフラのサイバーセキュリティ、米国はどう法整備を進めたのか
IoTの活用やデジタル化の進展に伴い、今後、電力業界でもさらに重要度が高まっているサイバーセキュリティ対策。本稿では、日本より取り組みが先行している米国において、重要インフラのサイバーセキュリティ対策がどのように法制度化されたのかについて解説する。(2018/7/30)

消費者庁が注意喚起:
架空請求の手口に異変 古典的な「はがき」が急増した理由
はがきを駆使した架空請求詐欺が増えている。電子メールのフィルタリング技術が発展していることを踏まえたという。消費者庁の調査で判明した。(2018/7/23)

電子公告のスムーズな運用のために
知られざる電子公告運用の世界、企業が抱える課題とは
2005年に法務省により電子公告制度が導入され、インターネット上でも公告の掲示が可能となった。だが、電子になることで新たな課題が生まれた。その課題をどう解決するか。(2018/7/12)

「あたしの振袖一枚しか……」 石田ひかり、民法改正で娘2人の“同時成人式”問題に頭を抱える
2023年の成人式どうなる。(2018/6/14)

2022年4月から成人年齢を20歳から18歳に引き下げへ 19歳は成人式に出られる?
いろいろな調整が必要。(2018/6/14)

「顔認証ゲート」成田空港などにも導入
羽田空港の上陸審査場に先行導入していた「顔認証ゲート」が、成田空港や関西空港などにも順次導入される。日本人の帰国手続き、出国手続きの両方で使えるようになる。(2018/6/8)

「ベーシックパック」「ZTE問題」「ブロッキング」――ドコモ18年度決算説明会一問一答
NTTドコモが2017年度の通期決算を公表した。この記事では、報道関係者向け決算説明会における質疑応答のハイライトをお伝えする。(2018/4/28)

ブロッキング時期は未定:
ドコモ吉澤社長、海賊版サイトに強気の姿勢 「見過ごすわけにはいかない」
ブロッキングの実施を決めたNTTドコモの吉澤和弘社長が、海賊版サイトに対してコメント。「コンテンツやインターネットのビジネスの発展を妨げている。見過ごすわけにはいかない」と強気の姿勢を示した。開始時期については「準備が整い次第」と明言を避けた。(2018/4/27)

一問一答完全収録 NTTグループのブロッキング、なぜ実施?
マンガやアニメの「海賊版(無断配信)」対策として、政府がうちだした「ブロッキング」要請。これに、NTTグループの通信事業者3社(NTTコミュニケーションズ、NTTドコモ、NTTぷらら)が応じる方針を明らかにしたことに波紋が広がっている。問題点を整理しつつ、改めてNTTグループに経緯をただした。(2018/4/26)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
企業、役員を対象とする日本版司法取引――「攻め」と「守り」が制度の肝
不正経理、不当労働、個人情報や機密情報の漏えい、独占禁止法違反、贈収賄、政治資金規正法違反など、企業不祥事に関する報道は尽きることがない。日本版司法取引が始まる今、こうした不祥事に、企業はどのように対応すべきなのか。(2018/3/26)

パナソニック コネクティッドソリューションズ社:
法務省、パナソニックの「顔認証ゲート」採用――出入国審査の合理化に向けて
法務省はインバウンドの増加に対応すべく、顔認証技術の活用による日本人の帰国手続きの合理化を検討。パナソニックの社内カンパニーであるコネクティッドソリューションズ社が新開発した「顔認証ゲート」を採用し、2017年10月18日から羽田空港国際線ターミナルで運用を開始している。これを受け、パナソニックは技術セミナーを開催し、顔認証ゲートの開発背景や特長を詳しく紹介した。(2018/1/9)

「いきなり差し押さえはあり得ねぇ」 山梨県警察による架空請求ハガキへの全力ツッコミが分かりやすい
ナイスツッコミ!(2017/12/30)

TechFactory通信 編集後記:
使いやすさの追求とパナソニックの強みが生み出した「顔認証ゲート」
開発を担当したエンジニア自身が「楽しい開発」と振り返る。(2017/12/23)

新潟県って何地方? 県・市・NHK・市民に見解を聞いてみた
東北、関東、甲信越、関東甲信越、北陸、北信越、中部、信越、上信越など、さまざまな地域に分類されている。(2018/1/2)

Google、Yahoo!など検索サービス7社、自殺予防に向け連携強化 座間市事件を受けて
整備を進めてほしいところ。(2017/12/18)

Googleなど検索7社、自殺予防で連携強化 座間市の事件受け
Google日本法人やヤフーなど検索サービスを提供する7社は、座間市で起きた殺人事件を受けて臨時会合を開き、自殺予防に向けた連携を強化することを確認した。(2017/12/18)

“激混みでヘロヘロ”から解放!?:
「5秒で帰国審査」を実現 パナソニックの顔認証技術
2017年10月18日から羽田空港に、顔認証技術を使って帰国審査を行うシステムが導入されている。同技術を開発したのがパナソニックだ。(2017/12/18)

イノベーションのレシピ:
パナソニックの顔認証ゲートが出入国管理に採用された理由は“共創”にあり
パナソニック コネクティッドソリューションズ(CNS)社とパナソニック システムソリューションズ ジャパン(PSSJ)が、法務省の入国管理局に採用された「顔認証ゲート」について説明。高度な顔認証技術の他に、CNS社のイノベーションセンターやデザインセンターが加わった共創活動が採用の決め手になったという。(2017/12/18)

ドラマ「監獄のお姫様」に登場する職業「刑務官」のハードな1日
刑務所の運営は、やっぱり大変。(2017/11/9)

「架空請求ハガキ」に注意 法務省かたり「訴訟で財産差し押さえ」 数百万円詐取された被害者も
「法務省管轄支局 国民訴訟通達センター」などと、実在しない組織を名乗る不審なハガキが全国の家庭に送りつけられている。法務省は「法務省と無関係」とし、注意を呼び掛けている。(2017/10/20)

一度課金してしまった「ゲーム内通貨」は払い戻しできる? サービス終了したゲームはどうなる?
もう使っていないゲーム内課金、ありませんか?(2017/9/9)

なぜ拘置所は特定の商店だけを“差し入れ屋”に指定するのか 法務省と拘置所の見解、そして差し入れ代行業者が語る「利用者の実態」(後編)
差し入れ代行業者「差し入れはしたいけど、自分の名前は出したくない人は一定数いる」(2017/8/18)

「差し入れ屋」って何? 拘置所の差し入れシステムと未決囚の生活を支える商店を解説(前編)
食品から布団までさまざまなものが拘置所の未決囚に差し入れられます。(2017/8/17)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。