ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「法務省」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

民事書類のWeb提出可能に 裁判所「デジタル化」へ加速
最高裁は2022年に入り、現在ファクスなどでやりとりしている民事裁判の書類を、インターネット上で提出できるシステムを開発。4月下旬から本格運用を始める。全面IT化はまだ先だが、関係者は「現行法下でもできることから変えていきたい」と意気込む。(2022/4/13)

被告にGPS端末 法務省など実証実験へ
保釈中の被告の海外逃亡を防ぐため、法務省と最高裁が、被告に装着させるGPS端末の開発に着手することが分かった。開発業者を選定して実証実験を行い、早ければ2026年度中の運用開始を目指す。(2022/4/6)

小寺信良のIT大作戦:
4月1日からの民法改正「18歳成人」で、本人と親が失うもの
4月1日になると、現在18歳と19歳の人達が、成人式でも誕生日でもないのに一斉に成人になる。それで何が変わるのか。(2022/3/31)

ネットの誹謗中傷 はびこる「凶器」、厳罰化やむなし
社会問題化するインターネット上の誹謗中傷対策として、侮辱罪の厳罰化を盛り込んだ刑法改正案が今国会に提出される見通しだ。可決されれば一定の抑止効果が期待されるが、なお抜本的解決には程遠い。ネット空間に自浄作用は期待できるだろうか。(2022/3/1)

成年年齢の引き下げまであと1カ月 何が変わるか解説する法務省のTwitterアカウントが若者から大人まで役に立つ
成年になることで責任を負うことが増えます。(2022/3/1)

誹謗中傷されたらどうすればいい? SNSトラブルの対処法・裁判事例をまとめたサイト カヤックが公開
カヤックが起業家の関口舞さんと共同で、誹謗中傷などのSNSを巡るトラブル事例や裁判例をまとめたWebサイト「TOMARIGI」を公開した。(2022/2/8)

コロナ禍で犯罪大幅減 ネット利用詐欺は増加傾向 犯罪白書
法務省が21年版犯罪白書を公表した。2020年1年間の刑法犯認知件数は、前年比で約18%減少。直近5年平均の約2倍の減少率で、新型コロナウイルスが広がる中、犯罪は例年以上に減っていたことが明らかになった。(2021/12/27)

法務省、公式サイトで有償イラストを無断使用か 「事実関係を確認中」
(2021/12/8)

法務省公式サイトに有料素材のサンプル画像が掲載 「事実関係を確認中」
法務省の公式Webサイトに、透かし入り画像が掲載されている――そのような指摘が12月7日からTwitterなどで見られている。法務省は8日午前11時時点で掲載画像を取り下げ「現在事実関係を確認中」とコメントしている。(2021/12/8)

バックオフィスから踏み出すDX:
PR:ゼロベースから一足飛びで実現! 電子契約は導入前から運用管理、BPOまで見据えた“トータル支援”に頼るが正解
リモートワークの普及で、一気に脚光を浴び始めた「電子契約」。あらゆる面で「紙」とハンコより優れるとされる電子契約だが、実際にはどのようなメリットがあり、また対応サービスはどのような機能に注目して選ぶべきなのか? 「電子契約ソリューションパッケージ」を提供するNTTビジネスソリューションズと、ワンビシアーカイブズに話を聞いた。(2021/11/22)

「電子契約サービス市場は今後も堅調に成長」:
2025年度には売上金額は440億円に ITRが国内電子契約サービス市場を予測
ITRは、国内電子契約サービス市場の予測を発表した。2020年度の売上金額は、対前年度比72.7%増の100億7000万円。2021年度は同75.0%増の176億2000万円の見込み。2025年度には440億円に達すると予測する。(2021/9/13)

最も実施回数が多いのは経済産業省:
実施回数は前年度比で18倍に 内閣官房IT総合戦略室が「2020年度の国家公務員テレワーク取組状況」を発表
内閣官房IT総合戦略室は、「令和2年度国家公務員テレワーク取組状況等調査の結果」を発表した。政府の各府省でテレワークが可能な職員の数は5万8301人。1人当たりのテレワーク実施回数は年間49.6日で、2019年度の18倍に増加した。(2021/7/27)

米国務省、サイバー犯罪情報に1000万ドルの報奨金(暗号通貨で支払い)
米連邦政府は、外国の悪意あるサイバー攻撃に対処する省庁横断タスクフォースの結成を発表した。国務省は攻撃に関連する情報に最大1000万ドルの報奨金を支払う。国土安全保障省はランサムウェア関連Webサイトを立ち上げた。(2021/7/16)

研究開発の最前線:
住空間データのImageNetとなるか、パナソニックがAIデータセットを公開する狙い
パナソニックは「CVPR2021」において2件のAI技術が採択されたと発表。このうち1件と関わる住空間向けデータセット「Home Action Genome」は、同社が独自に構築したもので、住空間向けでは従来にない大規模なデータセットであるにもかかわらず無償で公開されている。その狙いについて、パナソニック テクノロジー本部の担当者に聞いた。(2021/6/18)

喫茶店で出会った2人が婚姻届を提出→そこには常連さんや思い出の人々が…… オリジナル婚姻届を作ったレポート漫画に心が温かくなる
おめでとうございます!(2021/6/3)

自民党議員によるブロックチェーン推進議員連盟発足、非金融分野での利活用を提言
自民党国会議員有志による、ブロックチェーン技術の普及を目指す「ブロックチェーン推進議員連盟」が発足し、政府に向けた提言書が作成された。(2021/5/20)

ハンコ出社はもう不要:
PR:当事者型? 立会人型? いまさら聞けない電子署名の基本
(2021/5/18)

働き方の「今」を知る:
官僚アンケートで発覚 未だに「残念すぎる」霞が関の働き方と、改革を阻むカベ
民間企業に投げかけられている「テレワーク7割」の掛け声だが、霞が関は実現できているのか? 官僚アンケートで明らかになったのは、残念すぎる内情だ。(2021/5/18)

「クラウドサイン」累計契約送信件数500万件突破、13カ月で2.5倍増に
弁護士ドットコム(東京都港区)は、提供するクラウド契約サービス「クラウドサイン」の累計契約送信件数が、2021年5月に500万件を突破したと発表した。20年3月に到達した200万件から13カ月で2.5倍増となった。(2021/5/14)

バーチャル株主総会の現在地(前編):
法案成立も間近! 完全バーチャル株主総会を開催するための「3つの要件」
上場会社がバーチャルオンリーで株主総会を開催できるように法改正が行われようとしている。現在開会中の通常国会に提出される見通しだ。開催するためには定款変更に加え、3つの要件を満たす必要がある。(2021/4/27)

法務省、刑事手続きのデジタル化目指し検討会立ち上げ 法的課題を整理
法務省が、刑事訴訟手続きのデジタル化に向けた法的課題について議論する検討会を立ち上げた。刑事手続きのペーパーレス化、オンライン化を推進する。(2021/3/23)

働き方の「今」を知る:
不祥事・炎上はなぜ絶えない? スタートアップ企業のトラブル事案から考える、危機管理広報の在り方
企業の不祥事や炎上は、後を絶たない。最近でも、スタートアップ企業で薬機法や景表法に関するトラブルが起こった。どうすれば、こうしたトラブルをなくせるのか。今の時代に、あるべき危機管理の姿を探る。(2021/3/12)

河合薫の「社会を阻む“ジジイの壁”」:
働く母に起きた“事件”──誤解だらけの「選択的夫婦別姓」と「家族の一体感」という呪い
五輪・男女共同参画担当相になった丸川珠代氏が、反対する文書に名を連ねていたことで「選択的夫婦別姓」が話題になっている。「名前」と「キャリア」は密接にかかわっており、働く女性にとって重要な問題だ。ある女性は、旧姓のまま仕事を続けていたことで、子どもにまつわるトラブルを経験したという。(2021/3/12)

ウイングアークが挑む:
オフィスは3分の1に、紙は年間24.8万枚削減──業務フロー改革の軌跡と、残る課題とは?
IT企業のウイングアーク1stは、約1500坪のオフィスの3分の2にあたる約1000坪を撤廃した。並行してペーパーレス化を進め、年間約24万8000枚分、従来の99%相当の紙の削減を実現した。業務フローを見直すことで、単なるペーパーレスだけではなく、時短と工数削減による業務の効率化を実現しているという。コロナ禍において新しい働き方を実現するため、業務フローの再構築をどのように行ったのか、話を聞いた。(2021/3/9)

CAD:
福井コンピュータの土地情報管理システムに「地籍計算」と「地籍CAD」を追加、今夏リリース
福井コンピュータは、土地情報管理システム「Mercury-LAVIS」に、地籍計算と地籍CAD機能を追加した最新版を2021年初夏にリリースする。新バージョンでは、法務省が進める地籍調査(14条地図整備)のD〜H工程にワンパッケージで対応している。(2021/3/2)

対応方法・スケジュールを弁護士が解説:
3月1日施行、改正会社法 「取締役の報酬等の決定方針」の定め方と記載例
2021年3月1日から「会社法の一部を改正する法律」と、それに伴って公布された「会社法施行規則等の一部を改正する省令」が施行される。これにより、取締役の個人別の報酬等の内容についての決定に関する方針を取締役会で決定することが義務付けられる。企業に求められる対応のスケジュールと、具体的な記載例とは?(2021/3/1)

先行する企業に聞く:
実現間近か、株主総会の“完全”オンライン化 最大の課題は「場所」の定義
株主総会の完全オンライン化を認める動きが活発だ。完全オンライン化に向け、現状どのような課題があるのか。東証1部上場のアステリアのトップとシステム担当者に取材した。(2021/2/17)

マイナンバーカードで電子証明書を即時発行 本人確認を自動化 GMOが提供
GMOグローバルサインが、マイナンバーカードを活用して電子契約に必要な電子証明書を自動で即時発行する「マイナンバーカード連携電子実印」を提供すると発表した。(2021/1/25)

東大王・鈴木光、司法試験の結果は「私は残念ながら」 報告の仕方に人間性が表れていると話題に
次はいける!(2021/1/21)

リモートワークを止めないSaaS:
労務管理のペーパーレス化 電子証明書を簡単に取得する方法
最新の労務管理SaaSは、年末調整をペーパーレス化するだけでなく、社会保険の申請を電子化する機能がついているものも多い。しかし電子申請に必要な電子証明書の取得に大きな手間がかかる、という悩みもあるのでは? 解決策は?(2021/1/12)

印鑑にデバイス装着、押印をブロックチェーンに記録 “次世代ハンコ”は紙とデジタルの橋渡し役になるか
印鑑とブロックチェーンを組み合わせた押印記録システム「Iohan」が登場。実印に専用デバイスを装着し、USBケーブルでスマホに接続すると、押印時の情報をブロックチェーンに記録する。開発元のCryptoPieに詳しい仕組みと展望を聞いた。(2020/12/28)

「脱ハンコ」推進と電子署名の活用促進の動き
菅政権が成立した直後から、行政手続における押印を原則廃止する見直しが、河野行政改革担当大臣を中心に迅速に進められた。これまでの「脱ハンコ」をめぐる政府の対応の経緯についてまとめたい。(2020/12/28)

ネットで誹謗中傷を受けたらどうしたらいい? 法務省が相談窓口選びのフローチャートを公開
法務省が、ネットで誹謗中傷や名誉毀損などの行為が増えているとして、被害を受けた際の相談窓口の選び方をフローチャートにして公開した。(2020/12/14)

アフターコロナのリーガルテック:
エンジニアも知っておきたい電子契約導入ポイント
電子契約サービス導入のポイント、「セキュリティ」「汎用(はんよう)性」「管理性」「コストパフォーマンス」を解説する。(2020/11/26)

電子署名の基本をおさらい:
これからはじめる電子署名〜技術背景、法的な位置付け、サービス導入のポイント〜
テレワークが急速に広まる昨今、「署名」「押印」のためだけに出社する「ハンコ出社」が業務の完全テレワーク化を妨げているとして問題視されている。そのような中注目の集まる「電子署名」の技術的、法的な仕組みから、2020年9月4日に公表された新解釈、サービス導入のポイントについて解説する。(2020/10/29)

コロナ禍をCIO/CTOはどう受け止めたか:
PR:コロナ禍対応、IT施策の陣頭指揮を執った各社トップが見る組織の未来予想図
技術志向で知られる米国のITベンダーが日本のCIO/CTOらとパネルディスカッションを行った。OSS開発で培った知識や経験の共有、公平な議論の場を日本企業のトップが体験すると、どんな議論が巻き起こるのだろうか。イベントの模様を紹介する。(2020/10/29)

菅首相「行政への申請は押印を原則廃止」 所信表明演説で
菅義偉内閣総理大臣が初の所信表明演説の中で「行政への申請などにおける押印は原則全て廃止する」と発言した。(2020/10/26)

CAD:
土地家屋調査士業務支援の新システム「TREND REX」、導入費を軽減
福井コンピュータは、土地家屋調査士業務支援システム「TREND REX」を販売開始。土地家屋調査士の業務全般を支援し、サブスクリプションによる提供で導入コストを軽減、リモートワークにも対応した。(2020/10/9)

文部科学省、新型コロナウイルスによる差別・偏見防止に向けたメッセージ公開 「責めるのではなく思いやりを」
感染を責める雰囲気が広がると、かえって感染拡大を助長しかねないとも。(2020/8/25)

「やりとりは対面かFAX」「外出自粛の配慮なし」──議員への不満噴出、省庁職員のコロナ禍での働き方が明らかに
働き方改革のコンサルティングを手掛けるワーク・ライフバランス(東京都港区)が行った、中央省庁の国家公務員に対するアンケート調査で、行政のデジタル化が進まない一因に国会議員の無配慮があることが明らかになった。(2020/8/5)

いま注目のクラウド電子契約サービス:
PR:新たなワークフローの構築にも! 契約業務の効率化にとどまらない「Adobe Sign」のメリットと可能性
「紙とはんこ」が業務の足かせになっていることは多くの人が理解しながらも、紙に対する安心感などがペーパーレス化の壁となっていた。しかし、テレワークが広まる中、そんなことも言っていられなくなってきた。今回は、紙とはんこをAdobe Signでデジタル化するメリットに加え、Adobe Signを導入して大きな効果が得られた各業種の事例も紹介する。(2020/8/3)

21年3月末めど:
「契約締結が遅れると、億単位の損失」 ヤフーが「100%電子サイン化」に踏み切る事情
ヤフーが取引先との契約手続きを21年3月末までに「100%電子化」することを宣言した。“はんこ文化”がまだまだ根強い日本で、どのように達成していく計画なのか。ヤフーのメンバーに尋ねた。(2020/7/20)

「追い風」受け急成長か 国内電子契約サービス市場規模予測――ITR調べ
ITRは国内電子契約サービス市場の規模予測を発表した。2018年度の売上金額は、対前年度比83.5%増の36億7000万円で2019年度は同70.0%増、2023年度には200億円に迫る見込みだ。(2020/7/17)

「契約書は押印不要」の政府見解で注目:
国内電子契約サービス市場 2023年度は200億円規模 ITR予測
ITRは国内電子契約サービス市場の規模予測を発表した。2018年度の売り上げ金額は、対前年度比83.5%増の36億7000万円。2019年度は同70.0%増、2023年度は200億円に迫ると予測する。(2020/7/17)

弁護士に聞く:
PR:脱「紙とハンコ」で注目を集める電子契約サービス そのメリットと、見落としがちなポイントとは?
政府を中心に20年以上前からペーパーレス化への動きはあったものの、これまで「紙とハンコ」から抜け出せなかった日本企業。その理由はどこにあるのか、そして今、注目を集める電子契約のメリットなどについて、デジタルに関する法律に詳しい天野文雄弁護士と電子契約サービス「Adobe Sign」を提供しているアドビの担当者に聞いた。(2020/7/17)

半径300メートルのIT:
セキュリティ的に意味なし “旧ノーマル”な職場にはびこる習慣、その名も「PPAP」を知っていますか
テレワークやクラウド化が進む昨今、職場や生活の“ニューノーマル”として、今までのIT運用や習慣を見直す動きが出てきています。そこで今回、職場の“セキュリティ対策”とされている習慣のうち「実はそれ、セキュリティ的に意味がないんです。いらないんです」と言いたいものを2つご紹介しましょう。皆さんも、実はよく知っているかも――?(2020/6/23)

政府「ハンコ不要」の見解を表明 「テレワーク推進の障害となっている」
内閣府、法務省、経済産業省が、民間企業が行う契約について「契約書への押印は不要」とする見解を発表した。テレワークの推進に向け、はんこ文化の見直しを促したい考え。(2020/6/22)

契約書の押印、「必ずしも必要ない」と政府見解
「ハンコを押すために出社する」を無くしたい。(2020/6/20)

決議無効のリスク:
株主総会のオンライン化、立ちはだかる“法律の壁” 先駆者・富士ソフトの挑戦記
コロナ禍で、各社が株主総会の開催に苦慮している。そんな中、富士ソフトはリアルでの株主総会だけでなくインターネット株主総会を同時開催した。事はそう単純ではなく、開催の決断は簡単なものではなかった。(2020/6/11)

男性ベビーシッターの一律活動停止に批判の声 ベビーシッター手配サービス「キッズライン」、性犯罪への対応に波紋
キッズラインは内閣府の割引券取扱事業者でもありました。(2020/6/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。