ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  M

  • 関連の記事

「MSI X-Slim Series」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「MSI X-Slim Series」に関する情報が集まったページです。

知っトクWindowsツール:
コマンドラインで画像処理が行える便利ツール「ImageMagick」
「画像を500ドット幅にリサイズしたい」といった場合、一つ一つ画像処理ソフトウェアで開いてサイズ変更するのは少々面倒な作業だ。こうした作業がコマンドラインから簡単に行えるツール「ImageMagick」を取り上げる。(2018/9/25)

“最新ビルド”のWindows 10 IoTでUWPアプリを実行する
Windows 10最新アップデート「Anniversary Update」にあわせ、Windows 10 IoT Coreも新UIの導入も含めたブラッシュアップが行われている。最新ビルドを確認しつつ、UWPアプリの作成手順を紹介する。(2016/8/8)

キヤノン、レンズが交換できる7500ルーメンの高輝度モデルなど新プロジェクター7機種
キヤノンは、高輝度モデルからポータブルまで、幅広いニーズに対応するプロジェクター新製品7機種を発表した。(2015/11/9)

WinRT/Metro TIPS:
ウィンドウのサイズを変えるには?[Windows 10 UWPアプリ開発]
UWPアプリをデスクトップのWindows 10で実行する場合には、そのウィンドウサイズを変更できる。本稿ではプログラムコードからこれを行う方法を解説する。(2015/10/28)

IFA 2015:
ASUS、「ZenFone」ファミリーの最新モデルや「ZenWatch 2」の実機を披露
IFA開催に合わせたプレスカンファレンスで、ASUSが「ZenFone 2 Deluxe」「ZenFone Max」「ZenFone Selfie」「ZenFone Zoom」などのスマートフォンや、Android Wear搭載のスマートウォッチ「ZenWatch 2」を紹介した。(2015/9/4)

新しい4KスタジオカメラにHDR向けソリューションも――ソニーが「NAB 2015」出展概要を発表
ソニーが「NAB2015」の展示概要を発表。4Kコンテンツ制作に欠かせない4Kカメラの新製品に加え、既存製品を使ったHDR対応コンテンツの制作環境を提案する。(2015/4/13)

SIM通:
ポラロイド ピグとSIMセット業界最安値で販売−goo Simseller
ポラロイド製の格安スマホ「Polaroid Pigu(ポラロイド ピグ)」とOCN モバイル ONEのセットが、なんと4980円という超激安価格で発売されました。(2015/2/5)

SIM通:
デザイン良のスマートウォッチ、ASUS ZenWatchレビュー
ZenFone 5で格安スマホ界隈を賑わせているASUSのスマートウォッチ「ASUS ZenWatch」。その使い勝手を検証しました。(2014/12/10)

Cooler Master、“冷却力重視”のノートPC冷却台「SF-15」など3製品
Cooler Masterは、15.6型/17.3型ノートPC対応の冷却台計3モデルを発表した。(2014/8/5)

Flashでできる! iOSアプリ制作入門(1):
iPhone/iPadアプリ開発の扉を開くAdobe AIR 2.6とは
(2011/5/20)

一撃デザインの種明かし(14):
スマートフォンアプリデザインに役立つ 基礎のまとめ!
(2011/4/13)

PR:正攻法で勝負をかけるMSIイチオシ「GT660」を世界最速でチェックする!
CeBIT 2010で華々しく登場した「GT660」は、強力なスペックと「DYNAUDIO」監修のサウンド環境が注目を集めている。COMPUTEX TAIPEI 2010でも主役となるフラッグシップノートを、世界最速で紹介しよう。(2010/5/31)

パワフルで“シック”なゲーミングPC──MSI「GT640」で遊ぶ
MSIのノートPCで「ロングセラーラインアップ」なのが、ゲームユーザーを意識した「GT」シリーズ。16万円台クアッドコアCPU搭載モデルの実力をチェックした。(2010/4/28)

CeBIT 2010:
MSIの「効能首選 影音極致」な次世代モデルが“ずらり”と並ぶ
CeBIT 2010はまだ始まらない。だが、一部のメーカーではすでにカンファレンスが始まっている。PCベンダーのMSIも「開幕前日」に展示ブースを関係者に公開した。(2010/3/2)

CeBIT 2010:
はるか遠く“音楽の都”から、CeBIT 2010開幕「前前日」リポート
2010年もCeBITになんとか参戦できたぞぉぉぉ! もう、それだけで胸がいっぱいで、先のことはこの記事を書いてから考える予定です。(2010/3/1)

PR:欧州で賞賛された“デザインセンス”でMSIは世界に挑む
X-Slimシリーズが日本だけでなく、欧州や北米、そして新興国でも強烈なインパクトを与えたMSI。その認知度は2010年もとどまらない。その理由をドイツで目撃した!(2010/3/1)

5万円台で買えるアルミボディ:
スリムボディのCULVノートPC「Vostro V13」でベンチマークテストを走らせた
デルのSOHO向けブランド「Vostro」シリーズに加わったCULVノートPCが「Vostro V13」だ。試作機でのレビューに続き、製品版で性能を確かめた。(2010/1/29)

MSI、CULVノート「X」シリーズにWindows 7モデルを追加
エムエイスアイコンピュータージャパンは、超低電圧版CPU搭載ノートPC「Xシリーズ」のバリエーションモデル4製品を発表。いずれもOSとしてWindows 7を導入している。(2010/1/8)

2010 International CES:
CES Unveiledで登場した“オモロイ”ノートPCたち
その年の注目製品が集まるUnveiledに登場したのは、未発表チップ搭載の“きょうはまだフライング”ノートと、“いざとなったらARM”になっちゃうCULVノートだ。(2010/1/6)

薄型で2スピンドル:
6万円台からスタートのCULVノートPC「Inspiron 13z」を試す
1スピンドルモデルが多い13.3型CULVノートPCの中で、貴重な2スピンドル搭載モデルがデルの「Inspiron 13z」だ。実力はどうなのだろうか。(2009/12/22)

「まじめでビックリしました」といわしめたMSI“豪傑”幹部の業界分析
エムエスアイコンピュータージャパンは、12月15日にMSI台湾本社上級副社長代理のヴィンセント・ライ氏による事業説明会を日本の関係者に向けて行った。(2009/12/16)

Celeron T3100搭載のMSI「CR500」で価格と性能を満足する
コストパフォーマンスを重視したMSIのCR500は、5万円前後の価格でデュアルコアのCPUと15.4型ワイドの大型画面を搭載。その使い勝手を確かめてみた。(2009/12/15)

5万円台から購入可能:
16.5ミリの極薄アルミボディを採用した「Vostro V13」は買いか!?
デルがSOHO向け製品のVostroシリーズに、アルミボディ採用のスリムな低価格ノートPC「Vostro V13」を投入する。まずはボディを見ていこう。(2009/12/11)

タッチパネル搭載Nettopで地デジは快適?
MSIの「AE1900」にUSB接続の地デジチューナーユニットが“ごろん”と付属したモデルが登場。タッチパネルで操作する“地デジ”の使い勝手をチェックする。(2009/12/9)

分解して、見た!!:
富士通のCULVノートPC「FMV-BIBLO LOOX C/E50」を丸裸にした
11.6型ワイド液晶ディスプレイを搭載した富士通のCULV版CPU搭載ノートPC「LOOX C」の下位モデルを分解し、中身をチェックしてみた。(2009/12/4)

CULVノート列伝:
東芝が放つ“ネットノート”の実力は?――「dynabook MX」を比較
東芝のCULV版CPU搭載ノートPC「dynabook MX」は、13.3型/11.6型の2モデルがラインアップされている。Core 2 Duo SU9400とCeleron 743の差はどれくらい?(2009/11/19)

安くなったハイエンドモバイルPC:
ただのCULVノートPCでは満足できない──ワンランク上の新型「FMV-BIBLO R」を試す
NetbookやCULVノートPCと低価格化が著しいが、高性能なモバイルPCの需要も根強い。フルモデルチェンジした「FMV-BIBLO R」をチェックしよう。(2009/11/18)

金属ボディのニクいヤツ:
2万円安く長時間駆動──7万円台のCULV版「HP Pavilion Notebook PC dm3i」も捨てがたい
13.3型ワイドのディスプレイとメタルボディが特徴の日本HP「HP Pavilion Notebook PC dm3i」。高速なハイパフォーマンスモデルに続き、2万円安く、2時間余分にバッテリー駆動する「ベーシックモデル」のパフォーマンスを検証する。(2009/11/17)

ライバル機との比較も:
Eee PCの衝撃再び!?――ASUSが放つ“5万円台”CULVノート「UL20A」に迫る
1366×768ドット表示の12.1型ワイド液晶、デュアルコアCPU、320GバイトHDD、7.4時間バッテリー駆動で5万円台。CULVノートの新星「UL20A」をじっくりチェックした。(2009/11/16)

CULVノート列伝:
国内PCベンダーでは最も安価なデュアルコアCULVノートPC「FMV-BIBLO LOOX C/E50」を試す
Windows 7のリリースに合わせて、“ポストNetbook”と位置付けられるCULV搭載ノートPCが各社から一斉に登場した。富士通の新モデルの実力は!?(2009/11/11)

それでも9万円台:
CULVでは物足りない──それなら、標準電圧版CPU+外部GPUの「HP Pavilion Notebook PC dm3i」はどう?(後編)
標準電圧版CPUと外部GPUを搭載し、CULVノートPCより“数倍”高速なHP Pavilion Notebook PC dm3i」のハイパフォーマンスモデル。では、どのくらい高速で快適か、実パフォーマンスやバッテリー駆動時間を検証する。(2009/11/10)

それでも9万円台:
CULVでは物足りない──それなら、標準電圧版CPU+外部GPUの「HP Pavilion Notebook PC dm3i」はどう?(前編)
日本HPの「HP Pavilion Notebook PC dm3i」は13.3型ワイドの液晶ディスプレイと“メタル”なボディが特徴のノートPCだ。今回は“CULVでは物足りない!”と思うユーザーに向けた、9万円台の標準電圧版CPU+外部GPU搭載モデルを試した。(2009/11/6)

コストパフォーマンスは最強クラス:
いろいろホントに大丈夫?──5万円台の“Light Note”「Aspire Timeline AS1410」を速攻検証(後編)
「では、実際にどこまで“使える”か」。前編に続き、日本エイサー「Aspire Timeline AS1410」の気になるバッテリー実駆動時間やパフォーマンスを検証する。(2009/10/30)

10万円以上のノートPCなんて、もういらないかもね:
いろいろホントに大丈夫?──5万円台の“Light Note”「Aspire Timeline AS1410」を速攻検証(前編)
「このスペックで5万円台かヨ!」──何とも驚きの価格を実現するCULVノートPCがエイサーの「11.6型Aspire Timeline」だ。まずは仕様や操作性、キーボードの“具合”を確かめよう。(2009/10/27)

CULVノートPCに肉薄!!:
「LaVie M」でデュアルコアな“CULV”Celeronの実力をチェックする
NECの2009年冬モデルで登場した、LaVieシリーズ初のCULVノートPCは、注目のデュアルコアCeleron SU2300を搭載する。デュアルコアと2次キャッシュの“トレードオフ”を検証した。(2009/10/16)

実売8万5000円前後からスタート:
ポストNetbookの野望を果たせるか!?──富士通「FMV-BIBLO LOOX C」の仕上がりをチェックする
Netbook並みに持ち運べて、広い画面と高い性能を提供するCULVプラットフォーム採用のモバイルPC「LOOX C」を入手できたので、細かく見ていこう。(2009/10/14)

CEATEC JAPAN 2009:
ポケットに入るWiMAXルータ「EGG」、“間もなく”登場
UQブースで電池内蔵小型WiMAXルータの新モデルが公開。WiMAX内蔵PCの国内未発売モデルやインテルの新WiMAXモジュールなども展示する。(2009/10/6)

座談会 前編:
Windows 7にNetbook、PCの今後はどうなる!?
2009年9月で創刊15周年を迎えたPC USER。そのキャンペーン第3弾として、座談会をお届けする。(2009/10/1)

なんと6万円台から:
1366×768ドット液晶+1.39キロの薄型軽量ボディ──デル「Inspiron 11z」を写真で眺める
デルが日本市場でも6万円台のCULVノートPC「Inspiron 11z」を発売する。Netbook以上の“普通のノートPC”として使用できるとする本機はどんな仕様か。写真で解説していく。(2009/10/1)

ThinkPadを思わせるユーティリティとパワフルな構成──レノボ・ジャパン「IdeaPad U350」に満足する
Netbookで日本のコンシューマー市場に参入したIdeaPadシリーズ。その第2陣として登場した“Ultrathin”なIdeaPadの実力を試してみた。(2009/9/16)

ディスプレイとキーボードを改善して7万円を切った!──MSI「X-Slim X400」で遊ぶ
MSIとは思えないほど(し、失礼っ)斬新な外見で注目を集めたX340 Super。その進化形が登場した。価格抑えめで使い勝手は向上したX400をじっくり検証した。(2009/9/15)

MSI、14型ワイド液晶搭載の軽量スリムノート「X400」
エムエスアイコンピュータージャパンは、Core 2 Soloを装備した薄型ノートPC「MSI X400」シリーズを発表した。(2009/9/14)

MSI、“最薄部6ミリ”のスリム筐体採用モバイルノート「X340 Premium」など2製品
エムエスアイコンピュータージャパンは、13.3型ワイド液晶内蔵の薄型モバイルノートPC「X340 Premium」など2製品を発表した。(2009/9/7)

MSI、Windows 7アップグレードキャンペーンを開始
エムエスアイコンピュータージャパンは、同社製ノートPCを対象とした「Windows 7アップグレードキャンペーン」を発表した。(2009/8/24)

Netbook+2万円でもっと快適:
SoloかDuoか、それが問題だ――6万円台の「Aspire Timeline」を試す
“Netbookの次”の市場を狙う製品として低価格スリムノートPCが注目されているが、日本エイサーの「Aspire Timeline」にもCULVプロセッサを搭載したモデルが登場した。Core 2 Soloの実力は?(2009/8/19)

M1022Mの“Booktop”な技を堪能する
「M912X」「M528」と個性的なNetbookやMIDを擁するギガバイトだが、日本での知名度はいまひとつ。CeBITとCOMPUTEX TAIPEIで注目を集めたBooktopは起死回生となるか?(2009/7/22)

薄くてカッコイイのに低価格──X340 Superの“美しいバランス”を知る
MSIの新世代ノートPC「X-Slim Series X340 Super」は、均整の取れた薄いボディに高い性能と優れた使い勝手を詰め込んだ。その美しさとたくましさを検証しよう。(2009/7/2)

意外と違う価格と中身:
PCメーカー各社のWindows 7 優待キャンペーンを比べてみる
マイクロソフトが明らかにしたWindows 7アップグレードキャンペーンにあわせて、多くのPCメーカーが独自の優待キャンペーンを実施する。ここでは、その内容を比べてみる。(2009/6/26)

MSIの“7”は購入済みPCも対象になる
エムエスアイ・コンピューター・ジャパンは、6月26日から始める「夏のボーナスキャンペーン!」で、Windows 7のアップグレードクーポンをプレゼントする。(2009/6/26)

中古ではなく新品?:
6万円台でCore 2 Duoを搭載した2スピンドルモバイル機が手に入る!
東芝の2スピンドルノートPC「dynabook NX」が100台限定の特価で放出されるようだ。GENOでしょ? はいはい中古ね、って新品か!(2009/6/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。