ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「マルチGPU」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「マルチGPU」に関する情報が集まったページです。

VRニュース:
デザインレビューの先へ、業務活用が“当たり前”になるVR関連製品群をHPが発表
日本HPは2019年6月13日、AI(人工知能)やVR(仮想現実)用途などに対応する高機能ワークステーションの新製品群を発表した。2019年6月下旬から順次製品投入を開始する。(2019/6/14)

WWDC 2019:
次期Mac Proは2019年秋に発売 最大28コアのXeonに1.5TBのメモリを搭載可能
Appleは6月3日(現地時間)、世界開発者会議「WWDC 2019」で次期プロシューマー向けデスクトップPC「Mac Pro」の投入を発表した。ボディーデザインを含め、久しぶりのフルモデルチェンジとなる。(2019/6/4)

ディープラーニングのGUI開発で産総研ABCIのGPUを利用可能に――ソニーと産総研が連携サービス、AI開発促進へ
ソニーは、ディープラーニングの統合開発環境「Neural Network Console Cloud」のアップデートとして、産総研のAI処理向けスパコン「ABCI」との連携を発表。ニューラルネットワークの学習・評価に用いる計算リソースとして、ABCIのGPUを選択できるようになった。(2019/4/10)

3万円台で登場したTuring 「GeForce GTX 1660 Ti」の実力は?
これが僕らの求めるメインストリーム。GeForce GTX 1660 Tiの性能をベンチマークテストで確かめた。(2019/2/28)

ついに来た次世代GPU! 「GeForce RTX 2080 Ti」「同2080」の性能を確かめる
新機能は期待できるがコスパは悪い? 「GeForce RTX 2080 Ti」および「GeForce RTX 2080 」の性能をベンチマークテストで明らかにしていこう。(2018/9/20)

RTコア1個で性能はCPUの100倍:
“通常とは違う過程で登場”したGPU「Turing」は何が新しいのか
NVIDIAが2018年8月に発表した新世代GPUは、それまでのPascalや最新のVoltaにはない「Ray Tracing」専用ハードウェアを実装した。その意味と効果とは。(2018/9/18)

第2世代「Ryzen Threadripper」は最大32コア・64スレッド 2018年第3四半期に投入
AMDは最大32コア・64スレッドを実現した第2世代「Ryzen Threadripper」を2018年第3四半期(7月〜9月)に投入する。(2018/6/6)

機械学習の参考事例:
Deep Learningが医療向けVR/MRサービスでどう活用されたのか
医療現場のCT画像から手術対象の臓器などをVR/MR用にSD立体化した事例において、ディープラーニングの技術はどのように選択され、活用されたのか。実際に取り組んだ手順で説明し、今後の展望についても紹介する。(2018/3/14)

究極のゲーミングノート「NEXTGEAR-NOTE i71130」 税込み75万円超えの“全部入り”で「G-Tune」の本気を試す
デスクトップ版CPUにハイエンドGPUのSLIを搭載したハイエンドゲーミングノートPC「NEXTGEAR-NOTE i71130」の実力は? ……ACアダプタでけぇ!(2018/3/4)

アキバに訪れた「マイニング」という特異な波――2017年のアキバを振り返る(前編)
「自作PCで何をするか?」という視点に立つと、2017年はいくつかの目的が際立つ年だと気づく。なかでも強烈だったのは仮想通貨のマイニングだ。そして、MOD PCや“ドン勝”も見落とせない。(2017/12/30)

ソニー Neural Network Libraries:
ソニーの深層学習はIoTデバイス開発に最適、GUI開発環境も提供
ソニーは、ディープラーニング(深層学習)ソフトウェア「Neural Network Libraries」とノンプログラミングで手軽に利用できる統合開発環境「Neural Network Console」をオープンソースで無償公開した。より多くの技術者への浸透を目指す。(2017/8/28)

人工知能ニュース:
ソニーの深層学習はIoTデバイスの開発に最適、ノンプログラミング開発環境も提供
ソニーは、ディープラーニング(深層学習)ソフトウェア「Neural Network Libraries」とノンプログラミングで手軽に利用できる統合開発環境「Neural Network Console」をオープンソースで無償公開した。より多くの技術者への浸透を目指す。(2017/8/18)

Ryzen 3は性能でもコスパでもCore i3と真っ向勝負
Ryzen 3兄弟の末弟「Ryzen 3」が登場。ベンチマーク比較の結果は……(2017/7/31)

Core Xの性能は? Core i9-7900XとCore i7-7740Xを比較する
(2017/7/19)

3万円台で6コア/12スレッドCPUが買える時代 Ryzen 5の実力は?
(2017/5/25)

自作は面倒だけど良質なRyzen 7搭載マシンが欲しい! 「G-Master Spear X370A」実力検証
パフォーマンスの高さで大いに注目を集め、一時期はパーツそのものが供給不足に陥るほどだったRyzen 7。今回紹介するのは、そのRyzen 7を採用したミドルタワーゲーミングPC「G-Master Spear X370A」だ。(2017/4/25)

クリエイティブな環境を持ち歩く――14型ノートPC「DAIV-NG4500E1-S2」
クリエイター向けPCブランド「DAIV」シリーズから、コンパクトなノートPCが登場した。持ち運びが可能な14型サイズながら外部GPUにGeForce GTX 1050を搭載。(2017/4/5)

AI/Deep Learning分野で企業に届けたい価値とは:
PR:Dell EMCがTensorFlow、Caffe、MXNetのパフォーマンス比較をNVIDIAのGPU「Tesla P100」で行った理由
Dell EMCがAI/ディープラーニング分野での取り組みを活発化させている。オープンで標準的な技術を使って企業の課題をシンプル化してきた同社は、AI/ディープラーニング分野にどう取り組むのか。(2017/4/10)

自作PC市場における期待の新星:
反転攻勢へ!「Ryzen 7」の爆速性能を確かめる
Intelに対し、Bulldozer以降劣勢だったAMDが反転攻勢をかけるこの瞬間を、ベンチマークとともに確かめてみたい。Core i7-7700Kとの対決では、Ryzen 7勢がCPU性能で圧倒した。(2017/3/11)

これでできないゲームはほとんどない!:
映像と音にこだわったゲーマー向けPC「G-GEAR note N1584J-710/T」
ノートPCでもデスクトップPCに肩を並べる3D描画性能を備えたゲーミングPCが爆誕。「GTX 1070搭載」のフルHD解像度のゲーミングノートの実力を見てみよう。(2016/12/22)

「IBM PowerAI」+NVLink搭載POWERサーバで展開:
IBMとNVIDIA、大規模ディープラーニングソリューションを共同展開
IBMとNVIDIAが、エンタープライズ向けディープラーニングソリューションで提携。ディープラーニングソフトウェアツール群「IBM PowerAI」を投入し、NVLink搭載IBM POWERサーバを組み合わせたアプライアンスによるソリューションを提供する。(2016/11/16)

話題のVRも存分に楽しめる:
“GTX 1080”搭載ゲーミングPC「GALLERIA XG」のパフォーマンスは?
 ゲーミングPCとして定評のあるドスパラの「GALLERIA」シリーズに、最新グラフィックスカード「GeForce GTX 1080」を搭載した「GALLERIA XG」が加わった。拡張性を重視したATX規格のマザーボードが収納可能なフルタワーモデルとなっている。今回はゲーミングPCとしての実力について検証していきたい。(2016/7/7)

競合最新GPUとの比較も:
新世代ミドルレンジGPU「Radeon RX 480」の性能をチェック
AMDから登場した「Polaris 10」こと「Radeon RX 480」。NVIDIAに続きAMDも新世代GPUを投入し、いよいよ自作界隈が賑やかになってきた。DirectX 12とWindows 10にからんで、グラフィックスカードは買い替えどきでもある。性能はいかに?(2016/6/29)

ツクモの歩き方:
BTOパソコン入門ガイド――エントリーからハイエンドまで手堅く選べる「eX.computer」
自作はそろそろ卒業したいけどパーツは自分で選びたい、そんな人にぴったりなのがBTOパソコンだ。今回はアキバの老舗として知られるツクモのオンラインショップ「eX.computer」を見ていこう。(2016/5/24)

古田雄介のアキバPickUp!:
35型曲面液晶の展示開始! ゲーム向けディスプレイの「次」が続々
BenQの35型曲面ディスプレイ「XR3501」の展示と予約受け付けが複数店でスタートした。また、ASUSTeKの4K液晶「ROG Swift PG27AQ」もゲーマーに人気だ。ゲーム画面の「次」が売れ始めている。(2016/2/29)

MSI、Xeon E3 v5対応のワークステーション向けマザー2製品
台湾MSIは、Xeon E3 v5シリーズの動作にも対応したワークステーション向けATX/microATXマザーボード計2製品を発表した。(2016/2/5)

GPUインスタンスを活用、CPUのみでも利用可:
AWS/Azure上でTensorFlow、CNTKを――機械学習環境のマネージドサービスが登場
クラスキャットが、機械学習環境のマネージドサービス「ClassCat Deep Learning Service v2」の提供を発表した。Amazon Web ServicesとMicrosoft Azureに対応する。(2016/2/1)

仕事から遊びまで:
パフォーマンスをギュッと凝縮した万能型ハイエンドミニタワーPC「HP ENVY 750-180jp/CT」の性能を徹底検証
ミニタワーにハイエンドの魅力を詰め込んだ「HP ENVY 750-180jp/CT」は、1台でなんでもこなしてほしい欲張りなユーザーにピッタリだ。スタイリッシュなボディからパフォーマンスまで、徹底的にチェックしよう。(2015/10/31)

米MSがAzureCon 2015開催:
Microsoft Azureで、コンテナー、IoT、セキュリティに関する重要機能を一挙発表
米マイクロソフトは2015年9月29日(米国時間)、ワシントン州レッドモンドで、同社のクラウドサービス「Microsoft Azure」に関するイベントAzureConを開催、コンテナー、IoT、セキュリティ、GPU対応仮想インスタンス、新リージョンなどを発表した。(2015/10/2)

このマザーには白く輝く魔物がすむという:
MSIの「Z170A XPOWER GAMING TITANIUM EDITION」が持つ“逆らえない何か”を体感する
MSIの“Z170”搭載モデルのラインアップで異彩を放つこのマザーボードには、多彩な機能のほかにも銀色に輝くデザインが自作ユーザーの心をつかんで離さない。(2015/10/1)

IFA 2015:
Lenovo、ゲーミングPC「ideacentre Y」「ideapad Y」シリーズ発表
4K解像度対応モデルも用意。あわせてゲーミングキーボードにマウス、ヘッドセットも登場する。(2015/9/3)

機能も値段も重要というゲーマーに:
新世代プラットフォームのゲーミングマザー「MSI Z170A GAMING M7」の新機能を試す
パフォーマンス志向ユーザー待望の「Skylake」とともに“Z170”搭載マザーボードが登場。MSIが第一弾として投入した「Z170A GAMING M7」の新機能を検証する。(2015/8/21)

COMPUTEX TAIPEI 2015:
動画で体感! X99マザーの“GODLIKE”なイルミネーションをMSIブースで直撃
“かわいい”製品担当者が1分半でレクチャー。ほかにも、デスクトップPC用最強グラフィックスカードを搭載できてしまうディスプレイ一体型PCも出現した。(2015/6/8)

COMPUTEX TAIPEI 2015:
Mini-ITXも登場! ASRock、まっとうな「Z170」チップセット搭載ハイエンドマザーボード公開
“Skylake”対応マザーボードには、Type-A/C対応USB 3.1インタフェースユニットが標準で付属するという。(2015/6/4)

COMPUTEX TAIPEI 2015:
GIGABYTE、“なんだかかっこいい”「Z170」チップセット搭載Gamingマザーボードを公開
巨大なホワイトヒートシンクの上を鮮やかなレッドラインが走るデザインは、中の人をして「久々に自腹で買いたいマザーボード」と言わしめるほど。(2015/6/3)

古田雄介のアキバPickUp!:
USB 3.1普及の過程で見えてきた“排他問題”
ASUSTeKから3製品追加され、ますます盛り上がるUSB 3.1対応マザーだが、他の端子との排他利用でUSB 3.1を使う仕様のモデルが多いことに注意を促すショップもある。(2015/5/25)

8K超・多画面に対応した“超高精細VR”技術、凸版が開発 1台のワークステーションで出力
1台のワークステーションでリアルタイムに生成した8K超のVR映像を、複数のスクリーンに自由なレイアウトで上演できる技術を凸版印刷が開発した。(2014/11/18)

“エアーバッフル”で空冷強化:
さらに進化した冷却機構をハイエンドWSに導入──レノボ「ThinkStation P900/P700」を発表
新登場のデスクトップWSは、従来よりさらに高度な能力を求める「ウルトラ・ハイパフォーマンス」で活躍する。その性能を実現するために導入した新機軸とは。(2014/11/6)

古田雄介のアキバPickUp!:
「特に厳しいのはDDR4-2133 16ギガキット」――続くDDR4品薄の波
LGA 2011-v3プラットフォームを採用したHaswell-EとX99マザーが登場して1週間経過し、初動のトレンドが見えてきた。8Gモジュールより4G、OC耐性よりコスパ?(2014/9/8)

Haswell-EのOC Tipsも伝授:
ASRock、イベントで「X99 OC FORMULA」「X99 Extreme11」を公開
ASRockのIntel X99 Expressチップセット搭載マザーボードを訴求するイベントを開催。そこでハイエンドモデルの日本市場投入が明らかに。(2014/8/31)

その性能は2割増し:
インテル、“Haswell-E”と「Intel X99 Express」を発表
最大で8コア16スレッド対応のCPUが登場。統合するメモリコントローラはDDR4のクアッドチャネルに対応する。(2014/8/30)

PC USERアワード:
2014年上半期で記憶に残したい「マザーボード」「グラフィックスカード」
“静か”に世代移行が進むCPUとGPU。これまでとは異なる方向に進化した2014年上半期のPCパーツから記憶に残したいモデルを選んでみた(PC USER 20周年特別企画)。(2014/7/29)

巨大PCケースの時代が再来するのか?:
大解説! 次期CPUに対応する新世代“冷却”事情
“Devil's Canyon”“Broadwell”では、従来の冷却機構が対応できないという。次期CPUに向けたクーラーユニット、PCケース、電源ユニットの動きを解説する。(2014/7/18)

キーワードは黒と赤と竜:
9シリーズマザーフォトレビュー──「MSI Z97 GAMING 9 AC」
9シリーズマザーボードの世界にようこそ! このモデルは、上位シリーズと同じ機能を備えながらも価格を抑えた「お得な」マザーボードなのだ。(2014/7/15)

古田雄介のアキバPickUp!:
「まるで掃除機」な2万回転ファンなど、スキマで光る新製品が続々
超高速回転ファンやオペアンプが交換できるDAC、PT3が2枚挿せるほぼmini-ITXマザーなど、ニッチながら強烈な存在感を持つ新製品が続々と登場した。とりあえずワクワクしておこう。(2014/7/14)

OVERCLOCK WORKS、4.6GHzチューニング済み“Devil's Canyon”搭載BTOデスクトップ2モデル
OVERCLOCK WORKSは、オーバークロック設定済みPC「OCW-EXTREME」のラインアップにCore i7-4790K採用モデル2製品を追加した。(2014/6/30)

サイコム、Pentium G3258搭載で5万円台のミニタワーPC「Radiant E3258AE」
サイコムは、CPUとしてPentium G3258を標準搭載したコストパフォーマンス重視のミニタワー型デスクトップPC「Radiant E3258AE」を発表した。(2014/6/27)

サードウェーブデジノス、「タルタロス:リバース」推奨のエントリーゲーミングPC
サードウェーブデジノスは、ゲーミングPC「GALLERIA」シリーズのラインアップにオンラインRPG「タルタロス:リバース」推奨モデル2製品を追加した。(2014/6/27)

サードウェーブデジノス、ゲーミングPC「GALLERIA」に“Watch Dogs”推奨モデル3製品を追加
サードウェーブデジノスは、同社製ゲーミングPC「GALLERIA」のラインアップにアクションゲーム「Watch Dogs」推奨のミドルタワー型モデルを追加。SLI構成のハイエンドモデルも用意した。(2014/6/26)

G-Tune、Core i7-4790K採用のミドルタワーゲーミングPC「NEXTGEAR i640」
マウスコンピューターは、G-Tune製ゲーミングPC「NEXTGEAR」シリーズの新モデル「NEXTGEAR i640」を発表。最新上位CPUのCore i7-4790Kを採用したモデルだ。(2014/6/26)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。