ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「パケッティア」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「パケッティア」に関する情報が集まったページです。

WAN最適化の次なるステップ、ブルーコートが事業説明
米Blue Coat Systemsが2009会計年度の事業動向と2010会計年度の事業方針を説明した。(2009/6/18)

ブルーコート、ビデオ会議の品質を高める製品利用を紹介
ブルーコートは、同社のアプリケーションデリバリーネットワーク構成する製品群を活用することで、ビデオ会議の品質を高められると説明している。(2009/6/3)

NEWS
「SaaSや音声も高速化する」、ブルーコートが明かすパケッティア買収の狙い
米Blue Coat SystemsのネスミスCEOがパケッティア買収後の戦略を説明。両社の製品群を整理し、社内外の広範なアプリケーションをWAN高速化の対象にしていくという。(2008/7/17)

WAN高速化の現実解【後編】
カタログでは分からないWAN高速化製品の「実力」の見方
机上検討では、とかく製品のコストだけに目が向いてしまうが、それでは自社に最適なソリューションは選べない。WAN高速化装置を購入する上での基準は何か。客観的評価、構成、運用コストなど選択ポイントを考える。(2008/7/4)

ホワイトペーパー:
サーバ統合のメリット/デメリット?
サーバ統合時の課題およびWAN遅延問題の解決法について、マイクロソフト株式会社とパケッティア ジャパンが共同検証を行い、サーバ分散型および集約型それぞれにおけるメリットやサーバの最適な配置を考察した(提供:パケッティア ジャパン インク)。(2008/5/21)

ブルーコート、WAN最適化戦略の推進でパケッティアを買収
ブルーコートシステムズは、WAN技術の広範な特許を有するパケッティアを約2億6800万ドルで買収する。(2008/4/24)

考えるネットワークを実現する――パケッティア副社長
米PacketeerはIntelligent Service Assurance(InSA)を発表した。企業がネットワークを通じてサービスを配信する際に、アプリケーションの質を時間や場所を問わずに確保するためのビジョンだ。(2008/2/15)

「モバイル接続でファイル共有を95倍高速化」――リバーベッドがWAN高速化ソフト
WAN高速化製品はモバイルの分野にも適用範囲を広げつつある。リバーベッドはモバイルPC用のWAN高速化ソフトをリリース、競争が激しくなりつつあるモバイル分野で攻勢をかける。(2007/9/7)

WAN高速化市場は45%の高成長、長期では有効性損なう可能性も
IDC Japanは、WAN高速化/最適化製品の国内市場動向について調査リポートを公表した。(2007/8/22)

テックエンジニアリングがWAN高速化を全社導入、2カ所のデータセンター統合へ
テックエンジニアリングは、同社のデータセンター統合や拠点への高速アプリ配信に向け、WAN高速化ソリューションを全社的に導入する。(2007/7/2)

WAN高速化ケーススタディ:
24時間株取引のピークに耐えるスループットを実現 カブドットコム
カブドットコムは、24時間顧客同士で株取引可能な国内初の私設取引システムの運用を開始。この取引システムを新設した福岡−東京サイト間の通信をWAN高速化で10倍以上改善した。(2007/6/29)

最適化から始まる、WAN高速化への道:
WAN高速化の導入で失敗しない方法――製品選び編
今や数も増え、多機能となったWAN高速化/最適化製品。それだけに導入も慎重に進めたいところ。ベンダーのうたい文句に惑わされない、確実な検討方法はあるのか。(2007/6/19)

「ネットワークの祭典」に見るし烈な争い:
WAN高速化の主戦場、Interopへ
幕張メッセで開催中の「Interop Tokyo 2007」は、各社のWAN高速化製品が一堂に会する格好のイベントでもある。各ベンダーが持ち味を生かしたソリューションをぶつけ合った。(2007/6/15)

最適化から始まる、WAN高速化への道:
「アプリケーションが遅い」をなくす仕組み(2)
通信の多いファイル共有を高速化できるソリューションであっても、それ以外のアプリケーションの高速化については得手、不得手がある。WAN高速化装置は決して万能ではないのだ。(2007/6/12)

最適化から始まる、WAN高速化への道:
「アプリケーションが遅い」をなくす仕組み(1)
セキュリティ対策やコスト削減を目的にしたインフラの見直しは、遅延による生産性の低下という思わぬ結果を生むことがある。WAN越しのアプリケーションの遅延はなぜ起こるのか。(2007/6/7)

最適化から始まる、WAN高速化への道:
「最大400倍」を可能にする4つの要素
WAN高速化といっても、アプリケーションすべてのパフォーマンスが一様に改善されるわけではない。それぞれどこまでの高速化が期待できるのか。(2007/6/5)

最適化から始まる、WAN高速化への道:
1MBのファイルアクセスに10分――WANの体感速度が改善しないのはなぜ?
WAN回線を増強したが、アプリケーションの通信が思ったほど速くならない――。それに応えるのが、WAN越しの通信を高速化する専用のソリューションだ。その登場の背景には、現状の広域通信環境が抱える問題があった。(2007/6/1)

帯域制御とWAN高速化の「いいとこ取り」 パケッティアが支店向けアプライアンス
パケッティアは、マイクロソフトと共同開発したWAN高速化装置を小規模拠点を持つ企業をターゲットに売り込む。(2007/5/24)

パケッティア、TCP高速化機能を併せ持つWAFSソフトをリリース
パケッティアジャパンは、TCP高速化機能を統合したWAFS(Wide Area File Service)クライアント「Mobiliti」の新版を販売開始した。(2007/4/19)

パケッティア、622Mbpsの広帯域に対応するWAN高速化アプライアンス
パケッティアは、最大622Mbpsまでの帯域に対応したWAN高速化アプライアンス「SkyX 750」の新モデルをリリースする。(2007/3/1)

PR:WANトラフィックを可視化し、最適化する――真の高速アプリケーション配信のためのアプローチ
現在、企業のWAN回線上では200種類以上のアプリケーションが通信し、帯域の半分を占有しているという。さらに、音声や動画などのトラフィックはより大きな帯域を必要とする。これらを遅延なく伝送するためには、通信の中身を分析し、帯域を適切にコントロールする仕組みがなければならない。ただ単にWAN高速化ソリューションを適用するだけでは、帯域の最適化にはつながらないのである。パケッティアの回答は、各アプリケーションのトラフィックを識別、特性を把握した上で高速化することだ。(2007/3/1)

Macnica Networks DAY2006で、Packeteerのデーブ・コーテイCEOが講演
マクニカネットワークス主催のイベントで、米Packeteerのデーブ・コーテイCEOがWAN高速化戦略を紹介した。(2006/11/17)

Column
WAN最適化アプライアンス、人気急上昇中
企業の拠点分散化やグローバル化という時代の流れを反映し、WAN最適化アプライアンス市場が急速に成長している。(2006/5/23)

「MSとBrocadeを味方につけた」――パケッティアがWAFSのTacitを買収
パケッティアは5月9日、WAFS(WANファイルアクセス高速化)のベンチャー企業である米Tacit Networksを買収すると発表した。Windowsシステムの広域ファイルアクセスを高速化するソリューションを手に入れた同社は、データセンターからモバイルまで幅広いアクセスサービスを提供できるとしている。(2006/5/12)

WAN高速化製品拡販で日商エレとパケッティアが提携、アジア地域がターゲット
日商エレクトロニクスとパケッティアジャパンは、アジア拠点でのWAN通信高速化製品「SkyX」の販売・保守のワンストップ化で業務提携したことを発表した。(2006/2/3)

パケッティア、リモート環境の通信を高速化するソフト
パケッティアは、PCにインストールしてTCPアプリケーションを高速化できる「SkyX Client/Server」を発表した。(2005/6/22)

パケッティア、P2Pトラフィックを制御できるプラグイン
Packeteerは、P2Pアプリケーションのトラフィックを制御できる同社の帯域管理装置用プラグインソフトを発表した。(2005/4/27)

パケッティア、支店向け帯域管理装置の新モデル
パケッティアは、帯域管理装置のローエンドモデル「PacketShaper 1200シリーズ」を販売すると発表した。(2005/3/24)

「P2Pトラフィックに悩む事業者に」――アロット、帯域制御装置の新モデルを発表
アロット コミュニケーションズは、帯域制御を実現するネットワークアプライアンス「NetEnforcer」の新モデルを発表した。(2004/11/4)

パケッティア、統合型帯域管理プラットフォームに1Gbps対応のハイエンドモデルを追加
パケッティアは、統合型帯域管理プラットフォーム「PacketShaper」に、ハイエンドモデル「PacketShaper 10000」シリーズを追加した。(2004/10/5)

PacketShaper次期バージョンに帯域制御の自動化機能を搭載――パケッティア
パケッティアは、PacketShaperのOS「Packetwise」の次期バージョンに新機能を搭載し、9月から搭載アプライアンスを発売すると発表した。また、多拠点向けのエッジモデルの展開も計画中だ。(2004/7/30)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。