ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「人件費」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「人件費」に関する情報が集まったページです。

出向によって社員の成長を促す JALの人事部に聞く、3つの目的
コロナ禍で、苦しい時期を過ごしている日本航空(JAL)。多くの社員を他企業へ出向させているが「人件費の削減を第一優先に置いたことはない」という。では、その目的は何か。(2021/4/28)

ファミマ 無人決済システムの実用化一号店を報道公開
ファミリーマートは今後、無人決済システムの導入で、人件費負担で収益を上げるのが難しかった小規模店舗の出店を加速させたい考えだ。(2021/3/31)

台湾にも不安材料はある:
半導体製造、米国の“国内回帰”のメリット
オフショアリングの主な利点は、今も昔も変わらず「人件費を削減できる」という点だ。しかし近年では、安価な労働力の流動化が進み、より高い生活水準を求める声が高まると、人件費に対する圧力が強くなっている。(2021/3/29)

電源にさすだけの新型「カンタン監視カメラG-cam02」レンタル開始
MIYOSHIが新型「カンタン監視カメラG-cam02」のレンタルを開始した。工事不要で電源に挿すだけですぐに監視を開始でき、レンタル形式とすることで価格を抑え、人件費軽減にも貢献する。(2021/3/8)

4月から施行:
中小企業も適用迫る同一労働同一賃金、「対応済み」は3割 “不合理な待遇差”の判断に悩みも
エン・ジャパンが実施した中小企業の人事担当者への調査によると、4月に中小企業にも適用される「同一労働同一賃金」について、すでに対応が完了している企業は約3割にとどまった。“不合理な待遇差”の判断や、対応に伴う人件費の増加など、課題や悩みも多い。(2021/2/27)

定年延長のリアル:
定年延長、何から取り組めばいいのか? “放置状態”を脱する、現状分析の方法を伝授
「定年延長をするために、何から取り組めばいいのか?」という問いに対し、筆者は「現状分析からスタートすべき」と主張する。現状分析の方法である「人員分析」「賃金・人件費分析」「職場環境分析」を解説し、企業事例も紹介する。(2021/2/5)

コロナワクチンの接種状況、マイナンバーとひも付け 国が新システムを構築へ
河野太郎行政・規制改革担当相が、新型コロナワクチンの接種状況を把握するため、マイナンバーとひも付けるシステムの構築に乗り出す方針を明らかにした。システムの構築費用や情報の入力に伴う人件費などは全て国が負担する。(2021/1/26)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
賃金はこの先も上がらず…… コロナ禍ではびこる「内部留保肯定説」と、企業の自殺
コロナ禍で企業の内部留保を肯定する声が出てきている。しかし、人件費を減らすことは長期的には企業を苦しめる。会社を動かし、生産性を高めるのは「人」だからだ。働く人の心身の健康が業績にもつながる。厳しいときこそ人に投資し、未来に備える必要がある。(2021/1/8)

同一労働同一賃金、実務上の対応ポイント (1)基本給や賞与、退職金など
同一労働同一賃金について、人事担当者に求められる実務上の対応ポイントを見ていくことにしましょう。基本給や賞与、退職金などでは、やはり「同一労働」であるかどうかの判断が重要となります。人件費上昇を極力抑えるミニマム対応の視点で、考えてみます。(2020/12/23)

「焼き肉のワタミ」、関西の旗艦店オープン 配膳ロボット導入で省人化
ワタミが、焼肉チェーンの関西エリア旗艦店「焼肉の和民 南海難波駅前をオープンした。配膳ロボットやレーンで料理を運ぶなど省人化を図り、店員と客の接触を最大8割減らした。人件費の削減で、料理を安く提供できることも売りの一つになっている。(2020/12/21)

最終赤字248億円:
オリエンタルランドの1Q、売上高94.9%減 東京ディズニーランド・シー休園が影響
オリエンタルランドの20年4〜6月の連結業績は、売上高が前年同期比94.9%減で、248億円の最終赤字に転落。コロナの影響で、臨時休園していた東京ディズニーランド・シーの人件費など、211億円の特別損失を計上した。(2020/7/30)

勤怠管理でメンタルヘルスケア対策 打刻時の顔写真でモチベーションを“見える化”――中日本コミュニケーション
中日本コミュニケーションは、顔写真からモチベーションを可視化するメンタルヘルスケア機能を搭載した勤怠管理システム「ZooMe Checker」を発売。メンタルヘルスケアと勤怠管理を一元化でき、従業員のモチベーション向上や組織の活性化を支援し、長時間労働の防止や人件費の削減に貢献するという。(2020/6/4)

磯山友幸の「滅びる企業 生き残る企業」:
「コロナ倒産」の連鎖が始まる――「雇い止め多発」の中小、2159万人の非正規を守れ
人件費負担の大きい飲食店などの経営規模の小さい会社の多くは、パートやアルバイトなど非正規雇用に頼っているケースが多い。こうした店舗で売り上げが「消滅」した場合、泣く泣くパートやアルバイトを雇い止めにするほかない。正規雇用でなければ、仕事がなくなれば時給制のパート、アルバイトは収入を失う。(2020/4/14)

大企業では2020年4月からなのに……:
同一労働同一賃金、肯定派より否定派の企業が多数 「人件費がさらに上がる」「派遣の苦しい声だけを取り上げている」
同一労働同一賃金に関する調査結果が発表。調査結果では、肯定派より否定派の企業の方が多いと分かった。大企業では20年4月から対象となるが、対応済みの企業は少ないようだ。(2020/2/21)

利益成長する「生産性向上」のためにやるべきこと:
働き方改革で“消えた”残業代はどこへ? 真にやるべきことは「効率化」「コスト圧縮」ではない
続々と進む「働き方改革」。2019年4月の関連法施行もあり、現場では効率化が進み残業時間も削減傾向にある。一方で、浮いた残業代はいったいどこへいっているのか。また、経営陣は人件費をどのように配分すればよいのか。企業アナリストの大関暁夫氏が解説する。(2019/12/5)

データ激増の時代に備えるストレージ戦略とは
ストレージ管理者必見 数年おきのデータ移行を楽にするには
ストレージを利用するとき意外にも負担が大きいのは、人件費を含めた運用コストだ。この運用コストを削減しつつ、激増するデータに合わせてストレージ容量を拡張するために、企業はどう対処すべきなのか。(2019/12/10)

ロボット:
自動搬送ロボット「Butler」、国内の新販売代理店にオークラ輸送機
人手不足の問題や人件費の高騰、進まないスムーズな配送体制の構築といった日本の物流業界の成長を妨げる障壁の解消を目的に、GreyOrangeは、自動搬送ロボット「Butler」の販売代理店にオークラ輸送機を2019年5月に迎え、拡販体制を強化した。(2019/10/7)

“いま”が分かるビジネス塾:
日本型雇用は“幻想”に過ぎない トヨタ・経団連トップの「終身雇用難しい」発言で露呈 
財界トップが次々に終身雇用の継続困難に言及。人件費負担に企業が耐えられなくなったのが原因。終身雇用は日本の伝統ではないという背景も。(2019/5/22)

日本一ソフトウェア株価が-17%の急落 「MSワラント」による資金調達発表で売られる
資金は主に人件費に充てるとのこと。(2019/5/20)

TOHOシネマズ値上げ 一般1800円→1900円に 人件費など負担増で
TOHOシネマズは、映画の鑑賞料金を6月1日から値上げすると発表した。一般は1800円→1900円に、シニアは1100円→1200円になる。学生や幼児、レイトショーの料金は変えない。人件費などのコスト増加を企業努力で吸収し切れなくなったためという。(2019/3/18)

一部エリアで+21円:
「ココイチ」が3月からポークカレー値上げ 食材価格・人件費高騰
「カレーハウス CoCo壱番屋」が一部地域で「ポークカレー」「甘口ポークカレー」を3月1日から値上げする。値上げ後の額は地域によって異なる。(2019/2/15)

通期では増収増益予想:
サイゼリヤ、1Q決算は約20%減益 「全面禁煙化」に向けた費用かさむ
サイゼリヤの1Q決算は増収減益だった。全面禁煙化に関する費用や、樹脂製食器の導入費用がかさんだことが減益につながった。光熱費の上昇や、人件費の高騰なども響いた。(2019/1/9)

経営者の反応は鈍い?:
中小企業の「現金管理」に年間8861億円の人件費 キャッシュレス化の遅れが招くデメリット
決済サービスを手掛けるSquareはこのほど、キャッシュレス化などに関する調査結果を発表。中小企業は現金集計に対して年間147時間を費やしているといい、人件費に換算すると8861億円に上るという。(2018/11/19)

自動応答で顧客対応を自動化
クラウドでコンタクトセンターを効率化する「Amazon Connect」が国内で本格展開
「Amazon Connect」は設備投資や人件費の削減、導入期間の短縮につながるコンタクトセンターシステムだ。提供元のアマゾン ウェブ サービス ジャパンは、その東京リージョンにおける提供計画を発表した。(2018/10/26)

既存店売上高が不振:
ファミレス「ココス」が業績予想を下方修正 台風・豪雨で売り上げ減、人件費も上昇
ファミレスのココスジャパンが通期業績を下方修正。夏季に天候不順が相次いだ影響で、既存店売上高が不振だったことが響いた。人件費上昇も利益を圧迫した。(2018/10/15)

口先だけの「残業減らせ」は無意味:
「浮いた残業代は社員に還元すべき」 アルプス電気・栗山社長
自動車やスマートフォン向け電子部品を製造販売するアルプス電気が、残業時間削減で浮いた人件費を賞与で社員に還元する制度を2018年夏から実施。その狙いを栗山年弘社長に聞いた。(2018/9/19)

沖縄独自の作り方も影響:
かまぼこが高くなる 原材料が品薄など背景さまざま
伝統行事に欠かせないかまぼこが値上げされる見通しだ。原材料の冷凍すり身が品薄で価格が上昇。物流費、人件費なども軒並みコストが値上がりし、生産者の経営を圧迫している。(2018/9/5)

日銀那覇支店が分析:
FC琉球は「生産性」でも健闘 勝ち点1を取るのにかかった人件費は?
日本銀行那覇支店はFC琉球がJ2昇格が期待されていることを受け、Jリーグの各チームが勝ち点1を取るのにどれだけ人件費がかかったかを分析し、発表した。(2018/8/14)

リンガーハット、8月10日から価格改定 天候不順で野菜の確保厳しい
人件費及び物流費も今後上昇することが予想されるため。(2018/8/3)

どんなからくりなのか:
値上げをしたのに客数が増えた焼き肉店の謎
牛肉の仕入れ値や人件費の高騰に苦しむ焼き肉店が増えている。あるお店では耐え切れずに値上げをしたところ、客数は減るどころか逆に増えたという。焼き肉店をケースに、失敗する値上げ戦略と成功する値上げ戦略の違いを探っていく。(2018/8/3)

通期予想は据え置き:
吉野家HDが年初来安値 原材料費・人件費増で1Qが5年ぶり赤字に
7月9日の東京株式市場で吉野家HD(東証1部)が急落し、年初来安値を更新。6日に発表した2018年3〜5月期の連結決算で、同期としては5年ぶりとなる赤字に転落した影響。(2018/7/9)

既存店売上高は堅調:
「日高屋」運営会社の3〜5月期は増収減益 人件費・原価高騰など影響
ハイデイ日高の2018年3〜5月期決算は増収減益だった。人件費・原価高騰などが影響した。既存店売上高は前年同期比102.5%と堅調に推移した。(2018/6/27)

TechFactory通信 編集後記:
「モノづくりを定着させること」の難しさ
海外人件費高騰などから、製造業の国内回帰が話題となった時期があります。すんなり国内へ引き戻せればよいですが、既に国内事業所が縮小されていたら……?(2018/4/21)

富士経済 産業用ロボット市場調査:
産業用ロボット市場は2025年に3兆円超え、協調ロボットが高い伸び示す
労働力不足や人件費高騰などを背景とした自動化ニーズに後押しされ、産業用ロボット市場は、2025年には2017年の約3倍、3兆3140億円市場にまで成長する。富士経済が産業用ロボットの市場調査資料を発表した。(2018/4/13)

10商品を10〜20%:
ミツカンが「金のつぶ」など納豆値上げ 製造コストが上昇
Mizkanが納豆関連の商品10種類を6月1日から10〜20%値上げすると発表。値上げする商品は「金のつぶ パキッ!とたれ とろっ豆3P」(181円→203円)など。人件費・製造コストが上昇したため。(2018/4/2)

吉野家は後悔?:
松屋とすき家に「牛丼並盛」の値上げをためらわせた「吉野家の悪夢」
松屋とすき家は相次いで値上げを行っている。原因は原材料費と人件費の高騰だが、主力の牛丼並盛の値上げは両社とも見送っている。背景にあるのは「吉野家の悪夢」かもしれない。(2018/4/2)

肉すし、丼、パフェなど続々:
競争激化の回転すし市場、生き残るカギは「テスト期間中の女子高生」?
回転すし市場では、各企業が肉すし、丼、パフェなどを相次いで投入している。背景には、背景には、米・魚などの原価や人件費の高騰があるようだ。今後はどのような商品が世に出てくるのだろうか。(2018/3/19)

4月1日から:
シェイクシャック、一部値上げ 原材料費の高騰で
高級ハンバーガーのシェイクシャックが4月1日から値上げする。対象は「シャックバーガー(シングル)」などで、値上げ幅は10〜30円。原材料費・人件費などの高騰が理由。(2018/3/12)

定食のご飯もお替わり不可に:
てんやが値上げ、天丼540円に 原材料費・人件費が高騰
ロイヤルホールディングス傘下の「天丼てんや」が、一部メニューを2018年1月11日から値上げすると発表。天丼が500円から540円となる。原材料費などのコスト増が理由という。(2017/12/11)

【特集】Transborder 〜デジタル変革の旗手たち〜:
年間2400万個、世界一売れるフィナンシェをITで支える“元ベテラン店長”
「世界一売れるフィナンシェ」として、3年連続でギネス記録に認定されたアンリ・シャルパンティエ。POSデータも整備されていなかった状態から、最近では、人件費なども含めたデータ収集や管理が進んでいる。それを指揮するのは“元ベテラン店長”だ。(2017/11/30)

トッピングやセットも:
すき家が「牛丼大盛」など値上げ 食材費と人件費が高騰
すき家が、「牛丼」など一部メニューを11月29日午前9時から値上げすると発表。(2017/11/22)

すき家で一部商品値上げへ 牛丼並盛は据え置き
食材の高騰と、人件費上昇が背景。(2017/11/22)

「すき家」等のゼンショーHD、メニューの値上げを検討 牛丼並は据え置きで
人件費や原材料価格の上昇を受けて。(2017/11/9)

人件費の上昇で:
鳥貴族が値上げ発表 10月から全品298円に
居酒屋チェーンの鳥貴族が、10月1日から全メニューを値上げすると発表。人件費増などが要因。(2017/8/28)

製造業×IoT キーマンインタビュー:
自動化に遅れたカシオ計算機が描く、現実的な「スマート工場」構想
カシオ計算機は、新興国の人件費高騰や人手不足などが進む状況を踏まえ、生産革新に取り組む。ロボットを活用した自動化を推進するとともに、工場間を結んだスマートファクトリー化にも取り組む。同社 執行役員 生産資材統轄部長の矢澤篤志氏に話を聞いた。(2017/8/21)

採用の手は緩めず:
すかいらーくがドリンクなど値上げ 人件費増で10月から
ファミリーレストラン運営のすかいらーくが、10月から一部メニューを値上げすると発表。人件費が増加しているためという。(2017/8/10)

スマートファクトリー:
スマート工場化の第一歩、カシオタイ工場で自動化ラインが稼働
カシオ計算機は、タイの関数電卓工場で自動化ラインを稼働させたことを明らかにした。人件費の高騰や人手不足に対応するため。2017年秋ごろには自動化ラインの設備情報を取得し遠隔監視を行う取り組みなども開始する。(2017/8/8)

映画「20世紀少年」プロデュース担当企業「アグン」が破産 外注費や人件費など先行投資が負担に
近年はヒット作に恵まれず、4月には事業を停止していた。(2017/6/14)

TCO試算のスペシャリストが明かす:
PR:「LinuxONEならサーバ導入/買い換え時のトータルコストは下げられる」その大きな4つの技術的理由
通常、サーバの導入/買い換えに当たっては、ハードウェアからソフトウェア、ネットワーク、ストレージ、さらには人件費まで含めて、非常に大きなトータルコストが発生し、IT管理者にとって悩みの種となっている。だが、メインフレームとオープンシステムのメリットを“いいとこどり”しているLinuxサーバ「LinuxONE」を活用することで、サーバ導入/買い換えに伴うトータルコストを大幅に削減できるという。その技術的根拠についてTCO試算のスペシャリストに聞いた。(2017/6/12)

人件費1億5000万円削減:
「仕事をさせない仕組み」で強い企業をつくる
57時間もあった月の平均残業時間を2年で24時間以下に減らし、1億5000万円もの人件費削減に成功した武蔵野。なぜ短期間で成果を挙げることができたのか。(2017/3/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。