ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「貧困」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「貧困」に関する情報が集まったページです。

2年会えずの外国で暮らす母に、再会サプライズを仕掛けたら…… まさかの展開と感動の結末に「最高の親孝行」「笑って泣いた」
お母さんかわいい!(2024/1/21)

ベッカム長男の妻、監督デビューも全米屈指の富豪令嬢が描く“貧困女子”に冷ややかな反応 いかにも要素全盛りに「世間知らずもいいとこ」
「ニコラは俳優で、出自は関係ない」と批判派の偏りを指摘する声も。(2024/1/19)

□に入る漢字はなんでしょう 空欄を埋めて熟語を作る“漢字パズル”に挑戦しよう
4つの熟語が成立する漢字を入れよう。(2023/12/29)

「鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎」ネタバレレビュー 「戦後」と「血」への鎮魂歌
悲しく恐ろしい物語だけど、救いは確かにあった。(2023/12/15)

「COP28」を通じて考える気候危機への取り組み(前編):
世界の気候変動対策の現状と課題、「COP28」における主要な論点とは?
世界の気候変動対策において、大きな役割を持つ国連気候変動枠組条約締約国会議(COP)。2023年11月末には最新の「COP28」が開催される。本稿ではこのCOP28を契機としたグローバルな気候変動への取り組みの現状と今後、そしてCOP28で想定される主要な論点ついて解説する。(2023/11/27)

厚労省“確かめよう労働条件”ポスターが「労働条件どころじゃないキャラ」とのコラボで話題 チョイスの理由を聞いてみた
確かに目はひきます。(2023/11/17)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
ハンバーガーはゼンショーの悲願? 新業態・ゼッテリアで注目すべき「価格」と「商品」
ゼンショーがゼッテリア攻勢を進める。同社のポートフォリオを見れば、ハンバーガーは「悲願」の立ち位置にある業態といえるだろう。中でも注目はどこなのか。外食に詳しい筆者が解説する。(2023/11/7)

予想を覆して当選したトランプ前大統領 あの衝撃の背景にあった「闇」とは……:映画「ウィンターズ・ボーン」評(2024年米大統領選挙を映画で予習)
米ニュージャージー州在住の冷泉彰彦さんが解説。(2023/11/9)

「年収の壁」問題の根本は「第3号被保険者制度」にあり
政府が発表した「年収の壁」問題の対策は制度改正までの暫定版に過ぎないが、それでも放置しておくよりはずっとマシだ。とはいえ本丸は「第3号被保険者制度」の廃止にある。(2023/10/21)

スピン経済の歩き方:
「スナック」がニッポンの成長産業になる、これだけの理由
スナックが注目を浴びている。日本人というよりも、外国人観光客が「日本文化」を楽しむために、スナックツアーが盛り上がっているそうだ。人口が減少していく日本で、スナックは成長産業になる……?(2023/10/18)

消費者が選ぶ「SDGs評価が高い企業」 3位「イオン」、2位「サントリー」、1位は?
ブランド総合研究所が、国内有力企業のSDGsの取り組みを消費者視点で評価する「企業版SDGs調査2023」を実施した。(2023/10/17)

マラソン大迫傑、以前からかわいいと話題の5歳次女が映画「次元大介」に出演 Eテレ「みいつけた!」やドラマで活躍
以前からかわいいと話題の次女。(2023/10/13)

事例で学ぶAIガバナンス:
「人を審査するAI」のリスクとは? 現金給付アルゴリズムが“暴走”した世界銀行の事例
世界銀行は、貧困層向けの現金給付プログラムの受給者を自動的に選別するアルゴリズムを開発した。しかし、アルゴリズムに不備があり、本来受け取れる人たちも選ばれない事態に。AIの暴走を防ぐためにも重要なのが「透明性」の確保だ。(2023/10/3)

最低賃金「1000円突破」を歓迎すべきではない、これだけの理由
2023年の法定最低賃金の目安が決まり、全国平均で初めて1000円を超えることが確実になりました。マスコミはこれを歓迎する論調で一色に染まっています。しかし、筆者はこの風潮に待ったをかけたいと思います。欧米に目を向けると、最低賃金制度は必ずしも必要ではないと言えます。(2023/9/27)

製造業DXプロセス別解説(3):
製造業の商品企画はいかにDXを進めるべきか、マスカスタマイゼーション実現に向け
製造業のバリューチェーンを10のプロセスに分け、DXを進める上で起こりがちな課題と解決へのアプローチを紹介する本連載。第3回は、製品コンセプトやビジネスプランを具体化し、商品開発の実行判断を担う「商品企画」のプロセスを取り上げる。(2023/9/27)

「電卓使うなと言っているようなもの」 Duolingo創業者、チャットGPTの学生利用懸念にもの申す
自動で文章や画像などを作る生成AIの「チャットGPT」は大学でも活用が広がる一方で、不正利用を警戒し、規制する学校も相次いでいる。(2023/9/14)

ジャニーズの性加害問題「知っておりました」 協業での利益寄付を表明した音楽系企業の代表に1万円超の支援 「お金は弱い立場の子供達に」
FRAGMENTは、レコードレーベル「origami PRODUCTIONS」「ASTERI ENTERTAINMENT」を運営。(2023/9/13)

ジャニーズ事務所の性加害問題「知っておりました」 音楽系会社の代表“加担”を認め、協業での利益86万円寄付を公表
これまで同社との仕事で得た86万円全額を寄付すると明言しました。(2023/9/12)

イチから分かる! 楽しく学ぶ経済の話(4):
日本が「使えるお金」は世界何位? 家計や企業などの可処分所得を国際比較
勉強した方がトクなのは分かるけど、なんだか難しそうでつい敬遠してしまう「経済」の話。モノづくりに関わる人が知っておきたい経済の仕組みについて、小川さん、古川さんと一緒にやさしく、詳しく学んでいきましょう!(2023/8/9)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
上級国民は週休3日へ 見捨てられる「3人に1人」の女性たち
政府による今年度の骨太の方針に「選択的週休3日制の普及」が盛り込まれた。週休3日制は決して悪いものではないが、格差が広がる中まさに取り組むべき施策なのだろうか? 「3人に1人の女性たち」にフォーカスし、見擦れられがちな働き方・休み方の格差について解説する。(2023/7/14)

雇用とリスクへの見解:
ChatGPT創業者が慶大生に語る AIの進化で資本主義はどう変わるか?
ChatGPT開発企業である米OpenAI社のサム・アルトマンCEOが6月12日に来日し、慶應義塾大学三田キャンパスで学生たちの質疑に答えた。AIの進化によって資本主義経済はどう変わるのか。学生の前で語った真意に迫る。(2023/6/20)

嵐の二宮和也さんら投稿で物議の“黒人男性のサプライズ動画” 専門家らが指摘する「ステレオタイプ」の課題
ジャニーズ事務所などに取材しました。(2023/5/24)

Go言語入りユニクロTシャツ、Akamaiが提供 コードを動かしてみた人も
ユニクロのチャリティTシャツにアカマイが参加。Go言語のコードが書かており、そのコードを写して動かしたエンジニアも。(2023/4/24)

「男子トイレでも生理用品を無料配布」 東大の取り組みが「素晴らしい」「広まってほしい」と話題 その背景を聞いた
教養学部学生自治会らに背景を取材しました。(2023/4/20)

世界を読み解くニュース・サロン:
ChatGPTの可能性と脅威、ビル・ゲイツ氏も持論展開 AI議論で注意すべき3点とは?
ここ最近の人々の話題の中心にいる「ChatGPT」だが、利用を制限しようとする動きも出ている。そんな中、開発元のOpenAIに出資するマイクロソフトの創業者ビル・ゲイツ氏は「ChatGPTの可能性と脅威」を記したブログを公開した。AI議論で注意すべき3点とは?(2023/4/6)

キャリアニュース:
65%が仕事でSDGsに関わりたい、分野は「健康と福祉」
「エン転職」が「SDGs」についてのアンケート調査結果を発表した。「仕事でSDGsに関わりたい」と65%が考えており、関わりたい分野は「健康と福祉」が最も多かった。また、約半数が転職先企業のSDGsに対する取り組みを「重視する」と回答した。(2023/3/30)

ロッテも苦境:
「ロッテリア」はどこでしくじったのか 売却に至った3つの理由
「ロッテリア」のゼンショーHDへの売却が決まった。背景には大きく3つの要因が考えられる。他社の動向とともに考察する。(2023/3/19)

ITmedia Mobile読者に聞く:
“1円スマホ”の規制に「賛成」「反対」の理由:読者アンケート結果発表
ITmedia Mobileでは、スマートフォン単体の値引き規制について読者アンケートを実施しました。賛成が約3割、反対が約6割という結果。賛成派は「不当な転売ビジネスが横行していること」、反対派は「ユーザー間の不公平感への違和感」を多く挙げました。(2023/3/16)

スピン経済の歩き方:
世界で「最低賃金1500円」は当たり前なのに、なぜ日本人は冷ややかなのか
Twitterで「最低賃金を全国一律1500円に」がトレンドに入った。世界に比べて日本の賃金は低いのに、なぜ「給与アップ」の話は盛り上がらないのか。その背景に何があるのかというと……。(2023/3/7)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
高齢化レース、2050年でトップに立つのはどの国?
この数十年間に世界が直面する大きな課題一つが、高齢化の加速です。現時点で総人口に占める高齢者人口の割合が3割に迫る日本は課題先進国の中でもトップランナー。これが2050年になると……。(2023/3/3)

ローソンが「生理用品2個同時購入で30円引き」を実施 国際女性デーに合わせたキャンペーン、5月29日まで
3月7日から5月29日まで、約3カ月間のキャンペーンです。(2023/3/3)

今日のリサーチ:
SDGsの優先課題に変化 「働きがいも経済成長も」が急上昇――インテージ調査
SDGsでどの目標に優先的に取り組むべきか、人々の意識はウクライナ侵攻や物価高など世相を明確に反映しているようです。(2023/2/22)

向井理さん初主演映画のモデルは今? カンボジアに小学校を建てた大学生・葉田甲太さんの現在
『僕たちは世界を変えることができない。』が映画化されて10万部突破した葉田甲太さんの現在。(2023/4/12)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
レトロ趣味? 貧困? 話題の「風呂なし物件」に若者たちが注目し始めた、本当の理由
若者の間で人気が集まっているらしい「風呂なし物件」。その理由は「レトロ趣味」や「ミニマリストブーム」といったものから、「貧困」まで、さまざまな臆測がなされている。果たして本当のところ、なぜ風呂なし物件が話題なのか。(2023/1/27)

アソビュー代表ら、発起人4名が会見:
見過ごされる子どもの“体験格差” 3年間で1000人に体験機会提供へ、プロジェクト発足
1月26日、「子どもの体験格差解消プロジェクト」が発足。同日記者会見を実施した。社会情勢の変化や家庭環境などの要因から、「体験格差」が深刻化している。25年3月末までの3年間で、困難を抱える子どもたち1000人への体験機会を提供する。(2023/1/26)

共通テストの倫理に「親ガチャ」想起させる問題、なぜ出題? 予備校関係者や大学教授に聞く背景
「明らかに『親ガチャ』を意識したものではないか」という声も。(2023/1/20)

減り続ける銭湯:
「風呂なし物件」不動産、なぜ立ち上げた? 女性運営者の真意とは
「風呂なし物件」のみを紹介する不動産情報サイト「東京銭湯ふ動産」が話題。立ち上げの背景には、銭湯を取り巻く厳しい状況が――。(2023/1/23)

「ミス・ユニバース」タイ代表、“空き缶プルタブ”製のドレスでステージへ ゴミ収集員の両親からインスパイア
育った環境からインスピレーションを得てデザイン。(2023/1/17)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
増えるのは給料だけなのか? ユニクロ「年収最大4割増」「初任給30万」を素直に喜べないワケ
物価上昇、実質賃金の目減りなどが深刻化する中、ユニクロなどを運営するファーストリテイリングが、大幅な賃上げを発表して話題となった。足元では大企業のボーナス伸び率が過去最大となるなど、格差社会の深刻化を感じさせるニュースが増えている。さらには差別的なネットミームも流行しているようで……。(2023/1/13)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
賃金アップが相次いでも、見捨てられる「中小企業と40歳以上」の悲哀
賃金アップのニュースが相次いで報じられている。しかし、その背景について調べると、手放しに喜べない日本の現実が見えてくる。(2023/1/13)

Salesforce LIVE Japanレポート1:
地方と中小企業を救う「尖った」施策とは? ポストコロナ時代に再始動する地方創生
地方経済はコロナ禍や原料高騰によって大きなダメージを受け続けている。こうした中、「地方と中小企業を救うのは『尖った』施策だ」と語る2人の識者の見解を紹介する。(2022/12/29)

雨の中倒れる人を救助→家にはガリガリのワンコが取り残されていて…… 壮絶な状況から保護したエピソードに「助けてくれてありがとう」「考えさせられました」と反響
優しさと行動力に称賛の声が集まっています。(2022/12/8)

飢えや寒さをしのぎ生き抜いてきた野犬の親子 保護後に見せた“安心した表情”に「ずっとのお家が見つかりますように」「幸せになってね」の声
家族で保護してくれてありがとうございます。(2022/11/21)

ウクライナ侵攻で露サイバー犯罪者は苦境【第4回】
ロシア語サイバー犯罪者フォーラム「Dumps」とは? 何が話されているのか
ロシアによるウクライナ侵攻をどう考えるかは、サイバー犯罪者によって異なる。ロシア語のサイバー犯罪者フォーラム「Dumps」の分析から見えてきた、サイバー犯罪者の「見方」とは。(2022/11/11)

「Twitterを訴えます」「全力でやりますよ」突然の解雇に呼びかけ多数 弁護士に勝算はあるのか聞いた
ベリーベスト法律事務所の労働チームマネージャーを務める松井剛弁護士に取材しました。(2022/11/15)

電子ブックレット(製造マネジメント):
「ファクト」から考える中小製造業の生きる道[前編]
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は統計データという「ファクト」を読み解いて、中小製造業が生きる道を探る大人気連載「『ファクト』から考える中小製造業の生きる道」の、第1回から第6回をまとめてお送りします。(2022/11/7)

ウクライナ侵攻で露サイバー犯罪者は苦境【第3回】
ロシアのサイバー犯罪者が「クレジットカード詐欺」をやめ始めた理由
ロシアによるウクライナ侵攻がロシアのサイバー犯罪者の攻撃活動に大きな影響を与えている。そうした中、サイバー犯罪者が「捨てた手口」と「新たに挑む手口」がある。それぞれは何なのか。(2022/11/4)

ウクライナ侵攻で露サイバー犯罪者は苦境【第2回】
「貧乏生活はもうたくさん」 “貧困化”するロシアのサイバー犯罪者
ロシアのサイバー犯罪者の「ビジネス」はウクライナ侵攻によって大きな打撃を受けた。具体的な数字を基に、サイバー犯罪者の収入へのインパクトを探る。(2022/10/28)

“闇落ち”横浜流星の虚ろな目…… 限界集落・若者の貧困を描いたサスペンス映画「ヴィレッジ」特報が圧倒的世界観
「新聞記者」「余命10年」でメガホンを取った藤井道人監督のオリジナル脚本です。(2022/10/18)

スピン経済の歩き方:
16億円もかけたのに、なぜ「国葬」がチープに感じたのか 「低賃金」ならではの理由
16億円をかけた「国葬」が、その額のわりに「安っぽい」という指摘が出ている。確かに、パイプ椅子が並んでいたり、祭壇が薄く見えたりしたが、それ以外にも理由があるのではないか。筆者の窪田氏は「安いニッポン」が影響しているのではないかと見ている。どういうことかというと……。(2022/10/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。