ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「貧困」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「貧困」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

Starlink、フィリピン、ナイジェリア、モザンビークで当局が承認
SpaceXのイーロン・マスクCEOは、衛星インターネットサービス「Starlink」をフィリピン、ナイジェリア、モザンビーク当局が承認したとツイートした。ネットの提供は「人々を貧困から救う大きな可能性だ」ともツイート。(2022/5/28)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
格差が広がる日本 週休3日の“貴族”と、休みたくても休めない“労働者”
「週休3日」に注目が集まっている。大企業が相次いでこうした先進的な制度を導入する陰で、休みたくても休めない労働者の存在が置き去りにされている。日本の働き方改革は、どこへ向かうのだろうか──。(2022/4/22)

返済額が上がって:
パワーカップルは大丈夫なのか? 住宅ローン金利の落とし穴
日本銀行の金融政策が、世界的に見てかなり異質である。日銀は3月の29日から3日間、「連続指値オペ」と呼ばれる措置に踏み切った。これは「何が何でも金利を上昇させないぞ」というシグナル。それもあって、一時約20年ぶりに1ドル=126円台まで値下がりした。(2022/4/18)

大学生や保護者に聞いた「奨学金」のイメージ 1位「借金なので怖い」
SCHOL(東京都千代田区)は、全国の大学生およびその保護者に、奨学金における実態調査」を行った。奨学金を受給した(したことがある)層は全体の約4割だった。(2022/4/11)

大王製紙が生理用品を無償提供する「奨学ナプキン」をスタート 生理用品の入手に困っている学生1000人を対象に
ひとりひとりの生理に寄り添うプロジェクト「meet my elis」の一環です。(2022/4/7)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「氷河期の勝ち組」だったのに……40代“エリート課長”に迫る危機
自分をエリートだと信じて疑わなかったサラリーマンが、社内の方針転換により出世のはしごを外されることがある。エリート意識や、能力主義への妄信が生む闇とは──?(2022/4/1)

Uber Eats支払いに偽札使用 裁判所が無分別女に出した量刑
大阪市の女が2021年4月、家庭用プリンタでコピーした偽札をUber Eatsの支払いに充てたとして在宅起訴された事件で、大阪地裁が懲役3年(執行猶予4年)の判決を言い渡した。(2022/3/28)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
不妊治療助成に学生出産奨励……、政治家の「産めよ増やせよ」が「女に死ねというのか」と炎上
一人っ子政策を廃止して「3人目容認」に舵を切り、不妊治療の助成や育児休業拡充を次々に導入した中国。国会に相当する全国人民代表大会では、政治家が出生率向上に向けさまざまな提言を行ったが、女性の立場や社会の実情を無視した的外れなものも少なくなく、ネットではブーイングの嵐だった。(2022/3/17)

1000人に聞いた:
環境問題への意識を高めるために子供に見せたいアニメランキング、2位は「天空の城ラピュタ」 1位は? 
「小学生のSDGs教育」についての調査を実施した。環境問題への意識を高めるために見せたいアニメ2位は「天空の城ラピュタ」だった。SDGs教育の先生になってほしい芸能人1位は?(2022/3/1)

「お金に愛されないエンジニア」のための新行動論(1):
定年がうっすら見えてきたエンジニアが突き付けられた「お金がない」という現実
今回のテーマは、すばり「お金」です。定年が射程に入ってきた私が、あらためて気づいたのは、「お金がない」という現実でした。2019年には「老後2000万円問題」が物議をかもし、基礎年金問題への根本的な解決も見いだせない中、もはや最後に頼れるのは「自分」しかいません。正直、“英語に愛され”なくても生きていくことはできますが、“お金に愛されない”ことは命に関わります。本シリーズでは、“英語に愛されないエンジニア”が、本気でお金と向き合い、“お金に愛されるエンジニア”を目指します。(2022/2/28)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「アツギ」工場閉鎖で青森県むつ市は“困惑” ストッキング大手の低迷と、中国依存のリスク
ストッキング大手のアツギが国内工場を閉鎖し、中国での生産にシフトすると発表した。日本最大級のストッキング工場がある青森県むつ市では「寝耳に水」と対応に追われている。業界をリードしてきたアツギはなぜ苦戦するようになったのか。(2022/2/25)

「オメデト!」 マッチョな外国人たちからお祝い動画、6000円から 「割と頼みやすい」と話題に
マッチョな外国人からメッセージ動画をもらえるサービスがSNS上で話題になっている。30秒から60秒ほどの尺で、マッチョな外国人たちが並び立って日本語でメッセージを読み上げた後、銃の発砲やダンスなどのパフォーマンスを披露するというものだ。(2022/2/9)

今日のリサーチ:
SDGsの理解度は経営者よりも学生の方が高い?――CCCマーケティング総合研究所調査
SDGsの認知度は全体の8割以上ですが、若い人の方がより理解が深いのかもしれません。(2022/2/3)

人生100年時代を切り拓く! ミドルのための「学び」戦略:
第3回 自分に合った学びテーマを見つける6つの方法
ここで取り組んでほしいのは、学びの対象とする「気になる仕事」の目星を付けること。肩に力を入れ過ぎず、夢を膨らませるイメージでリラックスして考えてみよう。(2022/1/31)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
今こそ休む! 日本に“長期間休める企業”が必要なワケ
「働かせ方」の二極化が拡大している。ブラック企業の話も後を絶たないが、経営改革が進む企業では、休暇制度の充実に着手することが多い。例えばJR東日本は「全社員を対象にした最長2年間の新休職制度」を4月に設ける方針だ。日本の生産性を上げるため、筆者はこのような長期休暇が取れる企業が増えるべきだと考えている。その理由は──。(2022/1/28)

脱炭素社会におけるITの役割【後編】
ソフトウェアも“省エネ化”する「脱炭素」や「SDGs」の試みとは?
「脱炭素」や「SDGs」に対してIT分野ではどのような取り組みが求められるのか。社会のデジタル化が今後も進んで、IT機器の利用機会が多様化する中で、これらは軽視できないテーマになりつつある。(2022/2/3)

結末は予想通り……
悪化する男性のメンタルヘルス――彼を追い詰めるあの固定観念
英国男性の多くがコロナ禍によってメンタルヘルスの悪化に苦しんでいるという。彼らを追い詰めているプレッシャーや固定観念は、日本人にも共通するものだった。(2022/1/21)

元電通マン、今ドローンマン:
50代で電通を退職した元コピーライターが、ドローンで起業したワケ
35年にわたって広告畑にいるという元電通社員の森田直樹さん。退職後は、ドローン事業で起業した。「もともとはコピーライター」という経歴から、なぜドローンで起業するに至ったのか。キャリアの変遷について話を聞いた。(2022/1/20)

「ファクト」から考える中小製造業の生きる道(11):
「多様性の経済」という価値の軸を、中小製造業が進むべき方向性とは
苦境が目立つ日本経済の中で、中小製造業はどのような役割を果たすのか――。「ファクト」を基に、中小製造業の生きる道を探す本連載。最終回となる今回は、連載の主題でもある「中小製造業の生きる道」について見ていきます。(2022/1/17)

「商品売買」名ばかり:
コロナ禍に蔓延! 違法高利の「買い取り金融」
こわもてが登場する映画やドラマでおなじみのヤミ金業者が、新型コロナウイルス禍で収入が減ったサラリーマンらをターゲットにして、高金利の融資をチラつかせている。(2022/1/15)

越智岳人の注目スタートアップ(2):
安価で高品質な義足を途上国へ、3Dプリンタ×AIの生産技術で社会課題を解決
数多くのハードウェアスタートアップやメイカースペース事業者などを取材してきた越智岳人氏が、今注目のスタートアップを紹介する連載。今回は、3Dプリンタをはじめとする3D技術を活用し、製造コストを従来の10分の1に抑えた義足を提供するInstalimb(インスタリム)にフォーカスし、開発のきっかけやこれまでの取り組み、今後の展望などについて、同社 代表取締役CEOの徳島泰氏に話を聞いた。(2022/1/11)

100年後の世界はどうなっていると思う? “魔法のアイテム”スマホを握って未来を考える展覧会を見てきた
スマホは、過去の人にとっては“魔法のアイテム”だ。カメラも電話も音楽再生もできるなんて信じられないだろう。でも、僕たちだって100年後の世界を想像するのは難しい。そんな未来を考えるヒントをくれる展覧会を見てきた。(2022/1/6)

大のアニメ好きが選ぶ“もっと評価されるべき2021年アニメ”ランキングTOP20! 『バック・アロウ』『ゲキドル』ら快作を抑えた1位は?
映画部門には意外な作品もランクイン。(2021/12/29)

国内クラファン市場は10倍へ:
寄付と投資の間に商機見いだす コロナ禍で流通額「4倍成長」のCAMPFIRE家入代表を直撃
2021年に大きく躍進したのがクラファン事業だ。震災前と比べると、約2.5倍水準に個人寄付の規模は拡大している。業界が成長する中、大手の「CAMPFIRE」の累計支援額が21年9月末で490億円にまで拡大した。代表の家入一真氏に展望を聞く。(2021/12/28)

「COP」を通じて考える日本企業の脱炭素戦略(前編):
「COP26」の“前と後”を読み解く――日本企業が知っておきたい気候変動の潮流
気候変動に対する世界的な危機感の高まりから、その開催に大きな注目が集まった「COP26」。では今回の「COP26」、そしてそれ以前から続く世界の気候変動に関する大きな流れについて、日本企業は何に注視し、どのように事業戦略に落とし込んでいけばよいのだろうか。「COP」の概要や他国の取り組みをもとに、そのポイントを解説する。(2021/12/27)

製造マネジメント 年間ランキング2021:
半導体供給網はいつ落ち着くのか、品質不正問題にも注目が集まった2021年
MONOistの年末恒例企画である年間ランキングの発表企画。製造マネジメントフォーラムにおいて、閲覧数の多かった記事を順番に紹介していきます。(2021/12/24)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「今のうち、切っちゃえ!」と続く黒字リストラ──厳しくなる労働環境の中、生きる策
希望退職を募る企業が増えた2021年。コロナ禍で業績不振な企業だけでなく、いわゆる「黒字リストラ」を行う企業も少なくない。終身雇用が崩壊し、厳しくなる労働環境の中、私たちはどのような心構えで働くべきなのか──?(2021/12/24)

昨年に続き2回目:
ローソン、余ったクリスマスケーキを福祉施設などに寄贈 食品ロス削減の一環
ローソンは店頭で予約販売しているクリスマスケーキの余剰分を寄贈する。食品ロス削減の一環。(2021/12/23)

対談企画「人事と採用の未来を聞く」 ユニリーバ島田氏(前編):
人事部で「揉めに揉めた」──履歴書の顔写真・性別欄を廃止したユニリーバ島田氏に聞く、人事が“果たすべき役割”
ユニリーバ・ジャパンは、2020年春より、採用時の履歴書から顔写真・性別・ファーストネームの欄を削除した。この施策は、どのようにして生まれ、導入されたのか。また、導入をリードした島田由香氏が考える、「人事のあるべき姿」とは何か。(2021/12/22)

“税金で買った本”をめぐる悲喜こもごもの人間模様 ヤンキーが図書館で働く漫画が書籍化
図書館勤務経験のある原作者にお話を聞きました。(2021/12/13)

人材バリュー:
美大生の進路はどうなっている? キャリアの実態
世間の人は美大生にどんなイメージを持っているでしょうか? 芸術に何の素養も持たない私ですが、秋田県にある秋田公立美術大学において、美大生のキャリア教育を担当してきました。 結論から言えば……。(2021/12/12)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
40年以上続く「パートは低賃金でOK」 “女性の自立”を日本は認められるか
連合は、2022年春闘で「ジェンダー平等」に取り組むことを打ち出した。女性初の連合トップである芳野友子会長は賃金における「ガラスの天井」を取り払うことを目指すという。なぜこれまでずっと、男女の賃金格差は放置されてきたのだろうか?(2021/12/10)

「アーケイン面白かったから原作も遊んでみたいな!」と思った人へ、LoLの楽しい部分を伝えて背中を推したい記事を書きました
「治安が悪いゲーム」という評判も否定はしませんが……。(2021/12/9)

「ファクト」から考える中小製造業の生きる道(10):
日本の中小製造業は本当に多すぎるのか、その果たすべき役割とは?
苦境が目立つ日本経済の中で、中小製造業はどのような役割を果たすのか――。「ファクト」を基に、中小製造業の生きる道を探す本連載。第10回は、いよいよ日本経済における中小製造業の役割についての考察となります。(2021/12/6)

全国に30カ所開設:
月給13万円 障がい者が、生き生きと働けるエスプールプラスの農園「わーくはぴねす」
障がい者に働いてもらえる場を見つけられないなど困っている企業に対して、エスプールの子会社エスプールプラスが大都市近郊にある農園を貸し出して働く場を提供している。(2021/12/1)

ベンチャーに学ぶ「知財経営の実践的ヒント」(3):
自社技術を知ってもらうために知財を使ってできること
貧困解決を目指すFinTechサービスを支える技術を保有し、知財ポートフォリオ形成による参入障壁構築を進めるGlobal Mobility Service。同社の知財戦略と知財活動からビジネス保護に使える知見を紹介する。最終回は知財を起点に国際的なビジネスマッチングを加速させる。(2021/11/15)

「ファクト」から考える中小製造業の生きる道(9):
国内投資を減らす日本企業の変質と負のスパイラル
苦境が目立つ日本経済の中で、中小製造業はどのような役割を果たすのか――。「ファクト」を基に、中小製造業の生きる道を探す本連載。第9回は、経済における企業の役割と、日本企業の変質についてファクトを共有していきます。(2021/11/1)

スピン経済の歩き方:
賃金は本当に上がるのか? 安いニッポンから抜け出せない、これだけの理由
選挙戦が盛り上がってきたが、ビジネスパーソンが気になるのは、やはり「賃上げ」だ。賃上げを達成するために、各政党は目玉政策を打ち出しているが、その中でひときわ目を引く「謎の政策」がある。それは……。(2021/10/26)

3つの主要な能力が今後どうなるか:
2022年以降の重要な展望をGartnerが発表、IT部門とユーザーに影響大
Gartnerは、2022年以降に向けた重要な戦略的展望を発表した。企業とITリーダーが近年学んだ教訓のうち、「人間中心志向」「レジリエンスの獲得競争」「期待を上回る結果を出す能力」という3つの側面を考慮に入れている。(2021/10/21)

貧困農業国支援に向け:
樹液発電センサーでスマート農業を、立命館らが実証実験
立命館大学とDegas、エイブリック、浅井農園は2021年10月13日、樹液発電を用いたワイヤレス植物モニタリングセンサーシステムの実証実験を行うと発表した。無電源農地が多いガーナなどの貧困農業国において持続可能な農業を実現することを目指しており、実証実験は、同国の季候に近い沖縄県宮古島市で行う。(2021/10/14)

国民的キャラクター:
進むガンダムのメインカルチャー化 社会的アイコンとしてバンダイナムコが描くサステナブル戦略とは
今や国民的キャラクターといえる機動戦士ガンダム。バンダイナムコのサステナブル戦略を追った。(2021/10/14)

“いま”が分かるビジネス塾:
「今日の仕事は、楽しみですか」が炎上 なぜこの広告が世に出たのか
品川駅に表示された「今日の仕事は、楽しみですか。」という広告が炎上した。それにしても、なぜこの文言が世に出たのか。宣伝とブランディングを理解していなくて……。(2021/10/12)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
日本の“低賃金・人軽視”の悪夢 ブラック企業は「辞めたくても辞められない」
コロナ禍で生活不安が高まり、ブラック企業を「辞めたくても辞められない」という人が増えている。ブラック企業には、従業員を低賃金で長時間働かせ、労働基準法を守らぬ企業も多い。「働く人にどう報いるか?」という点について、後れを取っている日本はこの先、どうなっていくのだろうか──。(2021/10/8)

ベンチャーに学ぶ「知財経営の実践的ヒント」(2):
知財活動を社員に「わがこと化」してもらうための組織づくり
貧困解決を目指すFinTechサービスを支える技術(IoTデバイスとプラットフォーム)を保有し、知財ポートフォリオ形成による参入障壁構築を進めるGlobal Mobility Service。同社の知財戦略と知財活動からビジネス保護に使える知見を紹介する。第2回では知財活動を社員に身近に感じてもらうための組織作りの考え方を取り上げる。(2021/10/7)

「ファクト」から考える中小製造業の生きる道(8):
「人口減による経済停滞」は本当か? 自己実現型停滞から脱するために必要なもの
苦境が目立つ日本経済の中で、中小製造業はどのような役割を果たすのか――。「ファクト」を基に、中小製造業の生きる道を探す本連載。第8回は、日本の製造業にとっての大きな課題とされている「人口減少」について、ファクトを共有していきます。(2021/10/4)

「キル・ビル」主演俳優、10代での中絶体験を公表「私の最もダークな秘密」 米テキサス州の中絶規制法を批判
現在は3児の母。(2021/9/22)

経営者・岡田武史【前編】:
岡田武史監督が選んだ経営者という生き方 FC今治を通じて“チーム日本”を引っ張る
あの「岡ちゃん」は今、経営者になっている――。サッカーワールドカップ日本代表の監督を2度務めた岡田武史。なぜ、岡田武史は経営者になったのか。「これからは物質の豊かさではなく心の豊かさを追う時代」だという岡田。本人に話を聞いた。(2021/9/22)

「ファクト」から考える中小製造業の生きる道(7):
工業が縮小する工業立国である日本、歪な「日本型グローバリズム」とは
苦境が目立つ日本経済の中で、中小製造業はどのような役割を果たすのか――。「ファクト」を基に、中小製造業の生きる道を探す本連載。第7回目は日本企業特有のグローバル化の姿である「日本型グローバリズム」についてのファクトを共有していきます。(2021/9/6)

タイムアウト東京のオススメ:
シルバー人材がゾンビに? 門真市が挑んだ映画製作の裏側を聞く
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2021/8/31)

採用活動にも直結:
SDGsが経営にメリットをもたらす、これだけの理由 デロイトトーマツコンサルティング佐瀬社長に聞いた
SDGsという言葉が流行する前から貧困問題や環境問題に向き合ってきたデロイトトーマツコンサルティング代表執行役社長の佐瀬真人氏にインタビュー。話を聞くと、SDGsが経営にもたらすメリットが見えてきた――。(2021/9/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。