ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「危機感」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「危機感」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

金融犯罪に立ち向かう【前編】
犯罪防止やマネロン対策に「AI分析」が使える理由 SymphonyAIに聞く
SymphonyAIで金融サービス部門のプレジデントを務めるマイク・フォスター氏は「金融機関がマネーロンダリングに対抗するには、リアルタイムの脅威探知が欠かせない」と話す。危機感の背景にある“現実”とは。(2024/2/23)

Wi-Fi 7をいつ導入するか【後編】
無線LAN規格「Wi-Fi 6」から「Wi-Fi 7」への進化は“意味がない”のか?
無線LAN新規格の開発ペースが加速している。ただし一部の機能は十分に活用されないまま、新規格の開発が進んでいる。こうした状況に専門家は危機感を抱いている。(2024/2/20)

地域発展を持続可能にする官民連携の具体像:
生成AIと共に考える 「今、最も対処すべき社会課題は何?」
人口減少や高齢化、人材育成にインフラ整備……解決すべき社会課題は山積している。「これまでと同じやり方では限界がある」と危機感を持つ自治体も多いという。こうした課題にデジタル技術や生成AIはどう役立つのか。有識者に話を聞いた。(2024/2/9)

株式会社ジンジブ提供ホワイトペーパー:
PR:3社の事例に学ぶ高卒採用の魅力、採用活動や定着率など多角的な視点で読み解く
社員の高齢化や若手人材の不足に危機感を抱いている中小企業を中心に、高卒採用への注目度が高まっている。その魅力がどこにあるのか、3社の事例から明らかにしつつ、中小企業が高卒採用に注力する理由を探った。(2024/2/2)

デジタル変革の旗手たち:
存亡の危機感がDX推進の原動力――大日本印刷 金沢貴人氏
1876年に東京・銀座で秀英舎として発足し、約150年の歴史を持つ大日本印刷(DNP)。現在、DNPグループでは、「未来のあたりまえをつくる。」というブランドステートメントを掲げ、事業戦略、財務戦略、非財務戦略を推進している。取り組みの一環として展開している、DX推進、生成AI利活用、プラットフォーム事業について、ITmediaエグゼクティブ プロデューサーの浅井英二が話を聞いた。(2024/1/17)

インボイス制度:
「インボイス制度導入に危機感、一人親方の約7割」労災センター共済会が実態調査
労災センター共済会は、一人親方を対象にインボイス制度について、施行前の2023年9月に調査した。その結果、約半数が準備ができていないことが判明し、約4割から「十分に理解していないため、対応策を練ることができない」の声が寄せられた。(2023/10/13)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
3年で体脂肪率10%増、“カロリーニュートラル”を誓う
2020年末には1桁台まで落とした体脂肪率が、今や軽度の肥満(成人男性の場合)である20%に差し掛かろうとしています。筆者は、この状況に危機感を感じ、2023年6月からダイエットを再開しました。(2023/8/14)

AIに“役”を奪われる──ハリウッドの俳優組合がストライキ AIに危機感強める俳優や脚本家たち
ハリウッド俳優の組合がストライキに突入し、映画やドラマの制作が中断するなどの影響が広がっている。大きな争点となっているのはAIの使用だ。人間がAIに取って代わられ、AIが主役になる――そんな筋書きが現実になることを、俳優や脚本家は危惧している。(2023/7/26)

JASRAC、生成AIに対する姿勢を表明 可能性認めつつも「懸念抱かざるを得ない」 声明全文
JASRACが、生成AIに対する考え方について声明を出した。その可能性を認めつつも「AI開発事業者によるフリーライドが日本においては容認されるとする見解が散見されるため、大きな懸念を抱かざるを得ない」と、現状の使われ方には危機感を示している。(2023/7/24)

Cybersecurity Dive:
米SECがセキュリティに関する規則制定を延期 専門家が「大反発」する理由は?
米SECはサイバー攻撃を受けた上場企業が当局に報告することを義務付ける規則の制定を延期した。SECがこの規則を提案する背景には、多くの企業がサイバー攻撃に遭ったことを隠す傾向への危機感があるが、セキュリティ専門家からは規則への反発の声が挙がっている。(2023/7/22)

レガシー産業とDX:
長野の老舗葬儀屋は、なぜ社長交代でDXに成功したのか
DXが後れているといわれるレガシー産業でも、トップが現状に危機感を持つ企業は業務効率化や働き方改善を積極的に推進している。長野の老舗葬儀屋の例を紹介しよう。(2023/7/21)

慶大生との対話を取材:
「ChatGPT過剰規制」への危機感 OpenAI創業者が“世界行脚に奔走”したワケ
ChatGPTを開発した米OpenAIのサム・アルトマンCEOが4月から6月にかけて、“世界行脚”に奔走した。その背景には何があるのか?(2023/6/23)

「日本のデジタル人材枯渇」を解消したい インテル鈴木社長の強い危機感
インテルが、1年に1〜2回の頻度で行っている報道関係者向けの企業説明会。鈴木国正社長が就任して以来、ほぼ毎回入っている説明が「ICT教育への取り組み」だ。インテルは日本のICT教育、そしてデジタル人材の育成についてどう考えているのだろうか。(2023/6/17)

1個216円のお得感:
乃が美の新商品「手のひらサイズ」の食パン 好調な1斤パンの裏にあった危機感とは
乃が美は4月、手のひらサイズの新商品「てのひら乃が美」を発売した。1斤パンが好調ななかで、なぜ小さいサイズを開発したのかというと……(2023/6/14)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
生き残りの危機感だけでなく、知的好奇心で学びなおす人々
そんな学びなおしの支援ができる会社が増えてほしいですね。(2023/3/22)

「自律創造型人財」を育成:
コロナ禍で得たものとは? JTBが「学び」で組織風土を変革する理由
旅行大手のJTBは、2018年から「キャリア改革」に着手。既存事業の外でも活躍し、自らキャリアを切り開く「自律創造型人財」の育成を目指す。コロナ禍による激変やそこで生まれた危機感を経て、スキル・キャリア開発を進める一方、組織風土の改革が今後の課題だ。(2023/3/22)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
「日本人が少なくなった」ISSCC
危機感は、抱いた方がいいのではないかと思います。(2023/2/27)

今日のリサーチ:
日本のCEOの72%が「10年後の自社存続に危機感」――PwC調査
世界105カ国・地域の4410人のCEO(うち日本のCEOは176人)から、世界経済の動向や経営上のリスクとその対策などについての認識を聞いています。(2023/2/21)

ビジネストレンドを先取り「SaaS EXPO」開幕:
「失われた30年」は昭和世代にしか伝わらない――経産省と若者100人の議論から見えた“未来作りのカギ”は
「失われた30年」の危機感が昭和世代にしか伝わらない――そこで経産省が若者100人を集めて未来について議論。若者の価値観やイノベーションを起こす鍵をレポートにした。詳しい内容を担当者に聞いた。(2023/1/26)

3年間で意識はどう変化した?:
コロナ禍「危機感弱い」8割、しかしマスク着用意識「強い派」も6割存在
Job総研 「2023年 今年のコロナ意識調査」を実施した。その結果、約8割が「危機感が弱い」と回答している一方で、マスクの着用意識「強い派」も6割にのぼることが分かった。(2023/1/10)

スピン経済の歩き方:
「上司よ、もっと叱ってくれないか」 若者は本当にそんなことを考えているのか
残業がなかったり、上司から叱られなったりする企業に対して、多くの若者たちが「ぬるい」と不満を感じているという。「ホワイトすぎる企業」に勤めている若者たちは、「社会人として成長できない」と危機感を抱いているらしいが、本当にそうなのか。(2022/12/20)

「SF映画の使命は未来を守ること」ジェームズ・キャメロンが抱く危機感 「アバター」13年ぶり続編で伝えるメッセージ
劇場文化も「このままでは滅ぶ」と警告しています。(2022/12/16)

JIMTOF2022:
最新金属3Dプリンタが出そろったJIMTOF2022、海外のノウハウ先行に警鐘鳴らす声も
「第31回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2022)」(2022年11月8〜13日、東京ビッグサイト)では特別企画として、AM(Additive Manufacturing、積層造形)エリアが設けられ、多くの企業が金属3Dプリンタの最新機種を出展した一方で、日本の現状に危機感を訴える声もあった。(2022/11/24)

NEWS Weekly Top10:
インボイスに著名クリエイターも危機感 「残酷な天使のテーゼ」及川眠子さん、「はじめの一歩」森川ジョージさんなど
インボイス制度に反対するクリエイターたちによる記者会見の記事もランクイン。転載先のYahoo!ニュースを含め、大きな反響があった記事だ。(2022/11/21)

2018年から推進:
このままでは手遅れになる――知られざるDX先進県・愛媛 突き動かしたのは知事の“ある危機感”
デジタルトランスフォーメーション研究所が21年に発表した調査によると、8割の自治体が「DXに未着手」と回答しており、自治体のDXは遅々として進んでいないのが現状だ。こうした中、愛媛県はコロナ禍前の2018年からDX施策を推進している、知られざるDX先進県であるのをご存じだろうか。(2022/11/17)

インボイスで漫画家の2割が廃業も? 危機感抱くエンタメ業界 声優・アニメ・演劇団体と共同記者会見
インボイス制度が始まると、エンタメ業界のフリーランスのうち2割が廃業するかもしれない――11月14日、インボイス制度反対を訴える記者会見を、声優・漫画・アニメ・演劇業界が連携して実施した。(2022/11/16)

「失われた30年」に欧米企業はやっていた:
成長企業は知っている、人的資本経営で「外部アピールよりも重要なこと」とは?
人的資本開示とやらに取り組まなければ、投資家からの評価を得られなくなるらしい──。そんな危機感を原動力に、多くの企業の経営層や人事職が今、「人的資本経営」の取り組みに向けて情報収集している。(2022/11/16)

画像生成AIは“クリエイティブな泥棒”か【第2回】
アーティストが「画像生成AI」を愛せない理由
画像生成AIモデルを使って作成した「AIアート」の普及を受けて、アーティストが危機感を募らせている。アーティストが抱く懸念は、どのようなものなのか。(2022/11/11)

デル・テクノロジーズがDXに関する調査結果を発表:
DX停滞企業が危機感「このままではデジタルの世界から締め出される」、そんな企業の共通点とは
デル・テクノロジーズは、DXに関する調査の結果を発表した。約半数が「自社はDX実現のために従業員に何が必要かを理解している」と回答した一方で、「自社はDX推進プロジェクトで従業員が果たす役割を過小評価している」と考える人もいることが分かった。(2022/10/17)

EdTechでHR Techに挑むVincoed【前編】
「メキシコのEdTech企業が国際HR Techコンテストで優勝」で“あの国”が危機感
HR Techスタートアップの国際コンテストで、メキシコのEdTechベンダーVincoedが優勝した。この事実は、“ある国”のHR Tech関係者に大きな衝撃をもたらすという。(2022/9/30)

応募者数は約1.5倍に:
「もはや学生が憧れる企業ではない」 NTT東日本の危機感が生んだ”実務型インターン”
NTT東日本は採用に対して「学生の憧れの企業から年々離れていっている」という危機感を抱いていた。そこで新卒採用に関わる重要な要素であるインターンの変革に乗り出した。(2022/9/1)

DXの遅れに強い危機感を表明:
河野太郎デジタル大臣が初会見 「日本企業のDXはコストダウンや省人化止まり」
河野デジタル大臣が就任後初の記者会見を開いた。会見の中で同氏は、日本の行政府だけでなく民間企業におけるデジタル化とDXの遅れにも強い危機感を示し、その原因に言及した。(2022/8/15)

MONOist 15周年記念電子ブックレット:
MONOist 15周年記念アンケート 結果レポート
MONOist開設15周年を記念して2022年4月に実施したアンケート調査の結果をレポートとしてまとめました。皆さまのMONOist読者歴や業務に役立った記事、今感じている製造業の大きな変化や危機感、そして製造業の未来に対する期待など、アンケートを通じて読者の皆さまの声を集めました。(2022/8/1)

地域経済の底力:
1日600箱以上売れる「ウイロバー」 ヒットを生んだ老舗・大須ういろの危機感
ういろの老舗、大須ういろが2015年に発売したウイロバー。販売初日にいきなり150箱売れて、コロナ直前は年間24万箱まで売れた。今や集客装置となった、この新商品開発の裏側には、「このままでは先がない」という同社の強い危機感があった。(2022/7/27)

知名度No.1の祭り:
青森ねぶた、3年ぶり復活 「今夏開催できないと……」事務局は危機感
8月2〜7日、青森ねぶた祭が3年ぶりに開催される。新型コロナウイルスが流行して以降、2年連続で中止をしていた。今夏、開催に踏み切った背景とは?(2022/8/1)

Impervaのセキュリティには隙がない? 日本企業が抱えるセキュリティ課題とその解決方法を聞いた
企業のDXが進むのと同様に、サイバー攻撃もその巧妙さを増している。また、セキュリティ対策への危機感と実際の対策内容では大きな乖離(かいり)があるようだ。日本企業が持つ課題とその改善方法が分かった。(2022/7/20)

がん闘病の秋野暢子、入院中の“体の衰え”に危機感 抗がん剤1クール終了で「筋肉は落ちるのが早い」「ヤバイヤバイ」
秋野さん「入院で身体が弱るのが良くないですね」(2022/7/19)

強い危機感の裏返し:
「まぢピンチ」「それな」……京都市交通局、ゆるふわキャラで財政難を“見える化” 狙いを聞いた
京都市交通局は、運営する市バス・地下鉄の厳しい経営状況を、漫画を用いて視覚的に「見える化」する取り組みを始めた。新型コロナウイルスの流行を受けて利用客が大幅に減少しており、市は「事業の存続さえ危ぶまれる状況にある」と危機感を強めている。(2022/6/22)

このまま勤め続けるか?:
20代に強い危機感──転職経験者の72.8%が「コロナ前より転職を考えるようになった」
Sansanが、キャリア形成に関する意識調査を実施した。その結果、20代の会社員のうち、コロナ禍で以前より転職を考えるようになった人は72.8%だった。(2022/6/14)

老後2000万円では足りない?:
現役世代1000人に聞く 老後、本当に必要な資金はいくら?
Wizleapは、20〜50代の男女1000人を対象に「資産形成についての意識調査」を実施した。「老後2000万円問題」について、8割が「危機感がある」と回答した。「人生100年時代」から連想する不安要素を尋ねると、「お金」が「健康」を上回った。(2022/6/8)

経営を動かすファイナンス:
予算達成に“ひとごと”な事業部門 経営陣と危機感を共有してもらうには?
【Q】会議で部門ごとの予算に対する進捗を確認していますが、どこか“ひとごと”な様子です。経営チームはKPIの達成状況を重要視しており、達成のための危機意識がかなり強いのですが、その温度感が全社的に伝わるにはどうしたらいいでしょうか。(2022/4/28)

「人事に丸投げではクラウド人材育成は進まない」──AWSジャパンが危機感 包括的な育成支援サービス提供へ
「人事部門に丸投げではクラウド人材育成は進まない」──AWSジャパンが日本のクラウド人材育成に危機感をあらわに。経営陣の理解不足を補うサービスとして、人材育成に向けた計画立案や学習コンテンツの調達などを包括的に支援するサービスを提供する。(2022/4/11)

未来につなぐ中小製造業の在り方:
「冷蔵庫青く光らせて」、ドン・キホーテのPB家電開発舞台裏
「驚安の殿堂」の名に恥じぬほど安く、かつ、独自色の強い品ぞろえで有名なディスカウントストア、ドン・キホーテ。同社は独自のPB家電製品も多数展開している。その開発を支えてきた1社がアズマだ。アズマは現在、ドンキPB家電開発の知見を生かした新ブランド製造に挑戦する。背景には”淘汰”への危機感があった。(2022/3/24)

「COP」を通じて考える日本企業の脱炭素戦略(後編):
「COP26」以降の気候変動の潮流――その中で日本企業が強みを生かす方法とは?
気候変動に対する世界的な危機感の高まりから、その開催に大きな注目が集まった「COP26」。では今回の「COP26」、そしてそれ以前から続く世界の気候変動に関する大きな流れについて、日本企業は何に注視し、どのように事業戦略に落とし込んでいけばよいのだろうか。「COP」の概要や他国の取り組みをもとに、そのポイントを解説する。(2022/1/17)

「COP」を通じて考える日本企業の脱炭素戦略(前編):
「COP26」の“前と後”を読み解く――日本企業が知っておきたい気候変動の潮流
気候変動に対する世界的な危機感の高まりから、その開催に大きな注目が集まった「COP26」。では今回の「COP26」、そしてそれ以前から続く世界の気候変動に関する大きな流れについて、日本企業は何に注視し、どのように事業戦略に落とし込んでいけばよいのだろうか。「COP」の概要や他国の取り組みをもとに、そのポイントを解説する。(2021/12/27)

プレゼントキャンペーン実施中!:
PR:“更新が止まった会議室”をいざアップデート! Microsoft Teams Roomsがオンライン会議の体験価値を押し上げられるワケ
緊急事態宣言が解除されたのもつかの間、新変異株であるオミクロン株の出現で世間は新たな危機感をつのらせている。目まぐるしく変化を続ける今、われわれはどのように働き方を変革していくべきだろうか。ここからは、SB C&Sがディストリビューターとして提供するPolyの新しいMicrosoft Teams Rooms向けソリューションの魅力をお伝えするとともに、プレゼントキャンペーンも実施。ぜひ最後までチェックを!(2021/12/28)

電子ブックレット(製造マネジメント):
ブリヂストンの“強烈な危機感”とは/「タイヤ力」のデータ価値
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、製造業で広がるサービタイゼーション事例を、過去のニュースから取り上げ紹介する「事例で見る、モノづくりからコトづくりへの挑戦」をお送りします。(2021/12/13)

「会社と私の本音調査」:
経営層・管理職の7割超が「主力事業に危機感」 一般社員は4割以上が「何とかなる」で温度差
博報堂クロスコンサルティングは、ニューノーマル時代の働き方や組織の在り方を探る意識調査「会社と私の本音調査」の第2回を実施した。自社における新規事業の創出について調査したところ、経営層・管理職の7割超が「主力事業に危機感」を覚えているのに対し、一般社員は4割以上が「何とかなる」と回答しており、温度差が見られた。経営層・管理職層・一般社員の本音とは?(2021/11/10)

非対面アプローチの強化にMA活用:
三菱UFJ銀行が危機感をバネに進める「パーパスドリブン」のDX戦略の中身
収益モデルの転換を急ぐ金融機関。三菱UFJ銀行がデジタルを軸にめざす顧客体験の変革とは。(2021/11/4)

好奇心に基づいた研究:
ノーベル賞受賞者・真鍋さんの警鐘に危機感を覚えよ
ノーベル賞受賞の真鍋さんは日本の研究機関と若い研究者の現状に心を痛め、「好奇心に基づく研究に立ち帰れ」と何度も叱咤激励していた。しかしこれは研究者個人に対するものではなく、本当は日本という国家への警鐘だ。(2021/10/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。