ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「SmartNews」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「SmartNews」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

フォースタートアップスが調査:
国内ベンチャー評価額ランキング 3位「スマートニュース」、2位「GVR」、1位は?
フォースタートアップスは国内スタートアップ動向に関する調査を実施し、8月5日時点での評価額ランキングを発表した。その結果、1位は「Preferred Networks」、2位は「GVR」、3位は「スマートニュース」となった。(2022/8/18)

SmartNews、乃木坂46のライブツアーとコラボ 狙いは?
スマートニュースは、SmartNews内にある「乃木坂46チャンネル」で、同グループのライブツアー「真夏の全国ツアー2022」とコラボした特別企画を全3弾にわたって開催する。(2022/8/10)

バズフィード元編集長ら「デジタル・ジャーナリスト育成機構」設立 企業などに情報発信技術を伝授
新聞やテレビ、Web媒体の記者経験者がデジタル時代における情報発信の在り方をレクチャーする場として「デジタル・ジャーナリスト育成機構」(D-JEDI)を9月に設立する。運営元が8月3日、発表した。(2022/8/4)

近大の情報学部長:
「プレステの父」久夛良木健に聞く 「決断が遅い企業経営」に陥る理由
プレステの「父」とされている開発者の久夛良木健さんが、4月に近畿大学の情報学部長に就任した。なぜ、大学教育に力を入れようとしているのか。71歳になってからの新たな挑戦について聞いた。(2022/7/22)

「Yahoo!」「SmartNews」アプリのお得なクーポン【7月最新版】 コンビニやレストランで半額など
スマホアプリやWebサイトで得するクーポン。配信されているアプリ、サイトのキャンペーンをまとめた。今回紹介するのはYahoo!とSmartNewsで、コンビニやレストランなどの情報が中心。(2022/7/16)

スマートニュース、国会議案データベースを無償公開 過去20年分をGitHubで
国会の過去20年分以上の議案データを収集・整理し、オープンデータ化した国会議案のデータベースを、スマートニュースがGitHubで無償公開した。(2022/7/1)

累計資金調達金額も調査:
国内スタートアップ評価額ランキング 3位「スマートニュース」、2位「GVE」、1位は?
人材・資金支援事業を手掛けるフォースタートアップス(東京都港区)は、スタートアップ関連情報を扱うプラットフォーム「STARTUP DB(スタートアップデータベース)」にて2022年6月6日時点の「国内スタートアップ評価額ランキング」を発表した。(2022/6/14)

言論サイト「BLOGOS」、サービス終了→過去記事削除 「cakes」「SlowNews」などに続き
LINE社が提供する言論サイト「BLOGOS」(ブロゴス)が、サービスを終了した。オリジナル記事など一部コンテンツはアーカイブとして残るものの、多くの過去記事は削除され、閲覧できないようになった。(2022/5/31)

「cakes」閉鎖後に記事はどうなる? noteに聞いた
noteが展開する有料オンラインマガジン「cakes」のサービス終了が5月25日に発表された。7月31日にサイトの更新を終了し、8月31日をもってサイトを閉鎖する。その後は、すべての記事が閲覧できなくなるとしている。(2022/5/26)

ノンフィクションの定額課金サービス「SlowNews」の提供終了へ 事業方針を変更
スローニュースは、サブスク型Webサービス「SlowNews」の提供終了と事業方針の変更を発表した。ジャーナリズムの持続的な発展を支援するために現状の定額課金サービスであるSlowNewsをいったん停止し、事業モデルを磨き上げる。(2022/5/25)

スマートニュース子会社運営の「SlowNews」、サービス停止へ 事業モデルを磨いて仕切り直し
スマートニュース傘下のスローニュースは、調査報道とノンフィクションの読み放題サービス「SlowNews」についてサービスを停止すると発表した。一旦サービスを閉じて事業モデルを磨き上げ、改めて調査報道のエコシステムを構築するという。(2022/5/25)

Engadget日本版はなぜ終わったのか、最後の編集長・矢崎飛鳥氏に聞く(第1回) 「矢崎Engadget」はいかにして生まれたのか
Engadget日本版最後の編集長となった矢崎飛鳥さんと西田宗千佳さんとの対談を3回に分けてお届けする。今回はその第1回、(2022/5/18)

つらい花粉症をスマホで乗り切る方法 飛散量の情報収集から“花粉撲滅アプリ”まで
花粉症にはスギ、ヒノキ、イネなどさまざまなアレルゲンがあるが、どの花粉症でも変わらないのは「目がかゆくなり、鼻がムズムズする」こと。花粉が多く飛散する日の外出は避けるため、スマホで簡単に花粉の飛散状況をチェックできるアプリを紹介する。(2022/3/31)

国内スタートアップランキング、3位SmartHR、2位スマートニュース、1位は?
フォースタートアップスは3月8日、国内スタートアップの評価額ランキングを発表した。それによると、評価額が1000億円を超えている企業は10社。(2022/3/8)

スマートニュース、5歳から11歳のワクチン接種について各自治体の情報を提供
スマートニュースは、5歳から11歳を対象とした新型コロナワクチン接種開始に合わせ、ニュースアプリSmartNews内の「新型ウイルスチャンネル」の機能を拡充した。(2022/3/2)

「やばすぎる」 Javaライブラリ「Log4j」にゼロデイ脆弱性、任意のリモートコードを実行可能 iCloudやSteam、Minecraftなど広範囲のJava製品に影響か
Javaで使われるログ出力ライブラリ「Apache Log4j」に特定の文字列を送ることで、任意のリモートコードを実行できるようになる(Remote Code Execution, RCE)、ゼロデイ脆弱性があることが分かった。Java開発製品の広範囲に影響するとみられる。(2021/12/10)

ワクチン接種者向け旅行プラン「ワク旅」 スマートニュースと旅行会社3社が提供
スマートニュースは、エイチ・アイ・エス、東武トップツアーズ、阪急交通社の旅行会社3社との協働により、新型コロナワクチン接種者向けの旅行プラン「ワク旅」を企画した。(2021/12/8)

スマートニュース 飲食店割引など「ワクチン接種済みお得情報」ページを開設
 スマートニュースは、自社が手掛けるニュースアプリ「SmartNews」の「新型コロナワクチンチャンネル」内で「ワクチン接種済みお得情報」のページを開設した。(2021/11/10)

累計資金調達金額も調査:
国内スタートアップ評価額ランキング 1位は、3500億円超のPreferred Networks
フォースタートアップスは2021年10月時点での「国内スタートアップ評価額ランキング」を発表した。1位は評価額3500億円超のPreferred Networks。1〜4位は9月と変動なかったものの、atama plusが新たにランクインした。(2021/10/14)

情報共有ツール「notion」日本語対応 日本ユーザー急増で
情報共有ツール「notion」が日本語に対応。8月に日本の日間利用者数が前年同月比の約4倍まで増加したことを受けての対応という。まずはβ版として提供し、翻訳などを改善しつつ正式版のリリースを目指す。(2021/10/13)

スマートニュース、251億円の大型調達 シリコンバレーのエンジニア採用などに投資
スマートニュースが251億円の大型調達。「国内スタートアップの1ラウンドあたりのエクイティ資金調達額としては過去最大級」(2021/9/16)

エンジニアの育て方:
PR:グローバルワンプロダクトで急成長したスマートニュース 世界のエンジニアの力を引き出すマネジメントとは
(2021/9/16)

アプリダウンロード数は日米で5000万超:
PR:スマートニュースのグローバルなプロダクト開発を支える「プロダクトマネージャーの役割」とは
(2021/9/15)

“ワクチン接種データ”の悪意ある切り取り対策、データの画像保存機能に活路 「スクショより手軽」で防止
新型コロナワクチンの接種状況をまとめたダッシュボードの制作者が裏話を公開した。データが都合良い期間で切り取られるのを防ぐため、画像のダウンロード機能を実装したという。(2021/8/10)

スマートニュース「ワクチンアラーム」「ワクチンマップ」機能、利用者600万人を突破
 スマートニュース(東京都渋谷区)は8月6日、ニュースアプリ「SmartNews」の「ワクチンアラーム」「ワクチンマップ」機能の利用者数が600万人を突破したと発表した。(2021/8/10)

楽天、「SmartNews」に「楽天リワード」の提供開始
楽天グループはスマートニュースのニュースアプリ「SmartNews」に向けて、「楽天リワード」の提供を7月16日より開始した。同サービスは、各アプリを使ってミッションを達成することにより「楽天ポイント」を獲得できるアプリ向けのサービス。(2021/7/19)

ファミリーマート、「ポケチキ」を5個200円→4個140円に値下げ 「もっと手軽に食べたい」との要望に応えて
1個あたりの価格は40円→35円に。(2021/6/15)

スマートニュース、個人ごとにワクチンの予約開始を知らせる「ワクチンアラーム」機能を拡充
スマートニュースはSmartNews内の「新型コロナワクチンチャンネル」で提供する「ワクチンアラーム」の機能を拡充した。(2021/5/19)

SmartNews、「新型コロナワクチンチャンネル」開設 利用者の接種時期を通知
スマートニュースは、自社が手掛けるニュースアプリ「SmartNews」で、「新型コロナワクチンチャンネル」を開設した。(2021/4/14)

SmartNewsに「新型コロナワクチンチャンネル」 接種時期や施設を表示
スマートニュースはニュースアプリ「SmartNews」(iOS/Android、無料)に新型コロナウイルスワクチンの接種時期を通知する「ワクチンアラーム」と接種施設を地図上に表示する「ワクチンマップ」の機能などを追加した。(2021/4/14)

スマートニュース子会社、サブスク型「SlowNews」提供 月額1650円でノンフィクション特化のコンテンツを配信
スローニュースはサブスクリプション型Webサービス「SlowNews」の提供を開始した。(2021/3/1)

ピース・トゥ・ピースが開始:
月100万円の報酬も パルコやパーソルが賛同した「プロ人材」の活用を目指すサービスとは
人材仲介のピース・トゥ・ピースが、個人のスキルや能力を生かして自由にキャリアを選択する「プロ人材」の働き方を推進するプロジェクトを開始すると発表した。(2021/1/27)

姿勢に共感:
大学生が最も尊敬する起業家・経営者 3位堀江貴文氏、2位孫正義氏、1位は2年連続で……
マイナビが「大学生が選ぶトレンドアワード2020」を発表。今年最も尊敬した起業家・経営者ランキングでは、前澤友作氏が2年連続で1位だった。前澤氏の活動や姿勢に共感する学生の票が集まった。(2020/12/12)

国内スタートアップ想定時価総額ランキング 1位は3500億円超えのPreferrerd Networks
「国内スタートアップ想定時価総額ランキング」。1位は3500億円超えのPreferrerd Networksだった。2位以下の企業の特徴は?(2020/9/10)

「怒りをぶつけて人を動かそうとする上役からは離れよ」――忠告に共感多数 「無用な気遣いが増える」「怒るとしかるは違う」
何も解決せずにまわりが疲れて終わりがちですしね。(2020/8/6)

「SmartNews」でニュース記事の検索が可能に 独自の基準を満たすコンテンツのみ対象
「SmartNews」にニュース記事の検索機能が登場。同社の基準を満たすコンテンツのみが対象となる。閲覧履歴や「雨雲レーダー」などの新機能も追加した。(2020/7/9)

新型コロナの感染事例を地図で確認 ニュースアプリNewsDigestが「クラスター」対策の新機能公開
報道ベンチャーのJX通信社(東京都千代田区)は、新型コロナウイルス感染者の利用などの事例が公表された場所の情報を、地図上でピンポイントに確認できるマップの提供を開始した。(2020/4/8)

石野純也のMobile Eye:
Googleのサービスを使えない「HUAWEI Mate 30 Pro 5G」はどれだけ“使える”のか
ファーウェイ・ジャパンが、5G対応スマートフォンの「HUAWEI Mate 30 Pro 5G」を日本で発売する。スペックは申し分ないが、米国の禁輸措置が解除されていないため、Googleのサービスが利用できない。代わりに「HMS(Huawei Mobile Service)」を搭載しているが、日本でなじみのあるアプリは利用できるのか。(2020/3/16)

世界のモバイルアプリトレンドを読む:
ニュースアプリ最新事情 米国で躍進する「SmartNews」「News Break」
今回は、2020年1月度における日米のアプリ「ニュース」カテゴリーの利用動向を紹介します。(2020/2/28)

世界のモバイルアプリトレンドを読む:
ダウンロード数は「PayPay」、上昇率は「タイミー」――令和最初の年末における日本の人気アプリ動向
今回は、2019年12月度における日本国内iOSアプリ「ゲーム以外」と「ライフスタイル」カテゴリーの利用動向を紹介します。(2020/1/31)

スマートニュースが31億円の資金調達 米国など海外市場を強化
スマートニュースが日本郵政キャピタル他から約31億円の資金調達を行ったと発表した。(2019/8/5)

2018年、日本で最もインストールされたアプリは? 米Sensor Tower調査
総合1位はTikTok。荒野行動とPUBG Mobileの戦いは荒野行動の勝利。(2019/4/10)

今日のリサーチ:
2018年の年間テレビCM出稿動向 タレント別トップ(関東地区)は濱田 岳さん
2018年の年間テレビCM出稿動向調査です。(2019/3/11)

iPad Proへの道:
新型iPad Proを手にした旧式iPadユーザーの戸惑い(試行錯誤編)
ある日、突然新型iPad Proがあなたと手元に来たらどうしますか。期せずしてそんな事態に直面した、旧式iPadユーザーの戸惑いと希望を一部始終お伝えします。3回目は、IT機器に無頓着な家族に新型iPad Proを突然見せたらどのような反応を示すのかを見ていきます。(2018/12/29)

ここも制圧されたか! 「スマートニュース」まとめタブのアイコン「いらすとや」が席巻
上から下までほとんど一色。(2018/12/9)

「AI書店員」が本をお薦め、ディープラーニングで表情分析 トーハンがAIに取り組むワケ
Webカメラの映像から、認識した人物の性別、年代、表情を分析して本をお薦めするAI書店員「ミームさん」を体験。トーハンに開発の狙いを聞いた。(2018/11/26)

今度はスタートアップ支援企業と提携:
レシート画像買い取りアプリで話題になった高校生CEOが今、やっていること
2018年6月に大きな話題となったレシート画像買い取りのiOSアプリ「ONE」。高校生CEOの山内奏人氏にとって、これは実験的プロジェクトなのか、それともサステイナブルなビジネスを構築しようとしているのか。どんなビジネスモデルで、長期的には何を目指しているのだろうか。(2018/8/20)

美咲が教える スマホ時代の歩き方:
お店はググらず、インスタで探す SNS時代の情報収集術
今回はネットでの情報収集について。情報収集といえば「Google検索」が当たり前かもしれませんが……。最近の若い人は、Instagramで検索をしているみたいですよ。(2018/7/20)

今日のリサーチ:
モバイルニュースアプリの利用者数は4683万人――ICT総研調べ
モバイルニュースアプリ市場はここ数年で大きく拡大し、今後も利用者数の増加が見込まれます。(2018/5/24)

企業とユーザーをつなぐ“クーポンという情報”:
PR:開始1カ月で1億PV スマニュー「クーポンチャンネル」が生まれた理由
ニュースアプリ「SmartNews」の新たな挑戦「クーポンチャンネル」。意外にも思える「スマニュー×クーポン」の企画背景と、クーポンが企業に与える“力”を聞いた。(2018/5/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。