ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「地方創生」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「地方創生」に関する情報が集まったページです。

「経済再生 実感をあなたに。」 自民が新ポスター発表、AI利用して作成
自民党が4月15日、新たな党のポスターを発表した。AIが岸田文雄首相(自民総裁)の演説や党の公約などを参考に100以上のキャッチフレーズ案を作成。その中から「経済再生 実感をあなたに。」を選んだ。(2024/4/15)

ANAが未就航地の神津島観光活性化に新事業 アプリでバーチャル旅行体験
ANAホールディングは11日、子会社が展開するアプリを活用して、未就航地の観光活性化に向けた新事業を開始したと発表した。同社が未就航地の観光事業を行うのは初めて。(2024/4/12)

Microsoft、4400億円投資 日本のAI基盤と人材育成、セキュリティに 全文訳
Microsoftが日本のITインフラ強化やAI人材育成、情報セキュリティ対策のために今後2年で29億ドルを投資すると発表した。(2024/4/11)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
超異例! スタッフがほぼ「スキマバイト」の居酒屋、どのように教育や運営をしているのか
アルバイトを全て、スポットワーカーから採用している飲食店がある。果たしてどのように戦力化しているのか。取り組みに迫る。(2024/3/29)

一線級のプロダクトマネージャーが集結:
PR:「PdMのための」大型イベントで語られた、プロダクトづくりの面白さ
(2024/3/25)

『信長の野望』開発者に聞く 「シブサワ・コウ」という創業者の名を背負う重責
「スーパーマリオ」「ドラクエ」よりも長い歴史を持つ「信長の野望」シリーズ。『信長の野望 出陣』の開発者プロデューサーに「シブサワ・コウ」という創業者の名を背負う重みを聞いた。(2024/3/23)

デジタル変革の旗手たち:
銀行が成功事例を共有? 脱・内向きに取り組む金融データ活用推進協会
「内向き」や「閉鎖的」との印象が強い日本の金融業界にも変化の兆しがある。AIやデータの活用を推進すべく、業界横断で成功事例を共有し、隠れた人材を発掘する取り組みが始まっている。銀行、業界団体、議員秘書、デジタル庁職員という異色の経歴を持ち、金融データ活用推進協会の設立に中心的な役割を担った岡田拓郎代表理事にITmediaエグゼクティブ プロデューサーの浅井英二が話を聞いた。(2024/3/18)

勝ち続けるための「リスキリング」:
サントリー「営業一筋25年」のシニア社員 兵庫県の自治体出向で何を学んだ?
「リスキリング」という言葉が生まれる前から、サントリーでは社員の学習に投資していた。同社で25年営業職として勤め上げたシニア社員が兵庫県の自治体に出向して得た学びを取材した。(2024/3/15)

地域経済の底力:
沖縄の観光産業が復調へ オリオンホテルが描く“反転攻勢”の戦略とは?
オリオンホテルのビジネス現況などについて、同社社長の柳内和子氏と、親会社であるオリオンビール社長兼CEOの村野一氏をインタビューした。(2024/3/12)

滑走路不要「空飛ぶクルマ」が孤立被災者を救う 南海トラフに備える「半島自治体」の思惑
次世代の移動手段としての注目度が、大阪府に隣接する和歌山県でも上昇中だ。県は今年2月、実用化に向けて民間企業3社と連携協定を結び、年内にも実証実験(試験飛行)を始める方針。(2024/3/11)

AIで生成された女性モデル、地方創生の顔に 自然に町長と写真に収まっててすげぇぇぇぇ!!
生成AIから生まれた「藤原れい」が福島県楢葉町の移住促進PR大使に。(2024/2/29)

「広島県に移転で2億円」問い合わせ700件……企業誘致キャンペーンの舞台裏は
広島県の企業誘致戦略に迫る記事後編。県が重要視するのは「パイプライン」の考え方だ。認知獲得から進出まで一貫してきめこまやかに対応するチームに舞台裏を聞いた。(2024/2/29)

社長の移住に1000万円、従業員にも……広島県知事がインパクトある誘致策にこだわる納得理由
広島県の企業誘致が好調だ。広島県庁のトップに、企業誘致に注力する事情や成功の要因を聞いた。(2024/2/29)

訪問してみた:
「スタジアム」のようなオフィス サイボウズが広島進出で得たメリットとは?
クラウドサービス「kintone」などを提供するサイボウズが23年7月に新設した広島オフィス。オフィスのコンセプトや、開設によって生まれた営業効率だけではないメリットとは。(2024/2/26)

SEVENTEENの「THE CITY」 HYBE JAPANトップに聞く新時代のプロモーション
BTSやLE SSERAFIMなどのスターを輩出し続けるエンターテインメントライフスタイルプラットフォーム企業HYBE。同社がグローバルに展開しているユニークな公演ビジネスモデルが「THE CITY」だ。同社の日本本社HYBE JAPANのハン・ヒョンロックCEOに戦略を聞いた。(2024/2/16)

あの会社のこの商品:
水洗いのみで汚れが落ちる食器 どうやって開発したのか
食器洗いには洗剤、スポンジ、水が不可欠。しかし、水だけで汚れが落とせる食器が誕生した。どんな商品なのか……。(2024/2/15)

7割が女性:
社員16人→200人超に “知名度ゼロ”で新潟に進出したネット広告会社「5年間の成果」
ネット広告事業を手掛けるデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)が新潟市に進出してから5年。新潟オフィスの現在の社員数は200人を超え、うち約7割が女性である。進出の成果を読み解いた。(2024/2/14)

新潟市へ「オフィス移転する企業」が倍々で増えている理由
今までにはない施策を打ち出したことで、近年、新潟市へオフィス移転する企業が倍々で増加中である。成果が生まれている要因を探った。(2024/2/9)

なぜ北海道「人口5000人の町」に23億円の企業版ふるさと納税が集まったのか
のべ23億円以上の企業版ふるさと納税を集めた「人口5000人の町」が北海道にある。理由を町長に聞いた。(2024/2/8)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
きっかけはパソナ 話題の店と有名シェフが淡路島に集結 「美食観光」ニーズが追い風に
淡路島が「美食の島」として盛り上がりを見せている。きっかけはパソナグループが地元小学校をリノベした複合施設を2012年にオープンしたことだった。(2024/2/3)

PR:会津若松にアクセンチュアのイノベーション創出拠点、なぜ? 現地で見えた「東京じゃ経験できない」地方ビジネスの“今”
(2024/2/1)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
パソナ「淡路島移転」はどうなった? 3人のシングルマザーが語った「仕事」「教育」「島民の気質」
パソナグループが2020年に淡路島へ本社機能を一部移転すると発表して大きな話題を呼んだ。その後、続々と「移住」が進み、進化を遂げているようだ。実際にU・Iターンした人に話を聞いた。(2024/1/26)

データに隠された真実:
地域差ってあるの? 高卒生の「現役進学率」「就職率」を探ってみた
2022年度の大学への現役進学率を可視化してみました。高校所在地の都道府県別にまとめましたが、地域差はあるのでしょうか。(2024/1/25)

能登町の巨大モニュメント「イカキング」“海には帰らず” 津波の被害免れ「いつもの場所に居ます」と無事をアピール
モニュメントのある施設は津波により店内が浸水、再開の目途は立っていない。(2024/1/20)

副業でも「人が集まらない」とき、見直すべき求人のポイント
労働力不足を解消するために、企業が副業人材を受け入れるケースは増えていくと考えられる。一方で、副業求人への応募をためらう副業意向者の意識も見られる。企業は今後、どのような点に注意して副業求人を募集すればよいだろうか。(2023/12/22)

宇宙開発:
日本初の民間液体ロケットエンジンは脱炭素、北海道大樹町が民間宇宙産業の中心に
インターステラテクノロジズが、人工衛星打ち上げ用ロケット「ZERO」開発のためのサブスケール燃焼器燃焼試験を報道公開。本稿では、開発中のロケットエンジン「COSMOS」の詳細や、試験が行われた北海道大樹町の「北海道スペースポート」の状況などについて説明する。(2023/12/18)

クルマ、家だけではなく「人」もシェアリング 高齢化進む地方創生のカギになるか
民泊やカーシェアなど、モノやスペース、資産を個人間で共同利用、共有するサービス「シェアリングエコノミー」。地方では、「人口減や高齢化といった社会的課題の解決に役立つのでは」と注目されている。(2023/12/14)

雪見だいふく、クーリッシュを生んだ創造的思考力とは? ロッテ社長が母校で出張授業
ロッテの牛膓(ごちょう)栄一社長は横浜市の大道小学校で出張授業をした。その狙いと手応えは? 牛膓社長にインタビューした。(2023/12/8)

増えるIT人口:
「島根にPCあるワケない」から約20年 人口減でもIT人材が集まり続ける納得の理由
47都道府県中、人口がワースト2位の島根県。一方で、IT人材が集まり続けており、同人口は過去最多を更新し続けている。一体なぜなのか。(2023/11/20)

12月22日オープン:
羽田空港に「地方創生型の店舗」が登場、特徴は?
羽田未来総合研究所は、羽田空港第3ターミナル出国エリア内に日本発の地方創生型ラグジュアリーブランド「JAPAN MASTERY COLLECTION」のショップをオープンする。(2023/11/16)

「副知事 島耕作」が爆誕、佐賀県でスポーツビジネスと半導体産業の情報発信を担当
俺たちの島耕作、ついに副知事か。(2023/11/14)

小寺信良のIT大作戦:
徳島の「学校タブレット大量故障」にみる、GIGAスクールの“想定外” なぜそんなに壊れるのか
10月27日に朝日新聞が報じたところによれば、徳島県教育委員会が手配した約1万5000台のWindowsタブレットのうち、3500台以上が故障で使えなくなり、授業に支障が出ているという。なぜこのようなことが起こるのか、そして教育デバイスに求められる現実解を考える。(2023/11/10)

長崎のド真ん中に東京ドーム1.5個分のスタジアムシティ ジャパネットは“救世主”となるか
通販大手の「ジャパネットホールディングス」が地方創生事業に乗り出した。長崎市でスタジアム、アリーナ、ホテル、商業施設、オフィスが集まった大型複合施設を建設中で、来年秋の開業に向けて工事が進められている。(2023/11/7)

ジャパネットが地方創生事業 「全国ワースト」を続ける長崎の救世主となるか
通販大手の「ジャパネットホールディングス」が地方創生事業に乗り出した。長崎市でスタジアム、アリーナ、ホテル、商業施設、オフィスが集まった大型複合施設を建設中で、来年秋の開業に向けて工事が進められている。(2023/10/30)

100年に1度の変革期:
長崎の産官学が集結 ソフトバンクとジャパネットが掲げる民間主導の地方創生
ソフトバンクの宮川潤一社長、ジャパネットホールディングスの髙田旭人社長、長崎県知事の大石賢吾氏、長崎市長の鈴木史朗氏、長崎大学学長の永安武氏が「100年に1度の変革期」を迎える長崎の現状について語り合った。(2023/10/30)

持続可能な街作り:
行政に任せるな 伝説の経営者に聞く「寂れた街の再生術」
熱海の「ホテルニューアカオ」や「寺田倉庫」、「台湾のコングロマリット企業2社の百貨店部門」の経営改革を手掛け、「伝説の経営者」とも呼ばれるACAO代表取締役・CEOの中野善壽さんに、民間主導の地方創生について聞いた。(2023/10/28)

なぜパケ詰まりが起こるのか(後編):「コロナ禍の変化」と「3キャリアの5G整備計画」から探る
市街地にて「スマホは圏内だが通信が遅く、つながりにくい状態」、いわゆる「パケ詰まり」について考察する。今回はコロナ禍を経て、都市部で急にパケ詰まりが起きる理由、大手3キャリアの5Gエリア構築戦略の違いといった点からパケ詰まりの理由に迫る。(2023/10/26)

NTT法の廃止は「絶対反対」「料金値上げにつながる」 KDDIやソフトバンクのトップが主張、180者が賛同
電気通信事業者や地方自治体など180者が10月19日、NTT法の見直しに関する要望書を自民党と総務大臣に提出した。NTT法は、NTT持株会社やNTT東西の事業内容や国の関与について定めた法律。これを廃止することで、国民の生活に不利益をもたらすリスクがあると訴える。(2023/10/19)

“文春砲”被弾の本仮屋ユイカ、ライターに感謝「本当にありがとう」 記事内容は冷静に訂正
謙虚だ……!(2023/10/13)

4年ぶりに全面リアル開催:
「未来を変える10万人の共創の場」、CEATEC 2023開幕へ
エレクトロニクス、ITに関する総合展示会「CEATEC 2023」が2023年10月17〜20日、幕張メッセにて開催される。出展者数は600社/団体を超える予定で、登録来場者数は10万人以上を見込む。2019年以来4年ぶりにブース展示とカンファレンスの両方がリアル会場で行われる。(2023/10/12)

ふるさと回帰支援センター調べ:
移住希望地ランキングで「栃木県」「広島県」が上昇 支持されるワケは?
「ふるさと回帰支援センター」は2009年から移住希望地ランキングを毎年発表している。近年、「栃木県」「広島県」の存在感が増している。その背景は?(2023/10/5)

職のミスマッチを解消せよ!:
PR:2030年には170万人の専門職が不足…… 今ある「スキル」を生かす新たなデジタル人材確保策を探る
(2023/10/5)

人口400人:
“限界集落”をグランピングで町おこし 売り上げが20倍超になった納得理由
岡山県津山市・阿波地区。人口400人ほどで、高齢化も進む地域に21年、グランピング施設がオープンした。一体なぜ、観光地でもないエリアにオープンしたのか。背景には、自治体ならではの課題があった。(2023/9/25)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
“1兆円超え”目前のふるさと納税 10月の「改悪」が、自治体にも国民にもデメリットである理由
ふるさと納税のいわゆる「改悪」が10月に施行される。9月内にかけ込み的にふるさと納税の利用者が増えており、関心も高まっている。(2023/9/22)

「富裕層」を狙え! 観光最前線:
1泊1室66万円! 長崎県の平戸城で、どんな“体験”を提供しているのか
豪華な“城泊”体験に、外国人富裕層が多く訪れている。2021年4月にオープンした長崎県平戸市の「平戸城 CASTLE STAY 懐柔櫓」は、かつて倉庫として使われていた平戸城の懐柔櫓を宿泊施設化。1日1組限定、1組66万円(税込・サービス料別・食事別)で提供している。どんな体験ができるのか。(2023/9/14)

”やんばる”の取り組みを追う:
沖縄・名護は「素通り観光」をどう克服? 「新テーマパーク計画」ともう一つの秘策
沖縄県名護市では、スマートシティ化を推進する上での基本計画となる「名護モデルマスタープラン」を22年度に策定。23年1月には一般社団法人「名護スマートシティ推進協議会」(以下、推進協議会)が設立され、同年5月には市と包括連携協定を結び、具体的な取り組み内容の検討が始まっている。その具体的な中身とは――。(2023/9/12)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「品川駅」改良の全体像が見えてきた 交通結節点としてどうなる?
京急電鉄とJR東日本が連名で品川駅周辺の開発計画を発表した。京急電鉄の地平プラットホーム化で生まれる上部空間にビルや低層デッキができる。これで品川駅周辺のまちづくりプランがそろった。そして品川駅は今後、リニア中央新幹線、東京メトロ南北線分岐線と、交通結節点としてもさらに便利になる。(2023/9/9)

地方での「副業・転職」に関心 希望の報酬は月いくら?
地方において、労働力不足は特に深刻な問題だ。その一方で、リモートワークの浸透などによって働き方の選択肢が広がり、地方で働くことを検討する個人は増加傾向にある。「地方副業」や「地方転職」に興味を持っている人はどれくらいいるのか。パーソルキャリアが調査を実施した。(2023/9/7)

マイナンバーカードでチケット不正転売の抑止へ デジタル庁やぴあなどが実験
デジタル庁、ぴあ、ドリームインキュベータは9月5日、マイナンバーカードをエンタメ領域で活用する実証実験を行うと発表した。3者はイベント会場での本人確認や、酒類の提供時における年齢確認などにマイナンバーカードを活用する。他にもマイナンバーカードの活用でイベントチケットの不正販売の抑制につなげる意向が示された。(2023/9/6)

アナリストの“ちょっと寄り道” 調査データの裏側を覗こう:
「スマートシティー」にも活用広がる ブロックチェーン活用サービスの最前線を解説【前編】
「お試しPoC」を終えて普及期に入るブロックチェーン。決済や資金調達、スマートシティーや地方創生などにおける最前線の活用事例を紹介しつつ、課題と展望をアナリストが解説する。(2023/8/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。