ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「スポーツクラブ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「スポーツクラブ」に関する情報が集まったページです。

五輪銀メダリストの平野早矢香、一般男性との結婚を笑顔で報告 祝福の花束を両手に「力を合わせて一歩ずつ進んでいきたい」
おめでとうございます!(2021/1/15)

JR東日本、千葉・松戸駅のエキナカにeスポーツ施設をオープン
JR東日本スポーツが、千葉県のJR松戸駅にeスポーツ施設をオープンする。(2021/1/14)

追加の7府県:
緊急事態宣言が大阪や愛知に拡大、ゴールドジムやコナミ、エニタイムの対応は? 会費を割引くジムも
2度目となる緊急事態宣言。1月13日には対象地域が大阪、兵庫、奈良の関西3府県と愛知、岐阜、栃木、福岡に拡大した。各スポーツクラブは、首都圏と同じ対応をとる店舗がある一方、慎重な動きを見せる企業もある。(2021/1/14)

オリコン調べ:
2度目の緊急事態宣言でコナミやエニタイムの対応に差 通常通り営業を続けるチェーンも
政府が1都3県を対象に再発出した緊急事態宣言。前回の緊急事態宣言では、各スポーツクラブが臨時休業や営業自粛の対応をとったが今回は各社で差が出ているようだ。(2021/1/12)

2020年改正個人情報保護法の解説 〜EUの一般データ保護規則(GDPR)との比較も含めて
2020年6月に改正案が可決された個人情報保護法。個人データを利用する事業者にはどのような規制が適用されるのか。(2020/12/29)

試着はARで! 羽田空港に”1坪”の無人靴店オープン
靴の販売店・メーカーの支援サービスを行うフリックフィットは、羽田空港第1ターミナルに1坪の靴販売店舗を開設すると発表した。(2020/12/16)

戸田恵梨香に続け! 松坂桃李の「理想の結婚条件20カ条」を“全クリ”目指す人が続出
さーて、クリアできるかな(腕まくり)。(2020/12/11)

「簡単」「楽しい」「続けたくなる」:
そこまでやるか!? 本気すぎる“タニタ式”健康経営 社員証と活動量計を一体化
ヘルスメーターで有名なタニタは、自社の健康経営にも熱心。例えば、社員証と一体化した活動量計を全社員に持たせていて、身に付けないで出勤した社員は社屋に入れない。そこまで徹底するのはなぜか。(2020/12/4)

「フォートナイト」が高齢者に人気? 「孫との話題が広がった」 60歳以上向けeスポーツ施設のいま
7月にオープンした60歳以上向けのeスポーツ施設。シニアには「フォートナイト」が人気という。会員の声や施設の今後を聞いた。(2020/11/27)

第5回 住宅・ビル・施設 Week:
「Akerun入退室管理システム」が会員管理システムと連携、予約などの事務手続きを自動化
フォトシンスはまちいろと共同で、「Akerun入退室管理システム」と月額制の会員管理システム「hacomono 予約システム」のAPI連携を開始した。両社は、今回の連携で、コロナ禍における予約と決済のオンライン化やキーレスによる無人店舗の運営を支援する。(2020/11/24)

宮迫博之、中年太りから3カ月でシックスパック実現 体脂肪率7%減・筋肉量4キロ増が「疑いたくなるレベル」
目つき顔つきまで別人に……!(2020/11/10)

コロナ禍で奮闘する新規事業:
東京メトロがヨガスクールを経営する理由
東京メトロが地下鉄・妙典駅近くの高架下でヨガスクールを経営している――。入社3年目の女性社員の発案によってだ。取締役などに狙いを聞いた。(2020/11/10)

手ぶらで認証、キャッシュレス決済へ 日立が生体認証統合基盤サービスを開始
日立製作所は、指静脈などの生体認証で本人認証やキャッシュレス決済ができる基盤サービス「生体認証統合基盤サービス」を開始した。生体情報を復元不可能な形でクラウドに登録し、安全性や利便性を確保。飲食店やイベント会場、レジャー施設など、幅広い分野で手ぶらでのキャッシュレス決済やチケットレス入場が実現する。(2020/11/2)

ドラッグストアから地域コネクティッドビジネスへ :
サツドラ富山浩樹社長が語る「ウィズコロナ時代のチェーンストア戦略」
規模の追求という従来の基本戦略が機能不全を起こしつつある今、新時代のチェーンストアビジネス戦略はどうあるべきなのか――。サツドラホールディングスの富山浩樹社長に聞いた。(2020/10/23)

シングル向け物件:
トップ3に千葉の駅! 東京駅まで電車で30分、家賃が安い駅ランキング
リクルート住まいカンパニーは、「東京駅まで電車で30分以内、家賃相場が安い駅ランキング」をまとめ、その結果を発表した。SUUMOに掲載されたシングル向け物件を対象に調べたところ……。(2020/10/13)

「近づけない、集めない」 時代を生き抜く、企業の知恵:
収益は前年同期比15%増 コロナ禍でも増収増益の米Tinder幹部を直撃
コロナ禍で各社が経営戦略の見直しを迫られる中、あえてオンラインによるコミュニケーションに商機を見いだし、ビジネスの機会を生み出そうとしているソーシャル系マッチングアプリ 「Tinder」。米Tinder本社の役員ジェニー・マケイブCCOにコロナ禍を含めたビジネス展開などについて話を聞いた。(2020/10/8)

ソシムの人気デザイン書8冊がKindleでセール 『デザイナーじゃないのに!』『あたらしい、あしらい。』などSNSで話題の新刊も55%オフ
デザインを勉強中の人にもおすすめ!(2020/10/6)

食生活や運動を意識:
コロナ前より「健康になった」が5割 健康への支出減も禁煙対策費用は増加
明治安田生命の調査によると、新型コロナウイルス感染拡大前と比べて「健康になった」という回答が約5割に上った。スポーツジムなど、健康増進への支出額は前年より減少。一方、禁煙対策への支出は増加した。(2020/9/2)

ホーム/オフィスを問わず安全で快適なサービスプラットフォームを目指す「Zoom」の次の一手
8月27日、Zoom Video Communications JAPANが、日本におけるZoomの事業戦略について説明会を開催した。急成長を遂げている同社の次の一手とは?(2020/8/28)

携帯3キャリアの”橋渡し”を担い、スムーズなオンライン手続きを推進する:
PR:トッパンフォームズの「AIRPOST」と「本人確認支援サービス」が実現する未来
スマートフォンを使って、住所変更や口座振替の手続きを行う、オンラインサービスにつきものの「本人確認」の手間やコストを解消する――。これらを実現するサービスをトッパンフォームズが開発している。未来のオンラインサービスの常識を変える可能性を秘めるサービスについて、担当者に聞く。(2020/8/18)

野沢直子、ジムと化した自宅を公開 新型コロナの影響でジムに通えず
息子の友人もトレーニングしに来るそうです。(2020/8/15)

ゲーセンが臨時休業:
コナミ、バンナムは減収減益 外出自粛で明暗、ゲーム各社の決算
コナミHD、バンダイナムコHDの2020年4〜6月の連結決算は減収減益。新型コロナ禍の中、アミューズメント施設の臨時休業が響いた。“巣ごもり需要”の恩恵を受けたゲームメーカーとの間で、明暗が分かれた。(2020/8/7)

サイズは5種類:
「息苦しい」「貼りつく」に対応、スポーツ用マスク 野村不動産グループのスポーツジムが開発
スポーツクラブを展開する野村不動産ライフ&スポーツは、スポーツ用のドライマスクを開発した。通気性が高く、運動時も呼吸がしやすいマスクを開発。8月3日、オンラインで販売予約の受け付けを始めた。(2020/8/5)

PR:分散型オフィスの課題を解決 テレワーク時代に適した入退室管理システムとは?
(2020/7/22)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「感染リスクが高い」と指摘されても「バイキング」を続々再開 その執念と感染予防策に迫る
コロナ禍で自粛していた「バイキング」が続々と再開されている。一方で「感染リスクが高い」という声もある。各社は悩みながらも徹底した対策をしている。(2020/7/15)

専門家のイロメガネ:
コロナで変わる、桃鉄・シムシティ的な都市開発
 TVゲーム「桃太郎電鉄」や「シムシティ」は、戦後日本の都市開発を単純化したものだと言えるだろう。当時の日本では、阪急や西武といった私鉄各社が都市開発をリードしていた。コロナにより働き方や購買行動が変化することで、都市開発、不動産開発がどのように変化するのか。今後のビジネスの変化についても考えてみたい。(2020/7/10)

プロジェクト:
三井不動産がマレーシアで賃貸住宅事業に初参画、延べ2.6万m2の物件を開発
三井不動産グループは、長期経営方針「VISION 2025」で、「グローバルカンパニーへの進化」をテーマに掲げており、海外事業の飛躍的な成長を目指している。とくに力を入れる住宅事業では、シンガポールやタイ、マレーシア、インドネシア、フィリピン、中国、台湾をターゲットとして、複数の再開発プロジェクトを同時進行させている。(2020/7/9)

産業動向:
日本橋室町三井タワーがCASBEE-WO認証でSランクを取得、三井不動産
三井不動産が開発した複合施設「日本橋室町三井タワー」が、「CASBEEウェルネスオフィス認証」でSランクを取得した。建物内に設置された健康増進施設や独自のプログラム、BCPに配慮した高効率なエネルギー設備が評価された。(2020/7/7)

新型コロナ経済対策〜消費減税がいちばん効果的である理由
経済回復を考えたら、お金を使った人が恩恵を受ける政策の方が需要喚起の効果は高い。(2020/5/26)

5G Co-Creation Working カンファレンス Spring 2020:
施設の防犯や新型コロナ対策になる建物管理システム「スマートビルディング」
5Gを活用したビジネスの創出を目標に掲げる5G Co-Creation Workingの安心・安全ワーキンググループは、施設の防犯や新型コロナウイルス対策としても役立つ建物管理システム「スマートビルディング」の事業化を推進している。(2020/5/26)

「今後の軸の一つに」:
生体認証技術の日本展開を加速する仏セキュリティ大手
安全性や利便性の観点から、指紋や顔、光彩などを用いて個人を認証する「生体認証」の利用が近年拡大している。セキュリティ/認証技術世界大手のIDEMIA(アイデミア/日本法人:アイデミア・ジャパン)は、2020年から「非接触型指紋認証デバイス」の日本展開を開始。独自技術を用い、触れることなく迅速な本人認証が可能となるデバイスで、オフィスや工場のアクセス管理のほか、施設内での決済など用途を拡大していく方針だ。今回、同社の事業内容や日本市場での展開について、アイデミア・ジャパン代表取締役の根津伸欣氏に話を聞いた。(2020/5/26)

専門家のイロメガネ:
コロナに苦しむ飲食店を前払いで応援する「さきめし」、そのリスクは?
コロナ禍で苦しむ飲食店に対して、料金を先払いして応援するサービス「さきめし」。苦しい時に助け合う、良い仕組みであると同時に、お金を先に払ってサービスは後で受けるという、過去にトラブルを繰り返してきた取引形態でもある。そしてこれは、資金決済法で問題となってきた、収納代行と適用除外の仕組みの良い例でもある。(2020/5/18)

今こそ求められる法整備:
日本からスポーツが消えた日――コロナ禍で露呈したスポーツビジネスの法的リスクと課題
新型コロナウィルスによって甚大な被害を受けているスポーツ界。国民がプロスポーツを安心して観戦できる場所は、いまの日本には存在しない。唯一無二のプロダクトである試合が開催できない今、スポーツ団体はこの事態にどのように対処していけばいいのだろうか。収入の大きな柱の1つである「広告料収入」にスポットを当て、試合が中止となった場合の広告主とスポーツ団体間の契約の行方を推察する。(2020/5/8)

MONOist×AUTOMOTIVE JOBS:
国から認定される健康経営優良法人「ホワイト500」自動車業界の認定企業は?
「ホワイト500」は健康経営優良法人に認定された法人の中で、健康経営度調査結果の上位500法人が認定されます。ここでは、自動車業界で認定された企業をご紹介します。(2020/5/7)

PR:双方向映像で遠隔レッスン 人気のオンラインヨガ「SOELU」を実現したシステム基盤とは?
(2020/5/1)

非常事態終了を遅らせるバカにつける薬
日本人は今、2種類いる。非常事態解除を真剣に願い行動抑制する者と、非常事態の意味もコロナの意味も理解できない者である。(2020/4/29)

水着の生地でできたマスク発売 フットマークから
洗って繰り返し使えます。(2020/4/24)

林信行が読み解くApple Watch5周年:
5つの視点で振り返る「Apple Watch」のすごさ
Appleのスマートウオッチ「Apple Watch」が、2020年4月で発売5周年を迎える。登場前と登場後で何が変わり、これからどこへ向かうのか。林信行氏が解説する。(2020/4/24)

磯山友幸の「滅びる企業 生き残る企業」:
「コロナ倒産」の連鎖が始まる――「雇い止め多発」の中小、2159万人の非正規を守れ
人件費負担の大きい飲食店などの経営規模の小さい会社の多くは、パートやアルバイトなど非正規雇用に頼っているケースが多い。こうした店舗で売り上げが「消滅」した場合、泣く泣くパートやアルバイトを雇い止めにするほかない。正規雇用でなければ、仕事がなくなれば時給制のパート、アルバイトは収入を失う。(2020/4/14)

「緊急事態宣言」〜感染を防ぐか経済を守るか“究極の政治判断”
難しい最後の判断をするのが政治家だが……。(2020/4/2)

小売・流通アナリストの視点:
新型コロナでしぼむ個人消費に、食品添加物が“特効薬”となるかもしれないワケ
徐々に広がる新型コロナウイルスの影響。経済への影響を軽減するには、人が集まる場の除菌が重要だ。小売・流通アナリストの中井彰人氏は、製造現場でも使われている「あるもの」が有効かもしれないと指摘する。(2020/3/31)

東大卒プロゲーマー「ときど」の肖像【後編】:
東大卒プロゲーマー「ときど」はスランプに陥っていた――ウメハラからの助言、そしてたどり着いた「努力2.0」
17歳のときに世界一の格闘ゲームの大会「EVO」で優勝したトッププレイヤーの1人である東大卒プロゲーマー「ときど」。スランプに陥っていたときどはいかにして乗り越えたのか。前後編の後編。(2020/3/29)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
新型コロナで見直された“最重要食品”とは? 巣ごもり消費と防衛消費の意外すぎる実態
新型コロナの流行は小売業にどのような影響を与えたのか。百貨店が苦戦する一方で、コンビニは堅調。スーパーやドラッグストア以外に売り上げを伸ばした業界とは?(2020/3/24)

プロジェクト:
中長期宿泊ニーズに対応する都市型アパートメントホテル、京都で
大和ハウスグループのコスモスイニシアは、都市型アパートメントホテル「MIMARU(ミマル)京都 河原町五条」を2開業。建築家・佐々木達郎氏監修・中長期宿泊ニーズにも対応する。(2020/3/23)

新工法:
軽量でサイズ変更が容易なCFRP梁を活用した新防振浮床工法を開発
大成建設とジャムコは、鉄骨梁を用いた防振浮床工法の適用が難しい施設向けに、軽量でサイズ変更に応じる新工法を開発した。(2020/3/23)

サクッと読める!テレワークしぐさ:
在宅勤務で運動不足、ジムも休館 解決策は?
自宅でテレワークを続ける中、スポーツジムが閉鎖し、運動不足に直面した筆者。家でトレーニングできないか、YouTubeやスマホアプリを試してみた。(2020/3/19)

世界を読み解くニュース・サロン:
米国の新型コロナ“急拡大”で迫りくる「中国復活」の脅威
世界的に新型コロナウイルスの感染が拡大している。日本の経済活動において影響力が大きい米国でも、多くの州で非常事態宣言が出された。米国は今、どのような状況なのか。このまま感染拡大が続けば、先に復活した中国の力が増すことにもつながりかねない。(2020/3/12)

中国マーケティング最前線:
新型コロナで中国人の“引きこもり消費”加速――室内で不思議なブームも
新型コロナ騒動で外出制限掛かった中国人。「引きこもり消費」とも言うべき不思議なスタイルが発生している。中国語系SNSのつぶやきビッグデータから迫る。(2020/3/6)

スポーツジム、新型コロナ対応で臨時休業や一部サービス休止 業界団体はガイドライン作成
臨時休業するジムや、レッスンなどの休止や制限で対応するジムも。(2020/3/4)

JASRAC対音楽教室、地裁判決は順当かナンセンスか 「一般人の常識に即した裁判」の論点を整理する
音楽教室がJASRACに音楽著作権の使用料を支払う必要があるかが争われた訴訟で、東京地裁が音楽教室側の訴えを棄却した。この判決は現在、SNSなどで賛否両論を呼んでいる。本記事では、著作権者や法律家などへの取材をもとに、地裁判決の論点を整理し、判決の妥当性を考察する。(2020/3/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。