ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「増税」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「増税」に関する情報が集まったページです。

帝国データバンク調査:
アパレル上場企業、7割で売り上げ前年割れ――9月、増税前需要の反動、残暑で秋物苦戦
アパレル上場企業の7割で売上高前年割れ。9月分を帝国データバンク調査。前年の増税前需要の反動、秋物苦戦も影響。(2020/10/23)

赤字転落:
サイゼリヤ、最終赤字34億円 20年8月期 コロナで「厳しい状況が続く」
サイゼリヤが発表した10月14日、2020年8月期(19年9月〜20年8月)通期の連結業績は、売上高が1268億4200万円(前期比19.0%減)、営業赤字が38億1500万円(前期は95億9900万円の黒字)、最終赤字が34億5000万円(同49億8000万円の黒字)だった。消費増税や新型コロナウイルスの感染拡大の影響が響いた(2020/10/14)

8割が負担を感じる消費増税 妥当な消費税率は?
消費税の10%への引き上げから1年。キャッシュレス還元や軽減税率などの緩和措置もあったが、消費者はどのくらいの負担を感じているのだろうか。また妥当だと考える消費税率は何%なのだろうか。(2020/10/8)

第3のビールは価格据え置き:
イオン、PB初の本格ビール発売 酒税改正でビール需要の高まり見込む
イオンは、プライベートブランド(PB)から初の生ビールとなる「トップバリュベストプライス富良野生ビール」を発売する。本体価格は1缶350ミリリットルで150円(税別)。一方、税率が引き上げられる第3のビールでは、PB商品の価格を増税後も据え置く。(2020/9/29)

全銘柄掲載:
たばこメーカー各社の値上げ状況は? 2020年銘柄まとめ
10月のたばこ税の増税を控えたばこメーカーは各銘柄の値上げを発表。「IQOS(アイコス)」「glo(グロー)」「Ploom(プルーム)」といった加熱式たばこ用銘柄や、紙巻たばこの価格はいくらになるのか。各社の値上げ状況をまとめた。(2020/9/29)

禁煙した理由も尋ねた:
たばこ値上げ、「喫煙頻度変える?」 増税前に1000人に調査
クルーズは9月23日、子会社のランク王が行った「たばこ税増税に伴う、たばこに関する意識調査」の結果を公表した。10月1日からの増税を機に「喫煙頻度を変えるか?」との質問に、約半数が「今まで通り吸い続ける」と回答。一方、禁煙済みの人にその理由を尋ねたところ、「金銭的負担」や「喫煙所の減少」などの声が多く挙がった。(2020/9/23)

他社より値上げ幅抑える:
BATJ、加熱式たばこ値上げを発表 10月の増税見据え
ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン(BATJ)は加熱式たばこ63銘柄の価格改定申請を財務省に行ったと発表した。値上げ幅は10〜20円程度の予定。一方、加熱式たばこ9銘柄、かぎたばこ4銘柄については価格を据え置く。他社への流出を防ぐ狙いがある。(2020/9/1)

増税踏まえ より多くの選択肢を:
JT、「アメスピ」4銘柄を14本入り400円で販売 現行20本入りは廃止
JT(日本たばこ産業)は8月19日、10月からの増税を踏まえ、「アメスピ」の4銘柄を20本入り530円から、14本入りに変更し400円で販売すると発表した。味や香り、ブランド名は変えない。現行の20本入りは9月末で廃止する。(2020/8/21)

加熱式たばこは?:
たばこ増税で BATJ、69銘柄値上げ
ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパンは、10月1日に実施されるたばこ税増税に伴い、たばこの価格を値上げする。(2020/8/12)

誰が財政を健全化するために “消費増税が必要”だと言っているのか?
「消費税を一時なくすべき」という意見もある一方で、増税を進める声も上がっています。(2020/8/8)

10月1日から:
たばこ増税で JT、224銘柄値上げ
JTは10月1日からのたばこ増税などに伴い、たばこ価格を値上げすると発表した。(2020/8/1)

JTがたばこの値上げ申請を発表 1箱あたり約50円の値上げ
増税のほか、販売数量の減少も原因に。(2020/7/31)

目立つ節約志向:
年収700万円でもランチは節約…… 新型コロナで変化? ビジネスパーソンの懐事情
ビジネスパーソンの楽しみである「ランチ」、1食の平均金額は? エデンレッドジャパンが「家計と昼食」に関する調査結果を発表した。新型コロナだけでなく、消費増税の影響もあってか節約志向が目立った。(2020/5/14)

結局、キャッシュレスは誰のためなのか
消費税増税の対策として大々的に打ち出されたキャッシュレスによる還元事業。PayPayをはじめとして、ド派手なキャンペーンが繰り広げられているが、実態はどうなのだろう。(2020/4/2)

自動車メーカー生産動向:
コロナ直前の2020年1月、日系自動車メーカーの生産は前年割れが多数
日系乗用車メーカー8社の2020年1月の生産実績は、グローバル生産台数がSUBARU(スバル)を除く7社が前年割れとなった。国内生産は、消費増税の影響による国内販売の低迷などにより、ダイハツ工業とスバルを除く6社がマイナスだった。海外生産も東南アジアや中国の市場減速などによりマツダとスバル以外の6社が前年割れとなった。(2020/3/23)

2月23日には「1日の売り上げ」最高記録を達成:
餃子の王将、「7カ月連続」で過去最高売り上げ 「増税&新型コロナ」のダブルパンチを食らっても絶好調の秘訣とは
王将フードサービスが絶好調だ。2020年2月まで、7カ月連続で「同月比過去最高売り上げ」を更新。2月23日には、今期3回目となる1日単位での「創業以来過去最高売り上げ」を達成。消費増税&新型コロナのダブルパンチにも屈さずカウンターパンチを出せている秘訣はどこにあるのか。小売・流通アナリストの中井彰人氏に聞く。(2020/3/16)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
円安・株安はなぜ起きた? 日本はもはや「スタグフレーション入り」したのか
「円安になると株価は上がる――」。この法則がいまや崩れようとしている。景気が後退しているにも関わらず物価が上昇する状態を、スタグフレーションという。通常、景気が悪い中で物価が上がる場面は限定的であるが、今回においては消費税の増税による半ば強制的な物価の押上げが、これを現実のものにするかもしれない。(2020/2/28)

新型コロナウイルスによる経済への影響〜消費税を減税するしかない
そもそも増税で経済が悪化しているところに……。(2020/2/27)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
食中毒事件を乗り越えてモスバーガーが復活 消費増税を追い風にできそうな理由とは?
「食中毒」事件で苦戦していたモスバーガー。しかし、マーケティングを刷新してから業績が上向き始めた。消費増税をチャンスにできそうな理由とは?(2020/2/25)

モバイル決済で店舗改革:
手数料を超えるメリットはある? ケーキ店「ル リス」がキャッシュレス対応した結果
増税に伴う政府の補助事業でキャッシュレス化が推進され、それを機にキャッシュレス対応をした中小店舗も多い。今回取材した東京・三鷹市のケーキ店「ル リス」もそうした店の1つだ。もともと現金決済のみだったため、当初はキャッシュレス決済の利用はなかったそうだが、10月に入って実際の増税が始まると、一気に利用が拡大した。(2020/2/21)

必要な「取りあえず」の精神:
スマホ決済、使わないと“旧人類”に? 稼ぐ人ほどキャッシュレス派、そう考える理由
増税に伴うキャッシュレス還元施策という追い風もあり、キャッシュレスの波が広がっている。とはいえまだまだ現金派も少なくないが、筆者は稼げる人ほど「キャッシュレス派」だと主張する。その理由とは?(2020/2/13)

無印良品、約300品目を値下げ 新生活グッズを中心に
消費税増税前の1100品目値下げに続いて値下げ実施。(2020/2/12)

節約志向は強まった?:
消費増税で自炊する人はどれだけ増えた? 影響をもろに受けた世代も明らかに
消費増税は飲食シーンにどんな影響を与えたのか。ホットペッパーグルメ外食総研が調査。特に影響を受けた世代は……。(2020/1/29)

増税後にコード決済の利用頻度が増加、不安要素は減少 J.D.パワーの調査から
J.D.パワーは、1月17日に「2019年を振り返る“お金”にまつわるアンケート調査」の結果を発表。消費税の増税後に「QR/バーコード決済サービス」の利用率・利用頻度が増加し、2人に1人が1カ月以内にスマートフォン決済を利用していることが判明した。(2020/1/21)

スピン経済の歩き方:
なぜマスコミは、企業の倒産を「社会のせい」にしてしまうのか
企業の倒産件数が、11年ぶりに増えている。大手マスコミは「増税が原因」「人手不足が深刻」などと報じているが、本当にそれが原因なのか。中小企業が倒れている原因はほかにもあって……。(2020/1/21)

「キャッシュレス・ポイント還元制度」も6月で終了:
スーパーマーケットの倒産、7年ぶりに増加 消費増税と競争激化で「地域密着型の独立系」が苦境
帝国データバンクは、2007年から19年のスーパーマーケット経営業者の倒産動向(負債1000万以上、法的整理のみ)について集計・分析した調査結果を発表した。19年のスーパーマーケット経営業者の倒産は30件(前年比42.9%増)となり、12年以来7年ぶりに前年比増加となったことが分かった。倒産した30社のほとんどが地域密着型の独立系スーパーマーケットだった。(2020/1/14)

令和の消費、「例年よりお金を使った人」が7割 増税前よりキャッシュレス決済が増えた人は5割
最も高かった買い物1位は「旅行」。(2019/12/27)

キャッシュレス決済が増えた県は?:
貯蓄上手の福島県、お賽銭をたくさん入れる愛知県、消費増税で我慢する岩手県――47都道府県の「お金」意識が明らかに
ソニー生命保険が発表した「47都道府県別 生活意識調査2019」の集計結果。福島県の人に倹約志向が強い傾向があり、消費増税後に買いたいものを我慢するようになったのは岩手県の人に多かった。年末年始の消費に関する予算の違いも明らかになった。(2019/12/18)

Windows 10時代のゲーミングPC選び:
240Hz&RTX 2080でヌルヌル動作! あこがれの49万円ゲーミングPC「ROG Zephyrus S GX531GXR」を試した
消費税増税前に駆け込みで購入した自慢のゲーミングノートPCを、ASUSが誇る「ROG Zephyrus S GX531GXR」と対決させた。ガチ勝負の結果はいかに……。(2019/12/12)

増税後の変化は?:
小規模サービス業・小売業の85%がキャッシュレス決済導入 ポイント還元制度後のキャッシュレス決済割合は8.3ポイント上昇
会員小売店を含む全国47都道府県の事業者442人を対象に、増税後のキャッシュレス決済に関するインターネット調査を実施。その結果、事業者の85%がキャッシュレス決済を導入しており、増税前(2019年6月)の調査結果に比べて導入割合が12ポイント増加したことが分かった。(2019/12/9)

増税後のキャッシュレス決済導入率は85%、約2割は現金の利用率を上回る
ラクーンコマースは、事業者を対象とした増税後のキャッシュレス決済に関するインターネット調査を実施。85%がキャッシュレス決済を導入し、増税前よりも12ポイント増加している。キャッシュレス決済が現金決済の利用を上回ったと回答した事業者は23%となった。(2019/12/4)

モバイル決済で店舗改革:
花屋とキャッシュレス決済の相性は? 「Airペイ」を導入したメゾン フルーリに聞く
増税に伴い、軽減税率やキャッシュレス・消費者還元事業といった施策も行われているが、特に軽減税率は基本的に飲食料品(と新聞)を対象としているため、軽減税率の影響がない店舗は多い。今回は、東京都の二子玉川に店を構える花屋「メゾン フルーリ」に、キャッシュレス対応による変化を聞いた。(2019/12/4)

QRコード決済は少額ほど利用:
消費増税で使い始めたキャッシュレス決済は「PayPay」 ポイント還元で利用は増えた?
10月の消費増税後のキャッシュレス決済の利用状況について、ICT総研が調査結果を発表。増税を機に利用を始めたキャッシュレス決済サービスは「PayPay」が最も多かった。(2019/11/28)

増税後のキャッシュレス決済、 最も使われたのは「PayPay」 ICT総研調査
ICT総研は、11月28日に消費増税後のキャッシュレス決済利用状況について調査結果を発表。最も多い利用サービスはPayPayで、利用率が最も高い利用場所はスーパーやコンビニエンスストア。若年層が利用しない理由は制度への認知・理解の不足が多い結果となった。(2019/11/28)

最も多かった施策は?:
消費増税を前にスーパーはどう戦ったのか 「チラシ」から振り返る
消費増税のスーパーへの影響はやはり大きかった。スーパー関連団体の調査によると、10月の総売上高は8900億6218万円。既存店の前年同月比で1.7%減となった。一方、各社は9月から駆け込み需要を狙った各施策を展開していた。どんな施策があったのか、チラシから振り返る。(2019/11/28)

消費増税の影響は……:
駆け込み需要があった企業の割合は? 小売業は5割で「反動減」発生
帝国データバンクによると、10月の消費増税前に駆け込み需要があった企業は26.5%。反動減は19.4%の企業で発生している。特に、小売業で影響が大きかった。(2019/11/27)

消費税増税で“10万円未満”のノートPCに人気が推移 BCN調べ
BCNが、消費税増税前後のノートPC市場の変化についてのレポートを発表した。(2019/11/22)

今日のリサーチ:
2019年の消費増税前後で日本人の消費はどう動いたか――Criteo幹部が解説
若い世代を中心に増税前の消費は上昇したものの買われたのは低価格な日用品が中心。ECより店舗。気になる増税後の落ち込みは2014年の増税時より緩やか。これらの結果からマーケターは何を学ぶべきでしょうか。(2019/11/18)

古田雄介の週末アキバ速報:
「キャッシュレス化、明らかに進んでいます」――増税1カ月後のアキバ
経産省の「キャッシュレス・消費者還元事業」の影響もあり、アキバではキャッシュレス決済がこれまで以上に進んでいるらしい。中には「8:2でキャッシュレス」との声も。(2019/11/9)

2023年の国内IT支出額は29兆円規模へ 金融・運輸を中心に平均1.9%増で成長――ガートナー予測
ガートナー ジャパンの予測によると、日本のIT支出は、消費税増税対応やOSのサポート終了対応などが後押しし、2023年まで年平均1.9%増で推移して29兆円に達する。業種別では、特に金融、運輸での高い成長率が見込まれるという。(2019/11/11)

増税後はコード決済の利用率が3倍に、利用率トップは「PayPay」
インフキュリオン・グループは、11月7日にキャッシュレス決済利用状況の調査結果を発表。増税後のQRコード決済利用率が11.6%から35.7%に拡大し、最も利用率が高いのは「PayPay」の63.8%となった。(2019/11/7)

全体は25%マイナス:
消費増税でも新型「カローラ」好発進、「N-BOX」は首位維持するも苦戦 10月の新車販売ランキング
10月の国内新車販売は、消費税率引き上げの影響で冷え込む中、9月にフルモデルチェンジしたトヨタ自動車の「カローラ」が、前年同月と比べて約3割増加した。ホンダの軽自動車「N-BOX」は26カ月連続トップと強いが、販売台数は2割以上減らした。(2019/11/7)

新連載・古田拓也「今更聞けない金融ビジネスの基礎」:
政府の”キャッシュレス推進”ウラの狙い 改善したい“不名誉すぎる”実態とは?
消費税増税からまもなく1カ月を迎え、キャッシュレスへの関心の高まりが顕在化してきた。政府が”身銭を切って”までキャッシュレス決済を推進するのは、異例とも思われる措置だ。その背景を理解するには、巷(ちまた)で言及されているような「インバウンド需要」や「脱税防止」以外にも押さえておかなければならない重要なポイントがある。それは、アンチ・マネーロンダリングだ。(2019/10/25)

10月以降も要注意:
経産省、2014年の増税以降に“買いたたき”した企業を発表 リクルート、大東建託ら 担当者は「安心して通報を」
経済産業省は10月23日、2019年9月末までの消費税転嫁対策に関する取り組みの状況を公式Webサイト上で発表した。14年4月に消費税が8%になってから、適切に増税分を転嫁して支払っていなかった企業もリスト化して公表された。(2019/10/24)

LINE Pay、最大12%還元の生活応援キャンペーン 31日まで
LINE Payが、消費税増税を受け、最大12%還元の生活応援キャンペーンを実施する。(2019/10/18)

駆け込み需要をゲット:
9月の売り上げ大幅増 マツモトキヨシHDが増税前のまとめ買いセールで
9月に消費増税前のまとめ買い需要が発生した。マツモトキヨシホールディングスもその恩恵を受けた。どの程度既存店の売り上げがアップしたのか。(2019/10/17)

期間限定のランチセット:
牛丼チェーン三者三様 すき家はワンコインセット投入で「安さ」を追求?
すき家が期間限定でランチタイム向けにワンコインセットを提供する。2種類から選択し、最大で80円お得になる。なお、テークアウトは対象外。「増税で世間が暗いムードの中、少しでも明るく元気にしたい」と担当者は話す。牛丼3チェーンを比べてみると、すき家は低価格路線が目立つ。(2019/10/11)

“いま”が分かるビジネス塾:
やっぱり複雑・理不尽な軽減税率とポイント還元、「超」分かりやすく解説
10月から消費増税がスタートした。特に軽減税率とポイント還元は複雑で理不尽な面も。経済評論家の筆者が「超」分かりやすく解説する。(2019/10/9)

消費税増税を吹き飛ばす!? 年利換算約8.3%の「デパート積立」とは
知る人ぞ知る「百貨店友の会」のデパート積立。(2019/10/8)

古田雄介のアキバPick UP!:
「現金:カード:コードで4:4:2」――自作PC街の支払い事情
消費税の増税とともに始まった経済産業省の「キャッシュレス・消費者還元事業」。キャッシュレス決済を促す意図は電気の街・秋葉原でどのくらい浸透しているのだろうか?(2019/10/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。