ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「増税」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「増税」に関する情報が集まったページです。

ポイント還元、1日11億円強に増加 予算不足の場合は「財政当局と相談する」
経済産業省は12日、消費税増税に伴うキャッシュレス決済のポイント還元制度で、1日あたりの還元額が11億円強に達したことを明らかにした。予算が不足した場合、経産省は「財政当局と相談する」(幹部)と説明している。(2019/11/13)

【ビジネス解読】消費税増税で際立つ国の税収増 閉じる「ワニの口」
 10月1日に消費税の税率が10%に引き上げられる中、国の税収の好調ぶりが際立っている。財務省によると、消費税増税を受けた令和元年度の税収は前年度に続き過去最高を更新する見込み。慢性的な財政赤字の大きさが少しずつ縮小してきているともみられる。ただし、税収の着実な増加は国民負担の重みが増していることの裏返しでもある。働く世代の間では社会保障のために払う費用の上積みなどもあって負担感はさらに大きくなっており、国の税収増を喜んでばかりもいられなさそうだ。(2019/11/12)

古田雄介の週末アキバ速報:
「キャッシュレス化、明らかに進んでいます」――増税1カ月後のアキバ
経産省の「キャッシュレス・消費者還元事業」の影響もあり、アキバではキャッシュレス決済がこれまで以上に進んでいるらしい。中には「8:2でキャッシュレス」との声も。(2019/11/9)

2023年の国内IT支出額は29兆円規模へ 金融・運輸を中心に平均1.9%増で成長――ガートナー予測
ガートナー ジャパンの予測によると、日本のIT支出は、消費税増税対応やOSのサポート終了対応などが後押しし、2023年まで年平均1.9%増で推移して29兆円に達する。業種別では、特に金融、運輸での高い成長率が見込まれるという。(2019/11/11)

消費増税後のQRコード決済3倍 民間調査 ポイント還元需要取り込み
インフキュリオンは、QRコード決済の利用率が、消費増税の前後で約3倍に急増したと発表した。政府のポイント還元で喚起された需要を独自キャンペーンで取り込んだ。(2019/11/8)

増税後はコード決済の利用率が3倍に、利用率トップは「PayPay」
インフキュリオン・グループは、11月7日にキャッシュレス決済利用状況の調査結果を発表。増税後のQRコード決済利用率が11.6%から35.7%に拡大し、最も利用率が高いのは「PayPay」の63.8%となった。(2019/11/7)

全体は25%マイナス:
消費増税でも新型「カローラ」好発進、「N-BOX」は首位維持するも苦戦 10月の新車販売ランキング
10月の国内新車販売は、消費税率引き上げの影響で冷え込む中、9月にフルモデルチェンジしたトヨタ自動車の「カローラ」が、前年同月と比べて約3割増加した。ホンダの軽自動車「N-BOX」は26カ月連続トップと強いが、販売台数は2割以上減らした。(2019/11/7)

消費増税後のQRコード決済3倍 民間調査 ポイント還元需要取り込み
 政府のキャッシュレス決済に伴うポイント還元策が10月に始まってから、「QRコード」を使ったスマートフォン決済の利用率が、今年3月に比べて3倍の35.7%に急拡大していることが6日、ITと金融を融合したフィンテック企業、インフキュリオンの調査で分かった。他の決済手段が微増にとどまる中、独自にポイントを上乗せするといったキャンペーンをタイミング良く打ち出し、ポイント還元策で喚起された需要を取り込んだ。(2019/11/7)

消費増税後のQRコード決済3倍 民間調査 ポイント還元需要取り込み
他の決済手段が微増にとどまる中、独自にポイントを上乗せするといったキャンペーンをタイミング良く打ち出し、ポイント還元策で喚起された需要を取り込んだ。(2019/11/7)

消費税1カ月 ポイント還元、登録店舗64万件に
 経済産業省は1日、消費税増税に伴うキャッシュレス決済のポイント還元制度の開始から1カ月で、登録店舗数が約64万店(1日時点)に達したと発表した。約200万の中小店舗が参加可能とされる中、加盟店は全体の3割強に達した。また、登録申請数は10月31日時点で約92万店となった。約28万店については、審査中となっている。経産省は、「登録申請している中小店舗がすぐにポイント還元制度を実施できるよう、審査の迅速化に取り組む」としている。(2019/11/1)

新連載・古田拓也「今更聞けない金融ビジネスの基礎」:
政府の”キャッシュレス推進”ウラの狙い 改善したい“不名誉すぎる”実態とは?
消費税増税からまもなく1カ月を迎え、キャッシュレスへの関心の高まりが顕在化してきた。政府が”身銭を切って”までキャッシュレス決済を推進するのは、異例とも思われる措置だ。その背景を理解するには、巷(ちまた)で言及されているような「インバウンド需要」や「脱税防止」以外にも押さえておかなければならない重要なポイントがある。それは、アンチ・マネーロンダリングだ。(2019/10/25)

10月以降も要注意:
経産省、2014年の増税以降に“買いたたき”した企業を発表 リクルート、大東建託ら 担当者は「安心して通報を」
経済産業省は10月23日、2019年9月末までの消費税転嫁対策に関する取り組みの状況を公式Webサイト上で発表した。14年4月に消費税が8%になってから、適切に増税分を転嫁して支払っていなかった企業もリスト化して公表された。(2019/10/24)

LINE Pay、最大12%還元の生活応援キャンペーン 31日まで
LINE Payが、消費税増税を受け、最大12%還元の生活応援キャンペーンを実施する。(2019/10/18)

駆け込み需要をゲット:
9月の売り上げ大幅増 マツモトキヨシHDが増税前のまとめ買いセールで
9月に消費増税前のまとめ買い需要が発生した。マツモトキヨシホールディングスもその恩恵を受けた。どの程度既存店の売り上げがアップしたのか。(2019/10/17)

期間限定のランチセット:
牛丼チェーン三者三様 すき家はワンコインセット投入で「安さ」を追求?
すき家が期間限定でランチタイム向けにワンコインセットを提供する。2種類から選択し、最大で80円お得になる。なお、テークアウトは対象外。「増税で世間が暗いムードの中、少しでも明るく元気にしたい」と担当者は話す。牛丼3チェーンを比べてみると、すき家は低価格路線が目立つ。(2019/10/11)

“いま”が分かるビジネス塾:
やっぱり複雑・理不尽な軽減税率とポイント還元、「超」分かりやすく解説
10月から消費増税がスタートした。特に軽減税率とポイント還元は複雑で理不尽な面も。経済評論家の筆者が「超」分かりやすく解説する。(2019/10/9)

銀行で進む「脱窓口」 取引手数料引き上げ キャッシュレス新興勢力に焦りも
消費税増税に合わせキャッシュレス決済が対象となるポイント還元制度が始まる中、銀行が現金を扱う窓口取引からの脱却を進めている。(2019/10/8)

銀行で進む「脱窓口」 取引手数料引き上げ、キャッシュレス新興勢力に焦りも
消費税増税に合わせキャッシュレス決済が対象となるポイント還元制度が始まる中、銀行が現金を扱う窓口取引からの脱却を進めている。(2019/10/8)

消費税増税を吹き飛ばす!? 年利換算約8.3%の「デパート積立」とは
知る人ぞ知る「百貨店友の会」のデパート積立。(2019/10/8)

銀行で進む「脱窓口」、キャッシュレス新興勢力に焦りも 
消費税増税に合わせキャッシュレス決済が対象となるポイント還元制度が始まる中、銀行が現金を扱う窓口取引からの脱却を進めている。銀行にとって人手がかかる昔ながらの窓口業務は大きなコスト要因。窓口で行う入金などの手数料を引き上げることで、利用者の窓口離れを促したい考えだ。(2019/10/7)

古田雄介のアキバPick UP!:
「現金:カード:コードで4:4:2」――自作PC街の支払い事情
消費税の増税とともに始まった経済産業省の「キャッシュレス・消費者還元事業」。キャッシュレス決済を促す意図は電気の街・秋葉原でどのくらい浸透しているのだろうか?(2019/10/7)

森永卓郎の“3割当たる予想”「消費増税で日本の景気は悪くなる!」
増税で日本の経済はどうなる?(2019/10/7)

上げるか下げるか「値決め」最前線:
なぜ赤字でも安売りするのか? 「失敗する値決め」と「成功する値決め」の違いに迫る
消費増税で「値決め」に関する各社のスタンスに違いが出た。担当者にとって悩ましいのが「値決め」の考え方。プロが4つのアプローチで解説する。(2019/10/7)

森永卓郎が予測〜消費税増税後、日本に訪れる恐ろしいこと
(2019/10/5)

ユーザーも店舗も注目したい「キャッシュレス・消費者還元事業」
10月1日に消費税が増税され、税率が今までの8%から10%へと変更された。単純に2%の値上げとなるため、景気が低迷する日本においては消費の冷え込みにつながることが心配されている。そこで導入されたのが「キャッシュレス・消費者還元事業」だ。(2019/10/2)

「iPhone 11 Pro」を発売日に1万円引きでゲット 増税前後で盛り上がる還元キャンペーンの恩恵を受けてみた
記者が還元キャンペーンを言い訳に、新型iPhoneを購入した話。(2019/10/2)

消費税10% お得なの、損なの? 飲食店現場、客から漏れる本音「気にしない」
 消費税率が1日、8%から10%に引き上げられた。飲食料品などの税率を8%に据え置く軽減税率制度が初めて導入され、店内飲食と持ち帰りで税率が異なるなど、何かと「分かりづらい」との声も漏れる今回の増税。実際に現場の飲食店をのぞき、利用客らの“本音”を探った。(2019/10/1)

ミニストップで増税に伴うシステム障害 税率10%の商品に軽減税率適用 原因は調査中
ミニストップで増税に伴うシステム障害が発生。税率10%で販売すべき商品に、誤って軽減税率(8%)を適用して販売するなどのトラブルが起きた。原因を調査中だが、詳しいことは不明という。(2019/10/1)

このタイミングで増税するのは日本だけ〜インドは法人税を22%に減税
「日本の場合、税制のところでは全部真逆」。(2019/10/1)

ポイント還元も複雑、使いこなせば実質減税も キャッシュレス決済
増税後の消費の落ち込みを抑制するとともに、現金を使わないキャッシュレス決済を広めようと考えられた政策で、うまく使いこなせば、増税前よりも“お得”に買い物ができるケースも多くなりそうだ。(2019/10/1)

消費税10%スタート 5年半ぶり増税 ポイント還元75%未対応
 消費税率が10月1日、現在の8%から10%に引き上げられた。消費税の増税は平成26年4月以来、5年半ぶり。今回の増税では低所得者の負担を和らげるため、酒類を除く飲食料品などの税率を8%に据え置く「軽減税率制度」が初めて導入される。今後は2つの税率が共存することになるが、同じ商品でも、店内飲食は10%だが持ち帰ると8%になるなど複雑だ。(2019/10/1)

キャッシュレス、ポイント還元浸透遠く…導入悩む店舗の思いは
10月1日の消費税増税に合わせて導入されるキャッシュレス決済に伴う「ポイント還元制度」が浸透していない。対象となる全国約200万店の中小企業のうち、同日からの参加を決めたのは4分の1程度。8%に据え置く「軽減税率」が適用される商品があるほか、店舗規模や商品の種類によって実質税率が異なるといった複雑さも一因とみられる。顧客の多くが現金派で不要と考える店もあり、今後の広がりは未知数だ。(2019/10/1)

子供の懐を直撃か 消費税増税で揺れる「駄菓子」 
 8%か、10%か−。10月1日の消費税率引き上げに伴う軽減税率の導入で、子供に人気の駄菓子にもしわ寄せが及びそうだ。軽減税率の対象となる食料品の消費税率は、原則8%だが、駄菓子の「おまけ」の中身次第で10%になる商品も出てくる。見た目だけでは判別も難しく、店側も対応に苦慮している。(吉国在、江森梓)(2019/9/30)

消費増税後の客足は?:
「スガキヤ」のうれしい誤算 ラーメン1杯が200円になるチケットが早くも完売
中京圏を代表する大手ラーメンチェーン「スガキヤ」。ラーメンが1杯200円になるチケットを販売したが、あっという間に完売。消費増税後に客足を鈍らせないための施策は成功するか。(2019/9/30)

駅ナカで始まる「サブスク自販機」、狙いと勝算を仕掛け人に聞く 「反対意見が出て当然。それでこそ知ってもらえる」
8月末に発表され、「使ってみたい」「メリットが分からない」などとネットで賛否両論を呼んだ「サブスク自販機」。このサービスを仕掛けた、JR東日本ウォータービジネスの担当者に、狙いと勝算について聞いた。認知度アップや消費増税への対応など、さまざまな狙いが隠されているという。(2019/9/30)

古田雄介の週末アキバ速報:
駆け込みよりも処分特価に要注目のアキバ
10%への消費税増税前ラストの週末ながら、駆け込みの雰囲気は控えめなアキバの自作街。消費税よりも処分特価のほうが目立つというショップも。(2019/9/28)

LINE Pay、スーパーとドラッグストアで最大12%還元キャンペーンを開催 10月18日から10月31日まで
増税後の生活を応援するキャンペーンとして、LINE Payが10月18日から「誰でも最大12%戻ってくる!LINE Pay生活応援祭」を開催する。スーパーとドラッグストアの加盟店で「コード支払い」を利用すると、「マイカラー」の最大2%付与と合わせて最大12%還元される。(2019/9/27)

値上げしないところも:
消費増税で「1杯のかけそば」の価格はどうなる? ゆで太郎、小諸そば、富士そばの対応
3大立ち食いそばチェーンの「ゆで太郎」と「小諸そば」と「富士そば」。消費増税でメインの「かけそば」は値上げされるのか。対応を調べた。(2019/9/27)

Apple、増税でApp Storeも値上げ 課金者の財布を直撃
痛い。(2019/9/26)

故障時には最速7時間で交換:
IQOS、最新モデルで「連続吸い」需要取り込む 増税後の価格は据え置き ユーザーサポートも充実
IQOSの最新モデル「IQOS 3 DUO」が発売。2本連続で吸えるようになったとともに充電時間も短縮された。サポートなども充実させ、会員プログラムにはステージ制を導入。故障時には、最短7時間で代替品を届けるシステムを構築した。新規ユーザーの増加とともに定着を狙う。(2019/9/26)

【消費税10%】「軽減税率8%」恒久論 将来増税でも据え置き
 消費税率を10%へ引き上げる際に食品などを8%に据え置く軽減税率について、政府は“恒久的”に続ける方針だ。令和2年6月末までとなっているポイント還元策など他の景気下支え策と異なり、期限を設けず、低所得者層の家計負担を緩和する。8%の税率については、今後、仮に消費税率を10%超へ引き上げる場合でも、据え置くべきだとの意見が政府内で上がっている。(2019/9/26)

小さめ商品が増加:
令和のクリスマスパーティーは「短時間」&「少食」? イオンが2019年度クリスマス商品を発表
イオンが2019年度のクリスマス商品を発表した。最近のトレンドは「短時間化」「少食化」。世帯員数の減少や共働き世帯の増加、消費増税などでパーティーも縮小傾向になると見込み、小さめサイズのケーキやハーフサイズの惣菜などに注力。予約の強化や材料の見直しなどで食品ロスの問題にも取り組む。(2019/9/25)

消費税率、実質5通り 複雑過ぎるポイント還元と軽減税率
 10月1日の消費税増税に合わせて導入されるキャッシュレス決済に伴う「ポイント還元制度」は、飲食料品などの消費税率を8%に据え置く「軽減税率制度」と合わせると、消費者が負担する実質的な税率は「10、8、6、5、3%」の5通りもある。小売店のスタッフや消費者が混乱する恐れもあり、経済産業省は周知に向けた取り組みを加速させるが、残された時間は少ない。(蕎麦谷里志)(2019/9/24)

MMD研究所調べ:
普及する? スマホ決済アプリ「インストールしたが使っていない」が約6割 最もインストールされているアプリも明らかに
MMD研究所が「2019年9月 スマートフォン決済に関する実態調査」を発表。同調査では、まだまだ「現金」が決済手段として人気なことが分かった。また、スマホ決済アプリをインストールした人でも、半数近くが利用するに至っていない実態も明らかに。10月の消費増税では、キャッシュレス決済にポイント還元が行われるが、スマホ決済は普及していくのだろうか。(2019/9/24)

今日のリサーチ:
消費税増税後の購買動向はどうなる?――カタリナ マーケティング ジャパン調査
消費増税前後における売り上げと購買行動傾向を過去の例からカテゴリー別に分析しています。(2019/9/24)

増税後もミラノ風ドリアは299円 サイゼリヤ、実質値下げで税込価格を据え置き 
ランチも500円のまま。(2019/9/24)

【Amazonタイムセール祭り】増税前の買いためは大丈夫? セール最終日、最後の注目商品ピックアップ
セールは23日の23時59分まで!(2019/9/23)

【Amazonタイムセール祭り】増税前最後のビッグセール3日目! Fire TV Stickが3980円、PS4本体がお買い得など
セール3日目!(2019/9/22)

東京ディズニーランド&シー、増税対応でチケット値上げ 1デーパスポートが100円アップ
年パス(大人/2パーク)は2000円アップ。(2019/9/20)

【Amazonセール】「増税前のまとめ買いチャンス」開催中 日用品やお酒などの“買いため”は今のうちに
日用品などを増税前に買いためておくチャンス。(2019/9/20)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。