ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  T

「TOKYO FM」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「TOKYO FM」に関する情報が集まったページです。

欅坂46・平手友梨奈とTAKAHIROが福島県の学生と「100人のサイレントマジョリティー」を完成させるまで 5時間密着、1万字レポート
【画像100枚&動画6本】残念ながら抽選に外れてしまった福島県の学生さん達に見てほしい。(2019/8/3)

「欅共和国2019」、全披露楽曲の見所を1万5000字でレポート! 前年比5倍の水量に船長平手友梨奈が立ち向かう
今年も素晴らしいライブをありがとー!(2017)(2019/7/8)

日向坂46渡邉美穂、憧れの大役に「びっくりしすぎて大泣き」 未確認フェスティバル“応援ガール”就任会見でとーやま校長、あしざわ教頭も笑顔
【画像35枚】応援ガールに就任、“おめでとー!”(欅共和国2017より)。(2019/7/1)

遠山大輔インタビュー特集:
「“MVの人たちがステージに現れた”という感覚」 グランジ遠山大輔が語る「黒い羊」武道館パフォと欅坂46愛【後編】
白い羊 なんて僕は絶対なりたくないんだ。(2019/6/23)

「知り合いからしか仕事が来ない慣習を変えたい」 ガキ使・激レアさん担当作家が「日本放送作家名鑑」を作ったワケ
今取材したい人は「秋元康さん」だそうです。秋元さん、どうかなにとぞよろしくお願いします……!(2019/6/15)

「地毛証明書を出す理由を教えてください」 パンテーンが「学生の髪型校則」をテーマにした広告キャンペーン
新聞広告やラジオ番組、Twitterでの意見募集などで「髪型校則」を考えるきっかけを提供します。(2019/3/18)

石川温のスマホ業界新聞:
FMチューナー経由とアプリでラジオを聴ける「ラジスマ」登場――iPhoneにFMチューナーが載る日は来るか?
日本民間放送連盟(民放連)が、「radiko+FM」アプリをプリインストールするFMラジオ内蔵スマートフォンを「ラジスマ」と銘打って訴求し始めた。ラジスマの最大のメリットは、チューニング(周波数)を知らなくてもFMラジオを聴けること。若者向けにこそラジスマが必要だと思うのだが、どうなるだろうか。(2019/3/16)

足立梨花、ピカチュウ風メイド姿で「ポケモン」サトシ役の松本梨香と感激の2ショット 「Wりかなんて恐れ多いですが…」
なんて豪華な“Wりか”ショット!(2019/2/25)

シュールな面白さで10代に大人気! Twitterで話題の「フテネコ」新作LINEスタンプがカラーで登場
ロックでかわいいフテネコがLINEスタンプに……!(2018/10/20)

これがプロの本気か……! Perfumeの“Tik Tok”新作ダンス、相変わらずのクオリティーで世界の注目を集める
さすがとしか言いようがない。(2018/10/17)

「何でも洗う」「LINEだとキャラ違う」 母親の生態を“フテネコ”で表したイラストが面白かわいいと共感呼ぶ
「美容室行ったら起きる事」「歯医者で起きる事」などのあるあるネタがくすっとくる。(2018/9/25)

テレビやラジオの音声、スマホに字幕表示 ヤマハなど実用化に向け連携
ヤマハがNICTや全国の放送局16社と連携して、テレビやラジオの放送内容をスマホに字幕表示する取り組みを始める。視聴覚障害者や高齢者でも情報アクセスの機会を平等に得られるようにする狙い。(2018/7/24)

音声によるターゲティング広告:
radikoが広告商品「ラジコオーディオアド」の実証実験を開始
radikoは広告商品「ラジコオーディオアド」の実証実験を開始した。(2018/7/24)

村上春樹がラジオDJに初挑戦 「村上RADIO」、TOKYO FMなどJFN38局で8月5日19時オンエア
どんな選曲になるのか楽しみ。(2018/6/5)

動画配信者からスター発掘 C Channelがオーディションアプリ「mysta」本格始動
C Channelが、集英社や松竹などと動画視聴アプリ「mysta」の本格展開を始めた。視聴者の応援に応じて動画に順位が付き、上位者にはイベント出演など活躍の場を用意する。(2018/4/25)

デジタル時代のスター発掘:
C Channel、オーディションアプリを本格始動 TBSや集英社らと連携
女性向け動画メディア「C CHANNEL」を運営するC Channelは4月25日、関連会社が提供しているオーディションアプリ「mysta」を本格始動させると発表した。(2018/4/25)

全国のFMラジオを無料で聴けるアプリ「WIZ RADIO」公開
「TOKYO FM」「FM OH!」(FM OSAKA)など全国39のFM局の番組をエリアフリー・無料で聴取できるラジオアプリ「WIZ RADIO」が登場。(2018/4/17)

アサヒ飲料他が音声広告の効果検証に参加:
TOKYO FM、デジタル音声広告ネットワークの運用を開始
TOKYO FMは、国内で月間約2億インプレッションを保有するデジタルオーディオアドネットワークの運用を開始致した。(2018/3/19)

Twitter発の人気キャラ「フテネコ」がロックに紹介する“演劇・舞台の魅力”イラストがシュールなかわいさ
コントトリオ「パップコーン」のリーダー・芦沢ムネトさんにフテネコ誕生の経緯を聞きました。(2018/2/4)

欅坂46の平手友梨奈、ギプス姿でラジオ出演 紅白以来の元気な姿にファン安堵
早く治りますように……!(2018/1/15)

「スマスピ」おしゃべり広場:
Google Homeがラジオになった radikoストリーミングを試してみた
東京で試してみたら、16局を音声で指定できた。(2017/10/23)

懐かしいぃぃ! 「プッチモニ」時代の市井紗耶香&後藤真希&保田圭の3ショットが胸熱
「ちょこっとLOVE」めっちゃ聴いてた。(2017/9/28)

「ファビュラスな宇宙平和会議」ってなんだ…… 叶姉妹、きゃりーぱみゅぱみゅのラブコールを受けラジオ番組で共演
フットワークが軽すぎる叶姉妹。(2017/6/5)

マストドンつまみ食い日記:
マストドン専門ニュースメディアは成立するのか?
ITmedia NEWS以外でマストドンはどのくらい報道されてきたのか、調べてみました。(2017/5/10)

「ファビュラスな宇宙平和会議」実現へ! きゃりーぱみゅぱみゅのラブコール、叶姉妹に届く
きゃりー「ぜひきゃりーLOCKS! に」 叶姉妹「お伺いいたしますね」(2017/5/4)

片岡義明の「こんなアプリと暮らしたい」:
ラジオ番組をスマホにダウンロードできる「ラジオクラウド」
Wi-Fi通信以外の環境では、できるだけストリーミングコンテンツの利用を避けたい。そのような人に最適なラジオアプリが「ラジオクラウド」だ。スマートフォンのローカルストレージにラジオ番組を保存し、オフラインで聴取できる。(2017/2/14)

番組をダウンロードして聞けるラジオアプリ「ラジオクラウド」 TBSラジオや文化放送などが参加
番組をスマホにダウンロードしてオフライン時に再生することも可能。(2017/1/30)

スマホにダウンロードもできる:
ラジオ番組などオンデマンド配信「ラジオクラウド」始動
ラジオ局が制作した番組などをネットを通じて好きな時に聴ける「ラジオクラウド」がスタートし、TBSラジオなど11局が参加。(2017/1/30)

またイチャイチャしてる! 広瀬すず&アリス、すっぴん2ショットに反響「相変わらず仲の良い姉妹ですね」
広瀬姉妹が出演する「SCHOOL OF LOCK!」は1月9日22時15分から放送開始です。(2017/1/9)

東京新聞の伝言コーナーをSMAPファンがジャック! ベストアルバムの発売を盛り上げる大規模企画のもよう
3日間にわたってSMAPへのお祝いメッセージが掲載されるようです。(2016/12/21)

22年続いたラジオ「おはようSMAP」が年内終了、「木村拓哉のWhat’s UP SMAP!」は継続へ
続々とタイトルが変更になるSMAP関連のラジオ。(2016/12/6)

片岡義明の「こんなアプリと暮らしたい」:
チューナーなしでi-dioの高音質チャンネル「TS ONE」を聴けるアプリ「TS PLAY」
今回紹介するのは、無料デジタル放送「i-dio」の「TS ONE」を聴けるiPhone/Androidアプリ「TS PLAY」。i-dioによる受信だけでなく、インターネット経由でも聴けるので、i-dioチューナーを持っていない人でも楽しめる。(2016/9/30)

キムタク、ラジオでファンに謝罪 「本当にごめん」
19日放送の「木村拓哉のWhat's UP SMAP!」番組冒頭でメッセージが挿入されました。(2016/8/19)

本物!? 「似てるから」と“ダリ展”のポスターにキャスティングされたルー大柴が完全に一致している
「あなたもきっと、ダリになる」ってここまでは無理です。(2016/6/27)

TBSラジオ「14年10カ月連続聴取率トップ」強さの理由は──「真面目さ」
89期連続、首都圏個人聴取率で首位の座に立ち続けているTBSラジオ。強さの秘けつをインタビューした。(2016/6/3)

「フテネコ」作者・芦沢ムネト、女優の馬渕史香と結婚報告 「笑いの絶えない家庭を」
おめでとうございます!(2016/5/31)

NTTドコモなど4社が共同で開発した「ここくま」:
半導体商社が“くまのぬいぐるみ”開発を行う理由
2016年3月、NTTドコモなど4社がコミュニケーションパートナー「ここくま」を発表した。ここくまとは、離れて暮らす家族と連絡が取れる“くまのぬいぐるみ”の形をしたロボットだ。4社のうち、開発マネジメントを担当したのが半導体商社のバイテックグローバルエレクトロニクスである。なぜ、同社がくまのぬいぐるみロボットの開発に携わったのか、鈴木裕二氏と西晃彦氏に話を聞いた。(2016/5/20)

リスナーの属性に合わせた高精度の音声ターゲティング広告が可能に:
TOKYO FMが国内初のデジタルオーディオアドネットワークを構築
TOKYO FMは2016年3月30日、米Adswizzの技術を活用し、国内初のデジタルオーディオアドネットワークを構築。運用実験を開始した。(2016/3/30)

新しいデジタル放送「i-dio」をさっそく試してみた
いよいよプレ放送が始まった新放送サービス「i-dio」。事前に無料モニターに申し込んでいたので、3月1日のスタートと同時に視聴することができた。無料配布中の「i-dio Wi-Fiチューナー」の使い勝手とあわせて報告しよう。(2016/3/2)

“地上波最高音質”も:
明日から始まるデジタル放送「i-dio」とは?
エフエム東京が3月から東京、大阪、九州沖縄の1都3県で3月1日にサービスを開始する無料デジタル放送「i-dio」(アイディオ)の放送内容を発表した。(2016/2/29)

なぜAmazon.co.jpには「どうしようもないレビュー」がついてしまうのか?
星井七億の連載コラム「ネットは1日25時間」。そのレビューは「あなた自身への評価」かも。(2016/2/1)

ももクロ、初の全国ネットFM番組は福山枠で
12月6日から毎週日曜日16時から16時55分に放送。「福山雅治のSUZUKI Talking F.M.」が放送されていた枠。(2015/11/30)

新マルチメディア放送サービス「i-dio」、エフエム東京などが来年3月から 旧地上アナログ帯域を再利用
地上アナログテレビ放送の終了で空いた周波数帯を再利用してコンテンツを配信するV-Lowマルチメディア放送「i-dio」が来年3月にスタートする。(2015/10/16)

V-Lowマルチメディア放送「i-dio」発表――SIMフリースマホ「i-dio Phone」も
VHF-Low帯99MHz〜108MHzを利用した新しい放送サービス「i-dio」が、2016年3月にスタートする。対応機種の第1弾として、コヴィア製のSIMロックフリースマホ「i-dio Phone」を2015年内に発売する。(2015/10/16)

連動番組もOA!:
外国人向け多言語情報配信チャネル「TOKYO FM WORLD」オープン――TuneInと連携
TOKYO FMは、インターネットラジオ「TuneIn」と連携した外国人向け多言語情報配信チャネル「TOKYO FM WORLD」をスタートした。(2015/10/5)

10周年だからって無茶しおって…… 人気ラジオドラマ「あ、安部礼司」が10月2日に日本武道館でイベント開催
LIVE武道館へようこそ! をきわめて平均的なサラリーマンがやっちゃう奇跡。(2015/7/19)

ラジオドラマをアニメ化……ですと? 「秘密結社鷹の爪」FROGMAN総監修で「あ、安部礼司」スピンオフアニメが7月にテレビ東京にてオンエア
イベントを開催するとのべ3万人を動員しちゃう、そんなラジオドラマをアニメ化って、ちょっとよく意味がわからないよ。(2015/6/22)

片岡義明の「こんなアプリと暮らしたい」:
放送中の曲の歌詞をリアルタイムに表示してくれる「ドコデモFM」
ラジオを聴いていて「この歌の歌詞を知りたい!」と思ったことはないだろうか? 今回紹介するラジオアプリ「ドコデモFM」は、そのようなときに便利なアプリだ。(2015/2/18)

VF-1Sバルキリーにも乗れる、渋谷パルコで「マクロス シブヤックデカルチャー」開催
皆来て! 渋谷のパルコまで!!(2015/1/28)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
年に一度の総決算! 「麻倉怜士のデジタルトップ10」(前編)
この1年間を振り返り、とくに印象に残ったデジタル機器やコンテンツをランキング形式で紹介する恒例「麻倉怜士のデジタルトップ10」。長年オーディオ・ビジュアル業界をウォッチしているAV評論家・麻倉怜士氏が太鼓判を押した製品とは?(2014/12/27)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。