ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  T

  • 関連の記事

「TouchWiz」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「TouchWiz」に関する情報が集まったページです。

水中でも「Pokemon GO」ができる
徹底レビュー:進化を遂げた「Galaxy Note7」、iPhoneファンの気持ちを逆なでする機能とは
「Galaxy Note7」は、大きなディスプレイ、生産性を向上するスタイラスペンなど、「Galaxy Note」シリーズの最新機種として進化を遂げている。その実力を確かめてみよう。(2016/8/13)

「Galaxy S7」から継承された点とアップグレードされた点
徹底レビュー:頑丈過ぎる「Galaxy S7 Active」に高評価、それでも “惜しい”理由
「Galaxy S7 Active」は、「Galaxy S7」の長所を取り入れ、それをさらに強化したものだ。果たしてiPhoneに対抗できるデバイスなのだろうか。(2016/8/7)

その価格に見合う実力を備えているか
徹底レビュー:iPhoneファンも欲しがる「Samsung Galaxy S7 edge」に死角はない?
かつてiPhoneに対抗しうる数少ないAndroidスマートフォンだったGalaxyシリーズに最新モデルが登場した。そのシェアは絶対的ではなくなったものの高い処理能力と個性的なデザインは健在だ。その実力を確かめてみる。(2016/3/20)

iPhone 6s Plus登場で値下げも
徹底比較:iPhone 6 Plus vs. Galaxy S6 edge+、新iPhone登場前に注目したいその“お得さ”
「iPhone 6s Plus」が発表される中で併売される「iPhone 6 Plus」の実力と“お得さ”とは? 競合製品「Galaxy S6 edge+」との比較で、今買うべきファブレットを明らかにする。(2015/9/13)

Samsung、Android 4.4搭載の廉価Galaxyスマートフォン4モデルを発表
Samsungが、新興国市場向けGalaxyシリーズの新モデルを4種類発表した。いずれも最新のAndroid 4.4と独自UI「TouchWiz Essence」を搭載する。(2014/7/1)

日本人が作ったGALAXY:
写真で解説する「GALAXY J SC-02F」
GALAXYシリーズとして初めて日本オリジナルモデルが登場。“日本人に合わせて”用意した外観や新機能、従来モデルからの進化点をチェックした。(2013/10/17)

この機能は“メシ写”に最強かも:
GALAXY S4の新機能に今田耕司が興奮した
“2013年夏モデルのツートップ”とNTTドコモがGALAXY S4を発表した翌日、サムスン電子が、多彩なカメラ機能やユーザーインタフェースを日本でアピールした。(2013/5/16)

石野純也のMobile Eye(特別編):
根底にあるのは“ユーザー第一主義”――「GALAXY S 4」の開発思想を聞く
GALAXY Sシリーズの最新モデル「GALAXY S 4」が4月27日から世界各国で発売される。これに先立ち、26日には韓国でも発売され、「WORLD TOUR」も開催された。今回のMobile Eyeでは、特別編として韓国のWORLD TOURや開発者への取材を通じて、GALAXY S 4の魅力に迫る。(2013/4/27)

ビジネスニュース オピニオン:
いずれはAndroidを切り離す? SamsungはTizen搭載スマホを2013年中に発売か
Samsung Electronicsが、モバイル向けOS「Tizen」を搭載したスマートフォンを、2013年中にも発売する可能性がある。Androidで一時代を築いたSamsungだが、「Samsungが、Googleの影がつきまとうAndroidを切り離す日が来るかもしれない」とみるアナリストもいる。(2013/4/3)

Samsung、非Androidの「スマート携帯」REXシリーズ発表
Samsungがタッチスクリーン搭載“スマートフィーチャーフォン”、REXシリーズを発表。(2013/2/19)

ストラップホールもあります:
写真で解説する「GALAXY S III Progre SCL21」
au版「GALAXY S III」となる「GALAXY S III Progre」が発表となった。デュアルコアCPUということで、先日発表されたクアッドコアのNTTドコモ版「GALAXY S III α」と比較してしまうが、auだけのカスタマイズも加えられている。(2012/10/25)

クアッドコアになりました:
写真で解説する「GALAXY S III α SC-03E」
「GALAXY S III α SC-03E」は、NTTドコモの2012年夏モデルとして発売されている「GALAXY S III SC-06D」のマイナーチェンジモデル。プロセッサーがクアッドコアになり、最新のAndroid OS 4.1を搭載した。(2012/10/18)

遠隔操作でスマホを初期化――Android端末の脆弱性、HTC端末やMotorola端末でも
韓Samsung製のGalaxy端末に、遠隔操作でスマホが初期化される脆弱性があると報告されているが、他メーカーの端末でも同様の脆弱性があることが確認された。(2012/9/28)

ケータイの匠に聞く「GALAXY S III SC-06D」:
PR:SAMSUNGとドコモのこだわりから生まれた“日本向けグローバルモデル”
サムスン電子の開発した「GALAXY S III」をベースに、日本のユーザーが本当に使いやすいAndroidスマートフォンを目指して開発されたのが「GALAXY S III SC-06D」だ。その開発秘話を、NTTドコモ 元プロダクト部の板倉仁嗣氏に聞いた。(2012/7/23)

写真と動画で解説する「GALAXY S III SC-06D」
これまでのGALAXY Sシリーズは、どちらかというと「スペック推し」の印象が強かったが、GALAXY S IIIはスペックを向上させたのはもちろん、ユーザーの使い勝手に配慮した機能も充実させ、バランスの取れた1台に仕上がっている。(2012/5/17)

開発陣に聞く「GALAXY Note」:
紙ではなく“手帳”を再発明――「GALAXY Note」が開く新しい1ページ(後編)
スマホより大きくタブレットよりも小さい。そんな絶妙なサイズ感とこれまでにない快適なペン入力が話題の「GALAXY Note」。その開発経緯や狙いを、Samsung電子の担当者に聞いた。(2012/4/12)

写真で解説する「GALAXY S II WiMAX ISW11SC」
Samsung電子製の「GALAXY S II WiMAX ISW11SC」は、WiMAXとNFC機能が特徴のauスマートフォン。4.7インチHD有機ELや1.4GHzデュアルコアなど高いスペックも目を引く。ISW11SCならではの特徴を中心にお伝えしよう。(2012/1/19)

WiMAX対応のGALAXY S IIがauに登場 「GALAXY S II WiMAX ISW11SC」
auにもSamsung電子製のAndroidスマートフォン「GALAXY S II」が登場。+WiMAXもサポートした最新モデル「GALAXY S II WiMAX ISW11SC」として、1月20日に店頭に並ぶ。(2012/1/16)

Sony Tablet、Google Ice Cream Sandwichへアップグレード
ソニーの英国支社が昨年末に明らかにした「Sony Tablet」へのIce Cream Sandwichアップデータ提供計画。その時期にも注目だ。(2012/1/11)

誠編集長ヨシオカの場合:
PR:「GALAXY Tab 10.1 LTE」を持ち歩く!――Androidタブレットがある生活(後編)
対応サービスが続々スタートし、ますます手放せない存在になっている「GALAXY Tab 10.1 LTE」。仕事中も、自宅でのくつろぎタイムにも欠かせないその魅力とは?(2011/10/31)

写真で解説する「GALAXY S II LTE SC-03D」
美しいディスプレイと高いスペック、操作性の高さが好評のGALAXY Sシリーズ。「Xi」に対応した「GALAXY S II LTE SC-03D」は前モデルからさらにスペックを上げ、高速化と高性能化を果たした。(2011/10/20)

ドコモタブレット:
よりスリムに、軽くなった7インチAndroidタブレット――「GALAXY Tab 7.0 Plus SC-02D」
ドコモ初のAndroidタブレットとして登場した「GALAXY Tab」が最新モデルに。OSはタブレット用のAndroid 3.2へと進化し、ボディも薄く、軽くなった。CPUもGALAXY S II並みのデュアルコアプロセッサを搭載している。(2011/10/18)

誠編集長ヨシオカの場合:
PR:GALAXY Tab 10.1 LTEがやってきた!――Androidタブレットがある生活(前編)
速くて薄くて軽くてパワフルな、最新のAndroid 3.2タブレット「GALAXY Tab 10.1 LTE」。毎日持ち歩いて1週間過ごしてみた私は、新しい便利さに目覚めました。それは……。(2011/10/17)

Xiの実効速度はどれくらい?:
写真で解説する「GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D」
ドコモのAndroid 3.2搭載タブレット「GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D」は、最薄部8.6ミリのボディに10.1インチディスプレイを備えたモデル。シンプルな外観と独自UIを盛り込んだソフトウェア、そして気になるXiの通信速度を調べた。(2011/9/8)

ドコモタブレット:
厚さ8.6ミリ、1.5GHzデュアルコアCPU搭載のAndroidタブレット「GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D」
海外で発売中のSamsung電子のタブレットGALAXY Tab 10.1が、「GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D」として日本に上陸。ドコモの高速通信サービス「Xi」に対応し、厚さ8.6ミリのボディに10.1インチディスプレイや7000mAhの大容量バッテリーを備えた。(2011/9/8)

IFA 2011:
Samsung電子 スタイラス操作の「GALAXY Note」、厚さ7.89ミリ「Galaxy Tab 7.7」発表
Samsung電子が9月1日、新製品発表会「Samsung Unpacked 2011 Brerlin」を行い、タッチペンを使う「GALAXY Note」や、7.7インチディスプレイを備える「Galaxy Tab 7.7」など3つの新機種を発表した。(2011/9/2)

Samsung、「Galaxy Tab 7.7」と5インチディスプレイの「Galaxy Note」を発表
SmasungがGalaxyブランドの新タブレットと大型スマートフォンを発表した。スマートフォンの「Galaxy Note」にはスタイラスが標準で付属する。(2011/9/2)

開発陣に聞く「GALAXY S II」:
“GALAXY”ブランドでエコシステム構築を 気になる新型タブレットは?――Samsung電子のAndroid戦略に迫る
「GALAXY S II」でAndroidスマートフォンのブランディングを再スタートさせるというSamsung電子。そのポイントはエコシステムの構築にあるという。また、iPad 2対抗となるGALAXY Tabの8.9/10.1インチモデルの日本投入はあるのだろうか。(2011/7/30)

開発陣に聞く「GALAXY S II」:
スマートフォンはデュアルコアでもっと速くなる――Samsung電子のAndroid戦略に迫る
前モデル「GALAXY S」に続き好調なセールスを記録している「GALAXY S II」。デュアルコアプロセッサによる快適な操作感と高速な処理性能が、人気のポイントだ。ハードウェアと端末デザイン、UI/UXについて、韓国Samsung電子に話を聞いた。(2011/7/29)

現行機種と何が違う?:
写真で見るSamsungグローバルモデル
Samsung電子が開催した説明会で、最新のグローバルモデルが披露された。フラグシップモデルの「GALAXY S II」や2種類の「GALAXY Tab 10.1」などを中心に紹介しよう。(2011/4/11)

CTIA Wireless 2011:
世界最薄ボディで最高のタブレット体験を提供する――Samsung「GALAXY Tab 8.9/10.1」
Samsung電子が米国で開催中の「CTIA Wireless 2011」で新製品を発表。8.9インチ画面のGALAXY Tab 8.9と、先月発表されたGALAXY Tab 10.1の米国向けモデルの2機種を披露した。OSはいずれもAndroid 3.0(Honeycomb)を採用する。(2011/3/23)

Samsung、iPad 2より薄くて軽い新GALAXY Tabを発表
Samsungが「GALAXY Tab」のが新しい10.1インチモデルと8.9インチモデルを発表。いずれもAndroid 3.0とデュアルコアプロセッサを搭載し、厚さは8.6ミリだ。(2011/3/23)

Mobile World Congress 2011:
スクリーン、スピード、コンテンツを強化――Samsung電子が「GALAXY S II」「GALAXY Tab 10.1」を発表
Samsung電子が、スペインのバルセロナで新製品発表会を開催。デュアルコアプロセッサを搭載した「GALAXY S II」と「GALAXY Tab 10.1」の2モデルを発表した。(2011/2/14)

映像機能からUI、カメラまで――「REGZA Phone T-01C」の実力を検証する
富士通東芝モバイルコミュニケーションズ製「REGZA Phone T-01C」は、映像機能にこだわったスマートフォンだ。おサイフケータイや防水など従来のケータイで好評な機能まで取り入れており、通常の携帯電話から買い替えても困ることは少ない。その主な機能を試した。(2011/1/19)

CommunicAsia 2010:
「Galaxy」新機種や14M CCDカメラ搭載のAndroid端末も――最新スマートフォンが集合
6月15日から18日まで、シンガポールで「CommunicAsia 2010」が開催された。固定インフラから衛星、携帯電話までさまざまな製品が展示されている中で、特に目立っていたのが“スマートフォン”だ。(2010/6/21)

「Wave」「GALAXY」日本投入の可能性は――Samsung電子のスマートフォン戦略
Android端末やWindows phone、そして独自開発したOS「bada」搭載モデルなど、積極的にスマートフォンを展開しているSamsung電子。同社が4月23日に開催した説明会で、グローバル端末のラインアップを披露した。(2010/4/23)

Mobile World Congress 2010:
Samsung “ソーシャルハブ”端末「Wave」を大々的にプロモート
Mobile World Congress 2010の開幕前夜に独自のプラットフォーム「bada」を採用したスマートフォン「Samsung Wave」を発表した韓国のSamsung電子は、大きなブースの大部分をこの新端末に関連するサービスやアプリケーションの展示に割いていた。(2010/2/17)

Samsung、bada搭載の“スーパー有機EL”スマートフォン「Wave」を発表
Samsungが独自のモバイルプラットフォーム「bada」を搭載した初のスマートフォン「Wave」を発表した。(2010/2/15)

韓国携帯事情:
有機ELやブランドケータイが流行──韓国携帯2009年後半のトレンド
端末の買い方の変化や不況の影響などにより、国内の携帯電話市場は大きな転換点を迎えたが、お隣の韓国では、今何が起きており、何が流行しているのか、2009年後半の韓国携帯市場の最新人気端末を見てみた。(2009/10/5)

“全部入りOMNIA”やAndroid端末も――Samsung電子、グローバルモデル3機種を披露
Samsung電子が、世界で発売中または発売予定のフラッグシップモデル「Samsung Jet」「OMNIAII(I8000)」「Samsung GALAXY」(I7500)を紹介。3機種ともフルタッチ式のタッチパネルや有機ELディスプレイ、500万画素以上のカメラなど、高いスペックを誇る。(2009/7/16)

CommunicAsia 2009:
“スマートフォンよりスマート”なSamsungの新世代タッチケータイ「Jet」──日本投入の可能性は
Samsung電子はフルタッチフォン「Jet」の発表会を、シンガポール、ドバイ、ロンドンの3都市で同時開催した。スマートフォン相当の機能を備えた新しいコンセプトのハイエンド携帯電話だ。(2009/6/26)

Samsung、“スマートフォンよりスマート”うたうタッチ携帯「Jet」発表
Samsung JetはAMOLED(アクティブマトリックス有機EL)ディスプレイを搭載したフルタッチの携帯電話。独自ブラウザDolphinも搭載する。(2009/6/16)

韓国携帯事情:
“100年に一度”の不況でも強いSamsungとLG――飛躍を目指す戦略とは
景気後退の影響で端末が売れず、世界の携帯電話メーカーは減収に苦しんでいる。韓国のSamsung電子とLG Electronicsも不況の影響は受けたもののその傷は浅く、出荷台数が減少するなかで効率的に利益を確保している。その強さの秘密はどこにあるのだろうか。(2009/5/7)

Mobile World Congress 2009:
日本にも“タッチ文化”は必ずやってくる──Samsung電子の日本戦略
2009年、Samsung電子は「タッチ」をキーワードに、タッチパネル搭載携帯電話を積極投入する。Mobile World Congress 2009では、3機種のタッチパネル端末を発表。世界で展開するという。同社のアジア、そして日本市場の戦略を聞いた。(2009/3/2)

Mobile World Congress 2009:
“タッチパネル”で競う韓国端末メーカー、今後の製品展開戦略は
Mobile World Congress 2009でSamsungとLG、韓国の2メーカーが新タッチパネル端末を各種発表。昨今のトレンドとなりつつあるタッチパネル端末だが、両社の展示ブースから今後の製品展開戦略もかいま見える。(2009/2/19)

Mobile World Congress 2009:
SamsungとTI、「DLP Pico」搭載のプロジェクターケータイをデモ
Mobile World Congress 2009のSamsungブースとTexas Instrumentsブースでは、Samsungが開発したプロジェクターケータイ「I7410」の実機デモを行なっている。TIが開発した「DLP Pico」モジュールを採用し、最大50インチまでのスクリーン投影が可能。(2009/2/19)

Mobile World Congress 2009:
Samsung、8Mカメラ搭載のタッチ“カメラフォン”「MEMOIR」を披露
Samsung Electronicsは、Mobile World Congress 2009の事前プレスイベントで8Mピクセルカメラ+タッチパネルディスプレイを備える「MEMOIR」の実機を披露した。デジタルカメラに似た外観デザインと8Mピクセルカメラ、3インチタッチパネル+タッチUIが特徴。2009年2月下旬に北米市場向けに発売する。(2009/2/16)

Samsung、800万画素カメラ搭載のフルタッチスクリーン携帯「Samsung Memoir」を発表
Samsung Memoirで撮影した写真は、TouchWizインタフェースで直接Flickrなどに掲載できる。(2009/2/6)

ITmediaスタッフが選ぶ、2008年の“注目ケータイ”(ライター山根編):
海外でも「タッチパネル」と「スマートフォン」が話題
3G版が登場し全世界に販路を広げたiPhoneや、米GoogleのAndroid携帯など、2008年も海外市場では話題性のある製品が多く登場した。中でも話題の中心は「タッチパネル」と「スマートフォン」だ。筆者が選ぶ注目の3機種を紹介しよう。(2008/12/26)

ワンセグ搭載の日本版OMNIA――「930SC OMNIA」、11月28日発売
全面タッチパネルのスリムボディに500万画素カメラやワンセグを搭載した日本版OMNIA「930SC OMNIA」が、11月28日から店頭に並ぶ。(2008/11/21)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。