ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  U

  • 関連の記事

「UUUM」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「UUUM」に関する情報が集まったページです。

HIKAKIN、活動11年目で初の“強制休暇” 伊豆旅行満喫する姿に「正直ほっとしました」「無理だけはしないで」の声
休むことの重要性を語ったHIKAKINさん。(2022/5/23)

人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
大きな騒動となっています。(2022/5/15)

マインクラフトと人気YouTuberのコラボグッズが発売! HIKAKIN、東海オンエアてつやなどのグッズがイオンで
4月22日から、全国で順次販売されます。(2022/4/15)

賭博疑惑には明言避ける:
ライバーの飯田祐基会長、違法賭博疑惑で辞任 提携先のUUUM「違法行為関知してなかった」
ライブ配信事業などを手掛けるライバーは創業者の飯田祐基会長が辞任したと発表した。飯田会長に浮上していた違法賭博疑惑を受けての対応とみられる。同社は一連の疑惑について「一切の関与をしておらず、関知もしていない」としている。(2022/2/22)

UUUMが「Minecraft」販売元とライセンス契約 コラボグッズの商品化へ
UUUMが「Minecraft」販売元のスウェーデンMojang AB社との間で、所属YouTuberとMinecraftのコラボ商品化に関するライセンス契約を締結した。(2022/1/19)

TBSがUUUMと共同でチャンネル開設 アナウンサーがYoutuberに
UUUMとTBSテレビが、TBS公式アナウンサーによる初のYouTubeチャンネルを共同で開設した。アナウンサーの“普段の様子”を見せるためアナウンス以外の企画に取り組んでいく。(2021/12/17)

カエルが人に慣れすぎた結果→「こんなに懐くんだ」 手乗りにじゃれ合い、甘える姿がたまらなくかわいい
飼い主さんの手は乗り物。(2021/12/12)

UUUMがゲーム事業を分社化 「ドラクエタクト」のAimingと共同でオンラインゲーム開発へ
UUUMが、同社のゲーム事業を分割して完全子会社「LiTMUS」を設立した。「ドラゴンクエストタクト」などを開発したAimingと共同で新規オンラインゲームの開発を進める。(2021/12/1)

UUUM社長の不倫報道「おおむね事実」 役員報酬10カ月分自主返上
YouTuberプロダクションのUUUMは、鎌田社長についての18日付の報道記事が「おおむね事実と確認した」と発表し、謝罪した。(2021/10/19)

UUUM鎌田社長、役員報酬10カ月間自主返納へ 不倫報道「おおむね事実」
UUUMは一部週刊誌による同社の鎌田和樹社長を巡る不倫報道に関して「おおむね事実であることを確認した」として、謝罪した。また、鎌田社長から10カ月間の役員報酬を自主返納する申し出があり、受理したことも併せて発表した。(2021/10/19)

「あつ森」でデータサイエンス解説 野村総研らが動画で公開
野村総合研究所が、「あつまれ どうぶつの森」を活用し、データサイエンス用語を解説動画を公開した。「ビジネスに大きなインパクトを及ぼすものを厳選し、専門知識がない人でも理解しやすくした」という。(2021/8/5)

「クリエイター支援を社会のテーマに」 note、BASE、UUUMが業界団体 規制緩和や中傷対策を議論
note、UUUM、BASEが、クリエイターの保護を目指す業界団体を設立した。誰でも発信者になれるプラットフォームが増えつつあることを受け、創作活動を妨げる法規制の緩和や、中傷への対策を議論する。(2021/7/8)

“人気YouTuberが自粛破り大パーティー” 文春報道にUUUMが謝罪
緊急事態宣言中の東京都内で、30人以上の人気YouTuberが宴会をしていたと文春オンラインが報道。参加YouTuberが所属する事務所の一つ・UUUMが6月25日、謝罪した。(2021/6/25)

マジで払ったんですか 山田孝之、映画館を救うためはじめしゃちょー名義で約230万円分のチケットを購入する
テッテレーじゃなくて本当に払ってるやつだこれ。(2021/5/17)

元YouTuber・ワタナベマホト、児童ポルノ法違反容疑で逮捕 第1子妊娠中の今泉佑唯に「不憫でならない」「産まれてくる子供がかわいそう」
約2週間前にYouTuber引退を報告したばかりでした。(2021/3/17)

UUUMとAnyMind Group、業務提携に基本合意 インフルエンサー業界の再構築へ
包括的・戦略的パートナーシップによるクリエイター・インフルエンサー業界の再構築を⽬指す。(2021/3/15)

ワタナベマホトが“けじめ”、YouTuberを引退 事件被害者に謝罪も「大変な苦痛を与えてしまった」
2020年11月末の一連の事件を受け。(2021/3/2)

「UUUM」解雇のワタナベマホト、YouTubeチャンネル停止処分で“泣きっ面に蜂”状態
結婚発表から1週間で状況が大きく暗転。(2021/1/27)

UUUM、ワタナベマホトとの契約解除 女子高生にわいせつ写真要求は「概ね内容を認めました」
1月21日には結婚を発表したワタナベさん。(2021/1/22)

「息子が初めて靴下なくした記念」をお祝い フィッシャーズ・ンダホさんの発想が優しくかわいい
残ったもう片方を飾って記念の品に。(2021/1/5)

文芸春秋、noteと資本業務提携 社員交流も
文芸春秋がnoteに出資。共同でイベントを行ったり、社員同士が交流したりするという。(2020/12/10)

フィッシャーズ、YouTube再生数100億回で企画展 10年の歴史を飾った「小道具」も展示
フィッシャーズ史に詳しくなれる!(2020/11/27)

「真面目にふざけていきたい」 “2周目”が見えてきたアバンティーズが仕掛けるコラボカフェ&10周年への展望
長年続けてきたからこその苦悩も垣間見えるインタビューとなりました。(2020/11/8)

「謎の中毒性」「1回見ただけじゃ分からない」 “はじめまして松尾です”に聞く、「マツオノアニメ」はどうやって生まれたか
本人を直撃しました。(2020/10/5)

LINEとUUUMが包括的クリエイターパートナー契約 オリジナル動画を展開
第1弾として、はねまりチャンネルや、かわにしみき、タケヤキ翔、北の打ち師達などのUUUMクリエイター30人以上が参加。(2020/8/17)

LINEの「タイムライン」で投稿者が収益得られるサービス開始へ 人気YouTuberも参加
LINEアプリの「タイムライン」機能で今秋をめどに、オリジナル動画などのコンテンツ投稿をしたクリエイターが収益を得られる仕組みが提供される。人気YouTuberなどにコンテンツを投稿してもらう計画で、UUUMと包括的クリエイターパートナー契約を結んだ。(2020/8/17)

セガ、「にじさんじ」VTuberのゲーム実況を許可 著作物利用の包括的許諾契約を締結
セガが、バーチャルYouTuber事務所の「にじさんじ」を運営するいちからと著作物の利用に関する包括的許諾契約を締結。にじさんじのバーチャルYouTuberは今後、セガの作品を使ったゲーム実況が可能になる。(2020/8/3)

UUUM、所属YouTuberへの誹謗中傷の通報窓口設置 専門チームで対策
所属YouTuberを守るための「誹謗中傷および攻撃的投稿対策専門チーム」をUUUMが設置。YouTuberへの誹謗中傷を一般ユーザーに通報してもらう窓口を作る他、法的措置も強化する。(2020/7/1)

吉本興業と“にじさんじ”の配信者、任天堂タイトルのゲーム実況OKに 著作物利用の包括的許諾契約を締結
任天堂が同社の著作物の利用ガイドラインを改定。吉本興業やいちからに対し、著作物の利用を許可した。これらの事務所所属の配信者は、任天堂ゲームの実況動画などの投稿や収益化ができる。(2020/6/1)

任天堂、にじさんじの「いちから」や「UUUM(吉本興業含む)」などと新たに包括契約 公式の実況動画が可能に
任天堂がUUUM(吉本興業所属を含む)、いちから、ソニー・ミュージックマーケティング、東京産業新聞社(ガジェット通信)と新たに契約を締結。(2020/6/1)

小学生が遊ぶゲーム、「あつ森」は3位 1位と2位は?
小学生が遊んでいるゲームタイトルや、よく見ているゲーム実況YouTuberは?──ゲームのオンラインコーチ事業を手掛ける和(和歌山県有田郡)は、こんな調査結果を公開した。(2020/5/12)

HIKAKIN「今気を緩めてはいけないんだなと僕は思った」 新型コロナ感染でICUから回復したラジバンダリ西井にインタビュー
ラジバンダリ西井さんが語った現場の状況にHIKAKINさんも驚きの連続。(2020/5/4)

吉本興業とUUUMが資本業務提携 吉本所属タレントの約800チャンネルがUUUMと共同運営に
強力タッグ。(2020/4/28)

UUUMと吉本興業が資本業務提携 芸人YouTubeチャンネル強化やYouTuberのテレビ進出も
吉本興業に所属するタレントのYouTubeチャンネルを共同で運営する他、UUUM所属クリエイターのマスメディア進出などで協業する。(2020/4/28)

ヒカキンが東京都知事との対談動画公開、若者向けに新型コロナ情報発信 ヒカキン側から打診して実現
この動画は収益化しておらず、広告無しで見ることができます。(2020/4/10)

ピースオブケイク、新社名「note」に
「note」運営のピースオブケイクは、社名を「note」に変更した。創立から6年たち、noteの月間アクティブユーザー数は2020年3月時点で4400万人を超え、掲載されたコンテンツ総数は720万件になっている。(2020/4/7)

アイドルグループ「嵐」のチャンネルも人気:
インフルエンサーパワーランキング2019が発表 HIKAKIN、はじめしゃちょーを抑えてトップに輝いたのは?
2019年中のインフルエンサーに関するランキングが発表。チャンネル総再生回数のトップには東海オンエアが輝いた。HIKAKIN、はじめしゃちょーはそれぞれ7位、6位で世代交代か。19年は芸能人のYouTube進出も目立った。(2020/1/20)

LINEとUUUMが協業 LINE LIVE配信者を育成、グッズ販売などサポート
LINE LIVEで、配信者を育成する取り組み「LIVER Support Program」がスタート。YouTuber事務所を運営するUUUMと協業し、マネジメントを行う。(2020/1/9)

「毒を盛られたセイキン」まさかの公式グッズ化 「ンッ!?」の表情を完全再現したチャームがカプセルトイに
モーリーファンタジー限定で発売。(2019/12/20)

いつの間にそんなサイズに? ヒカキン家の猫「まるお君」がびっくりするほど成長してた
大きくなってもかわいいです。(2019/12/14)

WOMマーケティング協議会、「アナ雪2」などのステマ騒動受け「なんらかの声明を発表するべく検討を開始いたしました」
それがステマであろうとなかろうと、「消費者が保護されていないようであれば『WOMJガイドライン』の精神に反している」との考えも示しました。(2019/12/9)

「なんでUUUMは漫画チャンネルを作ったの?」 UUUM社長に話を聞いてみたらガチの漫画オタクだった件
「みなさんが来る前にも漫画を読んでました(笑)」(2019/12/8)

今日のリサーチ:
インフルエンサー調査 “ステマはNG”の意識は高いが便益の明示では課題も――WOMマーケティング協議会
日本のWOM(クチコミ)マーケティングの発展を目指すWOMマーケティング協議会がインフルエンサーを対象に実施したインフルエンサーマーケティングの実態調査です。(2019/11/28)

UUUM、漫画を動画化する「UUUM MANGA」を本格始動 Twitterで活躍するクリエイターの作品も
動画クリエイターによるコンテンツも。(2019/10/4)

ティッシュを小さく丸めるだけの「ティッシュポップコーン世界大会」が開催 優勝賞金はまさかの100万円
ウソみたいな本当の大会。(2019/8/31)

運動不足解消なるか? ヒカキン家の猫「まるお」と「もふこ」が巨大なランニングマシンをもらったよ
リアルなゴリラ着ぐるみとも遭遇しました。(2019/8/12)

「企業より個人が勝つ時代が来る」 UUUMが語るYouTuberの今と未来
多数の人気YouTuberを抱えるYouTuberプロダクション「UUUM」で取締役CFOを務める渡辺崇さんに、YouTuberの今とこれからについて話を聞いた。(2019/8/5)

IT系上場企業の平均給与を業種別にみてみた[2019年版 前編] ネットベンチャー、ゲーム、アフィリエイト系など
IT系企業で平均年収が高いのはどの企業なのでしょうか。有価証券報告書に記されている公開情報を基に、独自の判断で主な企業をピックアップして業種を分類。平均給与が高い順に並べてみました。(2019/7/23)

YouTuber事務所のUUUM、「note」運営元と資本業務提携 “書き手”のサポートも開始
UUUMが「note」を運営するピースオブケイクと資本業務提携。YouTuberのマネジメントで培ったノウハウを生かし、noteで人気の書き手のサポートを行っていく。(2019/7/12)

ヒカキン家の猫「まるお」と「もふこ」が1歳に 誕生日プレゼントのキャットタワーを気に入ってくれるのか!?
お誕生日おめでとう!(2019/6/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。