ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「縦書き」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「縦書き」に関する情報が集まったページです。

「左手だとボールペンがすぐダメに」「スープバーは右利き仕様」 いろいろな人に聞いてみた“左利きのツラいこと、良かったこと”
右利きだと意外と知る機会がない、左利きの体験談。(2022/1/21)

デジタル・イエスタデイワンスモア計画:
「2画面スマホ」はスマートフォンの未来か 「Surface Duo 2」海外モデルを取り寄せて検証してみた
2画面スマートフォン期待の新星「Surface Duo 2」を入手した筆者が、このジャンルの可能性と課題を考える。(2021/11/30)

君は『ハリー・ポッター』伝説の挿絵「トム・リドルの墓」を知っているか? 日本語原作を完全再現した粘土細工があまりにシュール
見れば見るほどじわじわくる。(2021/11/26)

シヤチハタ「おなまえスタンプ」にアルファベットが登場 シックで大人でも使えそう
セット価格で1078円です。(2021/11/9)

法案の変更点をGitHubのように比較する「LawHub」、Twitterで注目も実は開発停止中
政府CIO補佐官のツイートをきっかけに法案の変更箇所をGitHubの差分形式で可視化するプロジェクトがTwitterで注目を集めている。変更箇所をカラーマーカーで表示する。(2021/4/2)

Windowsの老舗エディタ「WZ Editor」、四半世紀を経てMacに移植 M1 Macにもネイティブ対応
WZ EditorがまさかのMac対応。しかもM1ネイティブ。(2021/1/22)

東大ラノベ作家の悲劇――鏡征爾:
「世界を肯定してあげてほしいんです」 講談社ラノベ文庫編集長・猪熊泰則<後編>
小説が求める“次の器”とは――。(2020/12/30)

「知らなかった」「いい豆知識」 東京の地下鉄出入口の路線マークには“ある法則”が隠されていた
改札口が近い順に並んでるって本当? 東京メトロに聞きました。(2020/11/26)

神戸の子どもはみんな使ってる!? 「神戸ノート」はなぜ他県で見掛けないのか、メーカーに誕生のきっかけ聞いた
誕生のきっかけは朝鮮戦争だった???(2020/9/13)

6.8型のE Inkデジタルノート:
キングジム「フリーノ」は果たして買いか?(後編)
E Ink電子ペーパーを採用したデジタルノートの新顔となるキングジムの「フリーノ」。後編では、実機を使い込んで分かったことをまとめた。(2020/8/13)

非デザイナーも知っておきたいデザインの話(3):
デザインは文字の扱い方で決まる 感覚に頼らないフォント選びの基準とは
今日から使えるデザインに関する知識をあれこれ紹介する本連載。第3回は書体の歴史、特徴、選び方について。(2020/8/13)

ビジネススキルアップ:
さようなら名刺管理 スマホ1台、追加投資ゼロの名刺管理術
名刺をどのように管理しているだろうか。単純に名刺を引き出しの中にため込んでいて、必要なときにそこから探す、という人も多いだろう。ただ、もらった時点でスマートフォン(スマホ)を活用して取り込んでおけば、少しの手間でいつでも必要な人の名刺データが瞬時に取り出せるようになる。手間をかけずに効率よく名刺を管理する方法を伝授する。(2020/7/2)

非デザイナーも知っておきたいデザインの話(1):
デザインは知識と理屈で設計できる 色、書体、字間・行間のポイント
今日から使えるデザインに関する知識をあれこれ紹介する本連載。初回はデザインやデザイナーとはどんな役割を持っているのか、最低限知っておくべき色、書体、字間・行間のポイントについて。(2020/6/9)

年賀状や履歴書に:
ビジネスで逆風が吹く「ハンコ」 名前とQRコードを同時に押せる商品をシヤチハタが発売
テレワークが浸透し、ビジネスで逆風が吹く「ハンコ」。そんな中、シヤチハタが新商品を発売する。名前やロゴと一緒に、QRコードを押印できるという。年賀状や履歴書など、プライベートとビジネスの双方でのニーズを見込んでいる。(2020/5/26)

QRコードと名前が一度に捺せるスタンプをシヤチハタが発売 履歴書や年賀状などさまざまな使い方ができそう
WebサイトのURLをQRコードに変更し、名前と一緒に捺すことができる。(2020/5/26)

Google Lensアプリ、手書き文字をデータ化してPCに転送する新機能
Googleの画像情報検索アプリ「Google Lens」で取り込んだ手書き文字をPCに転送できるようになった。100カ国語の単語を音声で再生する機能(Androidのみ)と単語の意味を解説する機能も追加された。(2020/5/8)

お、見覚えがあるぞ……? 米国のYouTuberが作った本気仕様の電車おもちゃに日本のテツがピクンと反応
何だか、うれしい♪(2020/3/25)

福岡のデパートが閉店する競合施設に垂れ幕でメッセージ 受け取った天神コアに取材「ライバルで言葉を送りあう一体感が天神の魅力」
優しい縦読み。(2020/2/10)

LINE、AI技術を活用したSaaS「LINE BRAIN CHATBOT」「LINE BRAIN OCR」を提供開始
LINEは、同社のAI技術を活用したSaaS「LINE BRAIN CHATBOT」「LINE BRAIN OCR」の提供を開始した。AIソリューション「LINE BRAIN」のAI技術を利用した「NAVER Business Platform」のサービスとして提供する。(2020/1/24)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(151):
Windows 10のあの不具合はどうなった? 2019年のトラブルを振り返る
間もなく2019年も終了。締めくくりは、筆者が2019年(一部は2018年から)注目した「Windows 10の不具合」のその後を振り返ります。修正された不具合もあれば、依然として放置されている不具合もあります。(2019/12/25)

Tech TIPS:
【Excel】セル内の文字を縦書きにする
Excelで表を作成する際、複数の項目をまとめた見出しなどで文字列を縦書きにしたいことがあるのではないだろうか。そこで、Excelでセル内の文字列を縦書きにする方法を紹介する。(2019/12/20)

字が汚くてもご祝儀袋の名前をきれいに書けるスマホ術が便利 「最高のライフハック」「早く教えて欲しかった」
すぐに試せる!(2019/12/21)

PR:エンジニア出身の“異色の小説家”が挑戦するコンテンツの「新しい届け方」――本を普段読まない人にも読んでもらうために
(2019/10/29)

クラウドファンディングの達成率は500%超:
卸売会社の3代目社長は、なぜ「うんこ」へ舵を切ったのか
神奈川県にある「株式会社うんこ」をご存じだろうか。悪ふざけではなく、実際に存在する会社だ。Webサイトを見てみると、うんこスーツやうんこスニーカーなど、幅広いうんこグッズを販売している。5月に行ったクラウドファンディングでは、達成率が500%超。270万円ほどの資金が集まった。いったい、どんな会社なのか。(2019/10/18)

PDFから構造化テキスト抽出、EPUBを半自動生成 その仕組みは
イーストは7月に、PDFファイルをEPUBファイルに半自動で変換するサービス「EPUBpack」を始め、岩波新書の電子書籍化を行っている。8月7日に開催された説明会で、サービスの仕組みと開発の経緯を聞いた。(2019/8/8)

「大阪環状線」「おおさか東線」のマスキングテープ登場 いつも見かける駅名標をめっちゃ忠実に再現
大阪エリアの皆さんお待たせしました!(2019/7/23)

LINEみたいな形式で小説が読める:
集英社、チャットノベルアプリ「TanZak」提供開始 名作少女小説やジャンプ漫画のノベライズをスマホで手軽に
集英社がチャットノベルアプリ「TanZak」の配信を6月20日に開始した。画面をタップしていくと、LINEのようなチャット形式で小説を読み進められるようになる。「週刊少年ジャンプ」連載作品のノベライズや「集英社コバルト文庫」の名作などを40以上配信する。(2019/6/20)

アドビ、動画編集アプリ「Premiere Rush」のAndroid版を提供開始
アドビが動画編集アプリ「Premiere Rush」のAndroid版を提供開始。日本向けのモーショングラフィックステンプレートも用意し、幅広く使える「縦書き」や「集中線」などを複数追加している。(2019/5/22)

今更ですけど、フォントって何であんなに多いんですか? モリサワに聞く「フォントのユニバーサルデザイン」(5)
ゴシック体、教科書体、明朝体、明朝体の中にもいろいろ種類があって……。(2019/6/25)

パワポの行間、初期設定だと見にくいプレゼンに? モリサワに聞く「フォントのユニバーサルデザイン」(4)
読みやすい行間の幅、プロポーショナルの有無によるフォントの選び方などを聞いてみました。(2019/6/21)

林信行が大胆予想 Apple Special Eventは「Appleが考える新ライフスタイル」の提案
3月25日(現地時間、日本時間3月26日午前2時)に行われるApple Special Eventでは何が発表されるのか。林信行氏が予想する。(2019/3/25)

デジタルネイティブのためのフォントとデザイン:
名刺のフォントであなたの第一印象が決まる? ビジネスパーソンのためのフォント選び(後編)
名刺やインビテーションカードなどを例に、セルフブランディングに効果的なフォントの使い方とコツを紹介しよう。(2019/3/22)

高橋一生シャンプー広告 隠れたメッセージがSNSで大反響 担当「めちゃくちゃ鍛えられていて単純にカッコ良かったのです」
高橋一生を起用したシャンプー「ディアボーテ HIMAWARI」の車内広告。何気ないコピーに、とある仕掛けが……。(2019/3/12)

「お、エモい。」 1人で何時間も夢中になれる遊び「エモい文字の入れ方選手権」が楽しい
自分にとっての“エモい”文字の入れ方を探そう。(2019/2/3)

新しく提案された「システム」の漢字が秀逸 「確かにシステム」「天才だ」「採用で」
すごくありそうな感じ(漢字)です。(2019/1/14)

好きな言葉でひらがな練習用紙作れる「ひらがなプリントメーカー」公開 「3歳の娘のために作った」
ひらがなの書き方を練習するための紙を作成できる「ひらがなプリントメーカー」が無料公開。好きな言葉をひらがなで入力すると、その言葉の袋文字を、書き順入りで表示。PDF化して印刷できる。(2019/1/11)

パン一の男「君の不安や心配を吸収してあげよう」 → 自分が瀕死に シュールな漫画『大丈夫マン』が何もかも大丈夫じゃない
2人分吸収したら死にそう。(2018/12/7)

プレミアム版には「秀英体」も付属 文章校正機能を強化した「一太郎2019」2019年2月8日発売
ジャストシステムのワープロソフト「一太郎」の2019年版が登場。文章校正機能を強化し、略称チェックや複数シートに渡る表記揺れ検出に対応する他、新しい「学習指導要領」に準拠した漢字配当をチェックする機能も備えた。(2018/12/4)

あの「岩下の新生姜」になれるTシャツ発売決定 Twitterの声受け商品化
身も心も新生姜になれる。(2018/10/15)

PR:意外と知らないPDF作成の落とし穴 「Adobe Acrobat DC」を選ぶ5つの理由
ビジネス現場で多用されるPDFファイル。その作成ツールには、Adobe Acrobat DC以外にも無料のものや安価なサードパーティー製品がある。どれも同じだから安いのでいい――それは大きな間違いだ。(2018/11/1)

「サンチーム」「ブッシェル」って一体何なんです? 片仮名など1文字に詰め込む“謎記号”の意味
羅列して遊んでいる人はよく見るけれども。(2018/6/27)

電子メモ「ポメラ」に電子ペーパー採用の新型登場 6月8日発売
キーボードは折りたたみ式に。(2018/5/15)

特集・音声言語インタフェース最前線:
なぜ人気? ポケモンとスマスピで話すだけ 「ピカチュウトーク」が見つけた市場の“隙間”
スマートスピーカーで使える、ピカチュウとおしゃべりできる機能「ピカチュウトーク」が老若男女に人気だ。どのような背景で生まれたのか、ポケモン社に聞いた。(2018/4/16)

どうして日本語の横書きは「右→左」から「左→右」に? 昔は書く方向が逆だった理由
素朴な疑問。(2017/11/7)

初めての同人誌(自分が主人公のBLモノ)を作ったら苦労の連続だった話
BLって何だかわかんないから自分を素材に作ってみた。(2017/11/2)

「ハンコはここへ」が一目で分かる 輪っかがついた「マルするふせん」が便利そう
手帳やカレンダーに使っても。(2017/10/29)

三島賞作家・上田岳弘新連載『キュー』、文芸誌『新潮』とYahoo! JAPANでスタート
Yahoo! JAPANの電子版では、さし絵を自動生成する試みも。(2017/9/7)

上田岳弘氏の「キュー」:
新作小説、雑誌とWebで同時連載 新潮社とヤフー
新潮社とヤフーが、純文学作家・上田岳弘氏の新作を月刊文芸誌「新潮」とポータルサイト「Yahoo! JAPAN」で同時連載する取り組みを始めた。出版業界を活性化する狙いがある。(2017/9/7)

小説も「縦スクロール」で 上田岳弘氏の新作、スマホ版「Yahoo!JAPAN」と『新潮』同時連載
月刊文芸誌『新潮』と「Yahoo!JAPAN」スマホ版版で、三島賞作家・上田岳弘氏の最新作「キュー」の同時連載がスタート。スマホ版は縦スクロールで読める。(2017/9/7)

モリサワ、17の新フォント発表 「言葉によって形が変わる」書体など
看板などに使えそうな独特な筆使いのフォント「黒曜」も。(2017/7/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。