ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「Waymo」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Waymo」に関する情報が集まったページです。

トランプ政権、Googleから企業秘密を窃盗した元Uber幹部やCAスキャンダルのバノン氏らに恩赦
トランプ前米大統領政権は、トランプ氏退任直前、73人に恩赦を与えた。その中には、Googleから自動運転関連の企業秘密を盗みUberに渡したとして実刑判決を受けたアンソニー・レヴァンドフスキー氏や、トランプ氏の大統領選チームのCEOを務め、CAの選挙操作ツールを採用したと報じられるスティーブ・バノン氏が含まれる。(2021/1/21)

既存メーカーとの競争は厳しいが:
車載半導体市場でスタートアップにチャンス到来
自動車産業におけるテクノロジー主導の潮流は、半導体のエコシステムを混乱させている。エネルギーシステムやコネクティビソリューション、ADAS(先進運転支援システム)、自動運転システムにおける画期的なイノベーションは、半導体ソリューションのプロバイダーに新たな機会とともに新たな競争圧力を生み出し、車載半導体業界の歴史の中でかつてないほどに競争環境を変化させている。(2021/1/6)

ソフトバンクGも出資の自動運転企業Nuro、自動運転トラックのIkeを買収
無人で荷物を運ぶ小型自動運転車を手掛けるNuroが、無人配送トラックを開発するIkeを買収した。Nuroはまた、カリフォルニア州での無人配達者による商用サービスの許可を取得し、来年サービスを開始する。(2020/12/25)

Uber、自動運転事業をトヨタやソフトバンクG出資の新興企業Auroraに売却
配車サービスのUberが、2015年に立ち上げた自動運転部門を、Googleの元自動運転責任者とTeslaの元エンジニアによる新興企業Auroraに売却する。UberはAuroraに4億ドル出資し、コスロシャヒCEOが取締役に就任する。(2020/12/8)

Alphabet決算、Googleの広告復調と巣ごもり需要で増収増益
Googleを傘下に持つAlphabetの7〜9月決算は、2桁台の増収増益だった。前期にコロナ禍で落ち込んだ広告が復調し、巣ごもり需要でクラウドとYouTubeが好調だった。(2020/10/30)

Google系列のWaymo、完全自動ロボタクシーの一般への提供をフェニックスで開始
Google系列の自動運転企業Waymoが、完全無人のロボタクシーの一般向け提供を、アリゾナ州フェニックスで開始した。(2020/10/9)

Alphabet決算、Google上場以来初の減収 コロナ禍による広告減で
Alphabetの4〜6月期決算は、コロナ禍による主力の広告減収で2004年のGoogle上場以来初の減収(2%減)になった。YouTube広告、クラウドサービスとハードウェアなどは増収だった。(2020/7/31)

AI・機械学習のデータセット辞典:
PyTorch/TensorFlow/Keras/scikit-learnライブラリ内蔵のデータセット一覧
機械学習やディープラーニング用の主要ライブラリが提供する「画像/音声/テキストなどのデータセット」の名前とリンクを表にまとめ、典型的な使い方を簡単に紹介する。(2020/7/22)

WaymoとVolvo、L4の自動運転車開発で提携
Google系列の自動運転企業Waymoとスウェーデン自動車大手Volvoが戦略的提携を結んだ。Level 4の自動運転車を共同で開発する。(2020/6/29)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
どうして自動運転や電動化に取り組んでいるんですか?
何があなたの原動力ですか。(2020/6/24)

視点:
eVTOL 自動運転に見る新しいモビリティー事業化のカギ
モビリティーに限っても、ここ5年程度で技術革新に伴い、新しいサービスの実用化や実証実験が進んでいる。(2020/5/11)

Alphabet決算は増収増益だがGoogleの広告事業は「3月に大幅に鈍化」
Googleを傘下に持つAlphabetの1〜3月期の決算は売上高は13%増、純利益は3%増で、純利益はアナリスト予測を下回った。新型コロナの影響で「3月に広告収益が大幅に鈍化した」とCFOが語った。(2020/4/29)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
アップルの「LiDARスキャナ」に感じるスゴさとズルさ
iPadにLiDARなんて搭載できんのかよ、アップルすげぇ! と思ったのに……。(2020/3/26)

Alphabetの新ムーンショットは魚認識による海洋保護プロジェクト「Tidal」
Alphabetの“ムーンショット”部門「X」が、新たなプロジェクト「Tidal」を発表した。水中カメラと機械認識ツールを組み合わせた魚検出・追跡システムで数千匹の魚の行動を追跡し、魚類養殖改善のためのデータを収集する。(2020/3/3)

自動運転企業Waymo、初の外部資金調達で22億5000万ドル増資
Google系列の自動運転企業Waymoが初の外部資金調達ラウンドで22億5000万ドル(約2436億円)増資した。Silver LakeやAndreessen Horowitzなどの大手VCも参加した。(2020/3/3)

湯之上隆のナノフォーカス(22):
CASE時代のクルマ産業、ボトルネックになり得る半導体は何か
CASE(Connected、Autonomous、Shared & Services、Electric)の波が押し寄せている自動車産業。それに伴い、1台当たりのクルマに搭載される半導体の量も増加の一途をたどっている。では、そんなCASE時代の自動車産業において、“ボトルネック”となり得る半導体とは何か。(2020/2/18)

ソフトバンクも出資の自動運転企業Nuro、連邦政府当局から無人走行許可獲得 米国初
無人自動運転車の新興企業Nuroが米連邦政府の当局から完全無人運転車「Nuro R2」の公道での走行許可を得た。連邦政府からの許可はこれが初。まずはテキサス州ヒューストンで配達サービスのテストを開始する。(2020/2/10)

Google親会社Alphabet決算は2桁台の増収増益 YouTube広告とクラウドが好調
Alphabetの10〜12月期の決算は2桁台の増収増益だったが、売上高は予想を下回った。YouTube広告とGoogle Cloudの売り上げを初めて開示した。いずれも2桁台の増収だった。(2020/2/4)

自動運転のWaymoと運送大手UPS、自動配送で提携
GoogleからスピンアウトしたAlphabet傘下の自動運転企業Waymoが、米貨物運送大手のUPSと提携した。Waymoの自動運転車でUPSの貨物を搬送するパイロットプログラムを3月までにアリゾナ州フェニックスで開始する。(2020/1/30)

サプライチェーンの新潮流「Logistics 4.0」と新たな事業機会(6):
「TaaS」の出現により、商用車メーカーはトラックを売らなくなる!?
物流の第4次産業革命ともいえる「Logistics 4.0」の動向解説に加え、製造業などで生み出される新たな事業機会について紹介する本連載。第6回は、物流の主な担い手であるトラック業界を大きく変えるであろうTaaS(Truck as a Service)を取り上げる。(2020/1/23)

製造マネジメント インタビュー:
グーグルからパナソニックへ、松岡陽子氏の原動力は「人の生活を助けたい」
パナソニックのフェローに、グーグル(Google)米国本社のバイスプレジデントで、スマートホーム製品「Google Nest」のCTOを務めた松岡陽子氏が就任する。松岡氏はパナソニックにどのような影響を与えるのだろうか。同社が開催した会見で松岡氏は、期待される役割など報道陣からの質問に答えた。(2019/11/1)

Googleの親会社Alphabet、2桁台の増益だがクラウドやPixel 3aのコストがかさみ、純利益は23%減
Googleの親会社Alphabetの7〜9月期決算は、売上高は20%増の約405億ドル、純利益は23%減の約71億ドルだった。検索のTACコストやデータセンターへの投資、廉価版端末「Pixel 3a」のコストなどが影響した。(2019/10/29)

中国DiDi(滴滴)、上海でレベル4自動運転車によるロボタクシーのテストを開始へ
中国配車サービス大手のDiDi Chuxingが、上海当局の認可を得て上海嘉定区での完全自動運転車によるタクシーサービスのテストを開始すると発表した。30台の自動運転車を投入する。(2019/9/2)

元Uber幹部をGoogleからの企業秘密窃盗で米司法当局が起訴
元Googleのエンジニアで自動運転企業OTTOを立ち上げ、Uber入りしたアントニー・レヴァンドウスキ氏が、米司法当局に自動運転関連の企業秘密窃盗の疑いで起訴された。有罪になれば最大10年の禁固刑と25万ドルの罰金が科される可能性がある。(2019/8/28)

自動運転技術:
Waymoが自動運転データセットを無償公開、ラベリング済みでカメラとLiDARも連携
Waymo(ウェイモ)は2019年8月21日、同社の自動運転車が集めたデータセットを研究者向けコミュニティーで無償公開すると発表した。(2019/8/23)

Googleの親会社Alphabet、予想を上回る増収増益 クラウドが成長、「Pixel 3a」も好調
Googleを傘下に持つAlphabetの決算は2桁台の増収増益。主力の広告の伸びは緩やかだが、クラウド部門が好調だった。また、「Pixel 3a」発売でハードウェア部門も好調だった。(2019/7/26)

Argo AIに31億ドルを投資:
VolkswagenとFordが自動運転開発で提携拡大へ
Volkswagenは2019年7月、Ford Motor(以下、Ford)の自動運転部門であるArgo AIに31億米ドルを投資することで合意した。Argo AIは米国ペンシルベニア州ピッツバーグを拠点とする新興企業で、自動運転車(AV)向けのフルスタックプラットフォームの開発に注力している。(2019/7/22)

Waymo、カリフォルニアで自動運転タクシーパイロットプログラム参加資格取得
Waymoが、カリフォルニア州でも自動運転車による配車サービスのパイロットプログラムの参加資格を取得した。アリゾナ州フェニックスでは、既に実際のサービスを行っている。(2019/7/4)

倒産したAnkiのCEOとそのチーム、Waymoの自動運転トラック部門入り
倒産したかわいいAIロボット「COZMO」のメーカーAnkiの共同創業者、ボリス・ソフマン氏と12人の元従業員が、米Alphabet傘下の自動運転技術企業Waymoに入社した。ソフマン氏はWaymoの自動運転トラック部門の責任者に就任した。(2019/6/28)

レベル5の実用化は2030年以降?:
自動運転車の“誇大広告”は、やめよう
今こそ、自動運転車について率直な議論を行うべき時ではないだろうか。最近の予測では、どのメーカーも2025年まで、自動運転車への投資に対する見返りを得られそうにないとされている。また、完全な自動運転車の実現は、早くても2030年以降になる見込みだという。(2019/6/25)

Google系列のWaymo、ルノー・日産と自動運転分野で提携
Google系列の自動運転企業Waymoが、ルノー、日産自動車と独占契約を締結した。フランスと日本で、自動運転実現の可能性を検討していくとしている。(2019/6/21)

モビリティサービス:
ルノー日産がウェイモと「独占契約」、まずは日本とフランスから無人運転サービス
ルノー(Renault)、日産自動車とウェイモ(Waymo)は2019年6月20日、無人運転車を使ったモビリティサービスに関する独占契約を締結したと発表した。ウェイモは、フランスでルノーと、日本では日産自動車とのみ、ドライバーレスモビリティサービスの実現可能性を検討する。(2019/6/21)

ドミノ・ピザ、Nuroの自動運転車での配達をヒューストンで開始
ピザチェーン大手のDomino's Pizzaが、Nuroの無人自動運転車「R2」によるピザ配達を米テキサス州ヒューストンで開始した。(2019/6/18)

Alphabet傘下のWaymo、Lyftの配車サービスに10台の自動運転車を提供
Alphabet傘下のWaymoが、配車サービスのLyftとの提携で、フェニックスでLyftのアプリでWaymoの自動運転車を手配できるようにする。まずは10台からだ。(2019/5/8)

Google I/O 2019:
Google I/O 2019まとめ 「AI for Everyone」、Pixel 3aも発表
Googleの年次開発者会議「Google I/O 2019」で発表されたことを時系列にまとめた。今年のテーマは「「Building a more helpful Google for everyone」。AI採用のアクセシビリティ機能や「Googleアシスタント」の新機能、手ごろな価格の「Pixel 3a」などが発表された。(2019/5/8)

Googleさん:
Google I/Oを予想する 低価格Pixel、Stadia、カメラ付きスマスピ
10連休が明けると「Google I/O」です。「Pixel 3a」発表は確定として、他には何が発表されるのか、うわさをまとめてみました。(2019/5/4)

Googleの親会社Alphabet、EU制裁金で29%減益 広告売り上げは鈍化
Alphabetの1〜3月期の決算は、売上高は広告の伸びが鈍化し、予測を下回る363億3900万ドル、純利益はEUからの制裁金約17億ドルが響き、29%減だった。(2019/4/30)

Apple、自動運転開発部門で190名レイオフ
連続自動走行距離はわずか1.7キロだったという。(2019/2/28)

ソフトバンク、Vision Fundで自動運転の米Nuroに9億4000万ドル出資
ソフトバンクが「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」で自動運転の米新興企業Nuroに約1000億円出資する。Nuroは、Google系列のWaymo出身エンジニアが立ち上げ、オリジナルの無人配達車を開発した。昨年12月にはアリゾナ州で配達サービスを開始している。(2019/2/12)

Google親会社Alphabet、広告好調で過去最高の売上高、「その他」の損失は拡大
Googleを傘下に持つAlphabetの10〜12月期決算は、売上高は過去最高の393億ドル、純利益は89億ドルだった。広告が好調だったが、クリック単価は下がり続けている。(2019/2/5)

IHSアナリスト「未来展望」(14) 2019年の半導体業界を読む(2):
EV減速もADAS開発は加速、車載チップでは新勢力も
IHSマークイットジャパンのアナリストが、エレクトロニクス業界の2019年を予測するシリーズの第2回。今回は、自動車市場に焦点を当てる。(2019/1/31)

2018年から2019年へ
自動運転、音声アシスタント他 あらためて知りたいAIの5大トレンド
2018年は人工知能(AI)の世界では大きな1年だった。本稿では、AI利用における5つの主要トレンドに目を向け、2019年のさらなる進化に向けた下地がどのように整えられたかを確認する。(2019/1/30)

Waymoに提訴された元OTTOのCEO、「自動運転でのアメリカ横断に成功」
Google系列のWaymoから自動運転技術を盗んだとして提訴されたUber傘下のOTTOの創業者、アントニー・レヴァンドウスキ氏が、新たに立ち上げた企業Prontoの自動運転システムで、人の介入なしの自動運転だけでのアメリカ大陸横断に成功したと発表した。(2018/12/20)

Apple、TeslaでModel 3の設計に従事したアンドリュー・キム氏を引き抜き
Appleが、Teslaで「Model 3」などのデザインを担当したデザイナー、アンドリュー・キム氏を採用した。自動運転プロジェクトに参加するとみられる。(2018/12/18)

Waymo、自動運転車による配車サービス「Waymo One」をフェニックスで一般提供開始
GoogleからスピンオフしたAlphabet傘下の自動運転企業Waymoが、自動運転車による配車サービスを米アリゾナ州フェニックスで一般向けに提供開始した。(2018/12/6)

Waymo、カリフォルニアでも公道での完全自動運転車のテスト実施へ
Google系列のWaymoが、本社キャンパスのあるマウンテンビューを含むカリフォルニア州の一部エリアで、ドライバー不在の完全自動運転車での公道テストの許可を取得した。(2018/10/31)

Alphabet、予想を上回る2桁増収増益 中国進出については「模索中」とピチャイCEO
Alphabetの7〜9月期の決算は、Googleのモバイル広告が好調で純利益は37%増の91億9200万ドル、売上高は21%増の337億4000万ドルで、いずれも予想を上回った。(2018/10/26)

モビリティサービス:
トヨタが進めるコネクテッドカー“3本の矢”、ソフトバンクとの新会社も矢の1つ
ソフトバンクとトヨタ自動車は2018年10月4日、東京都内で会見を開き、モビリティサービスの基盤を開発、提供する新会社「MONET Technologies」を設立すると発表した。新会社の代表取締役社長兼CEOにはソフトバンク 代表取締役 副社長執行役員兼CTOの宮川潤一氏が就く。出資比率はソフトバンクが50.25%、トヨタ自動車が49.75%となる。資本金は20億円で、将来的に100億円まで増資する。(2018/10/5)

トヨタ、Uberと自動運転技術で提携強化 5億ドル出資と正式発表【UPDATE】
トヨタ自動車がUberに5億ドル出資すると発表した。Uberはトヨタとの提携強化で自動運転システムをトヨタのミニバン「Sienna」に提供する。(2018/8/28)

「5G」だけでは不十分
スマートカーのデータ通信を失敗させない3つの方法
インターネットに接続する「スマートカー」のメリットを引き出すには、車両が生み出す大量のデータを素早く、かつ確実に送受信する必要がある。「5G」はその有効な手段の一つだが、それだけでは不十分だ。(2018/8/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。