ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「読売新聞」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「読売新聞」に関する情報が集まったページです。

読売新聞の“阪神タイガース応援キャンペーン”が「明智光秀以来の大裏切りを見た」と話題に “裏切り”の真意を読売新聞に聞いた
ジャイアンツの親会社がなぜ?(2021/8/5)

読売新聞子会社でクレカ情報流出 すでに767万円の金銭的被害も確認
読売新聞の子会社が、ECサイトが不正アクセスを受け、ク1301人分のクレジットカード情報が漏えいした可能性があると発表した。一部の情報は不正利用され、計767万4605円の被害が出ていることを確認したという。(2021/7/14)

ドコモ、DX推進で読売巨人軍と提携 5Gでファンサービスの拡充へ
TTドコモは、読売新聞東京本社・読売巨人軍とオフィシャルDX推進パートナー契約を締結。5Gなどを活用した最先端技術を活用し、ファンサービスの開発・提供を目指す(2021/3/18)

新型コロナ対策:
東京ドームで“混雑の見える化”検証 東京オリンピックの参考にも
読売新聞東京本社と読売巨人軍は11月7〜8日、東京ドームで開かれるプロ野球の公式戦で、プライバシーに配慮しながら人の動きを可視化する実証実験を行う。新型コロナウイルスの感染対策として、東京都の協力のもと実施する。検証結果は球場内や周辺の交通誘導の参考にする他、東京2020オリンピック・パラリンピック開催時の入場制限、混雑緩和などに生かす。(2020/11/5)

実はこんなこともやっていた:
あの名場面をすぐ見られる! ラグビーW杯“デジタル”写真展
読売新聞社は、「ラグビーワールドカップ2019」の試合写真を大型ディスプレイに表示する「ラグビーW杯デジタル報道写真展」(以下、写真展)を、NTTドコモとキヤノンの協力の下、ベルサール汐留(東京都中央区)で開催した。(2019/10/21)

マックの塩と読売の夕刊、同じトラックで輸送 業種またいで効率化
マクドナルドの食塩と読売の夕刊を2トントラックに乗せて共同輸送することで、配送を効率化取り組みを、日本マクドナルドと読売新聞グループ本社などが共同で始めた。(2019/6/4)

マクドナルドと読売新聞、異業種が共同輸送 相乗りするのは「塩と新聞」
輸送効率が上がるとのこと。(2019/6/3)

プロジェクト:
「コートヤード・バイ・マリオット名古屋」が2022年春開業、設計・施工は積水ハウス
130の国や地域で合計6900件以上の宿泊施設を運営するマリオット・インターナショナルは、愛知県名古屋市中区栄1丁目の読売新聞中部支社の跡地に、ホテルブランド「コートヤード・バイ・マリオット」の新規出店を明らかにした。設計・施工は積水ハウスが手掛け、2022年春のオープンを目指す。(2019/4/16)

ニュースから漢字学習できるアプリ 京都大学と漢検協会が開発
京都大学と日本漢字能力検定協会は、読売新聞社の最新ニュースで漢字学習ができる無料アプリを配信した。興味のあるニュースのジャンルを選べるため、手軽に継続して漢字学習ができる。各問題の難易度は5段階から選択できる。(2019/4/8)

子ども・学生向け姉妹紙も:
読売新聞、購読料を24年ぶり値上げ 販売店の経営難・人手不足解消へ
読売新聞社が2019年1月1日から月ぎめ購読料を値上げする。朝夕刊セットは4037円から4400円、朝刊単体は3093円から3400円となる。全国の販売店で、経営難と従業員不足が深刻化しているため。(2018/12/12)

広告主に新たな付加価値を提供:
読売新聞がMMSマーケティングに出資、新聞広告から店頭購買促進まで一気通貫のサービス提供へ
読売新聞東京本社は、MMSマーケティングの株式の一部を取得したと発表した。(2018/10/29)

コンテンツ制作4社とコンソーシアムを結成:
読売新聞社がコンテンツマーケティング事業に参入、「YOMIURI BRAND STUDIO」を設立
読売新聞社は企業のコンテンツマーケティングを支援するため「YOMIURI BRAND STUDIO」を設立し、2018年1月からサービスを開始すると発表した。(2017/12/14)

読売新聞、企業のコンテンツマーケティング事業参入 デジタル広告制作など4社と連携
読売新聞が、企業のコンテンツマーケティング支援を目的とするコンソーシアム「YOMIURI BRAND STUDIO」を結成。新聞広告や広告主のオウンドメディア制作などを行う。(2017/12/14)

「高く買わないでください」 人気酒「獺祭」の広告に驚きと称賛の声 社長「本当は広告出したくない」
読売新聞に掲載された、「獺祭」の高額購入に注意を呼び掛ける広告が話題に。旭酒造の桜井一宏社長に経緯を取材した。(2017/12/11)

ボーカロイド「初音ミク」が生誕10周年 読売新聞朝刊に見開き広告を掲載
おめでとうございます。(2017/8/31)

超高速WordPress実行環境をAzure仮想マシンイメージとして提供:
PR:高性能Webサイトの構築支援にマイクロソフトとの協業の成果を生かす
Webサイト構築ソフトウェアの定番「WordPress」をパブリッククラウドの仮想マシンとして提供――。このユニークなビジネスモデルで大きな成功を収めているのが、プライム・ストラテジーだ。高速WordPress実行環境「KUSANAGI」で構築されたWebサイトは既に200以上。読売新聞の「yomiDr.(ヨミドクター)」も、その1つだ。(2017/6/30)

スピン経済の歩き方:
「読売新聞読んで」発言への抗議が、不毛なワケ
安倍首相が「自民党総裁としての考え方は相当詳しく読売新聞に書いてある。ぜひそれを熟読していただいてもいい」と発言して大騒ぎになった。ネット上で「さすがにこれはひどい」といった声が出ているが、筆者の窪田氏はこの問題をどのように見ているのか。目くそ鼻くそを笑う、低次元の不毛な争いで……。(2017/5/16)

内村光良、読売新聞夕刊で長編小説「金メダル男」連載へ
内村さんの一人舞台「東京オリンピック生まれの男」の感動が再び。10月には映画化も。(2016/3/30)

「グラブル」運営がガチャの“確率操作”否定 読売新聞に掲載された「頻繁に出現率を変動させる」発言が話題に
読売新聞の記事をめぐってユーザーから疑問の声があがっていました。(2016/2/18)

最終21巻発売記念、21年を振り返る『あたしンち展』が読売新聞本社で開催
貴重な第1回目の連載作品からコミックの歴代表紙、複製原画、メディア展開など21年間の歴史を展示する。(2015/9/30)

読売新聞が「中高生新聞」の特設サイトを開設――miwaのショートインタビューも
11月7日の創刊に先駆け、「中高生新聞」の特設サイトが開設。創刊準備号の紙面デザイン公開や著名人によるコメント掲載に加え、見どころをいち早く紹介する。(2014/10/10)

作家サインや図書カードも当たる「ミステリーブックフェア2014」開催中
日本出版販売と読売新聞が、「ミステリーブックフェア2014」を開催。全国約550書店で実施している。(2014/2/24)

酒場めぐりが楽しくなる一冊
読売新聞Webサイトで連載された「酒場」を舞台に、様々な人が人生を語るシリーズ「酒都を歩く」。その連載をまとめた書籍にまとめた『あの人と、「酒都」放浪 -日本一ぜいたくな酒場めぐり』を紹介します。(2014/1/9)

地上200メートル 読売新聞ビル屋上からの風景を楽しめる「YOMISORA」
読売新聞東京本社は、新社屋「読売新聞ビル」オープンを記念したAndroidアプリ「YOMISORA」をリリースした。地上200メートルから都内を一望できる。(2013/12/27)

電子書店「本よみうり堂デジタル」がEPUB対応――半額キャンペーンも開催
読売新聞東京本社の運営する電子書店「本よみうり堂デジタル」が、EPUBファイルの電子書籍に対応した。(2013/11/8)

ドワンゴ、日テレなどが新プロジェクト記者会見 スタジオジブリ鈴木敏夫プロデューサーも登場
ドワンゴ、日本テレビ、ネルケプランニング、読売新聞、TOKYO FM、ローソン、イープラス、電通、アイア、BS日テレの10社による共同プロジェクトの記者会見をライブ配信する。スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサー、スタジオジブリでプロデューサー見習いも務めるドワンゴ川上量生会長、日本テレビの奥田誠治コンテンツ事業局長代理兼映画事業部長らが登壇する。配信は3月5日14時0分〜。(2013/3/4)

窪田順生の時事日想:
森口尚史さんのウソで露呈した、マスコミの“弱点”とは?
iPS細胞をめぐって、読売新聞が森口尚史さんにダマされたなんだという騒動がようやく落ち着いてきた。それにしても大手マスコミがなぜ相次いでダマされたのか。その背景には、マスコミが抱える構造的な問題があるからだ。(2012/10/23)

ダイヤモンド・オンライン、“盗用”指摘の上杉隆氏コラム掲載停止
上杉隆氏が読売新聞の図表を“盗用”したと指摘されている問題で、ダイヤモンド・オンラインは該当記事の掲載を「結論が出るまでの間」停止したことを明らかにした。(2012/10/22)

「世界初iPS心筋移植」やはり誤報 読売新聞がおわび文掲載
「森口氏氏の説明は虚偽」と判断。(2012/10/13)

「iPS世界初の臨床応用」大学・病院側が否定、読売新聞「事実関係を調査します」
大ニュースから雲行き一転、果たして真実は。(2012/10/12)

読売新聞、手軽にチェックできるスマートフォン版「大手小町」をリリース
読売新聞東京本社が、スマートフォン版「大手小町」をリリース。ドコモ/au/ソフトバンクの主要3キャリアに対応し、ソフトバンクのiPhoneやiPad、auのiPhone 4Sでも利用可能。PC向けサイトを閲覧した際の読みにくさ、操作しづらさを改善している。(2012/6/20)

「読売新聞は言論を売っていない」――清武英利氏、佐高信氏が語る出版契約裁判
読売新聞東京本社は4月、七つ森書館と昨年結んだ『会長はなぜ自殺したか』の復刻出版契約の無効を求めて提訴した。社会部時代にキャップとして本に関わった清武英利氏と、監修の佐高信氏は日本外国特派員協会で行った会見で読売新聞社の対応を非難した。(2012/5/18)

「人生案内」が有料コンテンツに 読売新聞購読者向け「プレミアム」開始
読売新聞購読者向け有料サービス「読売プレミアム」がスタート。「人生案内」などが同サービスに移行し、オフラインで記事を読める機能などが利用できる。(2012/5/14)

読売新聞社、新サービスの基盤にクラウドを採用
会員向けサービス「読売プレミアム」のシステム基盤に、NECおよびNECビッグローブのクラウドサービスが採用された。(2012/5/11)

結局、どういうこと?:
ソーシャルゲームの「コンプガチャ」は違法か――消費者庁は「対応を検討中」
コンプガチャは違法である――読売新聞の報道について、消費者庁のコメントは?(2012/5/7)

読売新聞社“初”の電子書籍、BookLive!で先行独占配信
紙面のコラムやヨミウリ・オンラインなどの記事を電子書籍配信用に編集した読売新聞社初の電子書籍作品の配信が始まった。BookLive!で先行独占配信される。(2012/3/26)

出版業界ニュースフラッシュ 2012年1月第4週
出版業界で起こったニュースにならない出来事をまとめてお届けする週刊連載。今週は、雑誌売り上げが1985年以降では初の1兆円割れといったニュースや、読売新聞社の渡邉会長が「活字媒体を低減税率に」と主張したことなどに注目。(2012/1/30)

読売新聞特別編集委員・橋本五郎さんが振り返る 今年の政治と経済
読売新聞特別編集委員の橋本五郎さんが政治・経済の話題を中心に今年を振り返り、来年の展望を語る。全国FM放送協議会(JFN)のポッドキャスト番組「ON THE WAY ジャーナル」のUst。配信は12月9日14時15分〜。(2010/12/7)

電通、読売新聞にAR広告 携帯やiPhoneで体験
携帯電話かiPhoneを使ったARでCG映像を再生できる新聞広告が、18日の読売新聞朝刊に掲載された。(2010/10/18)

GIANTSケータイ4機種が新登場、プレミアム席のキャンペーンも実施
読売新聞東京本社とインフォニックスが、GIANTSケータイの新機種「GK-CA005」「GK-SA002」「GK-SH007」「GK-SH004」を6月30日から順次発売する。予約受付は6月10日から。(2010/6/10)

ビクター、ペンタックスを買収か
JVC・ケンウッドHDが、ペンタックスブランドのデジタルカメラ事業をHOYAから買収すると、読売新聞が報じた。同社は「報道されたような事実はない」とコメントしている。(2009/11/4)

読売新聞が医療情報サイトをオープン、検索にはASPサービスを採用
ASP型の検索サービスを導入し、読者が記事を探しやすくした。(2009/10/29)

ねとらぼ:
読売新聞に6面ぶち抜きガンダム広告 著名人が思い入れ語る
8月20日の読売新聞の朝刊に、6面ぶち抜きでガンダムのカラー広告が掲載された。お台場ガンダムの写真や、著名人のコメントなどが載っている。(2009/8/21)

App Town ニュース:
日経新聞、朝日新聞、読売新聞のニュースを読める無料iPhoneアプリ
日経・朝日・読売インターネット事業組合は、日経新聞、朝日新聞、読売新聞3紙の記事を読めるiPhone/iPod touch向けアプリ「あらたにす」を公開した。(2009/2/12)

学生「読売」、現役「日経」、退職後「朝日」――世代別新聞購読
新聞に関するインターネット調査によると、購読銘柄で顕著なのが、若年世代が読売新聞、現役世代が日経新聞、定年退職世代が朝日新聞であることが分かった。9月17日〜10月2日、「DIMSDRIVE」調べ。(2008/12/3)

新聞を読む理由と読まない理由
普段、よく読んでいる新聞は? インターワイヤードの調べによると、「朝日新聞」と「読売新聞」が多かったが、全国紙5紙の1つ「産経新聞」は「中日新聞」を下回る結果となった。(2008/12/3)

読売新聞、135年分の記事データベースを発売 創刊号の紙面もネットで
創刊から現在まで135年分の記事をインターネット上で閲覧できる有償サービスを、読売新聞東京本社が2009年1月末以降に開始する。創刊号の紙面イメージを見ることも可能だ。(2008/10/18)

読売新聞135年分の記事DB「ヨミダス歴史館」 明治期からの紙面もネットで
読売新聞の創刊号から最新分まで135年分の記事を検索・閲覧できる有料のオンラインデータベースを来年公開する。図書館や企業向け。(2008/10/17)

コラムも充実:
M&Aや新任社長情報を扱う「企業ナビ」、ヨミウリ・オンラインで開始
読売新聞東京本社は、ニュースサイト「ヨミウリ・オンライン」で、企業の動向を伝える「企業ナビ」を開設した。(2008/7/7)

読売、記事見出しをRSS配信 ブログパーツも
読売新聞東京本社は、ニュースサイト「YOMIURI ONLINE」の記事見出しのRSS配信と、アクセス上位の記事を表示するブログパーツの配布を始めた。(2008/6/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。