ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ビール」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!お酒→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でお酒関連の質問をチェック
「ビール」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

ドライクリスタルは3.5%:
低アルコールの「スーパードライ」が好調 3カ月で年間目標をほぼ達成した背景は?
「飲む人」も「飲まない人」も互いが尊重し合える「スマートドリンキング(飲み方の多様性)」を提唱するアサヒビール。その取り組みの一貫として販売されたアルコール度数3.5%の「アサヒスーパードライ ドライクリスタル」について担当者に話を聞いた。(2024/2/22)

厚労省が「飲酒に関するガイドライン」を発表 1日500ミリのビール1本で発症リスクが高まる病気も
酒に含まれるアルコール量を算出した「純アルコール量」で飲酒量を把握するよう呼び掛け。(2024/2/20)

「ストロング系酎ハイ」撤退の動き キリンとサントリーはどうする?
厚生労働省がビールロング缶1本のアルコール摂取でも大腸がんの発症リスクが高まるなどとするガイドラインを19日発表したことで、ビール各社が「ストロング系」と呼ばれる低価格で酔いやすい高アルコール酎ハイの販売から撤退する動きが活発化しそうだ。(2024/2/19)

音楽+ビールで訴求:
なぜスーパードライから“細い缶”が登場するのか 「モンスター」と同じサイズ
アサヒビールが2月27日に発売する「アサヒスーパードライ スマート缶」は、若年層をターゲットにした新商品だ。開発背景や狙いを聞いた。(2024/2/14)

島津製作所がクラフトビール共同開発 分析機器で香りや味を調整
島津が飲料を共同開発するのは初めて。島津製の分析機器を使い、酵母が持つ香りや味の特長を引き出しており、スパイシーな香りとかんきつ系のようなフルーティーな味わいのビールに仕上げている。(2024/1/24)

『ちいかわ』最新話、禁酒状態のくりまんじゅうが“限界”に…… 酒の代わりにコーラをあおる姿に「リアルすぎる」
自販機の柿の種とビールは高いのに買いたくなる時あるよね。(2024/1/15)

ビール需要増取り込みへ、各社でブランド刷新相次ぐ 令和6年事業方針
ビール大手4社の今年の事業方針が11日、出そろった。令和8年にビール系飲料の税率が一本化するのを見据え、手ごろになる狭義のビールの需要増を取り込む熾烈(しれつ)な競争が今年も続きそうだ。(2024/1/12)

1分足らずで急速冷却:
常温缶が「生ビール」に 爆ヒット「サントリー生ビール」開発部署が繰り出す次の一手
2023年に発売し、大ヒットを果たした「サントリー生ビール」。同商品を企画・開発した部署から、新たなサービスが出ている。その名も「nomiigo(ノミーゴ)」。常温の缶ビールが、わずか1分足らずに「生ビール」へと変貌する仕組みのビールサーバで、アフターコロナ需要を狙う。(2024/1/5)

ギトギトの油汚れは“ビール”で落ちるらしい→実際にキッチンコンロを掃除して確かめてみた
発泡酒でも検証してみました。(2023/12/27)

「業界初『銭湯直営ブルワリー』誕生」 湯上りにクラフトビール、新時代の幕開け
「銭湯文化を未来に残し、発展させたい」という2人の夢に下町の地元仲間がタッグを組んだ。新時代の銭湯が幕を開ける。(2023/12/25)

酔わなくてもゴクゴク幸せ ノンアル飲料市場グイグイ拡大
ノンアルコール飲料の需要が堅調に伸びている。各社がビールだけでなく、ワイン、ハイボール、チューハイなど多種多様なジャンルで酔わずに“お酒”を楽しめる商品を打ち出しており、ノンアルコール専門のバーも登場した。(2023/12/20)

直近1年でよく飲まれたビール 2位「一番搾り」、1位は?
直近1年でよく飲まれたビールは何か。マイボイスコムが8回目となる「ビールの利用」に関する調査結果を発表した。(2023/11/25)

今日のリサーチ:
酒税改正後のビール類の売り上げ 「新ジャンル」は6割減――カタリナ マーケティング ジャパン調べ
2023年10月の酒税改正により、ビールカテゴリーでは「値下げになるビール」と「値上げになる新ジャンル」の売り上げ動向が注目されています。実売データに基づきビール類の情勢変化を見てみると……。(2023/11/21)

「ビール会社に強い大学」ランク 大手4社すべてに就職者がいるのは9大学のみ
 今週は、アサヒビール、キリン、サッポロビール、サントリーグループの就職者が多い、「ビール会社に強い大学ランク」をお届けする。就職者数は、大学通信が各大学にアンケートし集計した。(2023/11/17)

製造業×生成AI インタビュー:
技術文書を100文字要約、アサヒビールがR&Dプロセスに生成AIを導入した2つの狙い
アサヒビールは2023年10月、R&D部門を主な対象として、マイクロソフトの「Azure OpenAI Service」を活用した社内情報検索システムのPoCを開始した。社内情報検索システム導入の理由や、R&Dプロセスにおける生成AI活用の期待感を同社担当者に聞いた。(2023/11/8)

生成AI 動き始めた企業たち:
長文の技術資料を“数十秒”で確認可能に アサヒビールの生成AI活用法
連載「生成AI 動き始めた企業たち」第12回は、アサヒビールを取り上げる。同社は9月から、生成AIを用いた社内情報検索システムの試験導入を始めた。新たな技術をどのように業務に生かしているのか。(2023/10/16)

Marketing Dive:
ゲーミングPCと冷蔵庫の魔合体 ハイネケンの奇策に“コア顧客”取り込みの極意を学ぶ
ビールブランドのHeineken(ハイネケン)がブラジルの消費者をターゲットにコアゲーマー向け施策を発表。これは、冗談ではない。(2023/10/2)

どうやって持ってるの……? 12杯のビールをトレイなしで一気に運ぶドイツのウエイトレスの技術と体力に驚かされる
常人離れしたバランス感覚。(2023/9/29)

10月の価格はどうなる? 「第3のビール」や電気ガス代は上昇
昨年来の食品値上げは10月にピークアウトしそうだ。帝国データバンクによると4500品目超と高水準の値上げが見込まれるが、前年同月比では3カ月連続で減少して勢いは鈍化する。ただ……。(2023/9/26)

ハイネケン、ノンアルコールビールが10月に日本上陸 缶とビンの2種類で本物と遜色ない味わい
飲んでみたい!(2023/9/20)

カラオケチェーン「ジャンカラ」、阪神優勝で “生ビール飲み放題3日間無料”に 関西地方の店舗で実施
とんでもない大盤振る舞い。(2023/9/14)

大谷選手のファウルボールで壊れた看板、ビール缶のデザインに 米ビール会社のアイデアに称賛
レプリカ缶として発売し、完売。(2023/9/10)

普通に食券買ってる! 川口春奈、1人ラーメンを満喫する姿に好感の声「ビール飲んだ顔が最高すぎ」
おひとりさまムーブに慣れすぎている。(2023/9/4)

3.5%:
低アルコールの「スーパードライ」発売 背景はビール類酒税の一本化
アサヒビールは10月11日、アルコール分3.5%にした「アサヒスーパードライ ドライクリスタル」を発売する。アルコール分に多くの選択肢を用意し、ビール需要の獲得を狙う。(2023/9/1)

「AIが作ったビールのCM」が徐々に悪夢へと変わっていくタイプのホラー 不気味なジョッキ、大惨事になるBBQ会場
SAN値ピンチ。(2023/9/1)

ソーセージをストローにする動画から着想 米食品メーカーがソーセージ型ストローを開発
ビールがおいしくなりそう。(2023/8/27)

アサヒから低アルコールのスーパードライ登場 アルコール分は3.5%
缶ビールの選択肢が一つ増えます。(2023/8/24)

経済の「雑学」:
「サントリー生ビール」が売れている ヒットの背景に“違和感”あり
4月に登場した「サントリー生ビール」が売れている。その要因として、味わいやマーケティングなどが挙げられるだろうが、筆者は「パッケージデザイン」が気になった。どういうことかというと……。(2023/8/23)

タミヤの「アヒル工作セット」でビールをキンキンに!? 大人の夏休みの工作が「天才の発想」と話題
実用的だしかわいい……!(2023/8/16)

男梅サワー、塩分量変えずに「しょっぱく」 サッポロビールのAIシステムが“驚きの”提案
「サッポロ 男梅サワー 通のしょっぱ梅」は、通常よりもしょっぱさが増した商品だ。なのに、塩分量をほとんど変えていない。背景には、AIからの“驚きの”提案があった――。(2023/8/8)

なんとか離婚されずに......ノンスタ井上、結婚1周年を無事迎え決意新た 「嫁を守るために頑張らねば!」
お酒好きな奥さんは片手にしっかり缶ビール。(2023/8/4)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
世界一のビール大国はどこ?
暑い日は、ビールがおいしく感じられます。今回は、世界のビール事情をグラフで見てみましょう・(2023/8/5)

アサヒの「復活してほしいビール」 3位「ザ・マスター」、2位「豊かな泡のプレミアム」、1位は?
アサヒビールは、「アサヒ復活ビール総選挙」を実施した。(2023/8/2)

長岡花火、よさこい祭り...... 「スーパードライ」の限定缶登場 地域活性化へ
アサヒビールが、長岡花火(新潟県長岡市)、よさこい祭り(高知市)とコラボした「スーパードライ」を立て続けに発売した。(2023/8/1)

松屋で瓶ビール100円引きキャンペーン 8月1日から
焼肉とビールで優勝したい。(2023/7/31)

フレッシュネスバーガーで“ビール190円”のキャンペーン開催中! ハンバーガー&ビールで夏を楽しめそう
ちょっとフレッシュネスバーガー行ってくる。(2023/7/27)

Marketing Dive:
米国で「バドライト」から売り上げ王座を奪ったビールブランド その戦略は?
20年以上米国で“最も売れているビール”の座を守り続けたBud Light(バドライト)がその座を明け渡した。新たな王者となったのは?(2023/7/27)

製造IT導入事例:
サッポロビール、AIでビールやRTDの需要を予測するシステムを本格運用開始
サッポロビールは、AIを活用してビールやRTDの需要を予測する「AI需要予測システム」の本格運用を開始した。人とAIが協働することで、需給管理業務をより高度化する。(2023/7/26)

群馬の地ビールのラベルが温厚なインド人も怒鳴るほど難解すぎる 「日本刀持ったライオンに追いかけ回される味わい」
詩的な説明文の意味をメーカーに聞きましたが、ますます分からなくなりました。(2023/7/25)

経済の「雑学」:
「生ジョッキ缶」の“もこもこ泡”、実は進化していた あまり知られていない2つのポイント
アサヒビールは、「生ジョッキ缶」第2弾となる「アサヒ食彩」を発売しました。生ジョッキ缶の特徴は、なんといっても「泡」。きめ細かい“もこもこ”の泡は、どのようにして生まれたのでしょうか?(2023/7/24)

ビールが泡だらけで真っ白! 新入社員がついだと思いきや……? →実はプロの仕事だった 伝統のスタイル「ミルコ」に注目
香りと甘みを引き立てるつぎ方で、デザートに最適なのだそうです。(2023/7/16)

森永乳業から“どう考えてもビールに合う切れてるチーズ”が登場 数量限定「旨辛とうがらし味」
早くこれで飲みたい。(2023/7/12)

泡と香りにこだわり:
アサヒ「生ジョッキ缶」第2弾を発売 見据えるのは酒税改正後の“新しい”ビール市場
アサヒビールは7月11日から、プレミアムビールの新ブランド「アサヒ食彩」を発売する。コンビニ限定の発売で、価格は284円(340ミリリットル)。開栓するときめ細かいもこもこの泡が自然発生し、飲食店のジョッキで飲む樽生ビールのような味わいが楽しめる「生ジョッキ缶」の第2弾となる。(2023/7/5)

日本ものづくりワールド 2023:
ジョッキ飲みできる缶オープナーなど、デザインを中核としたモノづくりを発信
346は「日本ものづくりワールド 2023」内の「MiraiTech 新価値創造展 in 機械要素技術展2023」に出展し、手軽に缶ビールの“ジョッキ飲み”を楽しめる缶オープナーなど、同社がこれまで手掛けてきた製品開発事例の一部を紹介した。(2023/6/27)

グッドパッチとUXの話をしようか:
サントリーの「ビアボール」 ビール離れ進む若者の間で話題に、なぜ?
ここ15年以上「前年割れ」を記録しているビール市場で、サントリーの新ビール「ビアボール」が、若者の人気を集めている。どのようにこの熱狂が作られたのかというと……(2023/6/21)

スマート醸造所実現への旅【後編】
スマート醸造所を作るビールメーカーが何より「ネットワーク」にこだわった理由
酒類メーカーAB InBevは、事業の変革を進めるために必要なネットワークを構築した。従業員のコミュニケーションを支えるインフラは、デジタルトランスフォーメーション(DX)の基礎となる。(2023/5/31)

1100人に聞いた:
ビールCMの出演俳優ランキング 3位「阿部寛」、2位「二宮和也」、1位は?
マーケティングリサーチなどを手掛けるアーキテクト(東京都港区)は、運営する調査サイト「タレントパワーランキング」で、ビールのCMに出演した人気俳優ランキングを発表した。その結果1位は、大泉洋さん(パワースコア37.2ポイント)だった。(2023/5/28)

スマート醸造所実現への旅【前編】
「スマート醸造所」に挑戦するビールメーカーが“技術以上”に重視した点とは?
ベルギーの酒類メーカーAB InBevはスマート醸造所の開発を進めている。同社がまず取り組んだのが、世界各国の従業員の通信を支えるネットワークと通話システムの構築だ。(2023/5/24)

特集:おもしろ人事制度:
「てんちょ」「パクチー」「忍忍」――クラフトビール大手が全社員を「ニックネーム」で呼ぶ理由
ヤッホーブルーイングでは社員同士を「ニックネーム」で呼び合っている。全社員対象で、社長のことも「てんちょ」というニックネームで呼んでいるそう。狙いは?(2023/5/22)

かまぼこ屋からクラフトビール「海の恵み」誕生 魚由来のアミノ酸で醸造し、華やかな香りを実現
かまぼこと合うんだろうな……。(2023/5/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。