ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「デジタルコンテンツ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「デジタルコンテンツ」に関する情報が集まったページです。

デジタルコンテンツ偽物被害に怒り、伝説の音楽プロデューサー月光恵亮氏
音楽プロデューサーでデジタルアーティストとしても活動する月光恵亮氏の偽物とみられる作品が無許可でデジタルアートNFTとして出品されるというトラブルが起きた。(2021/10/28)

世界初、NFTコンテンツ付き出版物が登場 第1弾は「SPA!」、メディアドゥがシステム提供
電子書籍取次大手のメディアドゥと出版取次大手のトーハンは、NFTを活用したデジタルコンテンツ付き出版物を10月12日に発売すると発表。合わせて、NFTの発行と販売ができるプラットフォームも12日から提供を始める。(2021/9/21)

KDDI、富士登山を疑似体験できるバーチャルガイドツアーを提供 山頂の360度映像も生配信
静岡県御殿場市とKDDIが、コロナ禍でも安全に富士山観光を楽しめる「勝俣州和の富士山バーチャルガイドツアー」を始めとするデジタルコンテンツの提供を開始した。8月8日の「山の日」には、「au XR Door」を利用して、富士山頂の360度映像を生配信する。(2021/7/12)

GMO熊谷社長、「NFT」取引所の開設を宣言 坂本龍一や村上龍も参加
「NFTはデジタルコンテンツの流通革命だ」——。NFTのマーケットプレイス「Adam byGMO」の提供を進めるGMOインターネット(GMO)の熊谷正寿社長は、NFTへの期待をこのように話した。デジタルコンテンツの二次流通の場を整備し、コンテンツホルダーが正当な対価を得られる世界を目指す。(2021/6/16)

「PS3」「PS Vita」、PS Storeでのコンテンツ販売を終了へ
SIEが、ゲーム販売プラットフォーム「PlayStation Store」でのPS3、PS Vita向けデジタルコンテンツの販売を終了する。PS3・PS Vita向けに行っていたPSP用コンテンツの販売も取りやめる。(2021/3/30)

タブレット学習のごほうびに「煉獄さん」 進研ゼミ、小中学生に鬼滅コラボアイテム
「進研ゼミ」会員の小学生・中学生向けに、「鬼滅の刃」の世界観で学べる教材やデジタルコンテンツを提供。小学生には漢字ポスターなどを、中学生には、タブレット教材で学習を進めると、ごほうびにアバターがゲットできるコンテンツなど。(2021/2/8)

ECサイト決済、クレジットカードが減少し「PayPay」が台頭 SBペイメントが調査
SBペイメントサービス株式会社は、ECサイト(物販、デジタルコンテンツ)にでの決済手段の利用実態を調査。2018年調査と比較してクレジットカード決済の利用割合が減少し、PayPay(オンライン決済)などの割合が増加している。(2021/2/5)

エイ出版の趣味雑誌など、ドリームインキュベータが買収
エイ出版社の趣味雑誌などをドリームインキュベータが買収。新たなデジタルコンテンツ体験を提供するとしている。(2020/12/11)

イケアが「IKEAカタログ」の発行を終了 今後はデジタルコンテンツなどで情報を発信
「時代の変化」にともなって終了するとしています。(2020/12/8)

情報にも「成長の限界」あり:
増え続けるデジタルコンテンツが「地球の質量」を超えると予測、ポーツマス大
地球上で年間に生成されるデジタル情報量は現在、10の21乗ビットだ。毎年20%のペースでデジタル情報が増えると、350年後には、必要な原子の数が地球を構成する全ての原子の数(10の50乗)を超えるだろうとポーツマス大学の研究者が見通しを示した。(2020/9/10)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
中国は空前の猫ブーム。中国ネコノミクスが生んだ、利回り10%の「エア猫投資詐欺」
猫による経済効果は、日本では2016年に2兆円超との試算があったが、中国は空前の猫ブームで、日本よりはるかに大きな中国版ネコノミクスが形成されている。猫SNSや猫ゲーム、デジタルコンテンツ市場に加え、今年8月には大規模な「エア猫投資詐欺」が発生。今回は、この投資詐欺の全貌と背景をお伝えしたい。(2020/9/10)

デジタルコンテンツの著作権、ブロックチェーンで保護へ 博報堂らが新サービス
博報堂らは、ブロックチェーン技術を活用したデジタルコンテンツ著作権保護サービス「C-Guardian」を開発。ブロックチェーン上にコンテンツの情報を記録するとともに、機械学習を用いて著作権を侵害しているWebサイトを探し、侵害証拠を保全する。コンテンツの著作権保護と流通拡大を目指す。(2020/3/31)

「休校中の子どもたちに見てほしい」 研究機関の有志が特別サイト公開 360度動画やゲームも
全国の大学や研究所の広報担当者が共同で運営する科学技術広報研究会は、新型コロナウイルス感染症の影響で臨時休校になった子ども向けに、動画やゲームをまとめたWebサイト「休校中の子供たちにぜひ見て欲しい科学技術の面白デジタルコンテンツ」を公開した。(2020/3/2)

小中学校の授業向けIT製品徹底ガイド【第6回】
「デジタル教科書」で優先すべきなのは指導者用? 学習者用? その答えと理由
教育用デジタルコンテンツである「デジタル教科書」「デジタル教材」は、児童生徒の関心を引きやすく、教育現場での活用が期待されている。主要な利用者別に分けた場合の長所と短所、選び方のポイントとは何か。(2019/10/7)

小中学校の授業向けIT製品徹底ガイド【第5回】
教育IT推進に不可欠な「デジタル教科書」「デジタル教材」「学習用ツール」とは
ハードウェアを整備しただけでは、教育ITの活用はうまくいかない。利用するデジタルコンテンツやソフトウェアにはどのようなものがあるのか、その概要を解説する。(2019/10/3)

今日のリサーチ:
メディア別市場規模で「ネットワーク」が初めて「放送」を超える――『デジタルコンテンツ白書2019』
コンテンツを消費するメディアはパッケージからネットワークへの置き換えが進み、2018年には「ネットワーク」市場が調査開始以来初めて「放送」市場を超え、「パッケージ」市場にも迫る規模までに拡大成長したことが分かりました。(2019/9/3)

今日のリサーチ:
日本人のデジタルコンテンツ消費に関する5つのトレンド――アドビ システムズ調査
日本人のデジタルコンテンツ消費に関する5つのトレンドとは。(2019/3/15)

欲しいものは“物理メディア”で買うべき? ピエール瀧容疑者逮捕で考える「デジタル時代の購入と所有」
ピエール瀧容疑者が逮捕され、過去の音楽作品や映像作品も“自粛”の影響を受けている。デジタルコンテンツの場合は、定額配信サービスなどにも影響は及ぶのか。デジタル時代に「所有すること」について考えたい。(2019/3/14)

子供向けコンテンツ使い放題「Amazon FreeTime Unlimited」発表 Fireタブレット限定で
アマゾンが子供向けのデジタルコンテンツが月額で使い放題になるサービス「Amazon FreeTime Unlimited」を発表。(2019/3/7)

Apple、iPhone伸び悩み減収減益 サービスのグロスマージンが63%
Appleの10〜12月期決算は、売上高は5%減の843億ドル、純利益は0.5%減の199億7000万ドル。この四半期からiPhoneの出荷台数を公表しなくなった。デジタルコンテンツなどの「サービス」が好調だと強調した。(2019/1/30)

今日のリサーチ:
無料のデジタルコンテンツが有料になったら中高生の8割は「他の無料コンテンツを探す」――MMD研究所調査
MMD研究所とテスティーは共同で、中高生のデジタルコンテンツの利用と消費に関する調査を行いました。(2018/12/19)

無料デジタルコンテンツの有料化、中高生の83.2%が「他の無料のコンテンツを探す」と回答
MMD研究所は、11月28日に「中高生のデジタルコンテンツの利用と消費調査」の結果を発表した。無料デジタルコンテンツが有料化した場合、83.2%が「他の無料のコンテンツを探す」と回答。フリマアプリなどの販売経験は17.8%で、11.1%が「1カ月に1万円以上稼いだことがある」と答えている。(2018/11/28)

安易な宣伝は違法行為になる可能性も:
ジョニー・デップも仮想通貨事業に参入 「TaTaTu」で映画製作に取り掛かる
米俳優のジョニー・デップ氏が仮想通貨事業に参入するという。仮想通貨プラットフォームを展開する「TaTaTu」とパートナーシップ契約を交わし、映画プロデューサーで起業家でもあるアンドレア・イェルヴォリーノ氏と共に映画やデジタルコンテンツの拡充に取り組んでいく。(2018/10/29)

製造業開発者やクリエイターも働き方改革の波に乗れ:
PR:本当に使える薄型モバイルワークステーションの条件を考える
ハイパフォーマンスが必要ゆえにタワー型ワークステーションに「つながれて」きた「ものづくり」現場の設計開発者やデジタルコンテンツ・クリエイターも、これからはオフィスの外に自由に出られる時代になる。(2018/9/28)

東映アニメーション、CGが強いダンデライオンアニメーションスタジオと資本業務提携 世界に向けたデジタルコンテンツ製作を強化
「世界に向けたデジタルコンテンツ製作・発信力を強化するため」とのこと。(2018/8/22)

新連載:パーフェクトウーマン 女性が拓く新時代:
ガス会社勤務だった女性が「世界最大級のデジタルコンテンツ会社」を率いるまで
完璧な人間はいない――。だが、仕事も私生活も充実させ、鮮やかにキャリアを築く「女性リーダー」は確実に増えてきた。企業社会の第一線で活躍する女性たちの素顔に迫り、「女性活躍」のリアルを探る。(2018/8/7)

Facebookのニュースソースとしての利用者が世界で減少──Reuters Institute調べ
オックスフォード大学Reuters Institute for the Study of Journalismが毎年公開するデジタルコンテンツ関連調査「Digital News Report」によると、Facebookをニュースソースとして利用する人が2016年の46%から6ポイント減った。(2018/6/17)

auユーザー限定「三太郎の日」 3月は「コンテンツ」と「ファミマクーポン」
auユーザーを対象とする「三太郎の日」の3月特典が発表された。au STAR会員には過去の人気のデジタルコンテンツが体験できる「三太郎の日ガチャ」を始めとするデジタルコンテンツを提供し、auスマートパスプレミアム会員向けには「ファミリーマート」の人気商品と引き換えできるクーポンをプレゼントする。(2018/2/22)

auユーザー限定「三太郎の日」 2月特典はミスドとデジタルコンテンツ
auユーザーを対象とした「三太郎の日」。2月の特典は、ミスタードーナツで利用できる216円分電子ギフトチケットと、「三太郎カレンダー」を始めとするデジタルコンテンツとなる。(2018/1/17)

「三太郎ドーナツ」も登場:
au STAR会員向け「三太郎の日」 12月特典は「ミスド」と「デジタルコンテンツ」 
au(KDDI・沖縄セルラー電話)が毎月3日・13日・23日に実施している「三太郎の日」の12月特典が発表された。ミスタードーナツでは、三太郎とコラボした「三太郎ドーナツ」も販売する。(2017/11/2)

au STAR会員向け「三太郎の日」特典 11月は「Wowma!」と「デジタルコンテンツ」
au(KDDI・沖縄セルラー電話)が毎月3日・13日・23日に実施している「三太郎の日」の11月特典が発表された。オンラインショッピングモール「Wowma!(ワウマ)」におけるWALLET還元率アップと、三太郎に関するデジタルコンテンツを特典として用意する。(2017/10/26)

auユーザー限定「三太郎の日」 9月特典はデジタルコンテンツとファミマの商品
auユーザーを対象とした「三太郎の日」の9月特典が発表された。au STAR会員はデジタルコンテンツが、auスマートパスプレミアム会員とauスマートパス会員にはファミリーマートの商品がプレゼントされる。(2017/8/28)

レノボ、超小型なワークステーション「ThinkStation P320 Tiny」を発表
レノボ・ジャパンは、ISV認証済みの超小型ワークステーションを発売。NVIDIA Quadro P600を搭載可能で、製造・建築分野の設計やデジタルコンテンツ制作など、幅広い用途に訴求していく。(2017/7/21)

2017年内提供予定:
ぺんてるが“落書きVR”を開発中 なぜ?
文房具大手のぺんてるが、デジタルコンテンツを手がけるアルファコードと共同で“落書き”体験ができるVRコンテンツの開発を進めている。一体なぜなのだろうか?(2017/7/5)

IBM、Watson活用のコンテンツ管理ツール「Watson Content Hub」を発表
Watsonの技術を活用し、コンテンツに含まれる意味を検出し、タグ付け作業を効率化するなど、デジタルコンテンツを効果的かつ効率的に管理できるという。(2017/2/16)

トレンドキーワードを知る:
デジタルインセンティブ――費用対効果に優れたキャンペーンを実現、デジタルコンテンツが「顧客」と「利益」を呼ぶ
販売促進やアウェアネスを目的に実施するキャンペーンにおいて、顧客の参加を促すための手段によく用いられるのが「デジタルインセンティブ」である。モバイルとデジタルコンテンツ市場の発展に伴い、近年は多種多様な報奨が提供されている。(2016/8/19)

11ac対応でパフォーマンスを改善した新「Chromecast」と「Chromecast Audio」 4980円で販売開始
映画や音楽など、デジタルコンテンツを簡単にテレビへ映すことができるストリーミングデバイス「Chromecast」の新モデルと、オーディオに特化した新製品「Chromecast Audio」が国内で発売した。(2016/2/18)

新春インタビュー:
メッセンジャーを軸に、LINEはスマートフォン時代の新たなポータルになる――LINE 出澤剛社長に聞く
日本を代表するプラットフォームサービスとなった「LINE」は、コミュニケーション分野で大きな存在感を示し、デジタルコンテンツ、物販やO2O、タクシー配車などさまざまな分野に裾野を広げている。LINEは2016年にどこへ向かうのか。出澤社長に聞いた。(2016/1/4)

点字学習を楽しく手助けしてくれる「点字パッドプロジェクト」、デジタルコンテンツEXPOで展示
音や物語と連動。(2015/10/23)

2014年のモバイルコンテンツ関連市場規模は3兆9046億円 MCF調査
スマートフォン向けデジタルコンテンツ有料配信の市場規模は1兆3026億円。電子書籍は1235億円規模としている。(2015/8/24)

ブックビヨンド、地域のデジタルコンテンツ配信を「wook」で支援
電子図書館サービスの開設、運用、電子書籍制作、プロモーションを代行する新サービス「ライブラリープロデュース」を提供開始する。(2015/7/2)

オールアバウト、ディー・エル・マーケットを子会社化
CtoC事業の強化、デジタルコンテンツ販売による収益拡大を目指す。(2015/5/28)

シーズネットを子会社化:
オールアバウトが個人間のデジタルコンテンツ販売市場へ参入
オールアバウトは2015年5月25日、個人間のデジタルコンテンツ販売事業を営むシーズネットが会社分割により新設するディー・エル・マーケットの株式を100%取得し、子会社化すると発表した。(2015/5/26)

使いやすさやパフォーマンスが大幅に向上:
Jストリーム、機能拡張した「新CDNサービス」を2015年5月にリリース
デジタルコンテンツ配信プラットフォームサービスを提供するJストリームは2月12日、大幅に機能を拡張した新CDN(Contents Delivery Network)サービスを今年5月より提供開始すると発表した。(2015/2/13)

HDDメーカーならではの安心感:
外付けHDDに「My Book Duo」を選ぶ8つ理由
大容量化するデジタルコンテンツを保存するために外付けストレージが欲しい、そんな人は外付けHDDながら高速かつ大容量の「My Book Duo」に注目!!(2015/1/21)

PR:150Mbps通信で業界最安、きめ細やかなサービスも充実――MVNOの新星「DMM mobile」を注目すべき理由
デジタルコンテンツ配信やDVD販売・DVDレンタルなど行っているDMM.comが、MVNO事業に参入し、「DMM mobile(ディーエムエムモバイル)」を提供している。多くの“格安SIM”がリリースされている中で、DMM mobileならではの魅力はどこにあるのか?(2015/1/19)

クリエイター女子部:
世界300万DLのゲームアプリ「ガチャウォリアーズ」デザインに込めたこだわり ワンオブゼム・松本彩加さん
デジタルコンテンツ制作に携わる女性にフォーカスする「クリエイター女子部」。第4回は、ワンオブゼムでスマートフォン向けゲームアプリ「ガチャウォリアーズ」のデザインを担当している松本彩加さん。(2015/1/16)

Overdrive、2014年のデジタルコンテンツ貸し出し件数は前年比33%増と発表
同社のソリューション経由で貸し出された電子書籍はグローバルで1億500万件。(2015/1/9)

月額660円から、SIM3枚使えるシェアプランも:
DMM.comがMVNOに参入――「DMM mobile」
デジタルコンテンツ配信などを行うDMM.comが、NTTドコモのインフラを利用したMVNOに参入、格安SIMカードやSIMロックフリースマホを販売する。1200万人いるDMM.com会員からのユーザー獲得を目指す。(2014/12/18)

「デジタル古書」の未来がクリスマス前の23日に決まる
現地時間12月23日に判決予定。判決の行方によっては、デジタルコンテンツに関する所有権のとらえ方が変わるかもしれない。(2014/12/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。