ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「罰金」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「罰金」に関する情報が集まったページです。

Apple PayではEUの罰金回避 欧州でのNFCアクセス開放で
欧州委員会は、Apple Payに関するAppleからの提案を受け入れ、4年間の捜査を終了したと発表した。Appleは欧州圏でNFC技術をサードパーティに開放すると約束した。欧州のユーザーはAppe Pay以外のアプリをウォレットに設定できるようになる。(2024/7/12)

ふぉーんなハナシ:
駐禁の違反金を「PayPay/LINE Pay」で(残念ながら)支払ってみた かなり便利だが……
キャッシュレス法の施行で、2024年4月から駐禁の反則金がスマホ決済アプリで支払えるようになった。(残念ながら)実際に使ってみた。(2024/6/10)

中国電力への課徴金が過去最高の16億5594万円まで膨らんだ理由
消費者庁は28日、中国電力に対して課徴金納付命令を出した。金額は過去最高となる16億5594万円だった。(2024/5/29)

CFO Dive:
「欧州 AI法」がついに成立 罰金「50億円超」を回避するためのポイントは?
AIの活用や規制について包括的に定める「AI法」が欧州議会で可決された。今後のAI規制の世界標準となる可能性が高く、厳しい罰則もある。企業が留意すべきポイントとは。(2024/4/25)

駐禁の反則金も「ペイペイ♪」 警視庁「PayPay請求書払い」で受付開始
警視庁の「放置駐車違反金」の支払いが「PayPay請求書払い」に対応。(2024/4/1)

欧州委員会、Alphabet、Apple、Metaを対象に初のDMA(デジタル市場法)違反調査開始
欧州委員会は、Googleの親会社Alphabet、Apple、Metaの米企業3社を対象に、DMA(デジタル市場法)に基づく調査を開始したと発表した。DMAに基づく調査はこれが初。違反と判断された場合の罰金は、世界での売上高の10%だ。(2024/3/26)

欧州委員会、Appleに約2900億円超の制裁金 Appleは控訴へ Spotifyは「小さな一歩」
欧州委員会は、Appleに18億ユーロ(約2900億円)超の制裁金を科すと発表した。Spotifyからの提訴を受け、2020年からアプリ内課金システムの制限について調査していた件の結論だ。Appleは控訴すると発表した。(2024/3/5)

Appleも反論:
欧州委員会がAppleに18億ユーロ超の「制裁金」 App Storeにおける音楽ストリーミングアプリの扱いを「悪質」と判断
欧州委員会(EC)が、Appleに18億ユーロを超える「制裁金」を課した。App Storeにおける独占的地位を悪用して、音楽ストリーミングアプリ開発者に課している規約がエンドユーザーの不利益につながっていることを“悪質”と判断したという。Appleも声明を発表し、本決定に対して控訴する方針を明らかにした。。(2024/3/4)

中国のアニメ海賊版サイトの運営者に有罪判決が確定 主犯に懲役3年や罰金180万元など
日本からの働きかけをきっかけに、海外の海賊版サイトの運営者やアップローダーに刑事罰が科されたのは初めてとのこと。(2024/3/4)

CFO Dive:
違反企業は「数十億円の罰金」も? AIのリスクは大きすぎるのか問題に新たな一撃
生成AIをはじめとするAIを本格的に導入する企業は増えるばかりだ。一方で、各国政府はAIが抱えるリスクを重大視し、ルールを違反した企業に多額の罰金を課す流れが標準化するとの見方もある。(2024/2/13)

コラボレーションツールの利用とGRC【第3回】
シャドーITが罰金刑になるケースも コラボツールの利用ルールはここが難しい
コンプライアンスの問題を回避するために、コラボレーションツールの特定機能を使えないように制御するのは一つの方法だが、シャドーITを生むリスクがある。米国金融機関の事例から、注意すべきポイントを探る。(2024/1/31)

ガイドライン違反の「ゲームプレイ動画」投稿の男性に有罪判決 懲役2年、執行猶予5年、罰金100万円
「シュタインズ・ゲート 比翼恋理のだーりん」について、ガイドラインで禁止しているエンディングを含む1時間程度のプレイ動画をアップロードしていました。(2023/9/7)

“ネタバレ”ありゲーム実況で広告収入 男性に懲役2年、執行猶予5年、罰金100万円の判決
宮城県仙台地方裁判所は、YouTubeでガイドラインに反してゲーム実況動画を投稿し広告収益を得ていた男性に、懲役2年、執行猶予5年、罰金100万円の有罪判決を言い渡した。(2023/9/7)

Google、EUのデジタルサービス法の発効に向けて広告に関する透明性向上を約束
Googleは、EUのデジタルサービス法(DSA)発効の前日、ターゲティング広告などに関する透明性向上について発表した。EUに超大規模プラットフォームと指定されたプラットフォームは、DSAに違反すると罰金を科される可能性がある。(2023/8/25)

消費者庁、オンライン塾に課徴金6346万円 「利用者満足度1位」 非利用者も含めて調査していた
消費者庁が、オンライン家庭教師サービスを提供するバンザンに課徴金6346万円の納付命令を出した。同社はWebサイト上で「利用者満足度No.1」などと表示していたが、実際の調査の対象者には非利用者も含まれていた。(2023/8/2)

欧州議会本会議が「AI規則案」を採択 違反した場合は制裁金も
欧州議会本会議がAI規則案を採択した。年内の合意と2024年以降の施行が予定されている。同規則案では、AIは4つのリスクカテゴリーに分類され、違反すると売り上げベースの罰金が課される。(2023/7/11)

フランス、Googleに3億円の罰金 消費者に必要な情報を提供しなかったとして
フランス政府は、米Googleが消費者に適切な情報提供を行わなかったとして同社アイルランド支部に201万5000ユーロ(約3.2億円)の罰金求める行政処分をした。(2023/7/5)

TikTokと子どものプライバシー問題【後編】
「TikTokの信頼は持たない」との見方も浮上 “法令違反”の末路とは
英国政府は、子どものプライバシー保護に関する法令に反したという理由で、TikTokに1270万ポンド(約21億円)の罰金を課した。今後のTikTokにどのような影響があるのか。(2023/6/8)

ドコモ、「闇バイト」に注意喚起 SNSなどで勧誘、実行すれば罪に問われるおそれも
自分名義の携帯電話回線を第三者に譲渡したり、他人名義の携帯電話を受け取った場合、「携帯電話不正利用防止法違反」として2年以下の懲役、または300万円以下の罰金に処せられることもある。(2023/6/5)

Amazon、「Alexa」による児童オンラインプライバシー法違反で罰金2500万ドル
米FTCと米司法省がAmazonを提訴した訴訟で、Amazonは2500万ドルの罰金支払いに同意した。「Alexa」と会話した子供のデータの収集と利用がCOPPA違反とされた。AmazonはFTCの主張には同意しないが訴訟解決のために和解条件に同意したとしている。(2023/6/1)

TikTokと子どものプライバシー問題【中編】
TikTokが「13歳未満ユーザーの個人情報の扱いが不適切」と見なされた理由
英国の政府機関はTikTokに対し、子どものプライバシー保護に関する問題が浮上したことを受け、1270万ポンド(約21億円)の罰金を課した。法令違反だと判断された理由は何だったのか。(2023/6/1)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
景表法違反のクレベリンは「やったもん勝ち」だったのか? 売上200億円の大きな代償
空間除菌をうたった販売が不適切だったとして、6億円の追徴金を課された大幸薬品。同商品が生み出した200億円ほどの売り上げと比べればわずかな額だった。株主代表訴訟が提起されているが、損害賠償は保険で賄える可能性がある。となると、不適切な販売は「やったもん勝ち」なのだろうか。(2023/5/26)

TikTokと子どものプライバシー問題【前編】
TikTokが「子どものプライバシー保護」で法令違反 “ずさんな管理”が明るみに
英国の政府機関は、ショート動画共有サービスを運営するTikTok社に1270万ポンド(約21億円)の罰金を科した。制裁の背景にあるのは、子どものプライバシー保護に関する問題だ。どのような違反があったのか。(2023/5/25)

Metaにアイルランドが12億ユーロ(約1800億円)の罰金 GDPR違反で
アイルランドのデータ保護委員会は、Metaに12億ユーロの罰金を科すと発表した。EU圏内のFacebookユーザーのデータを米国に送信できないというEUの判決に違反したため。Metaは控訴すると発表し、データの国境を越えた転送の重要性を主張している。(2023/5/23)

「クレベリン」の大幸薬品に課徴金6億円 「空間のウイルス除去」根拠なし
消費者庁は11日、「空間に浮遊するウイルス・菌・ニオイを除去」などと表示して「クレベリン」を販売していた大幸薬品に対し、景品表示法に違反(優良誤認)するとして課徴金納付命令を出した。22年4月に出た措置命令にもとづくもの。(2023/4/11)

消費者庁が命令:
クレベリン「空間のウイルス除去」根拠なし 大幸薬品に課徴金6億円 過去最高額
「空間に浮遊するウイルス・菌・ニオイを除去」などと合理的な根拠のない表示で除菌用品「クレベリン」を販売したとして、消費者庁は4月11日、製薬会社「大幸薬品」(大阪市)に対し、景品表示法違反(優良誤認)で6億744万円の課徴金を支払うよう命じた。景品表示法違反の課徴金としては過去最高額になるという。(2023/4/11)

兒玉遥、写真集の無断転載に法的措置検討を表明 著作権違反は10年以下の懲役や1000万円以下の罰金の恐れも
過去には「どうして呼びかけてるにも関わらず載せる人いるんだろう?」とも吐露。(2023/1/19)

消費者庁、キリンビバレッジに1915万円の課徴金 「メロン果汁100%」表示も実際は2%
キリンビバレッジがメロン果汁2%の商品を100%と表示して販売していたことを巡り、消費者庁が景品表示法違反で課徴金1915万円の支払い命令を出した。同社は「再発防止に努める」とコメントしている。(2023/1/18)

アイルランド、Metaにまた罰金 GDPR違反で約547億円
アイルランドの規制当局は、MetaがGDPRに違反したとして総額3億9000万ユーロ(約547億円)の罰金を科すと発表した。また、3カ月以内にデータ処理業務を改善するよう命じた。Metaは控訴する構えだ。(2023/1/5)

Twitterの4億人データ侵害でアイルランド当局が調査開始
Twitterの約4億人分のユーザーデータがデータ売買フォーラムで売りに出された。売り主はTwitterのマスクCEOに対し、GDPR違反で高額の罰金を科せられなくなければデータを買い取れと呼び掛けている。アイルランドのDPCは、この件の調査を開始するとしている。(2022/12/30)

従業員の「メッセージングアプリ」使用に注意【後編】
従業員の「勝手なメッセージングアプリ利用」がもたらす“由々しき”事態とは
従業員による「メッセージングアプリ」の業務利用が問題となっている。米国では罰金支払いに発展した。どのようなリスクが潜んでいるのか。(2022/12/28)

従業員の「メッセージングアプリ」使用に注意【前編】
WhatsAppなどの「メッセージングアプリ」を使った銀行に罰金 何が問題なのか?
米国の大手銀行が、銀行員のメッセージングアプリケーション利用を巡る問題で、規制当局から罰金支払いを命じられた。何が問題となったのか。(2022/12/23)

Epic GamesにFTCが罰金5億2000万ドル 子どものプライバシー侵害とダークパターン使用で
米連邦取引委員会(FTC)は「フォートナイト」を手掛けるEpic Gamesに総額5億2000万ドルの支払いを命じた。米COPPA違反の罰金支払いと「児童をだまして不当な請求をした」としての返金だ。アイテム購入のわかりにくさ改善も命じた。(2022/12/20)

アイルランド、Metaに380億円の罰金 GDPR違反で
アイルランドのデータ保護委員会が、米Metaに対して2億6500万ユーロ(約381億円)の罰金を科した。約1年半にわたる調査により、MetaでGDPR違反があったことが分かったとしている。(2022/11/29)

広島県教育委員会のPC購入で談合 NTT西、大塚商会、Dynabookなど11社が関与
広島県教育委員会と広島市における教育用PCの発注で、入札に参加した事業者による談合があったことが分かった。公正取引委員会が排除措置命令、課徴金納付命令を出した。(2022/10/7)

SEC、セレブのキム・カーダシアンに126万ドルの罰金 暗号資産ステマ加担で
米証券取引員会(SEC)がセレブのキム・カーダシアン氏に126万ドルの罰金を科した。報酬を受け取ったことを明示せずにInstagramで暗号資産の宣伝を投稿したため。カーダシアン氏は罰金を支払い、報酬も返還した。(2022/10/4)

EU第一審裁判所、Google対EUのAndroidをめぐる裁判で41.25億ユーロの制裁金 控訴の可能性も
EUの第一審裁判所は、EUがGoogleに対して2018年に課した高額な制裁金をわずかに減額して認めた。GoogleがAndroidで独禁法に違反したというもの。Googleはこの決定を不服としている。(2022/9/15)

仕訳ワンポイントレッスン:
業務中の交通違反 交通反則金やレッカー代は会社に負担義務があるのか?
従業員が業務中に交通違反を犯し、交通反則金とレッカー代を支払った場合、会社に負担義務があるのでしょうか。(2022/9/9)

ロシア、Googleに罰金約500億円 ウクライナ関連の偽情報削除命令違反で
ロシアの裁判所が、Googleに約500億円の罰金を科す判決を出した。傘下のYouTubeのウクライナ関連を含む「偽情報」削除要請に従わなかったのが法律違反だとしている。Googleの子会社はロシアで6月、破産申請している。(2022/7/19)

「漫画BANK」運営者が中国で摘発、日本円で約60万円の罰金 被害金額は2000億円超え
CODAは、海賊版漫画サイト「漫画BANK」など複数の海賊版サイトを運営していた男性1人が中国で摘発されたと発表した。日本円で約33万円(1万6409.52元)の犯罪収益没収と約60万円(3万元)の罰金が科せられた。(2022/7/14)

ネット上の公開情報の無断収集で英データ保護法に違反:
英情報保護監督機関、顔認識DB企業Clearview AIに755万ポンドの罰金と英国居住者データの削除を命令
英国情報コミッショナー局は、米国Clearview AIに755万2800ポンド(約12億円)の罰金を科した。同社がインターネットから勝手に収集した英国内外の人々の画像を使用して、顔認証に使用可能なグローバルオンラインデータベースを作成したためだ。(2022/5/30)

Twitter、FTCおよびDoJによるプライバシー関連申し立てで和解 1.5億ドル支払い
Twitterは2019年にプライバシー慣行で米連邦取引委員会と米司法省に提訴されていた件で和解した。和解条件として罰金1億5000万ドルの支払いと、新たなコンプライアンスの導入を命じられた。(2022/5/26)

英当局、顔認識のClearview AIに英国民のデータ削除命令 750万ポンドの罰金も
英情報保護当局ICOは顔認識のClearview AIに750万ポンド(約12億円)の罰金を科した。また、英国民のデータw−システムから削除するよう命じた。同社は既に英国ではサービスを提供していない。(2022/5/24)

“課徴金制度”は?:
個人情報保護違反の「ペナルティー強化」 法改正で“1億円以下の罰金”の制定も
2022年4月から施行された改正個人情報保護法に伴い、違反行為に対するペナルティーはどのように強化されたのでしょうか?(2022/5/23)

Google、欧州でCookie同意バナーの全拒否ボタン提供開始へ
Googleは、まずはフランスでCookie同意バナーに「すべて拒否」ボタンを追加すると発表した。同社は1月仏当局からバナーの表現が紛らわしいとして1億5000万ユーロの罰金を科された。全拒否ボタンは今後、欧州で提供を拡大していく。(2022/4/22)

Cookieを拒否しにくいのはアウト
FacebookとGoogle、Cookieの違反行為で罰金合計270億円
フランス当局がFacebookとGoogleに巨額の制裁金を科した。Cookieの受け入れと拒否の方法に偏りがあったからだ。Cookieの利用は企業にとって大きなリスク要因になりつつある。(2022/2/16)

タイガー「転倒してもこぼれないケトル」CMが景表法違反に こぼれる場合があるため
消費者庁と公正取引委員会が、タイガー魔法瓶のテレビCMとWebサイトで景品表示法に反する表示があったとして課徴金納付命令を出した。転倒しても中身がこぼれないとしていたが、こぼれる場合があったという。(2022/2/9)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
NHKクロ現にも出た「ライブコマースの女王」、脱税で240億円罰金の衝撃。ファン・ビンビン上回る荒稼ぎ
中国で誰もが知る「ライブコマースの女王」のウェイヤ―氏が12月20日、約115億円の所得隠しを摘発され、追徴課税や罰金など約240億円の支払いを命じられた。今年4月にはNHKの「クローズアップ現代+」にも出演。中国のインフルエンサーの荒稼ぎぶりと、格差拡大に徹底的にメスを入れる当局の姿勢が浮き彫りになった。(2021/12/23)

JPMorganに罰金2億ドル WhatsAppなどの業務利用で
JPMorgan Chaseの従業員がWhatsAppなどを顧客とのやり取りに使っていたとして、SECとCFTCが合わせて2億ドルの罰金を科した。米連邦法では、銀行企業は公式ビジネスの詳細な記録を保持する必要がある。(2021/12/19)

社労士・井口克己の労務Q&A:
有給「未消化」が50人! 罰金30万円×50人分を払う必要が……ある? ない?
当社には50人ほど、「年5日以上の有給」を取得できていない社員がいます。取得できないと1人につき罰金30万と聞きました。このままだと50人分の1500万円の罰金を支払うことになるのでしょうか?(2021/11/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。