レビュー
» 2010年10月21日 08時30分 公開

モバイルWi-Fiルーター徹底比較:第1回 サイズ、スタミナ、通信速度の違いは?――基本性能を横並び比較 (2/2)

[小林誠(ゴーズ),ITmedia]
前のページへ 1|2       

約100時間起動できる「Pocket WiFi」

photo Huawei製のPocket WiFi

 イー・モバイルのPocket WiFiはモバイルWi-Fiルーターの火付け役ともいえるモデル。上下の通信速度は他社に劣らないが、問題は「エリアが混雑しているのでは」という点。これは後の回で実際にテストをした際にも触れるが、確かに混雑が疑われた場面があったものの、BF-01Bとほぼ同じようにスムーズに使えた。時間とエリアに少し気をつかう程度だ。

 Pocket WiFiはディスプレイにステータスが表示されるが、操作していないときはすぐに消えて、省エネの工夫が施されていることが分かる。バッテリーが約100時間持つのも納得だ。

 申し込みが必要で従量制となるが、海外ローミングに対応している点も大きい。利用できる国は米国やアジアの各国、欧州など。1回の通信あたり25Kバイトまで50円で、超過分は1Kバイトごとに2円かかる。メール利用が現実的だろうが、使えないよりはよい。また、設定は必要だが海外のSIMを装着できるので、日本国外での利用はSIMを別途用意するのも手だ。

通信速度はナンバーワン――「URoad-7000」

photo シンセイコーポレーション製のURoad-7000

 URoad-7000はWiMAXで通信をするので、速度面ではほかの機器よりも有利だ。さすがに下り40Mbpsの最大速度を出すことはないものの、他社よりも毎回速く、大容量通信にはとても心強い。

 URoad-7000は最大10台の同時接続ができ、2つのSSIDで5台ずつが接続できる。チームで外出して作業をするといったときは、このルーターがあると便利だろう。端末の幅は広いものの、薄いので携帯しやすく、ドコモのBF-01Bほどかさばらない。

 連続通信時間の3.5時間はほかのルーターよりも短く、使用時間の後半はバッテリーが熱くなったのが気になった。

 今回は都内と横浜市中心部で利用したが、どのエリアでも特に問題なくつながった。ただし通信状況のランプを見ると、通信強度が「強」ではなく「中」の場合が多かった。部屋の中にいても、ほんの少しの移動でランプの色が変わる。首都圏はともかく、地方のユーザーはUQのサービスエリアを事前にチェックしておきたい。サービス開始当初と違って、WiMAXの利用可能な範囲は大きく広がっており、人口カバー率は90%に達している。各自治体の中心部ではつながると期待していいだろう。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう