レビュー
» 2012年02月03日 01時00分 公開

写真で解説する「PRADA phone by LG L-02D」初代PRADA phoneとの比較も(2/2 ページ)

[平賀洋一,ITmedia]
前のページへ 1|2       

UIもPRADA Phone仕様にカスタマイズ

 黒を基調にシンプルでスリムなデザインを採用したL-02D。ホーム画面などのユーザー(UI)も、同じくかなり手が入っている。すぐに気がつくのが、アプリアイコンのデザイン。通話やカメラ、アラーム、ギャラリーなど、メーカーが手がけた基本的なアプリのアイコンは、黒を背景にした白抜きデザインのものが採用されている。それ以外のもの、例えばドコモが配信するアプリなどはそのままだ。そのため、PRADA Phone仕様のアイコンと並ぶと、ちょっと違和感がある。

 そこでL-02Dには、アイコンのデザインを変えられる機能が搭載された。アイコンをタップし続けると、アイコンの右上に矢印マークが点灯。ここをタップすると、変更できるアイコンのデザイン一覧が表示される。例えば「Gmail」アプリの場合、よく似たデザインがあるため、そちらに変えておくと統一感が高まる。ドコモのサービスをイメージしたものや、地図やカメラ、クルマなど、汎用性の高いデザインもそろっているので、自分でダウンロードしたアプリでも、アイコンをPRADA Phone仕様に変えることが可能だ。

photophotophotophoto 左から、ロック画面、ホーム画面、メニューをだしたところ、通知画面。ブラックを基調としたデザインで統一

photophotophotophoto ダイヤルキー(写真=左端)やウィジェット(写真=左中、右中、右端)も、端末のイメージにそったカラーになっている

photophotophotophoto プリインストールされたアプリの一覧

photophotophotophoto 「Gmail」のアイコンを変更してみる。まず目的のアイコンを長めにタップし、矢印マークを表示(写真=左端)。アイコンのデザイン一覧から、ふさわしいものを探す(写真=中左、中右)。端末のイメージにあったシックなアイコンになった(写真=右端)

photophotophotophoto 壁紙も黒をイメージしたものや、背面のサフィアーノを再現したものをプリセット(写真=左端、中左)。ホームのサムネイル画面(写真=中右)と、ホーム画面のデザインはシーンに合わせて保存できる(写真=右端)

photophotophotophoto ホーム画面はdocomo Palette UIに変更可能。こちらも少し黒みがかったデザインに変更されている

photophotophotophoto ROMは4Gバイトだがユーザー領域は約2Gバイト(写真=左端)。RAMは1Gバイト。起動するアプリにもよるが、画像はワンセグほかを起動して150Mバイト程度を使っているところ(写真=中左)。日本語入力システムはiWnn IME Ver.2.1.6(写真=中右)。項目は少ないが、ジェスチャー操作も行える(写真=右端)

ワンセグアプリを起動したところ。録画機能はない

カメラアプリのUIは縦横どちらでも表示(動画は横画面のみ)。設定メニューは半透明で表示されるが、画面のほとんどが覆われる

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー