レビュー
» 2015年11月18日 18時20分 公開

いろいろな用途に1台でジャストフィット――ASUS「ZenPad 8.0(Z380KL)」レビュー電話もできます(1/3 ページ)

ASUSの「ZenPad 8.0(Z380KL)」は税別で3万円を切るLTE対応タブレットだ。しかも、この手のものとしては珍しく、音声通話もできる。

[井上翔ITmedia]

 ASUSの「ZenPad 8.0(Z380KL)」(以下、Z380KL)は、その名の通り8型ディスプレイを搭載するAndroidタブレットだ。Wi-Fi(無線LAN)だけではなくLTE/3G/GSMのモバイル通信機能を備え、しかもSIMロックフリーだ。さらに、3G/GSMでの音声通話にも対応している。価格は3万円(税別)前後と、お手頃なことも特徴だ。

 スマートフォン全盛のご時世に生を受けた「音声通話ができるタブレット」であるZ380KLは、誰を想定した機種なのか。実機をレビューしながら考えてみようと思う。タイトルがネタバレ気味な予感もするが、お付き合いいただきたい。

ZenPad 8.0(Z380KL) ASUSのAndroidタブレット「ZenPad 8.0(Z380KL)」(写真はホワイト)

スペックは「ミドルレンジ」 動作は「スムーズ」

 Z380KLのスペックは、いわゆる「ミドルレンジ」(中位)に相当する。プロセッサはQualcommの「Snapdragon 410」で、CPU部は4コア(最大1.2GHz)となる。メインメモリは2Gバイト、内蔵ストレージは16Gバイト搭載している。

 どちらかというとハイエンドなスマホ・タブレットが人気を集める日本の市場では「ちょっと物足りないのでは?」と思われそうなスペックだ。それでも、2年前のハイエンドスマホ・タブレット(Qualcommの「Snapdragon S4 Pro」を搭載する機種)ぐらいの性能はある。そう考えると、Androidスマホ・タブレットの進歩というものはすさまじいものだと改めて実感する。

 ベンチマークテストをしてみると、3D表示はかなりもたつく。しかし、それ以外の表示はむしろスムーズだ。3D表示を多用するゲームでもなければ、それほど問題を感じない。ただし、動画や音楽を大いに楽しみたい場合、ストレージ容量がやや心もとない。幸い、Z380KLにはmicroSDXCスロットが付いているので、microSDカードを別途用意して動画・音楽を保存するようにすればいい。また、「Googleドライブ」の100Gバイトプランを2年間無料で使える権利も付いてくるので、ドキュメントファイルはクラウド保存するようにしておけば、ストレージの節約とデータ共有が両方できて「一石二鳥」だ。

Antutu Benchmarkの結果Geekbenchの結果 「Antutu Benchmark」(写真=左)と「Geek Bench 3」(写真=右)の結果。最新ハイエンドAndroid端末と比べると、数値的には劣るが、2年前のハイエンドAndroid端末と比べるとおおむね同等の性能を有していることが分かる
Googleドライブの100GバイトボーナスmicroSDカードの挿入 ストレージが物足りない場合は、「Googleドライブ」の100Gバイトボーナス(写真=左)やmicroSDカード(写真=右)を活用しよう

絶妙なサイズ感はいろいろな場面で便利

 冒頭で述べたとおり、Z380KLは8型ディスプレイを搭載している。ディスプレイは、視野角の広いIPS液晶を採用し、解像度はWXGA(800×1280ピクセル)、アスペクト(縦横)比は10:16となっている。HD(1280×720ピクセル)の動画を画面いっぱいに表示できる上、画面の向きを問わずビジネス文章も見やすい。

 ボディサイズは123(幅)×209(高さ)×8.5(厚さ)ミリで、重量は350グラムだ。仕事で持ち歩くカバンに入れてもかさばらないし、重みが増える感じもあまりしない。移動中に動画や電子書籍を楽しむ、という使い方にもピッタリだ。手帳タイプのカバーを付ければ、“書籍度”はより増すだろう。

 Z380KLには、GPS/GLONASS、加速度センサー、磁気センサーや電子コンパスなども搭載している。仕事中、あるいは旅行中に目的地までのナビゲーションにも便利に使える。自動車の車内にスマホ用ホルダーを取り付けてZ380KLを固定して使えば、カーナビの代わりにもなる。

 どこにでも持ち運びやすい絶妙なサイズ感と、後述のモバイル通信機能を組み合わせれば、「どこにでも持ち歩けるコンパニオン」的な使い方も可能だ。

HD動画を視聴中電子書籍を読書中 HD動画の視聴(写真=左)や電子書籍の読書(写真=右)どちらにもピッタリなサイズ感

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2023年12月05日 更新
  1. 新型折りたたみスマホがいきなり「実質9840円」/ネットワークTVチューナーの魅力とは? (2023年12月02日)
  2. 「Xiaomi 13T Pro」を“実質24円”で販売できるカラクリ 実は転売ヤー対策として有効も、今後は規制に? (2023年12月02日)
  3. Googleマップの新デザイン、見慣れました? 元デザイナーは苦言を呈しているが、アクセシビリティーの観点からメリットもありそう (2023年12月01日)
  4. NTT法は2025年の通常国会までに「廃止」が「既定路線」か――防衛財源の確保という「建前」はうやむやに (2023年12月03日)
  5. 制裁中なのに5G対応 謎多きスマホ「HUAWEI Mate 60」はどのように製造されたのか (2023年11月30日)
  6. 「端末値引き4万円まで」「白ロム割規制」は12月27日から 電気通信事業法の改正が決定 (2023年11月24日)
  7. KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルなど181者が意見表明 NTT法廃止は「国民の声を十分に聞いたものとはいえない」と批判 (2023年12月04日)
  8. Google、“休眠アカウント”の削除を開始 どうすれば削除されずに済む? (2023年12月02日)
  9. 楽天ペイと楽天ポイントのキャンペーンまとめ【12月4日最新版】 20%還元や全額還元のお得な施策多数 (2023年12月04日)
  10. TVはないけどTVを見たい! いろんなデバイスをTVにできるアイ・オーの「REC-ON」を試してみよう (2023年11月24日)

過去記事カレンダー