ニュース
» 2010年03月29日 11時11分 公開

「これはマジで使えますって」――実用度の高いUSB 3.0対応パーツ古田雄介のアキバPickUp!(3/4 ページ)

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

「かゆいところに手が届きそうで届かない……」――Radeon HD 5550カードなど、そのほかの新製品

Sapphire「HD5550 1G DDR3 PCI-E HDMI/DVI-I/VGA」

 そのほか注目を集めた新製品を2つ紹介したい。まずは、Radeon HD 5000ファミリーの新GPU「HD 5550」を搭載したSapphireの「HD5550 1G DDR3 PCI-E HDMI/DVI-I/VGA」だ。実売価格は1万円弱。

 Radeon HD 5550は、ローエンドのHD 5450とエントリーのHD 5570の間に位置するGPUだ。コアクロックは550MHzとHD 5000ファミリーでは最低ながら、シェーダ数は320、メモリ幅は128ビットで、HD 5570に近い仕様となっている。今回登場したHD5550 1G DDR3 PCI-E HDMI/DVI-I/VGAは、1GバイトのDDR3メモリを搭載するロープロファイル対応カードで、補助電源はなく、ピーク時の消費電力は40ワットになる。

 某ショップは「Radeon HD 5000はすごくバリエーションが多いですが、HD 5570カードとも価格差が2000円程度ですし、HD 5550はすごく微妙な位置付けですね。かゆいところに手が届きそうで届かないというか……。まあ、1万円前後でゲーミング性能がちょっとあるカードを求める人に売れるかもしれません」と感想をもらしていた。

 サプライ品で目立っていたのは、フリーダムの「PCLシリーズ」だ。長さ300ミリのテープ状LEDで、価格は1500円前後。LED側のテープを黒と白でカラーリングした2種類があり、ランプの色には青/赤/白/緑/赤の4種類がある。途中でハサミを入れてカットすることも可能だ。

 同様の製品は、2月中旬にLIAN-LIから「LEDシリーズ」が出回っている。こちらは青と赤の2種類をラインアップしており、価格は2500円前後だ。2モデルの違いについて、ソフマップ秋葉原本館は「LIAN-LI製品のほうが光量が大きいです。テープの見た目が整っているのはフリーダム製。価格差もありますが、PC内部の作業灯として使うならLIAN-LI製、光モノの装飾として使うならフリーダム製がオススメです」。

フリーダム「PCLシリーズ」(写真=左/中央)。左がLIAN-LIの「LEDシリーズ」、右がフリーダムの「PCLシリーズ」(写真=右)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.