ニュース
» 2010年08月16日 11時55分 公開

「お盆は“デカイやつ”が売れますぜ」――2010年お盆のアキバ古田雄介のアキバPickUp!(4/4 ページ)

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

液晶パネル付き水冷キットや7ミリ厚のスリムな2.5インチHDDなど

CoolIT Systems「Vantage A.L.C.」

 そのほかの新製品では、CoolIT Systemsの水冷キット「Vantage A.L.C.」が目立っていた。CPUブロックとラジエーター兼ポンプがあらかじめ組まれた状態で出荷されており、LGA 1366/1156/775とSocket AM3/2に対応する。実売価格は1万5000円弱から1万7000円の間だ。

 CPUブロックの上部にステータス表示が可能な液晶モニターを搭載するのが最大の特徴で、温度やファン回転数、水流速度が把握できるほか、一定の温度を超えたらアラームを鳴らす機能も利用できる。

 ツートップ秋葉原本店は「昨年6月に登場した同社『Domino A.L.C.』の後継といえます。12センチファンのねじ穴を使ってラジエーターを固定できるので、多くのケースで導入できるでしょう。難易度も低いですし、チャレンジしたいという人は多そうです」と語る。

 ストレージ関連の注目株は、日立GSTの2.5インチHDDだ。一般的な9.5ミリ厚より薄い7ミリのスリムな筐体を採用し、7200rpmで16Mバイトバッファの「Z7K320」シリーズと、5400rpmで8Mバイトバッファの「Z5K320」シリーズの2種類が出回っている。各シリーズのラインアップは320Gバイトモデルと160Gバイトモデルの2種類だ。Z7K320シリーズの価格は320Gバイトモデルが5000円強で、160Gバイトモデルが4500円弱。Z5K320シリーズは320Gバイトモデルが4500円弱、160Gバイトモデルが4000円弱となる。TSUKUMO eX.は「SSDなどで7ミリ厚の2.5インチドライブはありますが、HDDだと珍しいですね。小型PCでニーズがありそう」と話していた。

 なお、日立GSTのドライブとしては、ほかにもリテールパッケージのポータブルHDDがデビューしている。500Gバイトの「0S02877」が8500円弱、320Gバイトの「0S02876」が7000円弱。ともにUSB 2.0で接続する仕様だ。

日立GSTの7ミリ厚ドライブ(写真=左)。左の9.5ミリ厚ドライブと比較したところ(写真=中央)。日立GST「0S02877」と「0S02876」(写真=右)

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.