ニュース
» 2012年07月28日 05時00分 公開

週末アキバ特価リポート:「SSDの主戦場になる」――プレクの256GバイトSSDが1万5000円台に (2/2)

[古田雄介(ぜせ),ITmedia]
前のページへ 1|2       

「ようやく正常化したのかも」――3TバイトHDDが台数限定で1万円切り!

パソコンショップ・アークのHDD特価

 SSDと同時に、大容量HDDの価格にも注目したい。パソコンショップ・アークは7月29日まで毎日20台限定で、ウエスタンデジタルの3TバイトHDD「WD Caviar Green WD30EZRX」を9980円で販売中だ。「3TバイトHDDがここまで安くなるのはかなり久しぶりだと思います。大容量ストレージを確保したい人は、是非買っていってください」と語る。なお、購入は1人1台まで。

 また、ツートップ秋葉原本店では、同じくWD Caviar Greenシリーズに属する2Tバイトモデル「WD20EARX」が7870円となっていた。「最近のHDDは、かなり安定して安くなっている印象がありますね。買い控えの空気感もほとんどなくなっている気もしないでもないです」と話す。

 ちなみに、ウエスタンデジタルは、HDDの最新ラインアップのシリーズ名から“Caviar”を外して、「WD Green」「WD Black」などと表記しているが、名称変更と今回の特価は無関係とみる向きがほとんどだ。

 PC DIY SHOP FreeTは「HD Greenなどの登場時期は未定ですし、おそらく普通に併売すると思います。最近同社の大容量HDDが安いのは、単純にタイ洪水の影響を十分に脱したからだと思いますね。工場だけでなく市場的にもようやく正常化したということかもしれません」と話していた。

ツートップ秋葉原本店のドア付近にある特価ポスター(写真=左)。2011年11月ごろ、PC DIY SHOP FreeTで撮影したHDD価格表。タイ洪水の影響を受け、一部のHDDの価格が「時価」と表記されていた(写真=右)

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう