ニュース
» 2016年06月13日 15時32分 公開

古田雄介のアキバPickUp!:GeForce GTX 1070カード登場! 盛り上がりのピークはお盆前? (4/4)

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

Broadwell-E対応のエントリーマザーや白いSABERTOOTHマザーがASUSTeKから

 ASUSTeKからはマザーボードの新製品が複数登場している。Broadwell-E対応のX99マザー「X99-E」は付加機能を控えめにすることで価格を抑えており、同社からこれまで登場した「X99-DELUXE II」(税込み6万円強)や「X99-A II」(同4万1000円前後)「STRIX X99 GAMING」(同4万5000円前後)よりも安い同3万6000円弱で出回っている。

 某ショップは「シンプルにBroadwell-Eを使いたい人向け……といいつつ、イルミネーション機能(Aura)やOC Socketを搭載するなど、メーカー独自のプラスアルファは楽しめます。まあ、安い側の選択肢が増えたということですね」と解説していた。

ASUSTeK「X99-E」

 Z170マザーとしては、「SABERTOOTH Z170 S」が登場している。耐久性を高めたTUFシリーズに属するATXマザーで、価格は同3万円前後。基板全体が白い迷彩柄になっているのが特徴だ。

 Z170チップセットを搭載するTUFシリーズとしては、2015年11月に「SABERTOOTH Z170 MARK 1」(同4万2000円前後)が売り出されているが、今回のSABERTOOTH Z170 Sはアーマーがなく、PCI Express x4接続のM.2増設カード「HYPER M.2 X4 MINI CARD」などの付属品も同梱しない。

 TSUKUMO eX.は「シンプルに高耐久を求める人と、白迷彩で魅せるマシンを組みたい人のどちらにもおすすめですね」とプッシュしていた。

ASUSTeK「SABERTOOTH Z170 S」

2015年11月から出回っている「SABERTOOTH Z170 MARK 1」

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう