キーワードを探す
検索

「HyperTransport」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

インテルは、2009年3月末(日本では4月)に「Nehalem」という開発コード名で呼ばれていた新しいプロセッサ「Xeon 5500番台」(Nehalem-EP)の発表すると予測されている。これを機にサーバ製品のラインアップを更改するベンダーも多く、またIBMによるSun買収報道が出るなど、ベンダー同士が合従連衡する動きも活発化してきた――。

()

AMDでは、「Istanbul」のコードネームで呼ばれる同社初の6コアプロセッサを今年下半期にリリースする予定だ。Intelの6コアXeonチップへの対抗を狙う。AMDの新プロセッサは、現行の45nmのAMD Opteronプロセッサと共通のソケットを採用する。

()

パソコン向けとして広く認知されてきたx86系プロセッサ。これが、最近では組み込み機器においても検討の俎上に載るようになってきている。実際、Intel社やAMD社、VIA社らは、組み込み機器をターゲットとしたx86系製品をいくつも提供している。本稿では、この3社の過去、現在、そして将来の動向を基に、組み込み分野におけるx86系プロセッサの可能性を探ってみたい。

()

AMDが、事業再編を進めるTransmetaに、750万ドルの出資を行った。

()

12月5日、AMDはOpteronプロセッサを中心とした最新のソリューションおよび成功事例などを紹介する初の企業向けイベント、「AMD Ignite Tour 2006 〜Discover and Accelerate〜」を開催した。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る