ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「AQUOS PHONE Xx 302SH」最新記事一覧

シャープの過去機種でも利用できる「エモパーLite」、提供開始
スマートフォンから話しかけてくれるシャープの「エモパー」が、Android 4.1以上の過去機種でも利用可能になった。Google Playで「エモパーLite」を入手すればよい。(2015/3/31)

gooスマホ部:
LINEのアドレス登録をせずに機種変更した場合は?
どうなりますか?(2014/11/11)

開発陣に聞く「AQUOS CRYSTAL」:
この感動を多くの人に伝えたい――AQUOS CRYSTALの“フレームレス構造”に賭けたシャープの本気
フレームレス構造を取り入れた液晶パネルは、実は3年前にサンプル品を開発していた。その時点で「商品化は難しい」という判断になったが、「この感動を伝えたい」という熱意で再び開発に着手し、完成したのが「AQUOS CRYSTAL」だ。同モデル開発の舞台裏をシャープに聞いた。(2014/10/6)

2つの“クリスタル”とは?:
写真で解説する「AQUOS CRYSTAL」
極限までディスプレイのフレームをなくし、サウンド面も強化したシャープ製の新型スマートフォン「AQUOS CRYSTAL」。ソフトバンクモバイルとSprintとの共同開発で注目を集めている同モデルの見どころをお伝えしよう。(2014/8/18)

ソフトバンク、月額370円で人気アプリが使い放題のスマホ向けサービス「App Pass」を8月29日より提供
ソフトバンクモバイルと米Sprintは、Androidスマホ向けに月額370円で総額4万円以上のアプリが使い放題になる定額サービス「App Pass」を8月29日から提供する。(2014/8/18)

「AQUOS PHONE Xx 302SH」一言レビューまとめ
(2014/7/1)

開発陣に聞くシャープ夏モデル(au編):
生産工程を変えて実現したディスプレイ面の加色――「AQUOS SERIE SHL25」の秘密を聞く
“EDGEST”スタイルのハイスペック端末「AQUOS SERIE SHL25」が、KDDIから発売された。新開発のバックライト「PureLED」やIGZO液晶を搭載し、EDGESTならではの楽しさを味わえる。それに加え、AQUOS SERIEだけが採用した前面加色も興味深い。開発陣に、AQUOS SERIEならではの特徴を中心に話を聞いた。(2014/6/20)

今日から始めるAndroid:
キャリアメールを使いこなそう!―――ソフトバンク編
ソフトバンクの「S!メール」はWi-Fiでも受信できるのが利点。全機種共通の「SoftBankメール」というキャリアメール専用アプリも提供されているが、一部機種には対応していないので注意しよう。(2014/6/16)

「AQUOS Xx 304SH」の“ここ”が知りたい 第3回:
カメラはどう進化した? 「かざして翻訳」ってどんなもの?――「AQUOS Xx 304SH」
日々進化するスマホのカメラ。「AQUOS Xx 304SH」のカメラは性能がアップするだけでなく、「キレイに撮るための構図をアドバイスする」「外国語を翻訳する」などの機能も追加されている。(2014/6/6)

「AQUOS Xx 304SH」の“ここ”が知りたい 第2回:
バッテリーは本当に3日以上持つ?――「AQUOS Xx 304SH」
ソフトバンクの5型クラスでは初のIGZO液晶モデル「AQUOS Xx 304SH」。新開発のバックライト「PureLED」や“3日間以上”持つというバッテリー性能をチェックした。(2014/6/4)

「AQUOS Xx 304SH」の“ここ”が知りたい 第1回:
5.2型「EDGEST」は片手でも操作しやすい?――「AQUOS Xx 304SH」
ソフトバンクの夏モデルスマホ「AQUOS Xx 304SH」。5.2型のフルHD IGZO液晶を搭載するボディは、シャープ独自の「EDGEST」デザインによる3辺狭額縁設計が特徴だ。その持ちやすさをチェックした。(2014/6/2)

いいね!をもらえるカメラとは?:
PR:見て、触って、使って納得――ブロガーを魅了した“AQUOS”夏モデル(AQUOS Xx SoftBank 304SH編)
ITmediaで開催された新しい「AQUOS」3機種のブロガーイベント。参加者はソフトバンクの「AQUOS Xx SoftBank 304SH」に搭載された最新のカメラ機能に触れ、どんな反応を示したのだろうか。(2014/6/2)

開発陣に聞くシャープ夏モデル(ソフトバンク編):
EDGESTに“IGZO”と“高品位”をプラス――「AQUOS Xx 304SH」が提供する新しい価値
発表会を行わなかったソフトバンクから、唯一、夏モデルとして発売されたシャープ製スマートフォン「AQUOS Xx 304SH」。3辺狭額縁のEDGESTスタイルを継承するモデルだが、前機種からどのように進化したのか。開発陣にコンセプトや進化点をうかがった。(2014/5/28)

開発陣に聞くシャープ夏モデル(ドコモ編):
“EDGEST”をシャープの記号に――「AQUOS ZETA SH-04F」「AQUOS PAD SH-06F」で目指したもの
シャープはドコモ向けの2014年夏モデルに、スマートフォン2機種、タブレット1機種、フィーチャーフォン1機種の計4機種を提供している。フラッグシップモデルのAQUOS ZETAを中心に、ラインアップ全体と各機種のコンセプト、デザインについて開発陣に話を聞いた。(2014/5/23)

PR:EDGEST×IGZOでリッチな体験を――「AQUOS Xx SoftBank 304SH」が切り開く新しい世界
2013年冬モデルの「AQUOS PHONE Xx SoftBank 302SH」をベースに、ディスプレイやカメラが大きく進化した夏モデルの「AQUOS Xx SoftBank 304SH」。メタルフレームを採用したことで、デザインも洗練された。主な見どころをチェックしていこう。(2014/5/8)

ドコモが2カ月ぶりに純増1位、MNPはKDDIが盤石の首位――2014年2月契約数
電気通信事業者協会(TCA)が2014年2月末時点の携帯電話各社の契約数情報を発表。純増はドコモが、MNPはKDDIが学割商戦の中間点をトップで折り返した。(2014/3/7)

今回もソフトバンクが最速を記録――MMDの47都道府県340カ所スマホ通信速度調査
MMD研究所が、各キャリアのiPhone 5sとAndroid端末で47都道府県340カ所の通信速度調査を実施。12月の主要7都市の通信速度調査と同じく、両端末ともソフトバンクが最速となった。(2014/3/7)

iPhone/Androidともにドコモが優位――イードが四国4県のスマホ速度実測調査を実施
イードが、四国4県におけるiPhone/Android端末の速度実測調査を実施。下り平均速度はいずれもドコモが優位という結果だった。(2014/2/28)

PR:最新AQUOS PHONE×DTSサウンドを体験――スノーボードイベント「TOYOTA BIG AIR 2014」
2月22日〜23日に、札幌ドームでスノーボードイベント「TOYOTA BIG AIR 2014」が開催された。会場内には最新の音響技術「DTS Sound」を搭載したAQUOS PHONEを体験できるブースが登場。来場者はどんな感想を持ったのだろうか?(2014/2/27)

最新スマートフォン徹底比較(2013冬-2014春モデル編):
5インチ以上でも小さくて軽い機種は?――冬春スマートフォン28機種を比較
いよいよ出そろった、2013年冬〜2014年春モデル。5キャリアのスマートフォンにiPhone 5s/5cを加えると、その数は28機種にも及ぶ。あらためて、28機種のスペックを見比べていきたい。今回はサイズと重さをチェックした。(2014/2/23)

機種変は1万円還元:
ソフトバンク、冬モデル3機種を実質0円に――新規契約・MNPが対象
ソフトバンクは、「AQUOS PHONE Xx mini 303SH」「AQUOS PHONE Xx 302SH」「ARROWS A 301F」を実質0円で販売する。新規契約・MNPが対象で、機種変更の場合も1万円を還元する。(2014/2/21)

最新のAQUOS PHONEも体験できる――2月22〜23日に「トヨタ・ビッグ・エア」開催
スノーボードストレートジャンプ競技大会「第18回トヨタ・ビッグ・エア」が2月22〜23日に札幌ドームで開催される。会場ではシャープのAQUOS PHONEでDTS Soundを体験できる。(2014/2/18)

ハイスペック:
ディズニーモバイル、スマホの新モデル「DM016SH」を1月24日に発売
ウォルト・ディズニー・ジャパンは、1月24日にスマホの新モデル「DM016SH」を発売する。事前予約をするとオリジナルケースが2つもらえる。(2014/1/17)

ドコモ、24カ月ぶりに純増数トップ MNPはKDDIが27カ月連続1位――2013年12月契約数
電気通信事業者協会(TCA)が2013年12月末時点での携帯電話各社の契約数情報を発表。純増数ではドコモが24カ月ぶりに首位となり、MNPはKDDIが27カ月連続でトップを飾った。(2014/1/10)

ITmediaスタッフが選ぶ、2013年の“注目端末&トピック”(編集部田中編):
五感ならぬ“三感”に訴えるスマートフォンに満足した2013年
2013年に「うおお!」と感動するスマートフォンはどれだけあったのだろうか。筆者が個人的に気に入ったモデルを選びたい。一番印象に残ったのは、「触覚」「視覚」「聴覚」を満たしてくれたスマートフォンだった。(2013/12/31)

年末・年始特別企画:
【お知らせ】2013年に買ったスマホ・ケータイの「良い点」「悪い点」を教えてください
ITmedia Mobileでは、2013年にスマートフォン・ケータイを購入した方を対象に、端末に関するアンケートを実施しています。使っていて感じた「良い点」「悪い点」をお聞かせください。(2013/12/27)

沖縄最速はドコモ端末――イードのスマホ通信速度実測調査
イードは、沖縄県内の商業施設ほか55カ所で携帯電話主要3キャリアのスマートフォン速度実測調査を実施そた。最速はNTTドコモのiPhone 5cとなった。(2013/12/26)

東名阪100地点でiPhone 5s/Android端末のラッシュアワー通信速度を調査――最速キャリアは?
クロス・マーケティングによるiPhone 5c/Android端末の「ラッシュアワー通信速度調査(東名阪100地点)」が発表された。通信速度・WEB表示時間共に最も速いキャリアはソフトバンクとなった。(2013/12/25)

スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2013:
2013年を代表するスマートフォン、発表!
モバイル業界やPC業界の動向を追いかけ、Webや紙媒体の各誌で活躍する10人のジャーナリスト・ライター各氏に、2013年を代表するスマートフォンを、「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2013」として選出してもらった。(2013/12/24)

石野純也のMobile Eye(2013年総括編):
激化するLTE競争/3社から出そろったiPhone/14年に登場を控えた第3のOS――2013年を振り返る
今回は年内最後の連載ということもあり、2013年のモバイルニュースを総括していく。モバイル業界全体のトレンドをざっとつかめるよう、「LTE」「iPhone」「第3のOS」に焦点を当てて振り返っていきたい。(2013/12/20)

スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2013:
2013年を代表するスマートフォンとしてノミネートされた10機種は!?
ITmedia Mobile、ITmedia REVIEWと週刊アスキーPLUSが、各誌で活躍するジャーナリスト・ライター各氏とともに、2013年を代表する「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2013」を選出する。これに先立ち、最終選考の候補に挙がったノミネート端末10機種を紹介する。(2013/12/20)

ITmediaスタッフが選ぶ、2013年の“注目端末&トピック”(ライター房野編):
2画面スマホのNECに、3辺狭額縁技術を見せたシャープ――日本メーカーが頑張った1年
2013年は、スマホ事業から撤退したNECカシオの2画面スマホや、シャープの3辺狭額縁端末など、日本メーカーが作る端末が印象に残る1年だった。(2013/12/20)

「AndroidとiPhone 5s、最速はソフトバンク」――MMDの主要7都市スマホ通信速度調査
MMD研究所が、各キャリアから発売となったAndroid端末の冬モデルとiPhone 5sを使用した全国主要7都市の通信速度調査を実施。両端末ともにソフトバンクが最速だった。(2013/12/16)

THE EDGEST STYLE:
PR:「AQUOS PHONE Xx SoftBank 302SH」の全身ディスプレイを体感せよ
シャープが「EDGEST」と名付けた3辺狭額縁デザインの「AQUOS PHONE Xx SoftBank 302SH」。特にカメラを使うと、コンパクトボディに搭載された5.2インチフルHD液晶をフルに楽しめる。(2013/12/13)

ソフトバンクBB、「AQUOS PHONE Xx 302SH」「ARROWS A 301F」の専用ケースや液晶保護フィルムを発売
ソフトバンクBBは、「AQUOS PHONE Xx 302SH」と「ARROWS A 301F」の発売に合わせ、専用アクセサリーとしてケースや液晶保護フィルムを「SoftBank SELECTION」ブランドから12月6日に発売する。(2013/12/4)

ソフトバンク、3辺狭額縁5.2インチ液晶を搭載した「AQUOS PHONE Xx 302SH」を12月6日に発売
ソフトバンクモバイルは、2013年冬春モデルのフラッグシップ端末となるシャープ製「AQUOS PHONE Xx 302SH」を12月6日に発売する。(2013/12/4)

ソフトバンク、LTE国際ローミングをスイス、フィリピン、香港で開始
ソフトバンクモバイルは11月29日、LTE国際ローミングのエリアにスイス、フィリピン、香港を追加した。(2013/11/29)

PR:新スタイルのスマートフォン「AQUOS PHONE Xx SoftBank 302SH」はココが進化した!
5.2インチの大型ディスプレイを搭載しながら、ディスプレイ面の3辺の縁を細くする狭額縁の設計技術により、幅をギリギリまで抑えたスマートフォン「AQUOS PHONE Xx SoftBank 302SH」。その新しいスタイルはもちろん、カメラや通信関連の機能も大きく進化している。302SHの魅力をレビューしていこう。(2013/12/6)

事前予約で最大1万円の還元:
ソフトバンク、冬モデル2機種を実質0円で販売 さらに予約でポイントを付与
ソフトバンクは、「AQUOS PHONE Xx 302SH」「ARROWS A 301F」の実質負担額を0円で販売すると発表した。また事前予約で最大1万円相当のポイントも還元する。(2013/11/22)

IGZOの“ノウハウ”が強み:
2014年度、国内市場でAndroid端末ナンバーワンメーカーを目指す――シャープ
シャープはこの冬(一部は春)商戦で、計7機種のスマートフォンを投入する。これらの新機種でシャープが重点的に取り組んできたことは「7つ」ある。そして11月7日の説明会では、2014年度に国内でAndroid端末ナンバーワンメーカーを目指す――という目標も明かした。(2013/11/9)

石野純也のMobile Eye(10月28日〜11月8日):
イー・アクセス版「Nexus 5」の狙い/LG「isai」の開発経緯/シャープスマホの強み
今回の連載では端末に焦点を当て、11月1日に発表された「Nexus 5」のイー・アクセス版、KDDIとLGエレクトロニクスが共同開発した「isai」、そしてシャープ冬モデルの狙いについて、解説していきたい。(2013/11/9)

冬春モデルで最も人気が高いスマートフォンは?――ウェブレッジが調査
ウェブレッジが、2013〜14年の冬春モデルスマートフォンの人気ランキングを発表。NTTドコモ・au・ソフトバンク3社の合計20機種のうち、最も人気を集めたのは「AQUOS PHONE ZETA SH-01F」だった。(2013/11/6)

石野純也のMobile Eye(9月30日〜10月11日):
ドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルの冬春モデル戦略を読み解く
この2週間はドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルから冬春モデル(KDDIは冬モデルのみ)が発表され、モバイル業界は大いに賑わった。端末に加え、ネットワーク、サービス、料金にも焦点が当たりやすくなった。今回は3社の戦略をまとめた。(2013/10/13)

写真で解説する「AQUOS PHONE Xx 302SH」
5.2インチフルHDディスプレイを搭載したシャープ製の「AQUOS PHONE Xx 302SH」は、ソフトバンクの2013年冬春モデルの中ではハイエンドクラスに位置付けられる。3辺狭額縁設計や2日以上使えるバッテリー駆動が特徴だ。(2013/10/3)

ハハッ! ハイエンドなのさ:
ディズニーモバイル、5.2インチフルHD+2.2GHzクアッドコア搭載の「DM016SH」
ウォルト・ディズニー・ジャパンは、Disney Mobile on SoftBankの新機種として、AQUOS PHONE Xx 302SHベースのハイエンドモデル「DM016SH」を発表した。(2013/9/30)

Hybrid 4G LTE対応:
4.5インチで幅63ミリ、IGZO搭載のコンパクトスマホ――「AQUOS PHONE Xx mini 303SH」
ソフトバンクモバイルの2013年冬春モデルの「AQUOS PHONE Xx mini 303SH」は、フラッグシップモデルの302SHに相当する性能を発揮する、コンパクトなスマートフォンだ。(2013/9/30)

Hybrid 4G LTE対応:
3辺狭額縁+5.2インチフルHD液晶搭載、フルセグ視聴もできる「AQUOS PHONE Xx 302SH」
ソフトバンク 2013年度冬春モデルフラッグシップモデルとなるのが、シャープ製の「AQUOS PHONE Xx 302SH」だ。3辺狭額縁設計でディスプレイの大型化とボディの小型化を両立した。(2013/9/30)

ソフトバンクモバイル、2013年度冬春モデルを発表――「Hybrid 4G LTE」対応スマホが登場
ソフトバンクモバイルが、2013年冬モデルと2014年春モデルを発表した。スマートフォンの新製品4機種は、AXGPとFDD-LTEをサポートする「Hybrid 4G LTE」に対応している。フィーチャーフォン2機種とモバイルWi-Fiルーター1機種も発売する。(2013/9/30)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。