ニュース
» 2013年09月30日 15時06分 UPDATE

ソフトバンクモバイル、2013年度冬春モデルを発表――「Hybrid 4G LTE」対応スマホが登場

ソフトバンクモバイルが、2013年冬モデルと2014年春モデルを発表した。スマートフォンの新製品4機種は、AXGPとFDD-LTEをサポートする「Hybrid 4G LTE」に対応している。フィーチャーフォン2機種とモバイルWi-Fiルーター1機種も発売する。

[田中聡,ITmedia]
孫正義氏 久々に公の場に姿を現したソフトバンクモバイルの孫正義社長

 ソフトバンクモバイルが9月30日、2013年冬商戦と2014年春商戦向けの新機種と新サービスを発表した。ラインアップはAndroidスマートフォン4機種、フィーチャーフォン2機種、モバイルWi-Fiルーター1機種の構成だ。

 スマートフォンは、3辺狭額縁の5.2インチディスプレイやF1.9の16.3Mピクセルカメラを搭載する「AQUOS PHONE Xx 302SH」(シャープ製)、同じく3辺狭額縁設計で4.5インチIGZOディスプレイを搭載、幅63.2ミリを実現した「AQUOS PHONE Xx mini 303SH」(シャープ製)、10分の充電で1日、フル充電で3日使える急速充電に対応する「ARROWS A 301F」(富士通モバイルコミュニケーションズ製)、302SHと同スペックの高性能なDisney Mobile端末「DM016SH」をそろえた。302SH、301F、DM016SHはフルセグに対応。OSはいずれもAndroid 4.2を採用している。

photo 左から「AQUOS PHONE Xx 302SH」「AQUOS PHONE Xx mini 303SH」「ARROWS A 301F」
photophoto 「ソフトバンク発表会のレギュラー」を自称するスギちゃんが“Hybrid 4G LTE”のコスプレで登場(写真=右)

 4機種とも従来のSoftBank 4G(AXGP)に加え、ソフトバンクの「iPhone 5s」や「iPhone 5c」と同じSoftBank 4G LTE(FDD-LTE)を利用できる「Hybrid 4G LTE」をサポートするのが大きな特徴だ。また、AXGPの通信速度は従来の下り最大76Mbpsから下り最大110Mbpsに向上している。AXGPとFDD-LTEの両方がカバーする場所にいる場合、AXGPの電波を優先的につかむ。なお、パケット通信の料金サービスについては、後日あらためて発表する予定。

倍速ダブルLTEHybrid 4G LTEトリプルLTE イー・アクセスの1.7GHz帯を活用した「ダブルLTE」により、実行速度が大幅に上がったという。2014年春以降は900MHz帯にもLTEを導入し、トリプルLTEへとパワーアップするとアピール

 フィーチャーフォンは、1210万画素の裏面照射型CMOSセンサーを搭載したハイスペックな「THE PREMIUM10 WATERPROOF 301SH」(シャープ製)、3.4インチのディスプレイに防水仕様を施した8色の「COLOR LIFE4 WATERPROOF 301P」(パナソニック モバイルコミュニケーションズ製)を投入する。

photophoto 左から「THE PREMIUM10 WATERPROOF 301SH」「COLOR LIFE4 WATERPROOF 301P」(写真=左)。モバイルWi-Fiルーター「301HW」(写真=右)

 モバイルWi-Fiルーターは、下り最大110MbpsのSoftBank 4G、下り最大42MbpsのULTRA SPEEDと、イー・アクセスが提供する下り最大75MbpsのFDD-LTE、下り最大21MbpsのHSPA+に対応する「301HW」(Huawei製)を用意。名刺サイズのコンパクトなボディに、タッチパネル対応の2.4インチQVGAディスプレイを搭載した。

photophoto 女子重量挙げでロンドンオリンピック銀メダリストの三宅宏実さんもゲストで登場(写真=左)。なぜかスギちゃんも重量挙げ(?)でスマート体組成計をPR(写真=右)

 ソフトバンク ヘルスケアの第2弾として、3G通信機能を内蔵した「スマート体組成計 301SI」を2014年2月中旬以降に提供する。体組成計で計測したデータをスマホ向けアプリやPCのWebブラウザで閲覧したり、体組成計に乗ると体重と体脂肪率をSMSで送信したりできる。月額基本使用料は619円。スマートフォンを活用した子育て支援サービス「子育てサポート」も2014年1月下旬以降に提供する。

photophoto
ソフトバンク 2013年冬−2014年春モデルの主な特徴
機種名 特徴 詳細記事 写真記事
AQUOS PHONE Xx 302SH 3辺に極限まで狭額縁設計を採用したことで、世界最高のディスプレイ占有率(80.5%)を実現した。5.2インチフルHD液晶、カメラをかざすだけで英語から日本語に翻訳できる「翻訳ファインダー」、F1.9の16.3Mピクセルカメラを搭載している。スマホの本体色に合わせた卓上ホルダを同梱する。12月上旬以降発売予定。 詳細記事 写真記事
AQUOS PHONE Xx mini 303SH 302SHと同じく3辺狭額縁設計を採用しており、4.5インチながら、幅63.2ミリを実現。ディスプレイ解像度はフルHD、プロセッサーは2.2GHzクアッドコアなど、スペックも高い。カラーは豊富な8色をラインアップする。IGZOディスプレイを搭載することで、2日以上のバッテリー持ちを実現したという。2014年2月下旬以降発売予定。 詳細記事
ARROWS A 301F 同梱の卓上ホルダとACアダプターを使うことで、10分間の充電で1日間、フル充電で3日間使える急速充電に対応。カメラも進化し、光量がアップしたインテリジェントフラッシュやHDRムービーなどに対応した。指紋認証機能も継承。デザインは丸みを帯びた形状になった。12月上旬以降発売予定。 詳細記事 写真記事
DM016SH 302SHをベースにしたハイエンドなDisney Mobileスマートフォン。3辺狭額縁設計の5.2インチフルHD液晶、1630万画素カメラ、2600mAhの大容量バッテリーを備える。多数のディズにキャラクターが登場するライブ壁紙をプリセット。デザインと連動したオリジナルケースを購入者にプレゼントする。 詳細記事
THE PREMIUM10 WATERPROOF 301SH 上質なデザインにこだわった防水ケータイ。1210万画素の裏面照射型CMOSセンサーを備え、HDムービーも撮影できる。おサイフケータイ、ワンセグ、防水、Bluetooth、緊急速報メールなどにも対応。900MHz帯のプラチナバンドもサポートする。11月下旬以降発売。 詳細記事
COLOR LIFE4 WATERPROOF 301P フルワイドVGA表示対応の3.4インチという103Pより大きなディスプレイ、インテリジェントオート対応の5.1Mピクセルカメラを搭載したフィーチャーフォン。防水・防塵にも新たに対応した。見やすくて押しやすいボタンを搭載したほか、手になじみやすいラウンドフォルムを採用した。2014年1月下旬以降発売予定。 詳細記事
Pocket WiFi 301HW 下り最大110MbpsのSoftBank 4Gと、下り最大75MbpsのEMOBILE LTEに対応したモバイルWi-Fiルーター。名刺サイズのコンパクトボディや、5秒の高速起動が特徴。タッチパネル対応の2.4インチQVGAディスプレイも搭載した。12月以降発売予定。 詳細記事

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.