ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  3

「3Dメガネ」最新記事一覧

-こちらもご覧ください-
飛び出す3D特集 - ITmedia LifeStyle

4Kもワイヤレス! エプソンが初の4K/HDR対応プロジェクター「EH-TW8300/W」を発表
エプソンが3LCD方式のホームプロジェクター「EH-TW8300」「EH-TW8300W」を発表した。同社として初めて4KとHDRの両方に対応したホームシアターモデルだ。(2016/7/21)

Bluetoothで音声を出力できるプロジェクター、エプソン「EH-TW6700/W」登場
エプソンが3LCD方式のホームプロジェクター「EH-TW6700」およびワイヤレスモデルの「EH-TW6700W」を9月に発売する。3000lm(ルーメン)の明るい画面が特徴で、窓のあるリビングルームでもくっきりとした映像を楽しめる。(2016/7/21)

早速ツッコミ力が試されている……! 実写映画の「銀魂」公式サイトのデザインがリロードするたびに変わる
そうきたか……!(2016/7/1)

メルマガバックナンバー:
モノづくり総合版 メールマガジン 2016/06/30
「EE Times Japan」「EDN Japan」「MONOist」編集部が毎週木曜日にお届けしている『モノづくり総合版 メールマガジン』の内容をご紹介!(メルマガ配信日:2016年6月30日)(2016/7/1)

モノづくり総合版 メルマガ 編集後記:
「見えるぞ! 私にも○○が見える!」まとめ
ぼちぼち増えてきたのでまとめてみましたが、需要があるのかは不明です。(2016/6/30)

ゲームだけじゃない:
AV機器としての「PS VR」の魅力と課題
「PS VR」はゲームをしないオーディオ・ビジュアルファンの心もつかめるのか。動画視聴に焦点を当ててその可能性を考えてみたい。(2016/6/22)

藤原竜也「川崎のコストコの上に光る物体を見た。あれはUFO」
映画「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」のイベントで止めどない宇宙愛。(2016/6/10)

曲面型も:
LG、4K対応の有機ELテレビ3機種を5月27日に発売
LGエレクトロニクス・ジャパンは4K有機ELテレビ(OLED)テレビ2シリーズ3機種を5月27日に発売する。市場想定価格は47万円前後から。(2016/5/25)

「シドニアの騎士」がHDRに:
ドルビービジョン対応の4K有機ELテレビ、LGエレクトロニクスから登場――夏には普及価格帯のモデルも
LGエレクトロニクスの新しい有機ELテレビは米DolbyのHDR技術「Dolby Vision」までサポート。自発光ならではの漆黒表現や階調性を生かす。また発表会に登壇したNetflixのグレッグ・ピーターズ社長は、初のHDR対応アニメ「シドニアの騎士」を配信することを明らかにした。(2016/4/13)

「Oculus Rift」をiFixitが解剖 イヤピースとフェイスパッドは交換可能
VR HMD「Oculus Rift」をiFixitが分解した。修理しやすさは10点満点中7点だった。(2016/3/31)

センスが問われます:
色を塗ると絵が飛び出す“3Dぬり絵”
KADOKAWAがクロマデプス方式の立体視を活用した3Dぬり絵ブックを発売。色の塗り方で立体感が変わる。(2015/12/3)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
8Kは立体テレビ!? 解像度と立体感の蜜月関係
8Kウォッチャーの麻倉怜士氏は、NHK放送技術研究所で行われた解像度と立体感の関係性に関する実験で、非常に興味深いものを見つけたという。今まで“なんとなく”感じていた高解像度の恩恵を解き明かす実験とは?(2015/12/2)

東京ゲームショウ2015:
人が、物が、目の前に迫り来る 「攻殻機動隊 Virtual Reality Diver」の没入感が高すぎて体が震える
体が動く動く。(2015/9/17)

ソニーが4Kプロジェクターのラインアップを強化――HDR対応の「VPL-VW515」とリビング向けの「VPL-VW315」を発表
ソニーは、HDR信号に対応した4Kプロジェクター「VPL-VW515」などプロジェクター新製品3機種を発表した。従来機「VPL-VW500ES」のラインは2つに分け、より幅広い層を取り込もうとしている。(2015/9/4)

10万円で“非日常”へ――エプソンが3D対応プロジェクター「EH-TW5350S」を発売
エプソンが“dreamio”(ドリーミオ)の新製品として手軽なフルHDプロジェクターを投入する。スマートフォンやタブレットとの連携も強化。「若い人にも大画面を手軽に体験してほしい」という。(2015/8/20)

女性向け「おうち専用眼鏡」JINSが発売 部屋着をイメージ
女性向けの“おうち専用眼鏡”をJINSが発売。外ではコンタクトレンズ、自宅では眼鏡を使用する女性がターゲットだ。(2015/8/10)

しかも4K:
LGエレ、国内市場では初の“曲面”有機ELテレビ「65EG9600」を8月7日に発売
LGエレクトロニクス・ジャパンは、日本市場では初となる曲面ディスプレイを搭載した有機ELテレビ「LG OLED TV」の65V型モデル「65EG9600」を発売する。(2015/7/30)

LGエレが4Kテレビを拡充、エントリーモデル「UF6900」シリーズなど4機種を追加
LGエレクトロニクス・ジャパンは7月28日、4Kテレビのエントリーモデル「UF6900」シリーズなど4機種を発表した。(2015/7/28)

空間を写し撮れるカメラ「LYTRO ILLUM」がバージョンアップ 大幅な機能向上を実現
撮った後でピント位置や絞り(被写界深度)が変更できるユニークなカメラ「LYTRO ILLUM」の機能を強化する新ファームウェア、ILLUM 2.0がリリースされた。現像ソフトLYTRO Desktop 4.3も配信を開始している。(2015/7/13)

クリスティ・デジタル・システムズ:
120Hzで動作する4K 3DLPプロジェクタ、小型化かつ全方向の利用を実現
クリスティ・デジタル・システムズは2015年6月、4K 3DLPプロジェクタ「Christie Mirage 304K」を発表した。従来モデルから小型化を実現した上で、120Hzでの動作、4K 3DLP、全方向利用が可能な製品は世界初だという。(2015/6/29)

少年サッカー指導者は装着必須 「キャプテン翼」のロベルト本郷のサングラスが商品化されたぞ!
「翼よ、おれのサングラスを買え」(2015/5/22)

生まれつき色覚異常を持つ人が専用メガネで初めて色を見た瞬間が感動的
君たちは毎日こんな美しい夕焼けを見ているの?(2015/3/30)

漆黒のボディー:
エプソン初、レーザー光源採用の4K対応ホームプロジェクター「EH-LS10000」発表
エプソンは3月26日、同社初となる4K対応プロジェクター「EH-LS10000」を発表した。発売は4月9日。価格はオープンで、市場想定価格は80万円前後(税別)の見込み。(2015/3/26)

薬の種類からマスクの正しい使い方まで 花粉症対策記事まとめ
花粉症対策記事の中から、治療法や薬の種類、マスクの正しい使い方まで、特におすすめのものをピックアップ。(2015/3/19)

これがうわさの「ホログラム3D」だ:
VRディスプレイ「HP Zvr」の“手に取るようなグリグリ感”を試してきた
ちょっといかつい独特の姿と“バーチャルリアリティ”ディスプレイというユニークなカテゴリーで発表当初から話題になっていたディスプレイが日本初登場。(2015/3/5)

ウインクでズームできる望遠コンタクトレンズ、学会で発表
未来きてるな……!(2015/2/17)

MEDIX関西:
心臓の動きを3Dタブレット上でリアルに再現、「Abaqus」の解析技術がベース
ダッソー・システムズは、「第5回 関西 医療機器開発・製造展(MEDIX関西2015)」において、同社が参画する「リビング・ハート・プロジェクト」の成果を披露した。(2015/2/5)

価格は500万円! ソニーが超短焦点4Kプロジェクターを正式発表
ソニーが国内でも“Life Space UX”の超短焦点4Kプロジェクター「LSPX-W1S」を正式に発表した。全額前受けによる受注生産で、「銀座ソニービル」での対面販売のみとなる。(2015/1/29)

2015 CES:
HP、23.6型VRディスプレイ「HP Zvr」や曲面モデル、4K/5K対応モデルを発表
米Hewlett-Packardは、23.6型バーチャルリアリティディスプレイをはじめ、曲面モデルや超解像度ディスプレイのラインアップを発表した。(2015/1/6)

コストパフォーマンスの高さも魅力:
PR:“短焦点+高輝度+フルHD”の最新プロジェクターで仕事がはかどる!――BenQ「TH682ST」のススメ
ベンキュージャパンの「TH682ST」は、約1.5メートルの距離で約100型の大画面投写が可能な短焦点、3000ルーメンの明るさ、フルHDの高解像度を備えた最新プロジェクター。一般ビジネスユースはもちろん、デジタルサイネージ、室内プロジェクションマッピング、さらにはSOHOでのプライベートシアターユースまでこなす。(2014/12/15)

三管式プロジェクターのように調整可:
光源にRGBのLEDを採用したDLPプロジェクター、米Optoma「HD90」
オーエスプラスeは、米Optomaのホームシアター向けフルHDプロジェクター「HD90」を発売する。光源に独立したRGBのLEDを採用し、NTSCの約1.6倍という広い色域を実現した。(2014/12/8)

1.1メートルで100インチ:
オーエスプラスe、米Optomaの低価格3Dプロジェクター2機種を発売
オーエスプラスeは、DLP方式のフルHDプロジェクター「HD26」および「GT1080」を発売する。「GT1080」には短焦点レンズを搭載し、1.1メートルで100インチに投影できる。(2014/11/5)

ペダルを踏むアナタに! スポーツ専用メガネ型デバイス「JET」がハイテクですごい
カッコイイぜ。(2014/10/10)

CEATEC 2014:
モノづくりでITを乗りこなせ! 富士通がウェアラブルとバーチャル技術を提案
「CEATEC JAPAN 2014」で富士通は、仮想技術を活用した仮想モノづくりや、ウェアラブルデバイスを活用した製造・保守現場の革新提案を行った。(2014/10/8)

実は4Kテレビより広色域――シャープが“AQUOSクアトロン プロ”の新製品「XL20ライン」を発表
シャープが液晶テレビの新製品として“AQUOSクアトロン プロ”の「XL20ライン」を発表した。色域をさらに広げつつ、新しい表面処理で“つややかな発色”を実現したという。(2014/10/2)

6畳間でも気軽に使ってください:
エプソン、リビング向きプロジェクター2製品を発表
プロジェクターというと、本格的なホームシアタールームを作って、そこに設置するものというイメージを持っている人が少なくないと思う。エプソンはリビングでも楽しめるプロジェクターを発売する。(2014/8/27)

アドトロン、超短焦点型のWXGA対応DLPプロジェクター「D755WT」
アドトロンテクノロジーは、超短焦点投写に対応したWXGA対応のDLPプロジェクター「D755WT」を発売する。(2014/8/25)

42V型のプレミアムなフルHDモデル! ソニー「KDL-42W900B」登場
ソニーは、液晶テレビ“BRAVIA”(ブラビア)の新製品として、42V型の「KDL-42W900B」を9月13日に発売する。フルHDモデルながら、4Kテレビなどに採用した高画質技術を詰め込んだ“プレミアムモデル”だ。(2014/8/20)

高輝度5200ルーメンを実現:
オーエスプラスe、レンズが選べる3D対応フルHDプロジェクター「オプトマ EH503」
オーエスプラスeは8月6日、設置場所に応じて最適なレンズが選べるプロジェクター「オプトマ EH503」を発表した。(2014/8/6)

4Kの裾野を広げる――シャープも40V型を含む新4Kテレビを投入、アクオス「U20ライン」
シャープは、液晶テレビ“AQUOS”(アクオス)の新製品として、4K対応の「U20ライン」2機種を発表した。従来より小型の40V型を加え、価格も抑えて4Kテレビの裾野を広げる考え。(2014/8/5)

harman/kardonサウンドも:
LG、4K対応TV3シリーズ4機種を発表
LGエレクトロニクス・ジャパンは7月15日、4K対応テレビ3シリーズ計4機種を発表した。最上位に当たる65型「65UB9800」は、独自の超高画質エンジン「Tru 4K Engine Pro」を初めて搭載した。(2014/7/15)

本田雅一 v.s. ソニー技術者:
PR:部分駆動の先駆の技が描く“本物”の光と影――4K対応BRAVIA「X9200B」がエッジ型LEDの常識を超える
画面の両サイドに大きなスピーカー。昨年、4Kテレビ市場を席巻した「X9200A」のコンセプトを継承しつつ、画質と音質をさらに磨いたソニー“BRAVIA”(ブラビア)の「X9200B」シリーズ。AV評論家・本田雅一氏が、その画作りのノウハウとテクニックに迫った。(2014/7/14)

ソファーが激走! ターザンで滑走! しゃもじで冒険! 「3D&VR展」で先端技術を楽しみ尽くしてきた
お堅いイメージの展覧会ですが実はこんなに面白かった。(2014/6/27)

「すーぱーそに子」のコラボメガネ登場 イラスト入りのケース付き
ブルーライトカットレンズを使っているから、いくらでも画面の向こうのそに子を見つめられる!(はず)。(2014/6/20)

ソフトバンクの「AQUOS Xx」×「トランスフォーマー」コラボ記念プレゼント第1弾がスタート
ソフトバンクのスマートフォン「AQUOS Xx 304SH」と映画「トランスフォーマー/ロストエイジ」のコラボレーションを記念したプレミアムグッズプレゼントの第1弾がスタート。(2014/6/16)

おっさんホイホイ:
「X68000の日」に“レトロPC”が勢ぞろい――あの黄金時代を振り返る
2014年6月8日にレトロエクスプレス2号が開催された。X68000、PC-6001、X1など、レトロPCを中心とするハード/ソフトの展示即売会だ。今回の開催地は秋葉原。当然行ってきましたよ。(2014/6/11)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
4K/8Kの先にある放送技術――NHK技研公開
8Kを中心に展示内容を取り上げた前編に続き、後編ではスマートテレビや“8Kより未来”のテレビ、そしてAV評論家・麻倉怜士氏オススメのユニークな展示を取り上げていこう。(2014/6/5)

Google Glass、女性に人気のエレガンスブランドDVFが専用メガネを発売
働く女性に人気のブランド「ダイアンフォンファステンバーグ(DVF)」が、Google Glass専用のフェミニンなメガネとサングラスを発売する。(2014/6/4)

「auスマートパス」会員特典に映画鑑賞料金の割引サービスが登場――大人1100円に
KDDIの「auスマートパス」会員特典に月曜から金曜の映画鑑賞料金を割引くサービスが登場。祝日も含め、幼児からシニアまで利用可能だ。(2014/5/29)

誠 Weekly Access Top10(2014年5月12日〜5月18日):
3Dディスプレイが教室に配備される日も近い?
先週のランキングは、覚せい剤関係の記事が上位に集まりました。コンビニコピー機の記事や、中国とベトナムの対立に触れた記事にも注目が集まっています。(2014/5/23)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。