ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ハイスペック」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ハイスペック」に関する情報が集まったページです。

PR:ハイスペックなAIスマホ「HUAWEI Mate 10 Pro」がソフトバンクから登場! その魅力を徹底解説
ソフトバンクから、ファーウェイの「HUAWEI Mate 10 Pro」が発売される。Mate 10 ProはダブルレンズカメラやAIプロセッサを搭載した、国内外で高い評価を得ている最上位モデルだ。ソフトバンク回線で使うメリットとあわせて、本機の魅力に迫る。(提供:ファーウェイ・ジャパン)(2018/5/18)

ファーウェイ、第8世代Core搭載のハイスペック13.9型ノート「MateBook X Pro」を正式発表
華為技術日本は、第8世代Core i5/i7を搭載した13.9型ノートPC「MateBook X Pro」の正式発表を行った。(2018/5/10)

エレコム、高耐久パーツを採用した多機能ワイヤレストラックボール“DEFT PRO”
エレコムは、ハイスペック仕様のワイヤレストラックボール“DEFT PRO”を発表した。(2018/4/3)

iiyama PC、デスクトップ用Core i5とGTX 1070を装備した15.6型ハイスペックノートPC
ユニットコムは、第8世代CoreプロセッサとGeForce GTX 1070を標準搭載した15.6型ノートPC「STYLE-15FR100-i5-TNS」を発売した。(2018/3/6)

日本製鋼所 TEX34αIII:
試作から小ロット生産まで幅広い用途に適用可能な高性能小型二軸混練押出機
日本製鋼所は、ハイスペック小型二軸混練押出機「TEX34αIII」を発表。「TEX30α」の後継として、試作から小ロット生産まで幅広い用途に適用可能だという。(2018/2/8)

FAニュース:
試作から小ロット生産まで対応可能なハイスペック小型二軸混練押出機
日本製鋼所は、ハイスペック小型二軸混練押出機「TEX34αIII」を発売した。用途に応じた細かい仕様設定が可能で、試作から小ロット生産まで幅広い用途に適用できる。(2018/1/25)

「ドキュメントビューワ」初搭載! OfficeファイルやPDFをチェックできる「FOMA SH900i」(懐かしのケータイ)
シャープ製初のFOMAケータイ「FOMA SH900i」はハイスペックなカメラ機能に加え、ケータイ初のドキュメントビューワ機能を搭載。Microsoft Officeで作成したファイルやPDFファイルをPCなしで閲覧できるようになりました。(2018/1/8)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
超ハイスペックなゲーミングスマホ「Razer Phone」が気になる
今、ダークホースともいえるメーカーからハイスペックなスマートフォンが登場しました。ゲーミングPCでおなじみのRazerから発売された「Razer Phone」です。2017年も間もなく終わりますが、ここにきて心を揺さぶられる端末に出会ってしまいました。(2017/12/25)

どんと来い煮物顔! 吉木りさ、ロンブー亮と「にゃんこスターダンス」がハイスペックかわいい
楽しそう。(2017/12/13)

サードウェーブデジノス、4K動画編集向けのGTX 1080 Ti搭載ハイエンドデスクトップ
サードウェーブデジノスは、クリエイター向けPC「raytrek」に4K動画編集向けのハイスペック構成モデルを追加した。(2017/12/4)

TSUKUMO、Core i9/Quadro搭載のハイエンドデスクトップ
Project Whiteは、同社製BTOデスクトップPCのラインアップにQuadro採用のハイスペック構成モデル2製品を追加した。(2017/11/20)

OnePlus、Snapdragon 835搭載、6型有機ELで500ドル以下の「OnePlus 5T」発売へ
中国OnePlusが、Snapdragon 835搭載で6型有機EL(18:9)のハイスペック端末「OnePlus 5T」を米国他で発売する。価格は499ドル(約5万6500円)だ。(2017/11/17)

防水なのにハイスペック! PRIMEシリーズ初号機「F-01A」(懐かしのケータイ)
薄型の回転2軸ボディーにIPX5・IPX7等級の防水性能を備えた「F-01A」。防水ケータイ初の3.2型のフルワイドVGA液晶やタッチパネルを搭載し、ハイスペックな防水ケータイとして人気を集めました。(2017/10/28)

ユニットコム、Core i9を搭載したタワー型ゲーミングPC
ユニットコムは、タワー型筐体採用ゲーミングPC“G-Class”シリーズにCore i9-7980XE採用のハイスペック構成モデルを追加した。(2017/10/26)

サードウェーブデジノス、“PUBG”推奨PCに第8世代Coreプロセッサ採用のハイスペックモデル
サードウェーブデジノスは、最新の第8世代Coreプロセッサを採用したハイスペック構成のミドルタワー型ゲーミングPCを発売した。(2017/10/19)

デル、Core i9の搭載にも対応したハイスペックゲーミングPC「NEW ALIENWARE AREA-51」
デルは、独自の“トライアドシャーシ”デザイン筐体を採用するゲーミングデスクトップPC「ALIENWARE AREA-51」の新モデルを発表した。(2017/9/5)

Mobile Weekly Top10:
「Xperia XZ1」ファミリー登場/100GBでサンキュッパなルーターの「現実」
ドイツ・ベルリンで「Xperia XZ1」ファミリーが発表されました。特にハイスペックコンパクトに「回帰」した「Xperia XZ1 Compact」には注目です。(2017/9/4)

TSUKUMO、Core X/Quadro搭載のハイスペックミドルタワーPC
Project Whiteは、Quadro搭載ハイスペックデスクトップPC「NVIDIA Quadroモデル」のラインアップにIntel最新のCore X採用モデルを追加した。(2017/8/18)

「EPYC」で復活を目指すAMD(前編)
低コスト、ハイスペックを打ち出すAMD EPYCはIntel Xeonキラーか?
Xeonによってサーバ市場から駆逐されたAMDが、EPYCで復活しようとしている。EPYCが注目されるのはなぜか。Skylake世代のXeonと戦えるのか。(2017/8/17)

ユニットコム、3Dモデル製作向けのRyzen 7/Quadro搭載ミドルタワーPC
ユニットコムは、同社製PC「SENSE∞」シリーズのラインアップに“Mayaモデラー向け”をうたったハイスペック構成モデルを追加した。(2017/7/10)

ドラゴンクエスト、ファイナルファンタジーのゲーム開発用PCを支える人々:
PR:スクウェア・エニックスの大規模ゲーム開発に耐え得る超ハイスペックPCの構築、管理、メンテナンスの現場とは
誰もが知る『ドラゴンクエスト』シリーズや『ファイナルファンタジー』シリーズなどを創り出したゲーム会社スクウェア・エニックスがデスクトップサポートエンジニアを募集している。その大規模ゲーム開発に耐え得る超ハイスペックPCを管理、メンテナンスする現場は、他の企業の情報システム部とはひと味違う。本稿では、スクウェア・エニックスのエンターテイメントを下支えするだけではなく、提案も行えるデスクトップサポートエンジニア像とはどんなものなのかを掘り下げるために現役デスクトップサポートエンジニアに話を伺った。(2017/6/14)

HTC、VR空間内での移動もできるスマホ用VR HMD「LINK」 HTC U11と接続可能
HTC NIPPONは、同社製スマートフォン「HTC U11」との接続に対応したハイスペックVR HMD「LINK」の発表を行った。(2017/5/25)

Mobile Weekly Top10:
シャープのフラッグシップ「AQUOS R」発表/昔のケータイ、今時のケータイ
シャープが2017年夏モデルとして投入を予定する「AQUOS R」。そのハイスペックぶりだけではなく、キャリアごとに異なっていたモデル名を統一したことも注目ポイントです。(2017/4/25)

Huawei、ハイスペックな「Honor 8 Pro」を欧州で発売
Huaweiが「Honor 8 Pro」を欧州で発売した。5.7型で「Huawei P10」と同じKirin 960プロセッサを搭載する。価格は474ポンド(約6万5000円)だ。(2017/4/6)

PR:最新ハイスペックをスリムボディーに凝縮! 「Endeavor MR4700E」でビジネスを快適化しよう
パワフルなスリムPCがほしい――エプソンダイレクトはそんな要望に応えるスリムPCを用意している。さっそくチェックしてみよう。(2017/3/22)

NVIDIA、“TITAN Xを上回る”新ハイスペックGPU「GeForce GTX 1080 Ti」を発表――699ドルから
米NVIDIAは、GeForceシリーズの上位モデルとなる最新GPU「GeForce GTX 1080 Ti」の発表を行った。(2017/3/3)

マウス、Quadro P5000/P6000を装備したエンジニアリング向けWS
マウスコンピューターは、同社製デスクトップWS「MousePro-W」シリーズのラインアップにQuadro P5000/P6000搭載のハイスペック構成モデルを追加した。(2017/2/15)

ASRock、4-Way SLI/CrossFireXもサポートしたZ270採用ハイスペックATXマザー「Z270 SuperCarrier」
CFD販売は、ASRock製となるIntel Z270チップセット採用ATXマザーボード計2製品「Z270 SuperCarrier」「Fatal1ty Z270 Professional Gaming i7」の取り扱いを開始する。(2017/2/1)

SIM通:
高コスパで人気のASUS!ハイスペックSIMフリー端末提供の裏側
ASUSは、もともと「マザーボード」の製造を請け負う、台湾の町工場的な会社だった。それが、いまやSIMフリースマホのトップセラーのひとつに。今回は、ASUSという会社の歴史を紹介します。(2017/1/20)

マウス、クリエイターPC「DAIV」にSLI構成のハイスペック構成モデルを追加
マウスコンピューターは、クリエイター向けPC「DAIV」シリーズのラインアップにTITAN X/GeForce GTX 1080採用のSLI構成モデルを追加した。(2017/1/19)

2017年PC/タブレット春モデル:
レノボ、コンシューマー向け2in1 PC「YOGA 910」「ideapad MIIX510」を発売 Web直販はよりハイスペックな構成に
レノボが、コンバーチブルタイプの2in1 PC「YOGA 910」と、デタッチャブルタイプの2in1 PC「ideapad MIIX510」を発表した。いずれも店頭販売されるが、Web直販ではよりスペックの高い構成を購入できる。(2017/1/17)

TSUKUMO、RAW現像向けBTOデスクトップにXeon搭載ハイスペック構成モデルを追加
Project Whiteは、RAW現像向けとなるBTOデスクトップPCの新構成モデルを発表した。(2016/12/9)

SIM通:
冬のボーナス商戦でおすすめ!高性能SIMフリースマホまとめ
これまでの「安く、そこそこの性能」の機種から、最近は「そこそこの価格で、高性能」な機種も充実してきたSIMフリースマホ。価格が上がり「失敗したくない」と思う方も増えると思います。そこで、今回は各メーカーのハイスペックスマートフォンをまとめました。(2016/12/9)

古田雄介のアキバPickUp!:
GTX 1080入り超小型ベア「ZBOX MAGNUS EN1080」がついに登場!
GeForce GTX 10シリーズを搭載するハイスペックな超小型ベアボーン「ZBOX MAGNUS」に、最上位モデル「ZBOX MAGNUS EN1080」が登場! OSなしで税込み28万円前後だ。(2016/11/28)

Synology、オールSSD構成も可能なエンタープライズ向けNAS「FlashStation FS3017」――実売168万円
Synologyは、主要SSDのサポートもうたった24ベイ搭載ハイスペックNAS「FlashStation FS3017」の発表を行った。(2016/11/24)

OnePlus、「Snapdragon 821」搭載の「OnePlus 3T」発表
中国OnePlusが、6月に発表したばかりのフラッグシップ端末「OnePlus 3」のアップグレードモデル「OnePlus 3T」を発表した。「Snapdragon 821」搭載でメモリは6GBというハイスペックで価格は439ドルから。欧米で11月中に発売する。(2016/11/16)

「ハイスペック」ではないが使い心地良好――1年ぶりのフラグシップ「arrows NX F-01J」
ドコモ向けarrowsのフラグシップモデル「arrows NX」に約1年ぶりの新モデルが出る。従来とは異なり「ハイスペック」ではなくなったarrows NXは、どのようなコンセプトで開発され、どのような使い勝手を実現しているのだろうか。(2016/10/27)

Xiaomi、“縁無し”6.4型ハイエンド端末「Mi MIX」を約5万4000円で発売へ
Xiaomiが、ベゼル幅がほとんどない画面占有率91.3%の6.4型ファブレット「Mi MIX」を11月に中国で発売する。Snapdragon 821登載でRAMは4GBなどのハイスペックで、価格は3499元(約5万4000円)。(2016/10/26)

G-Tune、コンパクトゲーミングPC「LITTLEGEAR」にダブル水冷採用のGTX 1070/1080モデルを追加
マウスコンピューターは、コンパクトゲーミングPC「LITTLEGEAR」にダブル水冷機構搭載のハイスペックモデルを追加した。(2016/10/20)

中国LeEco、399ドルのハイスペックAndroid端末で米国進出
“中国のNetflix”と呼ばれるLeEcoが、Snapdragon 821搭載のハイエンド端末「Le Pro3」を米国で399ドルで発売する。Samsungの「Gear VR」のように端末をセットするVRヘッドセットも発売する計画だ。(2016/10/20)

Mobile Weekly Top10:
ハイスペックが増えるSIMフリースマホ 「Pixel」にも熱視線
日本のSIMロックフリースマホといえば、ミドルレンジモデルが中心でした。しかし、最近はハイスペックモデルの比率が高まりつつあります。(2016/10/12)

マウス、GTX 1080/17.3型4K液晶を標準装備したハイスペックゲーミングノート「NEXTGEAR-NOTE i7900」
マウスコンピューターは、4K表示対応17.3型ワイド液晶を装備したゲーミングノートPC「NEXTGEAR-NOTE i7900」シリーズを発表した。(2016/10/5)

Mobile Weekly Top10:
「性能怪獣」が日本上陸 So-netの格安SIMはリニューアル
ASUSの「ZenFone 3」シリーズが、いよいよ日本でも登場します。中でも「ZenFone 3 Deluxe」の5.7型モデルは「性能怪獣」の名にふさわしいハイスペックぶりです。時期は未確定ですが、さらに大画面の「ZenFone 3 Ultra」も日本投入が明らかになりました。(2016/10/3)

レノボ、“Razer”コラボのGTX 1080搭載ハイスペックゲーミングPCなど3製品
レノボ・ジャパンは、同社製ゲーミングPCのラインアップにハイスペック構成対応モデル「ideacentre Y900 RE(Razer Edition)」「ideacentre Y710 Cube」を追加した。(2016/8/30)

甲斐寿憲のキニナルモバイル:
スマホとVRビジネスはどうなる? HTC NIPPONの玉野社長に聞く
日本市場に初のAndroidスマートフォンを投入したHTCが存在感を見せ始めている。最新のハイスペックスマートフォン「HTC 10」の販売が好調なほか、VR「Vive」も注目されている。変化のスピードが速い中で、次々に新製品を投入しているHTC NIPPONの玉野社長に話を聞いた。(2016/8/18)

iiyama PC、ミドルタワーPC「Q-Class」に“Broadwell-E”採用ハイスペックモデルを追加
ユニットコムは、iiyama PCブランド製デスクトップPC「Q-Class」シリーズにBroadwell-E”世代の最新CPU搭載モデルを追加した。(2016/8/1)

なんだか“ドラレコ”なヤツを試してみよう:
見た目よし、画質よし、使い勝手よし、価格は8999円! 「高感度ドライブレコーダー」に上海問屋の本気を見た
上海問屋から、2.31型のディスプレイを備えるハイスペックなドライブレコーダーが8999円というお手頃価格で登場した。「安かろう悪かろうじゃないの?」実際に試したら……。(2016/6/17)

マウスコンピューター、Quadro M2000搭載のクリエイター向けハイスペックPCを発売
マウスコンピューターは、NVIDIA製最新グラフィックスカードとなるQuadro M2000搭載のクリエイター向けハイスペックPCを発表した。(2016/6/10)

外付けグラフィックスカードを利用できるオプションも:
Razer、広色域4K液晶+カラフル点灯キーボードの12.5型モバイルノート「Razer Blade Stealth」
Razerは、1月のCES 2016で発表した12.5型Ultrabook「Razer Blade Stealth」を日本でも発売した。ハイスペックな構成で、価格は11万9800円(税別)から。(2016/5/26)

マウス、17.3型4K液晶+デスクトップCore i7搭載のクリエイター向けノートPC
マウスコンピューターは、17.3型4K液晶を標準装備したクリエイター向けハイスペックノートPCを発表した。(2016/5/23)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。