ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「Adobe MAX」最新記事一覧

Adobe MAX 2017:
人工知能「アドビ先生」を使った“未来のPhotoshop”がすごかった 音声操作も可能に
「ターミネーターではなく、ハリーポッター」――アドビシステムズは、同社の人工知能を「マジックのようなもの」と例えた。(2017/10/19)

Adobe MAX 2017:
Adobe Creative Cloudに4つのアプリケーション追加 クラウドベースの「Lightroom」、3D作成ツール「Dimension」など
製品版のバージョン1.0アプリとして新たに追加される。(2017/10/19)

Adobe MAX 2017:
ネオン看板の懐かしさが心くすぐる ラスベガスのNeon Museumに行ってきた
The Neon Museum Las Vegasに展示されている看板をフォトレポートする。(2017/10/18)

「Adobe Summit 2017」レポート:
「Adobe Sensei」はマーケティングをどう変える? 「Adobe Experience Cloud」におけるAIの位置付け
マーケティング基盤からエクスペリエンス基盤へ。新たに誕生した「Adobe Experience Cloud」における人工知能(AI)の役割とは? 「Adobe Summit 2017」を取材したITアナリストの冨永裕子氏が振り返る。(2017/3/24)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
話題に事欠かなかったMicrosoftとWindowsの2016年
世間を騒がせたWindows 10アップグレード誘導策、新たな可能性を示した「Surface Studio」や「Windows Holographic」など、話題が多かった2016年のMicrosoftを振り返る。(2016/12/31)

太田智美がなんかやる:
iPhoneで撮影、Premiere Pro CCで編集された「シン・ゴジラ」を再現してみた
やるしかない。(2016/11/25)

Appleが描いた未来:
林信行のTouch Bar搭載「MacBook Pro」徹底レビュー
新しいMacBook Proの魅力は? Touch Barは本当に便利なのか? Thunderbolt 3全面移行の是非は? 林信行氏が徹底レビュー。(2016/11/18)

iPhoneとモバイル版「Lightroom」で証明写真を作ってみた
Adobe MAXの舞台裏で行われていたのは……?(2016/11/10)

Adobeが開発した人工知能「Adobe先生」の正体 何ができるのか
そのネーミングで日本を沸かせた「Adobe Sensei」だが、いったい何ができるのか。(2016/11/9)

Adobeの新技術11連発まとめ 音声データをPhotoshopみたいに編集――“魔法の技術”にクリエイター歓喜
Adobeがひそかに開発している新技術。そのプレビューとして11の技術がお披露目された。(2016/11/7)

Surface Studioの謎「Dialはどうやって吸着してるのか」に公式回答
磁石でディスプレイにくっついているという報道もされているが、担当者によればそうではないようだ。(2016/11/6)

Adobeが人工知能「アドビ先生」発表 名前の由来は?
Adobe Systemsも人工知能に参入。その名はなんと「Adobe Sensei」だ。(2016/11/3)

アメリカ海軍の航空母艦「ミッドウェイ」はどのように情報をやりとりしていたのか 電信制御室を見てきた
10月31日〜11月4日に開催されるAdobe MAXに参加するため、筆者はサンディエゴに上陸。すると近くに空母博物館が。Adobe MAX会期前、時間があったので行ってきた。(2016/11/2)

ジョブズのタッチスクリーンPC批判にMSとApple、6年後の回答
2010年10月、「Back To The Mac」を銘打った製品発表イベントで、スティーブ・ジョブズは「タッチスクリーンは垂直の画面には適さない」と言った。6年後、MicrosoftとAppleは製品の形でその回答を用意した。(2016/10/28)

Adobe、2Dのイラストから「3Dモデル」を作る技術開発 点を打つだけで実現
Adobeが開発中の4つの新技術が、「Adobe MAX Japan」の1コーナー「SNEAK PREVIEW」で初披露された。(2016/9/6)

「シン・ゴジラ」編集の舞台裏 カメラはバラバラ、画調も合わず……庵野総監督「それでいい」
映画「シン・ゴジラ」制作の裏側には、庵野秀明総監督のこだわりと、それを支える編集環境があったという。Adobe MAX Japanの基調講演で制作者が明かした。(2016/9/5)

Adobe XD開発担当者に聞く:
アドビがInVisionを買収せずに、競合となるUXプロトタイピングツールを作った狙いとは
UXプロトタイピングでは、既に複数のツールが市場に存在し、現場で利用しているユーザーも多い。そうした中、Adobe XDを提供する目的は何か。また、正式リリースに向けて、どのような機能強化が予定されているのか。(2016/4/28)

Project Cometがベールを脱いだ:
プロトタイピングツール「Adobe Experience Design CC」のプレビュー版が登場
UI設計のためのプロトタイピングツールのプレビュー版が登場。IllustratorやPhotoshopとの連携も考慮されている。(2016/3/18)

スマホカメラとタッチで変わる制作現場(4):
モバイルファーストに効く、Photoshopによるワイヤフレーム/デザインカンプの作り方
Adobe Creative CloudとスマートデバイスでWebデザインのワークスタイルはどう変わるのかを検証する連載。今回は、モバイル用サイト、PC用サイトのワイヤフレーム/デザインカンプを作り込むのに有効なPhotoshopの新機能を紹介しよう。(2016/2/10)

“フォント”に分かって使えてる?:
モリサワフォントが追加されたTypekitのライセンス・価格まとめ
アドビシステムズが提供するフォントライブラリサービス「Typekit」でモリサワフォントの一部書体が使えるようになったが、そもそもTypekitのライセンスや価格はどうなっているのか。モリサワフォントを使う上で問題点はないのだろうか。あらためて確認してみる。(2015/12/2)

iPadを再定義するフラッグシップモデル:
林信行が「iPad Pro」に見る新たな可能性
iPad Proは、とにかく巨大だ。本体も巨大なら、画面も巨大。AppleはiPad Proで何を目指したのか。林信行氏が読み解く。(2015/11/11)

林信行が振り返るAdobe MAX:
Adobeはクリエイターの働き方をどのように変えるのか
「Adobe MAX 2015」で披露された最新技術によって、クリエイターのワークスタイルはどのように変化するのか。林信行が解説。(2015/10/21)

“ウェアラブル”の今:
第47回 足を拡張するウェアラブル? 「マイクロモビリティ」とは
ウェアラブルデバイスというと、身に着けるものを想像しがちだが、今回紹介するマイクロモビリティも広義のウェアラブルと言えるのではないだろうか。米国西海岸では今、この小さな乗り物が話題だ。(2015/10/17)

今年の魔法は?:
林信行が振り返るAdobe MAX――11月までに現実になる「Adobe MAGIC」5選
Adobe製品の新機能を披露する恒例の祭典「Adobe MAX」。現地取材を行った林信行が注目する2015年の「アドビ・マジック」を振り返る。(2015/10/16)

機械学習で画像処理はここまで変わる:
顔写真3Dモデル化、絶対フォント感、複数画像検索、観光写真無人化、陰影分離、簡単フォント自作、消失点自動作成――デザイナー/クリエイターが茫然自失で拍手喝采な最先端技術動画11連発
アドビ システムズは、2015年10月6日(現地時間)に開催した「Adobe MAX 2015 Sneak Peeks」で、11の新技術を披露。顔写真3Dモデル化、絶対フォント感、複数画像検索、観光写真無人化、陰影分離、簡単フォント自作、消失点自動作成naなど、今回もデザイナー/クリエイターのみならず、日常的にデジカメやスマホで写真を撮る人でも欲しくなるような機能が多数見られた。(2015/10/16)

Adobeが密かに進める「PROJECT COMET」が実現するもの
エリアを増やせば自動で複製。(2015/10/14)

「Photoshop 1.0」が動いている…… Photoshop誕生から25年の歴史をぐるりと巡るとその時代が見えてきた
実際に動く「Photoshop 1.0」を触ってきた。(2015/10/14)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Surface Bookは「AppleになりたいMicrosoft」の象徴か
唐突に登場した「Surface Book」は、同時発表の「Surface Pro 4」や従来のSurfaceシリーズとは異なるインパクトをPC市場に与えそうだ。(2015/10/9)

Adobe MAX 2015基調講演:
Dreamweaver、Photoshop、Muse、Creative Sync、Typekit、Project Comet――アドビが示したUXデザイン/Web制作ワークフローの未来とは
アドビ システムズが2015年10月5日(米国時間)に開催した年次カンファレンス「Adobe MAX」の基調講演の模様をUXデザイナー/Web制作者向けにリポートするのに加え、Adobe MAXで毎回アドビが発信しているメッセージについて考えてみたい。(2015/10/7)

モリサワと協力、追加費用なし:
アドビ、フォントライブラリサービス「Typekit」にモリサワフォントの一部書体を追加
アドビ システムズは2015年10月5日(米国時間)、フォントライブラリサービス「Adobe Typekit」にモリサワ書体とTypeBank書体の一部を追加したと発表。20書体が追加費用なしで日本でも利用できるようになっている。(2015/10/6)

2016年早めのリリースを予定:
アドビ、InVision、Prott対抗プロトタイピングツールのProject Cometを発表
アドビ システムズは2015年10月5日(米国時間)、UXデザイン向けプロトタイピングツール「Project Comet」を発表。現在開発中で、2016年早めのリリースを予定している。(2015/10/6)

Adobe、iOS向け無料「Photoshop Fix」他、多数の新製品を発表
Adobeが「MAX 2015」を開催し、モバイル向け新アプリ「Photoshop Fix」や3Dモデリングツール「Adobe Fuse」など、多数の新製品や既存製品のアップデート、Typekitへのモリサワフォントの追加などを発表した。(2015/10/6)

アップデートはもうすぐ:
中の人に聞く、Bootstrap対応を強化するDreamweaverの新機能と今後、コーディングが捗る裏技とは
もうすぐ2015年2度目の大きな機能追加が予定されているDreamweaverについて、機能追加の方向性や、あまり知られていない裏技などを開発担当者に聞いた。(2015/10/5)

Apple新製品のすべて:
「iPad Pro」を林信行が読み解く――なぜPenではなく“Pencil”なのか?
iPad mini 4を2つ並べた画面サイズの「iPad Pro」は、「Apple Pencil」によって精密な手描きを可能にするなど、これまでのiPadシリーズからさらに使い方の幅を広げるまったく新しいiPadだ。(2015/9/12)

ブラジルでは現地生産モデルも:
VAIO、米国市場でVAIO Z Canvasを10月5日から発売
米国における実売予想価格は2199ドルから。ブラジル市場にも進出して現地パートナー企業にVAIOブランドのPC製造も委託する。(2015/8/19)

写真素材サービスAdobe Stockも:
Bootstrap、Emmet、レスポンシブWebデザイン対応を強化したDreamweaver CC 2015を使ってみた
2015年6月16日、Adobe Creative Cloudが2015年版のメジャーアップデートを果たした。本稿ではDreamweaver CC 2015と周辺のサービスをレビューした結果を紹介する。(2015/6/18)

ティーザーサイトを開設:
「VAIO Z Canvas」は今秋に米国でも発売へ
ソニーから分離した新生VAIOの製品は日本国内のみで販売されているが、クリエイター向けタブレット「VAIO Z Canvas」は初めて海外でも販売されるモデルとなる。(2015/5/21)

VAIOで必要なのは顧客視点ではない:
きょうから始まる新生VAIOの物語──「VAIO Z」に込めた“メイド イン 安曇野”の条件
新生VAIOがイチから開発した新モデルが登場した。安曇野FINISHを支える開発方針から展示実機の分解写真まで発表会場からリポートする。(2月17日:動画追加)(2015/2/16)

スマホカメラとタッチで変わる制作現場(1):
デザインネタをWebで探す人が知っておきたい、日ごろのネタ収集と活用を効率化する4つのアプリ
Creative Cloudのスマホ向けアプリAdobe Shape/Brush/Colorを使って、それぞれ形状、ブラシ、色の組み合わせをデザインの素材として日ごろから収集しておくと、アイデアを形にしてWebデザインなどに生かすのが効率的になる。その実例を紹介しながら、日ごろのデザインネタ収集の方法がどのように変わるのかを紹介しよう。(2015/1/19)

「組み込み開発」年間ランキング 2014:
VAIOはVAIOのあるべき姿を取り戻せるか、ロボットの社会実装に期待 2014年記事ランキング
2014年にMONOist「組み込み開発」フォーラムで多く読まれた記事のランキングを、2015年の注目テーマとともにご紹介します。(2014/12/25)

クリエイティブアプリ開発入門(1):
iOSアプリにフォトショの機能などを組み込めるCreative SDKの基礎知識とインストール
Photoshopのような写真編集や動画編集、ユーザー管理、描画用デバイス連携などの機能をアプリに追加できるSDKについて概要とインストール方法を解説する。(2014/11/28)

1万2980円相当のType Coverプレゼントキャンペーンも:
法人ユーザーがSurface Pro 3を評価する8つの理由
日本マイクロソフトが行ったSurface Pro 3の説明会では、年末にかけて行う一般ユーザー向け販促キャンペーンも紹介した。(2014/11/26)

超高性能タブレットを映像制作に活用:
「VAIO Prototype Tablet PC」なら4K動画の24p再生も高速RAW現像もできる?――Inter BEEのキヤノンブースで実機デモ
Inter BEE 2014のキャノンブースに、新生VAIOの超高性能タブレットPC「VAIO Prototype Tablet PC」が展示されている。キヤノンの4Kシネマカメラで撮影した4K動画の現像や再生が可能というが、果たしてそこまでのパフォーマンスを備えているのだろうか?(2014/11/20)

銀座と名古屋:
VAIO、「VAIO Prototype Tablet PC」のトークショーと参考展示を実施
ソニーストア銀座とソニーストア名古屋で「VAIO Prototype Tablet PC」の開発コンセプトなどを語るトークショーを実施。事前予約制。(2014/11/17)

Adobe MAX 2014まとめリポート(4):
Extractを中心にWeb制作を変えるCreative Cloud 2014.1の新機能11選
アドビシステムズが2014年10月6〜8日に開催した「Adobe MAX 2014」に合わせてAdobe Creative Cloudを「2014.1」として一斉にバージョンアップ。Web制作に関わるアプリケーションに絞って、そのアップデート内容を紹介していく。もうすぐ公開予定のOSSのコードエディターのBrackets 1.0の新機能も先行して紹介。(2014/11/4)

六本木のイベントにも登場:
「VAIO Prototype Tablet PC」の国内初披露はソニーストア大阪
米Adobe Systemsのクリエイター向けイベントに登場した「VAIO Prototype Tablet PC」が、ついに国内初披露。大阪と東京、2つのイベントで公開される。(2014/10/23)

Adobeの新しい魔法を一足先にチェック:
未来のテクノロジーを垣間見る「スニーク」
Adobe社内で行われている最新の研究成果を先出しでお披露目するのが「スニーク」だ。林信行氏が未来のテクノロジーをリポート。(2014/10/16)

PC USER 週間ベスト10:
「VAIOの逆襲」始まる!?(2014年10月6日〜10月12日)
今回のアクセスランキングは、VAIOの超高性能タブレットPC(の試作機)が、数ある新製品情報を押しのけて、上位を独占する異常事態となりました。(2014/10/13)

林信行が見た「新型VAIO」:
「VAIO Prototype Tablet PC」はクリエイター市場を揺さぶるモンスターになれるか
Adobe MAX 2014で披露された新生VAIOの高性能タブレットPC「VAIO Prototype Tablet PC」を林信行氏が現地からリポート。(2014/10/10)

アドビのデジタルペン&定規「Ink&Slide」の使い心地は? 発売前に体験できるイベント開催
アドビが発売するiPad用筆圧感知ペンと定規「Ink&Slide」。発売前にその描き具合や使い心地を体験できる一般向けイベントが10月12日まで開かれる。(2014/10/10)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。