ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

「ARアプリ」最新記事一覧

おっぱいの大きさを変えられるARアプリがクラウドファンディング中 もともとは豊胸手術のプレビュー用に開発
自分の理想のおっぱいを確認できます。(2016/11/17)

壁の向こうを透視できる世界が実現するかも
ARは「Pokemon GO」だけではない、驚きをもたらすAR活用事例とは
スマートフォンゲーム「Pokemon GO」によって、拡張現実(AR)が世の中に広く認知されるようになった。ビジネスでは、AR技術をどのように活用されているのかを紹介する。(2016/11/17)

マーケターのための「AR」短期集中講座 後編:
「Pokemon GOのような企画を」のムチャぶりはチャンス、デジタルマーケティング全体の中で考えるARの意義
「Pokemon GO」に感化されて「これからはARだよキミ」と言いだした上司のムチャぶりを逆手に取って、ARで成功する販促企画を実現するための考え方を紹介する。(2016/11/9)

マーケターのための「AR」短期集中講座 前編:
「Pokemon GO」の波に乗りたい販促担当者がARについて最初に知っておくべきこと
「Pokemon GO」の大ヒットで「AR」が注目を集めている。そこでARを利用した集客や販促企画を検討しているマーケターに向け、基礎知識と活用例、うまくいく施策のポイントを前後編で解説する。(2016/10/20)

「日清ラ王」擬人化ARキャラに美人ママが追加! 声優に中原麻衣さん 「芳醇コク坦々麺」新発売
こんな39歳かわいすぎるだろ!(2016/10/17)

ITライフch:
日清のカップ麺「ラ王」対応ARアプリで二次元美少女とラーメンデートしてみた!?
日清食品は、ARボイスドラマ「マジで恋する8分間〜マジ恋8〜」を公開した。二次元美少女キャラ“麺堂家5姉妹”とカップ麺「ラ王」を食べるというもの。(2016/10/5)

「日清ラ王」の味を擬人化、スマホをかざせば美少女キャラが 声優の「麺をすする音」も収録
カップ麺「日清ラ王」のパッケージにスマホをかざせば、味を擬人化したキャラのAR映像を楽しめるキャンペーン「お湯5分、食べる3分 マジで恋する8分間」がスタート。(2016/9/20)

「日清ラ王」が美少女に擬人化! 一緒に麺をすすってくれるARスタート 声優に内田真礼さん、早見沙織さん、洲崎綾さんなど
すごい攻めてます。(2016/9/20)

ARの取り組みが本格化
「Pokemon GO」のヒットで変わったこと、変わらないこと 企業の対応は?
「Pokemon GO」により、ARアプリケーションが企業のモバイル戦略の一部になろうとしている。実際、ビジネスではどのように使われているのだろうか。(2016/9/15)

ITはみ出しコラム:
ポケモンGOの隠れたルーツ「Field Trip」を知っていますか?
今が旬の「ポケモンGO」ですが、開発者のやりたいことはずっと前から一貫していたようです。(2016/7/30)

立ちどまるよふりむくよ:
「セカイの終わり」とPokemon GO コノ、オオゾラニ、エアタグヲ
セカイカメラがいろいろなところで思い出されているいま、振り返る。山田胡瓜「バイナリ畑でつかまえて」紙書籍化記念。(2016/7/28)

モンスターボールだけに
「Pokemon GOはビジネスも変える」が“的外れな意見”ではない理由
世界で史上最大級のヒットとなっている「Pokemon GO」。Pokemon GOによって拡張現実(AR)を活用するハードルが下がり、今後は幅広い分野に普及する活用される可能性がある。(2016/7/26)

「Pokemon GO」の次は? “玩具化”したARはどこへ行くのか
「Pokemon GO」をはじめ、身近な存在となりつつあるAR(拡張現実)。だが「ARはゲームに使われる技術」など“玩具”のように思う人も少なくない。こうした課題を踏まえ、ARはこの先どのように発展し、ビジネスの現場や日常生活を変えていくのか――。(2016/7/21)

沖縄モノづくり新時代(4):
3Dゲーム開発の第一人者が地方都市「沖縄」で今考えていること
エンジニアリングやモノづくり分野の技術進化が、今まで以上に地方の課題解決や魅力発掘の後押しとなる。本連載の主役は、かつて“製造業不毛の地”といわれていた沖縄。第4回では、日本の3Dゲーム開発の第一人者で、現在沖縄に拠点を構える武田政樹氏に焦点を当てる。長年ゲーム開発に携わってきた同氏が、なぜ沖縄観光に興味を持ったのか?(2016/7/8)

CGでリアルな車を作るための素体が開発される 1台でほとんどの自動車の再現が可能に
大きさ調整が可能な黒い車体。(2016/7/1)

LIVEWORX 2016:
IoTで目指すべきは“体験”の拡張、PTCがARとの融合で実現
PTCの年次ユーザーカンファレンス「LIVEWORX 2016」の基調講演に、同社社長兼CEOのジェームズ・E・ヘプルマン氏が登壇。「IoTによるデジタルとフィジカルの融合によってエクスペリエンス(体験)を拡張できる。そのための手段になるのがAR(拡張現実)/VR(仮想現実)だ」と訴えた。(2016/6/8)

組み込み開発ニュース:
半年未満でスマートフォン向けARアプリを開発可能に、カギはプラットフォーム化
国連社は、サイバネットシステムやエルバホールディングスとともにAR(拡張現実)技術を活用したスマートフォン向けアプリを開発し、2016年冬からサービスの提供を開始する。サイバネットシステムのARアプリ向けのプラットフォームによって、開発コストを7〜8割低減するとともに、さまざまな用途のアプリでAR技術を利用しやすくした。(2016/5/16)

最新スマートフォン徹底比較:
1万円台の低価格SIMフリースマホを徹底比較――基本スペック&持ちやすさ編
市場価格が1万円台(税別)のAndroidスマホ5機種を比較する。性能は3万円台や4万円台以上の製品と比べてかなり低いが、SNSやYouTubeぐらいならそこそこ快適に利用できる。あまり複雑な使い方をしなければ、かなりコストパフォーマンスの高い端末だ。(2016/5/9)

2016年4月30日まで開催:
「おそ松さん×ナナナ」コラボ企画にARアプリ「COCOAR2」を活用
スターティアラボのARアプリ「COCOAR2」が、テレビ東京とアニメ「おそ松さん」のコラボ企画で2016年4月30日まで活用される。(2016/3/25)

IKEAはARアプリを提供
「VRヘッドセット」を着けて仕事? 注目技術のビジネス活用を考えた
拡張現実(AR)と仮想現実(VR)は消費者市場から企業市場に進出しようとしている。実際に導入する際、最高情報責任者(CIO)は何に気を付けるべきなのかを紹介する。(2016/2/28)

ARを販売促進ツールに:
スターティアがAR制作ソフトにプッシュ通知機能を追加
スターティアラボは2016年2月1日、企業向けAR制作ソフト「COCOAR」において、ユーザーが閲覧したARコンテンツごとに、プッシュ通知を用いて情報提供できる機能を追加したと発表した。(2016/2/2)

ソニー、独自マーカーレスAR技術を一般向けに提供「SmartAR SDK」
ソニーデジタルネットワークアプリケーションズがARアプリ開発キット「SmartAR SDK」を発売した。(2016/1/28)

Lenovo、GoogleのAR(拡張現実)技術「Project Tango」搭載スマートフォンを今夏発売へ
Motorola Mobilityを傘下に持つLenovoが、GoogleのAR技術「Project Tango」採用のコンシューマー向けスマートフォンを今夏発売する。(2016/1/8)

5分でわかる最新キーワード解説:
4Gの先にある世界、体感スループット100倍を目指す「5G」の行方
4G(LTE-Advanced)の次の移動通信規格として開発が進んでいる「5G」。最大10Gps、体感スループット100倍などの実現を目指す「5G」とはどんなものなのでしょうか。(2015/12/8)

ARアプリ制作が簡単に:
拡張現実対応アプリをWeb標準技術で開発、グレープシティがツールを発売
Web標準技術だけで、AR技術を使ったアプリを簡単に作成できるツールが登場。大規模開発向けの環境も。(2015/10/20)

ARアプリをHTML/Javaで開発する「Wikitude SDK」発売 スマートグラスにも対応
グレープシティは、HTMLなどのWeb標準技術でARアプリを開発できるツール「Wikitude SDK」を発売する。(2015/10/20)

3D技術ニュース:
松ちゃんの心の中に住む珍獣の声に耳をすます――そして製造業へ
サイバネットが開発した「立体フィギュア認識ARアプリ」がタカラトミーアーツのAR対応カプセル玩具(ガチャ)の新製品「松本人志 世界の珍獣 第1弾」に採用された。今後はこの技術を製造業向け製品にも利用していきたいとのことだ。(2015/6/11)

お絵描きもゲームもできちゃう!:
約25万円の「VAIO Z Canvas」がタダで手に入る、そう“AR”ならね
六本木ヒルズで開催中の「VAIO Cafe」には、「VAIO Z Canvas」のオーナー気分を味わえるユニークな仕掛けがさりげなく用意されている。テーブルの上にあるカードに注目だ。(2015/5/26)

ディスプレイ技術:
自動車とARアイウェアの“相性”はいいのか? MINIの挑戦
BMWが立ち上げた自動車ブランドのMINI(ミニ)は、上海モーターショーでAR(拡張現実)を採用したアイウェアを披露した。ARアイウェアを装着すれば、ナビゲーションや安全運転においてメリットがあるとしている。ARアイウェアは、果たして自動車分野に受け入れられるのだろうか。(2015/5/13)

現代の五条大橋に弁慶と牛若丸が 今の風景に歴史的事件を発生させるアプリ「Time A Scene」で観光を倍楽しく
スマホをかざすだけで、目の前の桜田門に井伊直弼への襲撃事件が始まる!(2015/4/15)

リコー、プリンタの設置イメージをAR表示で確認できるiOS/Android向けアプリ「RICOH AR」を無償公開
リコーは、同社製プリンタ/複合機を設置した室内イメージを仮想的に3D表示できるARアプリ「RICOH AR」の公開を開始する。(2015/1/27)

SAP、ウェアラブル端末向けARアプリを発売
SAPジャパンは、ウェアラブル端末利用の際にハンズフリーの作業を可能にする拡張現実モバイルアプリケーションの提供を開始する。(2014/11/6)

雪印コーヒー「ゆきこたん」がARで飛び出しライブ 限定パッケージ発売
「雪印コーヒー」の特別版として、公式キャラ「ゆきこたん」がARアプリで飛び出す期間限定パッケージ発売。(2014/10/24)

現場業務へスマートグラス+AR Vuzix M100対応アプリ、SAPがリリース
SAPがスマートグラス「Vuzix M100」との連携に対応するARアプリケーションをリリース。指示書の確認、物流の管理、情報把握、状況送信など、現場業務の作業性を高めるスマートグラスとそのソリューションを、SAPのシステムと連携できるようにする。(2014/10/20)

ジョージアと初音ミクがコラボ 缶POPとARアプリでミクのライブが見られる
限定のモデルやモーション、背景などのアイテムももらえる。(2014/9/16)

拡張現実アプリのDaqri、業務用「スマートヘルメット」を発表
モバイル向けARアプリを手掛けるDaqriが、業務用HUD「Smart Helmet」を発表した。周囲の状況や物体を認識し、道案内や機器の取り扱い説明など、必要な情報を適宜バイザー部分に表示する。(2014/9/8)

ARライブが見られるミクさん目薬がどこにも売ってない!→ファンが自分でパッケージ描いたらこうなった
ロートのデジアイ、おいらも欲しい。(2014/8/7)

ARアプリで街の「謎」を解く テレ朝「東京上級デート2」連動ゲーム AR三兄弟・ホイチョイプロが協力
テレビ番組「東京上級デート2」の世界観と連動したARゲーム企画が始まる。ARアプリを通じ、街中のあらゆるものが参加者に「謎」を語りかけてくるという。(2014/7/16)

ドラえもんの塗り絵が動く、飛び出す グリコのおまけが、なんだこりゃすげーと大人気
ポッキーやビスコについている塗り絵にスマホアプリをかざすと……。(2014/7/4)

歴代のグリコ看板が再現される「道頓堀グリコネオン」展開催
6代目は今秋お目見え。(2014/6/27)

App Town 写真/ビデオ:
ぺんてる、専用カードに描いたイラストが動き出すARアプリ「KakutoAR」リリース
スマートフォン/タブレットをかざすと、専用カードに描いたイラストが動き出すARアプリ「KakutoAR」がリリースされた。カードは期間限定のカフェバーでコースターとして配布する。(2014/6/3)

PAGES TO THE PEOPLE:
ARを使った新曲プロモーションに見る新たな可能性
ポケットティッシュに印刷されたカセットテープの図柄。一見「なんだろう?」と思わせるこのティッシュには、面白い仕掛けがあった。(2014/5/28)

PR:EDGEST×5.4インチの迫力を体感せよ――生まれ変わった「AQUOS ZETA SH-04F」
ドコモのシャープ製スマートフォンとしては初めて「EDGEST」スタイルを採用した「AQUOS ZETA SH-04F」。ディスプレイも5.4インチへと大きくなり、大画面の恩恵を存分に感じられる。進化したSH-04Fの魅力をチェックしていこう。(2014/5/14)

エプソンのスマートグラス発売延期 「開発上の都合」
エプソンは、4月下旬に予定していたスマートグラス「MOVERIO」新モデルの発売を5月29日に延期すると発表した。「開発上の都合」としている。(2014/4/9)

リカちゃんが3人組のアイドルに! 初のARアプリ連動も
リカ、ツバサ、ミサキの3人組アイドルユニット「HGS」爆誕。(2014/3/26)

ARアプリ「Layar」のGoogle Glass版が登場
AndroidおよびiPhone向けAR(拡張現実)アプリで知られるLayarが、Google Glass版Layarをリリースした。(2014/3/24)

KDDIと講談社、auスマートパス会員限定で「進撃の巨人」公式サイトをオープン
KDDIと講談社は、auスマートパス会員向けに「進撃の巨人」の公式サイトを開設した。キャラクター特集や連載式のサイドストーリーなど、限定コンテンツを随時更新していく。(2014/2/17)

円谷プロ、ウルトラ怪獣を撮影&コレクションできるARアプリを配信
「Gゲー byGMO」と「ウルトラマン×Gゲー」のコラボレーション第3弾となるARアプリ「カメラ特捜隊 〜ウルトラ怪獣を追え!〜」が登場。(2014/2/13)

【連載】ちょっと気になるWebキャンペーン:
第29回 カンヌライオンズに「プロダクトデザイン」部門が新設! その内容と業界への影響は?
世界最大級のクリエイティブの祭典「カンヌライオンズ」が新しく「プロダクトデザイン」部門を設けた。どのような作品がこれに該当するのか、そして部門の新設は業界にどのような影響を与えるのだろうか。(2014/2/7)

エプソン、Android搭載スマートグラス「MOVERIO」新型 アプリマーケットや開発者サイト公開へ
エプソンがシースルー型のスマートグラス「MOVERIO」新型を発売。旧モデルより大幅に軽量化し、機能を強化。サードパーティが専用アプリを開発・配信できる仕組みも用意した。(2014/1/28)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。