ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「バブル」最新記事一覧

1月には「バブル」と指摘:
ソロス氏のファンドが仮想通貨参入か 主要仮想通貨が軒並み上昇
先週は主要な仮想通貨が軒並み上昇した。相場を押し上げた要因について様々な見方がある中、その1つとして、仮想通貨ブームを「典型的なバブル」と評した著名投資家のジョージ・ソロス氏の創設したファンドが仮想通貨市場に参入すると伝わったことがある。(2018/4/17)

「頭ながっ!!!」 平野ノラがバブル度MAXの“メガ盛り”ヘア、親友の藤田ニコルも興味津々
親友の初めて見る姿ににこるんもびっくり。(2018/3/9)

3月12日に全国発売、期間限定で:
カルビー、「バブル期の人気ポテトチップス」復刻
カルビーがバブル期にヒットしたポテトチップス3種を復刻。(2018/3/7)

カルビーの80年代ポテチ「エスニカン」「グリルビーフ」が復刻発売 バブル文化ブームを受けて
「お好み焼きチップス」と合わせて3商品が再登場。80年代バブルの雰囲気を味だけでも……。(2018/3/7)

仮想通貨バブルに崩壊の足音!? 投資家が恐れる「テザー・ショック」
今年に入って仮想通貨の価格が下落している。背景の一つとして指摘されているのが中国当局の規制強化の動きだ。中国の投資家は、「テザー」という“抜け道”を活用しているが……。(2018/2/23)

中国規制強化の抜け道だが:
仮想通貨バブルに崩壊の足音? 投資家が恐れる「テザー・ショック」
仮想通貨の価格下落が止まらない。背景の1つとして指摘されているのが中国当局の規制強化の動きだ。(2018/2/23)

社名変更だけで株価2倍:
「ブロックチェーン」の社名で株急伸、ITバブル時彷彿
ブロックチェーン技術人気にあやかろうと社名に「ブロックチェーン」の表記を取り込んだ企業は、社名変更後に株価が急伸している。(2018/2/13)

MONOist IoT Forum 大阪(後編):
中国がバブル崩壊を防ぐ救世主として選んだIoT
MONOistを含むITmediaの産業向け5メディアは、セミナー「MONOist IoT Forum in 大阪」を開催した。後編では、IHS Markitのランチセッションと、その他の講師の講演内容をお届けする。(2018/2/13)

“いま”が分かるビジネス塾:
「仮想通貨はバブルなのか」という議論は不毛だ
現時点において仮想通貨がバブルかどうかを判断するのはナンセンスだと思っている。むしろ仮想通貨に今後、どのような利用形態があり得るのか(またはないのか)について議論した方が建設的だろう。(2018/1/31)

爆騰ビットコイン、韓国発・バブル相場崩壊時の危険
ビットコインをめぐり朝鮮半島が思わぬ注目を集めている。韓国でビットコインが爆騰。相場崩壊時の危険性が指摘されるようになってきた。(2018/1/9)

ビットコイン、100万円突破 1月から10倍に
「ビットコイン」の国内取引所での価格が100万円を突破した。「バブル」という指摘もある一方、値上がり期待から投機マネーの流入が続いている。(2017/11/27)

良好な企業業績で買い続く:
日経平均は「バブル崩壊後高値」を更新、25年10カ月ぶり水準
東京株式市場で日経平均は大幅に4日続伸。1996年6月に付けたバブル崩壊後の戻り高値を更新した。(2017/11/7)

姉妹かな? 平野ノラとにしおかすみこの小道具交換2ショットが違和感なさ過ぎ 「同じ匂いがする」「バブリー世代!」
タイムスリップした気分。なんだこのあふれるバブル感は。(2017/9/3)

政治の不透明感強い:
日経平均動かず、7月値幅バブル後最小 政治と業績の板挟み
7月の日経平均株価は、月間の値幅(高値と安値の差)が344円23銭にとどまった。1986年1月(260円83銭)以来、31年半ぶりの小ささだ。(2017/8/1)

ロッテリアの懐かしの「飲むティラミス」が26年ぶりに帰ってきた! 期間限定で復刻販売
バブル期のティラミスブームで人気を博した、あのシェーキが復活。(2017/6/21)

バブル? ビットコインで“自分の価値”売り出す「VALU」人気 投機的な動きも……運営元が対策
個人が株式会社のように「自分の価値」を発行・交換できる新サービス「VALU」が話題に。バブル的な動きもあったが、運営元は矢継ぎ早に対策を打ち出している。(2017/6/8)

なんだこの組み合わせ! 平野ノラ×トランプマンの2ショットが謎のシンクロ率「リアルなバブル感」
突如現れるトランプマン。(2017/6/1)

「君の名は。」かけた作品も:
「サラリーマン川柳」1位は“ゆとり対バブル”
恒例「サラリーマン川柳コンクール」の上位10選は?(2017/5/22)

水曜インタビュー劇場(ムダ公演):
閑散としていた「競輪場」に、なぜ人が集まってきたのか
バブル崩壊後、公営レースは「氷河期」が続いていた。売上減が続いていたが、ここ数年、反転しつつある。レース場といえば、ゴミが落ちている、トイレが汚い、高齢者が多い、といったイメージがあるが、なぜ売り上げが伸びつつあるのか。その理由は……。(2017/5/10)

ニコニコ超会議2017:
跳べぬ、歩けぬ、立ち上がれぬ! 超・超人スポーツブースの「バブルジャンパー」は超人じゃないとプレイできないレベルの高難易度
多分普通の人はできると思うの。普通の人はね。(2017/4/30)

2020年問題も控える:
金利低下でも伸び悩む不動産株、静かなるバブル崩壊中
日本の長期金利は低下傾向を示しているが、東証REIT指数や大手不動産株が伸び悩んでいる。(2017/4/28)

Facebook、虚偽ニュース対策でタップ前に「関連」リンクを表示するテスト
Facebookが、ニュースフィードに表示する話題の記事の下に「関連」として複数のメディアによる関連記事を表示するテストを開始した。フィルターバブル問題対策の一環だ。(2017/4/26)

OKノーバブリー! バブルが弾けた平野ノラの姿に「綺麗すぎ!」「めちゃかわいい」と反響
「しもしも〜?」とか言わなさそう。(2017/2/27)

イノベーションは日本を救うのか 〜シリコンバレー最前線に見るヒント〜(6):
シリコンバレーに押し寄せた新たなテクノロジーの波
インターネットの登場以降、シリコンバレーではインターネット・バブルがしばらく続いた。多数のドット・コム企業が誕生し、ベンチャーキャピタルはこれらに膨大な資金を投入した。2001年、このバブルははじけ、投資は急激に低下するものの、2003年を底にシリコンバレーは息を吹き返し、それ以降、新たなテクノロジーの波が次々と訪れたのである。(2016/9/9)

オープンな姿勢で「創造と進化」を推進する――NTTドコモ 吉澤和弘社長に聞く
NTTドコモは通信事業のみを提供する“土管屋”の枠組みを超えて、モバイルITを軸にした複合企業体になっている。スマホバブルが終わり、モバイルIT産業全体のビジネス構造が変わる中で、ドコモはどこへ向かうのか。社長に就任した吉澤和弘氏に聞いた。(2016/7/11)

バブルへ出発進行! 神戸電鉄ディスコトレイン今年も開催
ディスコ世代もパリピも一緒にノっちゃお。(2016/7/8)

「ゆとり」と「バブル」世代の入社理由ランキング
就職・転職のための企業リサーチサイトを運営するヴォーカーズは4月20日、「ゆとり」と「バブル」の入社理由ランキングを発表した。(2016/4/20)

来週話題になるハナシ:
バブル到来? 過去最高の売り上げを記録した高級品とは
景気回復の追い風もあり、近年世界的にシャンパンの売り上げが好調だ。2015年は3億1200万本が出荷され、ついにシャンパンの売り上げが過去最高を記録したという。(2016/1/29)

首都圏マンション販売戸数、前年比9.9%減 平均価格はバブル期以来の高水準に
不動産経済研究所によると、昨年の首都圏マンション販売戸数は前年割れだった一方、1戸当たりの平均価格は1991年以来の高値に。(2016/1/19)

バブル期風アイドル「ベッド・イン」、正月に「オールナイトニッポンR」出演決定 これは危険ワード連発の予感!
出演決定のコメントがすでに下ネタ連発で穴という穴からマッカラン出そう。(2015/12/28)

自動運転技術:
「バブル」に沸いた自動運転は「サスティナブル」になれるのか
自動運転元年ともいうべきさまざまなことが世界各地で起こった2015年。自動運転「バブル」と言ってもいいほどの過熱ぶりだが、今の動きは話して「サスティナブル(持続可能)」なものになっているのだろうか。(2015/12/22)

CIOがビジネス向けモバイルアプリ開発で留意すべきこと
“モバイルファースト”バブルに踊らされないための4つのルール
IT企業の最高情報責任者(CIO)は、“モバイルファースト”指向の企業に広がる熱狂的な動きに踊らされることなく、モバイルアプリ開発にはバランスのとれたアプローチをとるべきだ。(2015/11/19)

自然エネルギー:
ゴルフ場が太陽光発電所に変わる、全国各地に広がる建設計画
バブルがはじけた1990年代の後半からゴルフ場の閉鎖が急増して、広大な跡地は用途が決まらないまま放置されるケースが多い。用地を造成する手間が少ないメリットを生かしてメガソーラーの建設が続々と始まった。複雑な地形に大量の太陽光パネルを設置する施工方法にも工夫が見られる。(2015/9/21)

星5つ! オムコ東日本「ナノ バブル H」をレビュー!
今回選んだのはオムコ東日本の「ナノ バブル H」(188円/税込み、店頭価格)だ。(2015/9/3)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
バブル崩壊が生んだBセグメントの隆盛
バブル崩壊以降の長引く日本経済の低迷によって、消費者の意識は大きく変容してしまった。「いつかはクラウン」と言いながらクルマを何度も買い替える時代は終わり、皆が軽自動車とBセグメントを買い求めるようになった。(2015/8/31)

化石燃料に依存する日本の電力事情(2):
電気料金が4年間で25%も値上がり、それでも1980年代より安い
震災後に電力会社が相次いで電気料金を値上げした結果、2014年度までの4年間に家庭向けで平均25%、企業向けは38%も価格が上昇した。国民の負担額は3兆円近く増えたが、節電対策が進んで電力の使用量は減り続けている。現在の電気料金はバブル期の1980年代と比べると低い水準だ。(2015/7/23)

日経平均、ITバブル期超え 18年半ぶり水準
6月24日午前の東京株式市場で、日経平均株価がITバブル期の最高値を超えた。(2015/6/24)

バブル再来なるか? ボディコンロックのパイオニア、地下セクシーアイドル「ベッド・イン」に直撃取材!
あ、そーれそーれ!(2015/6/8)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
トヨタの戦略は正解なのか――今改めて80年代バブル&パイクカーを振り返る
トヨタを始め、今、世界の有力な自動車メーカー各社はモジュール化戦略と称し長期計画を進めている。しかし、合理化・最適化の先に、真の進化はあるのだろうか? 今回はそんな問題意識を端緒に、ある面白いクルマの話をしてみたい。(2015/5/18)

3000万ダウンロード突破の人気パズルゲーム続編「LINE バブル2」の事前登録受付がスタート
世界中で3000万ダウンロードを突破した「LINE GAME」のパズルゲーム「LINE バブル」。その続編「LINE バブル2」の事前登録受付がスタートした。(2015/3/31)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
自分のキャリアデザインは自分で考えるしかない、という現実
バブル大量採用世代&団塊ジュニア世代は現在、働き盛りの40歳代。40代社員が多いという企業は多いはずですが、半面「歳を取っても会社で偉くなれなくなった」のも事実。もし明日、会社から放り出されたら……あなたは次に何の仕事をしますか?(2015/2/16)

仕事をしたら“銀座のママ”になった(前編):
銀座で“異変”! なぜ26歳の女性が、高級クラブのママになれたのか
バブル崩壊後、銀座のクラブで破られなかった記録がある。それは「最年少」「最短」のママ。20年以上に渡って破られなかった記録が、ある女性によって更新されたのだ。銀座界隈で“異変”と呼ばれている女性に直撃したところ……。(2015/1/21)

プログラマ社長のコラム「エンジニア、起業のススメ」(10):
「バブル期の日本」と「シリコンバレーなう」の共通点
シリコンバレーでは今、二流エンジニアたちがオフィスの卓球台の周りで多忙ぶりを嘆き合っている。その姿はまるで、バブル時代のニッポンのサラリーマンのようだ。(2014/8/5)

藤田正美の時事日想:
金融緩和で世界にあふれた“イージーマネー”、いつになったら正常化?
米国のFRBが金融緩和の縮小に向けて動き出しているが、これは金融上昇によるリスクもはらむ難しい問題だ。そもそも、世界的なバブルの後始末に苦労するという状況自体が、人類史上初めてなのである。(2014/6/25)

好況から突如どん底に バブル崩壊の記憶
出版界の最重要人物にフォーカスする『ベストセラーズインタビュー』。今回は1月に新刊『手のひらの音符』を刊行された小説家の藤岡陽子さんのお話を伺いました。(2014/3/25)

世の中の動きの個人資産への影響を考えてみる:
南欧にチャイナマネーが入って不動産バブルが再燃?
2014年2月、日経平均株価が1日で500円以上下落して世界の金融市場が混乱しました。日本のアベノミクス景気にも、冷や水が浴びせられた格好になりました。投資マネーは株式だけでなく商品市場や原油などの資源に向かうこともありますが、不動産に向かうとやっかいなことになります。(2014/3/10)

人に話したくなるコラム:
ご存じ? ヨーグルト「Chobani(チョバーニ)」がヒットした秘密
今、ニューヨーク州で“ヨーグルトバブル”が到来している。その中心にいるのが、ギリシャヨーグルトの「Chobani(チョバーニ)」だ。人気の秘密は……?(2014/3/7)

ぼよよ〜ん! 15キロの巨大ボールをかぶって走り回る「バブルサッカー」やってみた
ビニール製の巨大なボールを上半身にかぶってサッカーをする「バブルサッカー」に初挑戦しました。(2014/2/23)

欧州人気の「ボール人間」になってサッカーする「バブルサッカー」が日本初上陸 記念大会の参加者を募集中
巨大ビニールボールをかぶってぶつかり合ったり跳ねたりして遊ぶ変則的サッカーが、いよいよ日本でも遊べる。(2014/2/5)

情報収集はデジタルだけでなく、折込チラシや通販カタログを活用――バブル世代
買い物(日用品以外)のきっかけになる情報源は何ですか? 首都圏・名古屋圏・大阪圏に住む1959〜1970年生まれのいわゆる“バブル世代”に聞いた。JTB総合研究所調べ。(2014/1/16)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。