ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

競合 に関する記事 競合 に関する質問

「競合」最新記事一覧

「銀河鉄道999」や「貞子」も……カラオケ・ホテルが“三顧の礼”で提携する「アニメ」
関西のカラオケ店やホテルがアニメキャラを素材にした空間演出に注力。“レア感”でファンを取り込み、競合他社との差別化を目指している。(2014/4/14)

ラティスセミコンダクター ECP5ファミリ:
小型で低コストと低消費電力を達成、量産用途向けミッドレンジFPGA
ラティスセミコンダクター(以下、ラティス)の「ECP5」ファミリは、通信システムなどに搭載されるASICやASSPの機能を補完するコンパニオンチップとして仕様を最適化したFPGAである。競合メーカーの同等機能品に比べて、価格は最大40%安く、消費電力は最大30%の削減を可能とした。(2014/4/11)

ビジネスニュース 企業動向:
米国勢に負けない! 高収益アナログICメーカーを目指しトレックスが株式上場
トレックス・セミコンダクターは2014年4月8日、株式上場に伴う会見を都内で開催し、高性能アナログ電源IC分野で先行する米国メーカーと競合しながら、中長期的に営業利益率25%以上という高い収益性を目指す方針を示した。(2014/4/9)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
経営者・営業幹部必見! 社運をかけた「事業」を成功させる方法
市場競争の本質は旺盛な消費意欲をもった買い手から「競合」よりも支持を得ること。思うように売れないと嘆くまえに、そもそも市場競争では有利な戦いができているのかを徹底的に洗い出してみてほしい。(2014/4/3)

4月24日までの期間限定:
新メニュー「BIG KING」登場、7年目のバーガーキングが目指す“原点”とは
バーガーキングが新メニュー「BIG KING」を投入。巨大なパティを2枚使ったボリュームのある商品だ。ハンバーガー自体の質の高さをアピールするなど、「原点回帰」をうたう同社だが、競合他社と明確に差別化したいという狙いが込められている。(2014/4/2)

Microsoft、Nokiaの端末部門買収完了が4月にずれ込むと発表
2014年第1四半期中の完了が見込まれていたMicrosoftによるNokia端末部門買収が4月にずれ込む。競合メーカーによる中国当局への申し立てが原因のようだ。(2014/3/24)

電気自動車:
NECがA123システムズの蓄電システム事業を買収、入札で負けた中国企業から
NECは、中国の大手自動車部品メーカーである万向集団(Wanxiang Group)の傘下にあるリチウムイオン電池メーカー・A123 Systems(A123システムズ)の蓄電システム事業を約1億米ドルで買収する。NECと万向集団は2012年12月、A123システムの資産売却入札で競合。万向集団が落札したという経緯があった。(2014/3/24)

ビジネスニュース 企業動向:
エンジニアが最重要視するリファレンスデザインを見直し、強化――マキシム
Maxim Integrated Productsは、半導体製品販売サポートの一部として提供するリファレンスデザインの開発強化を実施している。リファレンスデザインの開発専門チームを新設し、「完全で、競合他社よりも優れたリファレンスデザインの開発を加速させる」(同社)という。(2014/3/24)

Microsoft、Mac版OneNoteを今月リリースか──米報道
MicrosoftがEvernote競合の「OneNote」のMac版を間もなくリリースするとThe Vergeが報じた。同時に、現在有料のWindows版が無料になるという。(2014/3/13)

ソーシャル雑誌アプリのFlipboard、パーソナライズ雑誌アプリのZiteを買収
ニュースキュレーションアプリのFlipboardが、競合するZiteを買収する。Ziteの高度なパーソナライズ機能がFlipboardに統合され、Ziteの提供は終了する。(2014/3/6)

Maker's Voice:
ファイアウォールの老舗がみている次のセキュリティ対策
「競合がベンチマークにしているのは誇らしい。だが、我々は次に向う」。Check Pointバイスプレジデントのマックワーター氏は、新たなセキュリティ対策にも注力すると明言した。それは何か――。(2014/3/5)

誰もが足を止める:
子どもから大人まで惹き付けるスウェーデンのデジタルサイネージ広告
髪が逆立つ地下鉄広告、競合企業を吹き飛ばす――。スウェーデンのドラッグストア・ブランド「Apotek」が地下鉄構内で展開しているサイネージ広告が話題となっている。(2014/2/28)

「N BOX」「タント」「スペーシア」と比較:
最後発の「デイズ ルークス」と「eKスペース」は競合3車種に勝てるのか
日産自動車の「デイズ ルークス」と三菱自動車の「eKスペース」が発売された。スーパーハイトワゴンタイプの軽自動車としては最後発となるが、競合車種であるホンダの「N BOX」、ダイハツ工業の「タント」、スズキの「スペーシア」との市場競争に勝てるのだろうか。(2014/2/21)

Facebook、LINE競合のWhatsAppを160億ドルで買収
Facebookが、LINEのようなモバイルメッセージングアプリを手掛けるWhatsAppを買収する。Instagramと同様に独立したサービスとして運営し、Facebookメッセンジャーも別サービスとして継続する。(2014/2/20)

徹底入門:財務諸表分析(1)
今から役立つ「財務諸表」の基礎と活用法
企業の財務データが書かれている財務諸表を使えば企業のさまざまな姿を分析できる。本連載では競合分析、転職など用途別に財務諸表の分析方法を解説する。第1回は財務諸表の基礎知識について。(2014/2/10)

欧州委員会、Googleの改善案を受け、独禁法違反調査を終了へ
欧州委員会は、Googleが検索結果を自社に有利になるよう操作したという競合の申し立てを受けて2010年から行ってきた独禁法調査の終了に踏み出した。(2014/2/6)

ソフトウェア化はさらに進行する:
AWSが最大のライバル、山野氏が語った「EMCの再定義」
EMCジャパンの代表取締役社長、山野修氏は、「ITの再定義」を2014年の日本市場におけるキーワードに挙げた。競合として最も意識しているのはAmazon Web Services(AWS)だとし、第2のプラットフォームから第3のプラットフォームへの橋渡しを支援する役割を果たしていきたいと話した。(2014/2/3)

携帯シェア低下止まらぬドコモ グループ再編も回復策見えず
競合2社への顧客流出が響き、ドコモの携帯電話シェア低下が続いている。抜本改革が急務だが、改革のスピードは止まってみえる。(2014/2/3)

無線通信技術:
Qualcommが5GHz帯を利用するLTE-Advanced技術を開発へ――Wi-Fiとの競合も
Qualcommは、5GHz帯を使用するLTE-Advancedに対応するための技術を開発したと発表した。免許不要の5GHz帯の使用は、Wi-Fiとの競合も予想される。(2014/1/29)

気鋭の経営者に聞く、組織マネジメントの流儀:
成長の原動力は会社の生き様をもっと「面白」くという発想(前編)
ニッチな分野でオンリーワンのサービスを作ることが得意な面白法人カヤックは、競合と競うのではなく、新しい領域を切り開きオリジナリティを追求している。次々とユニークなサービスを生みだす組織は、どのように形成されているのか。(2014/1/27)

安全システム:
新型「ティアナ」が“世界初”の後輪マルチリンクサスを採用、安定性が大幅向上
日産自動車は、中型セダン「ティアナ」をフルモデルチェンジし、2014年2月5日から国内での販売を開始する。「世界初」(同社)となるコネクトブッシュを採用したマルチリンクサスペンションにより、競合車を上回る操縦安定性を実現しているという。(2014/1/24)

メッセージングアプリのWhatsApp、アクティブユーザーが4億人突破
LINEの競合となるWhatsAppが、月間アクティブユーザー数が4億人を突破したと発表した。LINEは先月、ユーザー数が3億人を超えたと発表している。(2013/12/20)

安全システム:
新型「エクストレイル」の自動ブレーキ機能、価格は7万7700円に設定
新型「エクストレイル」の価格情報が公開された。単眼カメラを用いた自動ブレーキ機能などを有する「エマージェンシーブレーキパッケージ」の価格は7万7700円。この価格設定は、安価な自動ブレーキ機能の搭載で先行した競合他社を強く意識したものだ。(2013/12/11)

エコカー技術:
ホンダ「Nシリーズ」の新たな革新「N-WGN」、燃費性能で競合車種と肩を並べる
ホンダの軽自動車「Nシリーズ」の最新モデル「N-WGN」は、Nシリーズの最大の短所だった燃費性能を大幅に改善し、JC08モード燃費で29.2km/lを達成した。これは、競合するダイハツ工業の「ムーヴ」の29.0km/lを上回り、日産自動車と三菱自動車の「DAYZ/eK」の29.2km/lに並ぶ。N-WGNはいかにして燃費性能を向上したのだろうか。(2013/12/6)

ET2013:
イマジネーションとして初のMIPSアーキテクチャ「Warrior」をアピール
イマジネーションテクノロジーズは、MIPSアーキテクチャの5世代となる32/64ビットCPUコア「Warrior」ファミリを開発した。その第1弾として2013年11月に「P5600」を発表した。競合のCPUコア製品に比べて同じ処理性能であればダイサイズ、消費電力ともに小さいという。(2013/11/27)

マイクロチップ PIC32MZファミリ:
MIPS microAptivコア採用で性能3倍に、マイクロチップの新型32ビットMCU
マイクロチップ・テクノロジーの「PIC32MZ EC(Embedded Connectivity)」ファミリは、同社従来品に比べ約3倍の演算性能を実現しつつ、競合製品に比べコード密度を30%向上した32ビットマイクロコントローラ(MCU)である。民生用オーディオやFAシステム、ビル制御システム、車載電子システム、セキュリティ機器など、幅広い用途に向ける。(2013/11/22)

ET2013:
産業機器にもSATA 6.0Gbpsを、ハギワラソリューションズが2.5インチSSDを展示
ハギワラソリューションズは、産業機器向けにSATA 6.0Gビット/秒(Gbps)の2.5インチSSDを「ET2013」で展示した。現在、産業機器の分野では3.0Gbpsが主流だが、「競合他社よりもひと足先に、6.0Gbps 2.5インチSSDの量産体制を整えたい」(同社)としている。(2013/11/21)

図書館の電子書籍貸し出し 読める本は少ないが……出版社、協力の動きも
電子書籍の貸し出しサービスを行う公共図書館が増えてきた。これまで「競合」してきた出版社の姿勢も変わりつつある。背景や現状、課題は。(2013/11/21)

機能も価格もSurfaceと酷似
「Surface競合タブレット」をNokiaが発表、買収するMicrosoftの胸中は
「Surface 2/Pro 2」の投入で市場シェア拡大を目指すMicrosoft。一方、同社が買収するNokiaの携帯端末部門も、Surfaceの競合とも取れるタブレットを発表。両者の思惑とは?(2013/11/18)

GartnerのMagic Quadrantから読み解く
IaaS市場の絶対的王者、AWSに死角はあるか?
Gartnerが2013年に公表したIaaSに関するMagic Quadrantによると、Amazon Web Services(AWS)は既に圧倒的リーダーとして突出した地位を築いている。一方で、競合サービスがAWSに付け入る隙は残されているのか。(2013/11/13)

「アルファード」「エルグランド」と比較:
新型「オデッセイ」はなぜ超低床化しなければならなかったのか
ホンダの新型「オデッセイ」は、全高を従来モデルの1545mmから150mm引き上げて1695mmとするとともに、超低床プラットフォーム」を採用。上級ミニバンとして競合する、トヨタ自動車の「アルファード/ヴェルファイア」や日産自動車の「エルグランド」と同等クラスの室内高さを実現した。(2013/11/1)

Web担 田中の憂鬱――その原因と対策とは?
マンガ『日本のWeb担はツラいよ』:スマホサイトを作ったら、顧客のカードが不正利用された
競合に負けまいとばかりに、急ピッチで進めたWebサイトのスマートフォン対応。売り上げも順調に伸びて祝勝ムードに包まれた矢先、「クレジットカードが不正利用された」との顧客の苦情が飛び込んできた――。(2013/11/1)

マイクレル MIC24085xファミリ:
実装面積を約26%削減、出力電流3AのDC-DCコンバータ
MIC24085xファミリは、出力電流が3AのDC-DCコンバータである。最大効率は90%で、パワーMOSFETを集積することにより、同等の出力電流に対応した競合製品に比べて、基板への実装面積を約26%削減できるという。(2013/10/31)

リニアテクノロジー CTO ロバート ドブキン氏:
競合が作れるようなものは、開発しない
リニアテクノロジーの最高技術責任者(CTO)であるロバート ドブキン氏がこのほど来日し、EE Times Japanのインタビューに応じた。極めて技術志向の強い同社の技術部門トップであるドブキン氏に、リニアテクノロジーの技術開発方針などについて聞いた。(2013/10/29)

Amazonの新型電子書籍リーダー「Kindle Paperwhite 2013年モデル」を使ってみた
読書をするのであればこの端末が一番適している——Amazonが自信を持って送り出した「Kindle Paperwhite」2013年モデル。前モデルや競合製品との違いを動画を交えてリポート。(2013/10/28)

ソニーの新型電子書籍リーダー「PRS-T3S」を使ってみた
ソニーが10月4日から発売した電子書籍リーダー「PRS-T3S」。ライト付きカバーの使用感、先代の「PRS-T2」や競合製品との違いをリポート。(2013/10/25)

スマホ2強時代の生き残り戦略とは
Appleの遠い背中……競合ベンダーの失敗/復活ストーリー
今やスマートフォン市場は米Appleと韓国Samsungに席巻されている。中国Huaweiなどの競合企業がこの2強時代を生き抜くにはどうしたらいいのだろうか。(2013/10/24)

テスト/計測:
スマホなどの生産ライン用無線テスト、競合製品に比べ5倍のスループット
ワイヤレス機器の量産ライン向け試験装置を手掛ける米国のLitePoint(ライトポイント)は、ワイヤレス機器を最大4台まで並列に接続し、さまざまな無線規格に対応した物理層のテストを同時に行えるテスター「IQxel-M」を発表した。同社は「ワイヤレス機器を1台ごと測定する競合製品と比べて、5倍の測定スループットを実現できる」という。(2013/10/23)

リニアテクノロジー 会長 ロバート H.スワンソン氏:
優秀な技術者がいるから「競合には追い付かれない」
リニアテクノロジーの創業者で会長を務めるロバート H.スワンソン氏がこのほど来日し、EE Times Japanのインタビューに応じた。民生機器向けビジネスに「将来はない」と自動車、産業機器重視の事業戦略を選択し、事業成長の持続を実現するスワンソン氏に、事業戦略やリニアテクノロジーの強さの理由などを聞いた。(2013/10/22)

プロセッサ/マイコン:
BroadcomがARMベースの64ビットSoC投入へ、MIPSからシフト
Broadcomは、MIPSアーキテクチャからARMアーキテクチャにシフトしていくようだ。同社の競合先も同じような計画を発表している。Broadcomは、まずは16nm FinFETプロセスを用いてカスタムコアを製造するという。(2013/10/22)

Windows Azure情報アップデート:
Microsoft、クラウドの新製品やサービスでAWSに対抗
米Microsoftは、企業向けの新しいクラウド製品やサービスを発表した。Windows Azureの値下げやビッグデータ分析サービスなどの強化を通じ、競合する米Amazon Web Servicesに対抗する。(2013/10/8)

エコカー技術:
新型「タント」の燃費が「スペーシア」を超えなかった理由
ダイハツ工業はスーパーハイトワゴンタイプの軽自動車「タント」をフルモデルチェンジした。JC08モード燃費は28.0km/l。従来モデルから12%向上したものの、競合車種の「スペーシア」の29.0km/lを上回ることはできなかった。これは、軽量化によって得られた車重の余裕を、燃費性能ではなく、使い勝手と乗り心地に振り分けたためだ。(2013/10/4)

eBay、傘下PayPalの競合Braintreeを8億ドルで買収
AirbnbやUberを顧客に持つWeb/モバイル決済サービスのBraintreeが、PayPalに統合される。(2013/9/30)

視点:
人口高齢化の企業経営への示唆
人口の高齢化を「脅威」ではなく「機会」と捉え、いかに競合他社に対して先んずるか。これが今後企業に求められていく。(2013/9/30)

田中克己の「ニッポンのIT企業」:
競合にはないクラウドで地銀を支援 フューチャーアーキテクト
フューチャーアーキテクトが金融機関向けクラウドサービスに乗り出した。競合他社との差別化を図り、5年間で30社のユーザー獲得を目指す。(2013/9/25)

昨日の敵は今日の友
対GoogleでAppleに急接近――MSバルマーCEO 最後の“口撃”
Microsoftのスティーブ・バルマーCEOは投資家向け電話会議の席上で、Googleのビジネスを非難し、対抗策としてAppleとの協業を説明した。MicrosoftとGoogleは現在、検索市場やオフィススイート製品など、さまざまな分野で競合関係にある。(2013/9/25)

クラウドストレージのBox、オンラインワープロ「Box Notes」を発表
GoogleドライブやSkyDrive、Dropboxなどと競合するクラウドストレージのBoxが、Google DocsやOffice Web Appsのようにクラウドストレージ上のファイルを共同編集できるワープロ「Box Notes」を発表した。(2013/9/17)

主要ベンダー13社のITサービス売上高、「プラス成長かつ低成長化」に
IDC Japanは、2013年3月期の国内ITサービス市場におけるベンダー競合分析結果を発表した。(2013/9/12)

アナログ・デバイセズ AD7960/AD7961:
サンプリング速度が最大5Mで消費電力39mW、ADIの18ビットSAR ADC
アナログ・デバイセズ(ADI)の18ビット逐次比較型(SAR)A-Dコンバータ「AD7960」は、サンプリング速度が最大5Mサンプル/秒と高速で、同時に低消費電力を実現した。競合する同等品に比べ最大サンプリング速度は2倍で、5Mサンプル/秒で動作時の消費電力はCNV信号がLVDSモードで46.5mW(CMOSモードでは39mW)と約70%少ない。(2013/9/6)

元Microsoft幹部のシノフスキー氏、SkyDrive競合のBoxの顧問に就任
昨年秋にMicrosoftを退社し、最近大手ベンチャーキャピタルに参加したスティーブン・シノフスキー氏が、クラウドストレージサービスの新興企業Boxの顧問に就任した。(2013/8/30)



オープンソースのSSL/TLS実装である「OpenSSL」に深刻な脆弱性が見つかった。エンドユーザーが解決できる問題ではないが、利用しているサービスの対応状況の確認や対応後のパスワードの変更など、慎重な姿勢が求められる。便乗するスパムメールにも注意が必要だ。

通信キャリアのMVNOとして月額1000円を切る格安SIMを提供するサービスが増加している。これまで日本ではほとんど存在感がなかったSIMフリーの端末にも、この動きに合わせて注目が高まっている。

ソフトバンク傘下で6月に合併予定のイー・アクセス、ウィルコムを、同じタイミングでヤフーが買収することとなった。これまでのサービスを引き継ぎつつ、Android端末を中心に展開し、自社のサービスとの連携を図っていくようで、「インターネットキャリア」を標榜している。