ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「競合」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「競合」に関する情報が集まったページです。

Microsoft、「Slack」対抗の「Teams」を無料で提供開始 日本でも
Microsoftが、Slackと競合するコラボレーションツール「Microsoft Teams」を「Office 365」抜きで無料で利用できるようにした。無料版でもSlackの無料版と異なり、メッセージ件数に制限がない。(2018/7/13)

“SD-WAN先駆者”日商エレクトロニクスがSD-WANの新たな導入ステージを確信:
PR:マルチクラウドや働き方改革推進をきっかけとしたSD-WANの本格導入が加速する
日商エレクトロニクスは、シスコシステムズの競合といえるネットワーク製品ベンダーを、長年扱ってきたことで知られる。その同社が2018年6月1日、シスコと共同でセミナーを開催、今後も緊密な協業を進めていくという。それはなぜか。SD-WANが今年から日本で大きな波となることを、両社が確信しているからだ。(2018/7/9)

米半導体大手Micronに対し、中国裁判所が販売差し止めの仮命令
米半導体大手Micron Technologyに対し、中国の裁判所が中国での26製品の販売差し止めの仮命令を出した。競合の台湾UMCが起こした特許侵害訴訟でのUMCの主張を受け入れたものだ。(2018/7/4)

Infineonのパワー半導体戦略:
積極増産投資、カスタム対応で日本の競合に対抗
Infineon Technologies(日本法人:インフィニオン テクノロジーズ ジャパン)は2018年7月3日、都内でパワー半導体事業に関する記者会見を開き、国内パワー半導体市場でのシェア向上に向けた取り組みなどについて説明を行った。(2018/7/4)

コーヒーの味わい深い戦略:
森永のカフェラテが強敵・スタバの「おかげで」売れた秘密
森永のチルドカップコーヒー「マウントレーニア」はカフェラテ市場を切り開いた商品。当初は伸び悩んだが競合であるスタバが参入したことで市場が活性化してヒットした。(2018/7/4)

「Office 365」への対抗
Googleの「ハングアウトMeet」、Skype for Businessなど競合製品との相互運用可能で支持拡大?
GoogleはWeb会議プラットフォーム「ハングアウトMeet」で、Microsoftの「Skype for Business」や、Cisco、Polycomのビデオ会議システムとの相互運用を可能にする。この対応は企業ユーザーの支持を集めそうだ。(2018/6/25)

キャラも人気の「my daiz」:
競合ひしめく「AIエージェント」にあえて挑戦、なぜ? ドコモに聞く
NTTドコモが5月末、AIを活用した音声対話サービス「my daiz」をリリースした。Apple、Amazon、Googleなどの競合がひしめくこの分野にあえて参入したのはなぜか。開発担当者に話を聞いた。(2018/6/15)

本気で対抗できるか:
メガ銀がキャッシュレス決済事業に参入、NTTデータと競合も
三菱UFJフィナンシャル・グループと三井住友フィナンシャルグループが、キャッシュレス経済の進展を見据えて決済インフラビジネスに参入する。(2018/6/5)

Steamのゲームがスマホで遊べるアプリ「Steam Link」 iOS版は「ビジネスの競合」を理由にAppleがブロック中と判明
Android版は既にβ版がリリース中。(2018/5/25)

競合より電力性能比10倍の向上:
富士通のAIプロセッサ、演算精度とμアーキに工夫
富士通は、同社のプライベートイベント「富士通フォーラム2018 東京」(2018年5月17〜18日、東京国際フォーラム)で、ディープラーニング処理に特化したプロセッサ「DLU(Deep Learning Unit)」を展示した。競合となる既存のアクセラレーターと比較して、10倍の電力性能比を実現するとしている。(2018/5/23)

Walmart、インドEC最大手Flipkartの160億ドルでの買収を発表 ソフトバンクは株式売却
Amazon.comと競合する米小売り大手のWalmartが、インドECサイトの最大手であるFlipkartの買収を発表した。株式の77%を約1兆7500億円で取得する。主要株主だったソフトバンクは持ち株をWalmartに売却した。(2018/5/10)

格安航空会社に似ている?
IaaSのダークホース「Alibaba Cloud」分析、ビッグスリーの競合となるか
AlibabaがIaaS市場での勢いを増し続けている。一部のライバルほど幅広いサービスを提供しているわけでもないのに、一部の小企業がAWSからの乗り換えを検討し始めている。(2018/5/4)

三菱ふそう、3D技術で車両デザイン 「ホロレンズ」導入、効率化
商用車のデザイン部門に取り入れる。親会社の独ダイムラーやグループ各社と連携するデザイン業務にも生かし、競合メーカーとの差別化につなげたい考えだ。(2018/4/26)

1人負けした理由:
スシローの進化についていけなかったかっぱ寿司
かつて業界をリードする立場だったかっぱ寿司が、競合他社に次々と追い抜かれている。逆転を許してしまった背景にはいったい何があるのだろうか。(2018/4/26)

重要度が増した組み込み市場
IntelとAMDが組み込み市場で熱いバトルを繰り広げるのはなぜか
EPYCでサーバ市場にAMDが返り咲き、Intelとの競合が再び注目されるようになった。両社の戦いはデータセンター市場だけでなく、組み込み市場に拡大している。両社がこの市場を重視する理由とは?(2018/4/24)

パブリッククラウド市場の椅子取りゲーム
AWS、Azure、Googleに続く、4位以下のクラウドベンダーはどこ?
一握りの企業がパブリッククラウド市場の大半を支配することになるのだとしても、まだ競合企業が参入する余地はあるだろうか、それとも遅過ぎるのだろうか。(2018/4/17)

「PUBG」開発元が「荒野行動」など競合タイトル2作品を提訴 配信・開発の停止を求めて
両作品によって「回復不能な被害を受けた」と主張。(2018/4/6)

多様化するデータ連携と活用のニーズに対応:
SimilarWeb Japan、アタラと提携
SimilarWeb Japanは、競合分析ツール「SimilarWeb」の拡販とデータ連携サービス強化のため、アタラとパートナーシップ契約を締結したことを発表した。(2018/4/2)

「ChatOps」の主役になり得るか
GoogleのSlack競合チャットツール「Hangouts Chat」は“本家”に勝てるのか
一般向け提供が始まったGoogleのチャットツール「Hangouts Chat」。既に「Slack」をはじめとする競合ツールの普及が進んだ今、勝算はあるのか。(2018/3/23)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(105):
ディスク署名/識別子の重複実話(とSysprepが重要な理由)
「マシンSIDの重複神話」をご存じでしょうか。この神話についてはすぐ説明しますが、仮想マシンのコピーからクローンを次々に作成する場合に、知っておくべき事実です。これになぞらえて、今回はOSのインストール先ディスクに書き込まれるディスク署名が、競合(重複)によって書き換わってしまったときのトラブルの話を紹介します。(2018/3/13)

石川温のスマホ業界新聞:
商用化に向けて、5G一色だったMWC――NTTドコモが頭を抱える「競合他社のなんちゃって5G」
先日閉幕した「Mobile World Congress 2018」は、5Gの話題で持ちきりだった。しかし、「5G」の定義について、悩ましい事態が既に進行しつつある。(2018/3/9)

企業の隠蔽体質の改善にもつながる:
PR:仮想通貨だけではない!ブロックチェーンで信頼が担保された新たな経済圏を構築するための3つの勘所
ブロックチェーンの本質的な価値は、取引の信頼性を担保できることであり、「競合との協業」を実現するような、経済の仕組み自体をも変えてしまう可能性があることだ。本稿では、ブロックチェーンにおける「開発」「ガバナンス」「運用」の課題について、解決に向けた勘所と求められる技術要件を明らかにする。(2018/3/13)

レストラン予約サービスの社員が競合サービスから数百のニセ予約、解雇に
レストラン予約サービスOpenTableが謝罪しています。(2018/3/6)

Apple、オーバーイヤー型ヘッドフォンを年内発売か?──Bloomberg
Appleが、傘下のBeatsと競合するオーバーイヤー型無線ヘッドフォンを開発中であると、Bloombergが報じた。早ければ年内に、ノイズキャンセリング機能付きのハイエンド製品が発売されるかもしれない。(2018/3/6)

Google、Slack競合の「Hangouts Chat」をG Suiteで提供開始
Googleが、昨年予告していたG Suiteユーザー向けの新チャットサービス「Hangouts Chat」の公式版を公開した。Slackのチャンネルのようなチャットルームやbot機能を備え、G Suiteのドキュメントの共有も可能だ。(2018/3/1)

セスナ上回る:
ホンダジェットが初の世界首位、17年納入機数で競合のセスナ機抜く
ホンダの小型ビジネスジェット機「ホンダジェット」の2017年の納入機数が、小型ジェット機部門で米セスナの競合機を抜き、初めて世界トップとなった。(2018/2/22)

Qualcomm、Broadcomの2度目の買収提案も拒否
Qualcommが、競合する半導体大手Broadcomからの修正買収提案も拒否した。QualcommはBroadcomに対し、話し合いを申し出た。(2018/2/9)

緊急インタビュー MAYA SYSTEMはなぜFREETELの端末事業を引き継いだのか
FREETELブランドの新機種が約1年ぶりに登場。現在の運営元であるMAYA SYSTEMは、なぜプラスワン・マーケティングから端末事業を引き継いだのか。競合がひしめくSIMフリー市場でどのように存在感を出していくのか。(2018/2/9)

期末の資料作成をサポート:
スマホアプリ分析のフラー、アプリの「特急分析レポートサービス」を提供
フラーは、2018年3月末までの限定でアプリ業界に特化した市場や競合の調査・分析を特急で代行する「特急分析レポート」を開始した。(2018/2/5)

4〜12月は増収減益:
ドコモ、楽天参入に強気の姿勢 吉澤社長「もともと競合だ」
NTTドコモの吉澤和弘社長が、決算会見で楽天参入についてコメント。「ドコモと同じ顧客基盤を強みとしており、もともと競合していると捉えている」と強気の姿勢を示した。17年4〜12月期の連結決算は増収減益だった。(2018/1/30)

Weekly Memo:
オラクルはクラウドの新規顧客をどうやって増やすのか
クラウド事業に注力している日本オラクルは、新たな顧客をどうやって増やそうとしているのか。「競合クラウドサービスとの価格競争力に自信あり」と話す、同社のキーパーソンに聞いてみた。(2018/1/29)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
乗り合いタクシーとローカル鉄道は共存できるか
東京都町田市が乗り合いタクシーの運行実験を始める。乗り合いタクシーとはどのような仕組みだろうか。そして、鉄道やバスとの関係は競合か共存か。(2018/1/26)

久納と鉾木の「Think Big IT!」〜大きく考えよう〜(2):
ディスラプターに負けたくない
競合するのか、協業するのか、それには前提条件がある。スピードと俊敏性の足かせとなる盲点とは?(2018/1/26)

ワイヤレス充電で差別化:
投球の「伸び・キレ」、スマホで分かる ミズノ“IoT野球ボール”の勝算
ミズノと愛知製鋼が“IoT野球ボール”を「ウェアラブルEXPO」に出展。投げたボールの速度や回転数を分析できるという。競合製品の「i・Ball Technical Pitch」とどのような点で差別化を図っているのだろうか。(2018/1/18)

ITはみ出しコラム:
家電、クルマ、PCにも……Amazon Alexaの勢いは2018年も続きそう
利用可能なスキル数、対応製品数で競合を引き離す「Amazon Alexa」。CES 2018も席巻し、その勢いは2018年も続きそうです。(2018/1/14)

専門家は「現実的だ」と評価:
自動運転ではカメラを重視、CESでIntelが基調講演
「CES 2018」の基調講演に登壇したIntelは、自動運転車向け開発プラットフォームを紹介した。競合陣営がレーダーやライダーなどを活用するAI(人工知能)ベースのセンサーフュージョンに注力するのに対し、Intelは“カメラ”の活用を最優先する考えだ。(2018/1/11)

Amazon.com、Nest競合のホームセキュリティ企業Blinkを買収
Amazonが、1個99ドルの安価なWi-Fiホームカメラやカメラ付きドアベルなどのセキュリティ製品を販売する新興企業Blinkを買収した。(2017/12/25)

Amazon、「Apple TV」やGoogleの「Chromecast」の販売を再開
「Fire TV」と競合する「Apple TV」と「Chromecast」を扱っていなかったAmazonが、それらの販売を再開した。Googleは、相互の顧客のためになる合意を目指してAmazonと話し合っているという。(2017/12/15)

自然エネルギー:
次世代バイオガソリン、食糧と競合しないバイオマスから生成に成功
昭和シェル石油は食糧と競合しないバイオマス原料から、ガソリン基材などに利用可能な有機化合物の製造に成功。2025年までに実用化する方針だ。(2017/12/14)

ITはみ出しコラム:
「ネット中立性」が米国で廃止へ 日本のサービスにも影響はある?
米国で「ネット中立性」規則が撤廃される見込みです。これにより、通信インフラ企業やISPが自社コンテンツを優遇し、競合するサービスの品質低下や値上がりを引き起こすかもしれません。(2017/11/26)

Google Cloud Platform、2018年に香港リージョン開設へ
Googleがクラウドサービス「Google Cloud Platform(GCP)」の8つ目のリージョンを2018年に香港に開設する。競合のAWSは北京にはリージョンがあるが、香港にはまだない。(2017/11/24)

DMMが買収した「CASH」、競合は「メルカリ」なのか
「競合はメルカリではないか」――持ち物現金化アプリ「CASH」を提供するバンクの光本CEOは、そんな質問に答えた。メルカリと“すみ分け”できるニーズがあるという。(2017/11/21)

「アプリ★ゲット」のスパイシーソフト、競合メディア「MoguraVR」の商標取得していた 露骨な“競合つぶし”ではとの声も
スパイシーソフトはVR情報サイト「VR Inside」を運営しており、「Mogura VR」とは競合関係にありました。(2017/11/15)

「クレジットカード決済とは競合しない」 携帯番号を使うオンライン決済「Paidy」が狙う市場
オンライン決済サービス「Paidy」を提供するエクスチェンジコーポレーションは、煩雑な手続きを省略する決済手法で、クレジットカードを持っていない若者や高齢者の新規獲得を狙う。(2017/11/14)

競合メディアにサイト名を商標登録された――「Mogura VR」が異議申し立て
VR関連メディア「VR Inside」を運営するスパイシーソフトが、競合メディア「MoguraVR」の商標を登録していた件で、Mogura VRが無効審判請求を特許庁に提出。(2017/11/14)

配車サービスの米Lyftが初の海外進出 カナダでサービス開始
Uberの競合Lyftが、カナダのトロントでのサービス開始を発表した。同社にとって初の国外進出になる。(2017/11/14)

Intel Xeonの競合品と位置付け:
Qualcomm、サーバ用ARM SoCを発表
Qualcommが、サーバ向けARM SoC(System on Chip)「Centriq」シリーズを発表した。「Centriq 2460」については、Intel「Xeon Platinum 8180」の競合品と位置付けている。(2017/11/14)

高度なグラフィックス処理と耐久性
新2-in-1「HP ZBook x2」の実力、Surface Proを挑発する自信の根拠とは?
近日発売予定のHP「HP ZBook x2」にはIntelのプロセッサ「Kaby Lake」が搭載される。この点は、同じキーボード着脱方式を採用するMicrosoftの競合2-in-1デバイスと同じだ。(2017/11/12)

水曜インタビュー劇場(お好み焼き公演):
10分の1に縮小した「ドムドム」は、復活することができるのか
ダイエーグループから離れた「ドムドムハンバーガー」が、まずまずのスタートを切ったようだ。店舗数は減少しているのにもかかわらず、売り上げは対前年比で1割ほど増加。マクドナルドやモスバーガーなどの競合がひしめき合うなかで、どのようにして売り上げを伸ばしたのか。(2017/11/8)

「Googleとは既に競合している」:
SASのCEOとCTOが、「機械学習やAIは、単体で取り組むものではない」と語る理由
アナリティクス/機械学習ツールのベンダーであるSASは、ある意味で既にGoogleと競合しているが、オープンソースのツールにはできないことが可能だという。同社のCEOとCTOに、その意味を聞いた。(2017/10/27)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。