ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

  • 関連の記事

「Cosminexus」最新記事一覧

目的に最適な構築済みシステム基盤をクラウドサービスとして提供:
「IT部門はビジネスの設計・構築に注力すべきだ」―― 日立、目的に最適なシステム基盤のPaaS提供を開始
個別最適で構築された多数のシステムが乱立し、データフォーマットもばらばらなデータベースが散在している中で、どうすればデータ分析基盤を短期間・低コストで整備できるのか? その一つの現実解を聞いた。(2014/10/3)

Weekly Memo:
気になるクラウドサービスの最新動向
クラウドサービスをめぐる新たな発表がゴールデンウィーク前後も相次いだ。その中から今後の市場に影響を与えそうな気になる動きをピックアップしてみた。(2014/5/12)

日立、AWS対応のミドルウェア従量課金サービスを提供へ
日立のミドルウェアをAmazon Web Servicesでオンデマンド利用できる仕組みを新たに提供する。(2014/5/8)

投資の優先順位が高いのに、実際には手が付けられない理由:
日本の風土にマッチしたECMとは?
ITRの「IT投資動向調査2014」によると、「全社的なコンテンツ管理インフラの整備」「情報・ナレッジの共有/再利用環境の整備」といった、ECMに関連するトピックに高い関心を示す企業は多い。にもかかわらず実際の投資にまで至らないのはなぜだろうか。(2014/3/27)

仮想化/クラウド時代の解:
PR:垂直統合型プラットフォームは有益な武器となり得るのか?
ミドルウェア導入などの煩雑な作業から解放されることで開発生産性を高めたい――。こうしたニーズからPaaS型のクラウドや垂直統合型プラットフォームに対する企業の関心が日増しに高まっている。そうした中、日立製作所は「ベストオブブリードvs.垂直統合─IT基盤モダナイゼーションの本命は?」と題したセミナーイベントを開催。本稿ではその模様をレポートする。(2013/9/3)

ホワイトペーパー:
コールセンター業務の現場力向上と業務改革を推進
uCosminexus Navigation Platformで構築したコールセンターは、自社の業務改善だけでなく新たなビジネスも創出しつつあるという。シンクライアントのパイオニアとして知られるミントウェーブに話を聞いた(2013/7/22)

資格取得によるスキルの標準化が急務:
PR:運用管理者はシステム運用が複雑化する中、スキル不足にどう対応していくべきか?
仮想化やクラウドの普及でシステムが複雑化する中、運用管理者の人員・スキル不足が深刻化している。この問題を解消するためには、運用の自動化や人員の全体的なスキルアップがキモになる。今回は運用管理者の効率的なスキルアップの一助となる「日立ITプラットフォーム技術者資格認定制度」を紹介する。(2013/3/1)

CS向上と売上アップを握る:
PR:Navigation Platformによる「トークスクリプト」の改善がコールセンターソリューション差別化の決め手に
海外ベンダーがひしめくコールセンターシステム市場で、国産ベンダーとして数多くの導入実績を誇るのが、日立情報通信エンジニアリングだ。同社は顧客応対を左右する「トークスクリプト」の品質や機能の向上に、日立製作所の「uCosminexus Navigation Platform」を活用して、顧客企業における顧客満足度や売上の向上を支えている。(2013/3/1)

オールジャパンのBIアプライアンス:
PR:BI定着のカギは「高速化」と「使いやすさ」――専門知識不要のビッグデータ活用を実現する情報基盤とは?
DTSでは従来から、企業にBIが定着するには「高速なDB」と「使いやすいインタフェース」が重要だと考えていたという。日立と共同開発した「DaTa SuperExpress」は、日立の高速データアクセス基盤と「uCosminexus(ユーコズミネクサス) Navigation Platform」が支えたDTSの思想を体現する画期的なBIアプライアンスとして仕上がっている。(2013/2/5)

アナリストに聞く PaaS市場動向
【市場動向】2012年はPaaS元年にならず、市場拡大は2014年以降か?
「2012年はPaaS元年」という見方があった。実際の2012年の市場はどの程度拡大したのか。ITの調査会社であるIDC Japanに市場動向を訊いた。(2012/12/18)

ホワイトペーパー:
拠点間の知識ノウハウの共有を1か月でサービスイン、プロセスの標準化で、業務効率と品質の向上を実現
【事例紹介】株式会社INAXメンテナンス(2012/12/11)

ホワイトペーパー:
ポータル画面があなたの業務をナビゲート!
知識・ノウハウ活用の違いで業務の質に差が生まれていることはありませんか?(2012/11/22)

PR:業務のPDCAサイクルを確立し、ビッグデータ活用につなげる手法とは?
市場の成熟に伴い、企業における業務の絶えまない見直しが生き残る上で欠かせなくなっている。その実践にあたり重要性を指摘されているのが、SOAを基盤とするBPMの実施である。ただし、その実践手法は十分に周知されているとはいい難い。最適なアプローチとはいかなるものか。(2012/11/19)

ホワイトペーパー:
あなたの会社の運用管理が想像以上に効率アップ!
〜uCosminexus Navigation Platform(業務ポータル)で運用管理の業務をガイド!〜(2012/11/15)

新製品Hitachi Unified Compute Platform:
日立の統合プラットフォーム第1弾は運用自動化ツールが特徴
日立が10月22日に発表した「Hitachi Unified Compute Platform」は、同社にとって、統合プラットフォームの第1弾製品。米国の日立が開発した仮想化環境運用自動化製品「Hitachi UCP Director」が、大きな特色となっている(2012/10/23)

日立、クラウド構築を支援する2つの統合プラットフォームを発売
「Hitachi Unified Compute Platform」は、サーバやストレージ、ネットワークなどのハードウェアを統合し、事前検証や基本設定を済ませた状態で提供することで、企業のクラウド構築作業を簡素化するという。(2012/10/22)

漠然とした要件を整理:
社内稟議の手助けも? クラウド構築を支援するベンダーの取り組み
コスト削減、経営のスピード化などの実現に向け、クラウドへの期待が高まる中、日立はユーザーのクラウド構築を包括的に支援する施策を始めている。(2012/8/31)

uCosminexus Navigation Platform導入事例:
PR:手順書作成のプロに聞く――経営スピードを向上させる「業務標準化」にどう取り組むか
業務のノウハウは蓄積したいが、雇用の流動化などを考えると属人化は避けたい――多くの企業にはこのような二律背反の状況が存在している。その解決の糸口になるのが、ノウハウ共有の仕組みをシステム化するツールと標準化設計を支援するプロによる「コンテンツ作成サポートサービス」だという。(2012/8/9)

業務からデータまでシームレスにプロセス連携:
PR:いま求められる「クラウド最適化の方程式」とは?
クラウド利用が本格化する中、基幹システムとの連携に課題も残る。データプロセスから業務のプロセスまでをシームレスに連携し、最適なクラウド基盤を構築するメソッドはあるのか? 専門家に聞いた。(2012/7/18)

ユーザー自身の「解」の発見を支援:
ビッグデータ活用のヒント――BIの4モデルとは
ビッグデータの活用で新たなビジネス価値を模索する動きが活発化している。顧客のニーズを明らかにし、その実現を支えるCEPやHadoopなどの基盤技術について、NTTデータのキーマン3人に話を聞いた。(2012/4/27)

国内外で一貫したクラウドサービスを実現 日立とマイクロソフトが提携
日立製作所と日本マイクロソフトは両社のクラウドサービスを連携させて、グローバル展開する企業に提供する。(2012/4/13)

第一弾は金融機関向けに:
ビッグデータを包括的に支援する「vRAMcloud」を発表 日立
各種ソフトウェア製品と新たなフレームワークを組み合わせたビッグデータソリューションを日立が発表した。まずは金融業界に提供を開始する。(2012/3/27)

“ビッグデータ”が経営を変える:
ビッグデータReadyな組織に生まれ変わった巨大企業の取り組みとは
スマートシティやビッグデータなどのソリューションに対し、日立は次世代ITの方向性などを示した新たな基盤技術を発表。“真”の顧客ニーズを掴みとっていく。(2012/3/21)

オープンミドルウェア・ケーススタディ:
PR:「uCosminexus Navigation Platform」でコールセンター業務の現場力向上と業務改革を推進
uCosminexus Navigation Platformで構築したコールセンターは、自社の業務改善だけでなく新たなビジネスも創出しつつあるという。シンクライアントのパイオニアとして知られるミントウェーブに話を聞いた。(2012/3/16)

BI製品紹介:DTS
国産BI「データスタジオ@WEB」が現場業務のための機能に特化するわけ
「データスタジオ@WEB」は、「第3世代」といわれる最新BI製品を象徴するように簡単操作・安心運用を開発コンセプトとしている。国内約400サイト、約5万数千人のユーザーが活用するBIツールの中身を見ていこう。(2012/3/1)

日立がCosminexusの新版発表 ビッグデータ活用やPaaS管理のニーズに応える
Cosminexusの最新バージョン「V9」には、ビッグデータの活用やプライベートクラウドへの移行を図る企業を支援する製品が追加される。(2012/2/28)

レポート ビッグデータセミナー:
情報爆発時代、いかに大量データを収益につなげるか
@IT情報マネジメント編集部では2011年11月30日、東京・秋葉原の富士ソフト アキバプラザで、第14回 @IT情報マネジメントカンファレンス「〜情報爆発時代、いかに大量データを収益につなげるか〜ビッグデータの活用意義と、収益向上へ導くキーテクノロジ」を開催した。ここではその要点をレポートする。(2012/2/16)

“食”の安全をいかに支えるか:
PR:業界トップ企業の英知を結集、統合DBシステムが実現する品質情報管理の勘所
消費者の“食”に対する安全意識が高まる中、食品業界に求められているのが商品の原材料情報の適切な開示である。JFEシステムズは、今までメーカーなどが社内で分散管理していた原材料情報など商品にかかわる各種情報の一元管理を目的に「Mercrius(メルクリウス)」を提供。すでに食品業界で100社以上の利用実績を誇る。品質情報管理に対する同社の取り組みやシステム製品の強みについて、アイティメディア エグゼクティブプロデューサーの浅井英二が聞いた。(2012/2/16)

標準ツールでは足りない!? サーバ仮想化の運用管理【第1回】
サーバ仮想化計画からクラウド運用までを総合的に支援するJP1 V9.5
仮想化に対応した統合運用管理ツールの代表格ともいえる日立製作所の「JP1」。最新版のV9.5には、仮想化の導入前からクラウド環境の運用に至るまで、幅広い運用管理業務を支援する機能が備わっている。(2011/11/4)

日立製品と連携。案内に沿って操作するだけでRFM分析も:
DTS、「誰でも簡単に高度な分析ができるBI」を発表
(2011/10/19)

BIツール「データスタジオ@WEB」×業務ポータル「uCosminexus Navigation Platform」
BI全社展開の課題、「分析ノウハウの共有」を解決するには?
「第3世代」ともいわれる現在のBIツール。経営層などの限られたユーザーだけでなく、あらかじめ全社利用を前提にした製品も登場している。スムーズにBIを全社展開するために必要な要素とは。(2011/10/19)

オープンミドルウェア・ケーススタディ
拠点間の知識ノウハウの共有を1か月でサービスイン、プロセスの標準化で、業務効率と品質の向上を実現
(2011/10/19)

過去から今より、今から将来を:
災害対策と開発フレームワークの意外な関係?
震災・津波、そして電力需給の逼迫といった状況の変化を背景に、企業のIT構築手法が変わってきているという。ポイントはフレームワークの活用だ。(2011/7/25)

Open Middleware実践講座:
運用管理の自動化にはまず業務手順を可視化すべし
昨今、企業では業務の多様化に伴い、運用管理を自動化し誤操作のリスクを軽減したいというニーズが高まっています。ではどのように自動化できる部分を判断すればよいのでしょうか。(2011/7/15)

ITアナリストが語る:
3段階で取り組む企業のBCP、まずはコミュニケーション強化から
このたびの大震災を受けて、多くの企業は事業継続計画に対して目の色が変わってきている。具体的な対策として、ITRの金谷シニアアナリストは大きく3つのポイントを挙げる。(2011/5/11)

Open Middleware実践講座:
「大量データ」活用に向けた技術の選択基準は
世の中で扱われるデータ量が増加する中、企業ではこうした「大量データ」を活用する動きが本格化しつつあります。ではどのような技術を適用していけばよいのでしょうか。(2011/4/15)

データの活用範囲を拡大する:
リアルタイム処理で「大量データ」を使いこなせ
実世界から流れ込んでくる大量のデータを即時分析するニーズが高まっている。膨大なデータをリアルタイムに処理する技術の裏側、そしてデータ活用の今後に迫る。(2011/4/8)

レポート 運用自動化イベント:
自動化で変わる次世代の運用管理
2011年2月18日、東京・秋葉原のアキバプラザホールにて、@IT情報マネジメント編集部の主催セミナー「第11回 @IT情報マネジメントカンファレンス 『自動化』で変わる次世代のシステム運用管理」が開催された。当日は、元マネックス証券CIOによる基調講演やユーザー企業の特別講演、そしてベンダによる自社ソリューションの紹介を行う各セッションが行われた。(2011/3/25)

現場にキく、Webシステムの問題解決ノウハウ(8):
Hadoopの死角、COBOLバッチ処理の並列化
本連載は、日立製作所が提供するアプリケーションサーバ「Cosminexus」の開発担当者へのインタビューを通じて、Webシステムにおける、さまざまな問題/トラブルの解決に効くノウハウや注意点を紹介していく。現在起きている問題の解決や、今後の開発のご参考に(編集部)(2011/1/26)

日立、Hadoopを検討する企業向けのアセスメントサービスを開始
日立はHadoopの利用を検討する企業に対し、設計支援や導入検証を行うアセスメントサービスを開始する。ミドルウェアやハードウェアの提供にもつなげる構え。(2011/1/17)

日立製作所「Cosminexus」製品リポート
サーバ仮想化環境における3つの課題を解決する業務アプリケーションサーバ
コスト削減では一定の成果を出しているサーバ仮想化だが、その導入と運用管理においては課題が山積みだ。本稿では、サーバ仮想化の効果を最大限に引き出す手法を業務アプリケーションの視点から考察する。(2010/10/1)

リポート 仮想化構築・運用イベント:
真の実力を引き出す仮想化構築・運用術とは?
2010年7月27日、東京・秋葉原のアキバプラザホールにて、@IT情報マネジメント編集部主催のセミナー「第10回 @IT情報マネジメントカンファレンス 仮想化の真の実力を引き出す構築・運用管理術」が開催された。当日は、ユーザー企業の情報システム部門のトップによる基調講演と特別講演、そしてベンダによる自社ソリューションの紹介を行う各セッションが行われた。(2010/8/23)

実践! 仮想化――ビジネスに効く、真の仮想化とは:
企業の仮想化最前線 普及度合いと効果は? 現場の悩みは?
物理サーバ台数の削減など、ITコストの抑制に効果があるとして注目を集めてきた仮想化技術。しかし実際にはどのくらい普及し、どの程度の効果があがっているのだろうか。仮想化市場の現状に精通している日本仮想化技術株式会社の宮原徹氏と、日立製作所の稲場淳二氏が仮想化市場の最前線について語り合った。(2010/7/29)

HITACHI uVALUE CONVENTION 2010 Report:
“名滝巡り”に例え、IT基盤仮想化へのアプローチを指南
日立 ソフトウェア事業部の尾花学氏は、日立uVALUEコンベンション 2010の会場において、自身のライフワークである名滝巡りに例えつつ、企業IT仮想化への効果的なアプローチを開陳した。(2010/7/23)

PR:仮想化したIT基盤で素早い業務システム構築とスマートな運用管理を実現するためには
本格的なクラウド時代の到来を前に、今企業システムのあり方が変わろうとしている。その要となるのが仮想化技術であり、企業システムを仮想化するための環境も整いつつある。しかし、単純にシステムを仮想化しただけで十分な効果は得られるだろうか? 今回は、仮想化導入の効果を発揮するための計画的な仮想環境への移行について考えてみる。(2010/6/28)

現場にキく、Webシステムの問題解決ノウハウ(7):
サーブレットやJSPの“バージョン”意識してますか?
本連載は、日立製作所が提供するアプリケーションサーバ「Cosminexus」の開発担当者へのインタビューを通じて、Webシステムにおける、さまざまな問題/トラブルの解決に効くノウハウや注意点を紹介していく。現在起きている問題の解決や、今後の開発のご参考に(編集部)(2010/6/14)

現場にキく、Webシステムの問題解決ノウハウ(6):
ここが大変だよ、JavaのGC/メモリ管理
本連載は、日立製作所が提供するアプリケーションサーバ「Cosminexus」の開発担当者へのインタビューを通じて、Webシステムにおける、さまざまな問題/トラブルの解決に効くノウハウや注意点を紹介していく。現在起きている問題の解決や、今後の開発のご参考に(編集部)(2010/5/13)

現場にキく、Webシステムの問題解決ノウハウ(5):
OutOfMemoryError発生! その解決への近道とは
本連載は、日立製作所が提供するアプリケーションサーバ「Cosminexus」の開発担当者へのインタビューを通じて、Webシステムにおける、さまざまな問題/トラブルの解決に効くノウハウや注意点を紹介していく。現在起きている問題の解決や、今後の開発のご参考に(編集部)(2010/4/13)

Open Middleware実践講座:
仮想化したのに期待したほど構築時間を短縮できないのはなぜ?
ITシステムに関するさまざまな質問に、第一線で活躍するエンジニアが答えます。第1回は仮想化のメリットを最大限に享受するためのポイントを解説します。(2010/4/7)

情報セキュリティを支える日立オープンミドルウェア:
ISO/IEC15408認証取得製品を活用してよりセキュアな情報システムを
ITシステムとネットワークを数々の脅威から守り、安心・安全な社会を実現する「情報セキュリティ」の確保が重要な課題となっている。日立オープンミドルウェアはこの課題に対してどのような答えを出しているのか、日立製作所ソフトウェア事業部の技術者が語る。(2010/3/31)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。