ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「デフレ」最新記事一覧

60歳以上の7割が就労を希望:
定年後に別の企業で「顧問」として働きませんか? シニア紹介サービスが大受け
経験豊富なシニア層の退職を機に、ベンチャーや中小企業の「顧問」として紹介するサービスが登場している。少子高齢化で個人の働く年数が延びる中、シニア層の「顧問」は、新しい受け皿として注目されている。(2016/8/16)

マネーの達人:
「ベーシック・インカム」は日本を元気にする秘策になるか
社会保障の1つに「ベーシック・インカム」という考え方がある。ベーシック・インカムとは、政府が全国民に最低生活保障として一定の現金を支給する政策のこと。今回は、日本を元気にする秘策として堀江貴文氏も提唱していたベーシック・インカムについて説明しよう。(2016/7/14)

加谷珪一の“いま”が分かるビジネス塾:
モスとマックの業績が急回復 それでも安心できない両社共通の悩みとは?
このところ、モスフードサービスとマクドナルドの業績が急拡大している。その理由とは? この流れは今後も続くの? 経済評論家、加谷珪一が解説する。(2016/7/14)

マネーの達人:
金利差0.3%でも「住宅ローン借り換え」のメリットはあるのか
今回は、金利差0.3%で借り換えを行ったケースを例に、借り換えのメリットがどの程度あるのかを具体的に見ていきましょう。(2016/7/11)

1リットルの水ようかんも:
「業務スーパー」インサイダー取引疑惑どこ吹く風 異端すぎる経営で絶好調
業務用食品などを扱う「業務スーパー」を展開する東証1部上場の「神戸物産」の業績が絶好調だ。インサイダー取引疑惑のイメージダウンもどこ吹く風、消費低迷の厳しい中でも成長し続けられる秘訣は、異端すぎる経営スタイルにあった。(2016/7/4)

コクヨ「キャンパスノート」が売れている秘密
コクヨの「キャンパスノート」が進化を続けている。昭和50年の発売以降、改良を重ね、現在は5代目が店頭に並ぶ。少子化やデフレなどの逆風にかかわらず成長を続ける秘訣は……。(2016/6/22)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
意志なきリーダーのもとで組織はひとつにならず
さまざまな取り組みによって効率化を進めているにも関わらず、実態としてはあまり変わっていない、もしくは悪化している日本企業。なぜ日本企業の努力は実を結んでこなかったのか?(2016/6/2)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
なぜいま松屋フーズは“とんかつ”に力を入れるのか
松屋フーズの低価格とんかつ業態「松のや」の出店が加速している――。牛めし業態「松屋」に続く第2の柱として、同社はいま“とんかつ”に力をいれているようだ。その理由とは?(2016/6/2)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
「中古車で十分」の先に起こる日本の不幸化
「新車なんて買えない。中古車で十分だ」。これが今の日本の消費者のリアルな声だ。そこには日本経済の停滞が大いに関係するのは言うまでもない。(2016/5/30)

コンビニ探偵! 調査報告書:
コンビニオーナー的にはちょっとうれしい「たばこのオマケ中止」
先日、たばこのオマケが中止になるという報道があった。オマケとは、ライターや缶コーヒーなどだが、なぜたばこのオマケは駄目なのだろうか。(2016/5/23)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
決算発表と2人の巨人 鈴木修と豊田章男
自動車メーカー各社の決算が出そろった。いくつかの決算発表会に足を運び、経営トップの声を直接聞く中で、ある共通点が見えてきた。(2016/5/16)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
クルマは本当に高くなったのか?
最近のクルマは高いという声をよく耳にする。確かに価格だけを見るとその通りだと思う一方で、その背景には複雑な事情があることもぜひ主張しておきたい。(2016/4/25)

3分で読める 荻原博子の今さら聞けないお金の話:
高齢者の5人に1人が貧困 どうすれば老後を守れるのか
高齢者の貧困率が問題になっています。なぜ高齢者が貧困に陥ってしまうのでしょうか。私たちの老後はどう守ればいいのでしょうか。経済ジャーナリストの荻原博子さんが分かりやすく解説します。(2016/3/22)

3分で読める 荻原博子の今さら聞けないお金の話:
半数が借金して大学へ行く時代に知っておきたいこと
上がり続ける大学の授業料。増え続ける奨学生。今回は、知っておきたい教育に関するお金のことを経済ジャーナリストの荻原博子さんが分かりやすく解説します。(2016/3/7)

高井尚之が探るヒットの裏側:
“昔ながらの喫茶店”でも国内3強に成長できた理由とは?
ジャーナリスト・経営コンサルタントの高井尚之氏が、人気企業・人気商品の裏側を解説する連載。前回に続き、急成長中のコメダ珈琲店について読み解く。(2016/2/29)

3分で読める 荻原博子の今さら聞けないお金の話:
投資信託の一番人気商品がお勧めできない理由
投資信託の中で最も人気がある「毎月分配型投資信託」。しかし、経済ジャーナリストの荻原博子さんは、お勧めできない商品だと説明します。その理由とは……。(2016/2/15)

ノッている会社は、ここまでやっている!:
「決して安くない」のに、なぜ成城石井で買ってしまうのか?
総合スーパーが苦戦している中で、業績好調の企業がある。都市部を中心に展開する成城石井だ。店内には珍しい商品がズラリと並んでいるが、なぜそのような品ぞろえができるのか。『成城石井はなぜ安くないのに選ばれるのか?』の著者・上阪徹氏によると……。(2016/2/12)

3分で読める 荻原博子の今さら聞けないお金の話:
あなたの年金が減るかも? 「マイナス金利」がもたらす影響
いま話題になっている「マイナス金利」とは一体どういうものなのか。何が起ころうとしているのか。経済ジャーナリストの荻原博子さんが分かりやすく解説します。(2016/2/4)

総理となって「戦挙」で「ヤトー」を倒せ DMMからカオスなオンゲー「政剣マニフェスティア」が登場
恐ろしいことに良ゲーなんですよ……。(2016/2/3)

片山修のニュース深堀り:
始まった「本物ビール」戦争 ビール離れした消費者を呼び戻せ
酒税見直し案をきっかけに動き出した各ビールメーカー。2015年の国内のビールの課税済み出荷量は、前年比0.1%とわずかながらも19年ぶりに上昇。ビール離れした消費者を呼び戻すことができるのか。(2016/2/3)

3分で読める 荻原博子の今さら聞けないお金の話:
なぜ将来が不安な人ほど、個人年金に入ってはいけないのか
公的年金だけでは不安。将来のために個人年金への加入を考えている人も多いと思いますが、個人年金も安心できないようです。(2016/1/25)

3分で読める 荻原博子の今さら聞けないお金の話:
ギャンブル化した年金運用 それでも破綻しない年金の仕組みとは?
今回のテーマは「年金」。日本の年金は破綻しない仕組みにはなっているようですが……。(2016/1/18)

森永卓郎の“白馬の王子”理論:
人工知能を備えた「恋人型ロボット」が売れる!
ロボットと人工知能の組合せによる「第四の産業革命」が起こりつつある。この革命を制する国が世界経済を制すると言われる中、日本に大きな勝機をもたらすであろう新商品があるのだ。(2015/12/15)

森永卓郎の“白馬の王子”理論:
次のヒット商品は? 1億総「シンデレラコンプレックス」のワナ
10年以上も前から「次に来る新商品のトレンドは何?」とよく聞かれる。断言しよう、そんなものはない。白馬の王子様は来ないのだ。(2015/12/7)

マクドナルドは復活することができるのか
ハンバーガー業界に次々と新興勢力が登場している。迎え撃つ既存勢力もふと気がつくと強大なリーダー企業・マクドナルドの迷走によって相対的にポジションが変化して優位なポジションを占めている。そうなってくると、一層厳しくなるのがマクドナルドの復活だ。(2015/11/18)

そこの「結婚しない女性たち」へ
「恋愛における自分の理想と現実の差を埋められません」というご相談。こういう女性に限って幸せいっぱい、夢いっぱい、100点満点の新婚生活のスタートを切ろうとします。しかし結婚は、理想的な恋愛の延長線上にあるものではありません。(2015/11/10)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「上司の9割は部下の成長に無関心」時代に人を育てる3つの鍵
よく勘違いされるのだが部下が育つのは、上司が手取り足取り仕事を教えたときではない。部下が育つのは3つの条件が揃ったときである。(2015/11/5)

あらゆる電子機器のプリント基板保護膜で躍進、太陽HD社長の「理・響・躍」
「アイディール・リーダー」という新しい考え方を提唱する永井恒男氏が、電子機器のプリント基板の保護膜で成長している太陽ホールディングスの佐藤英志社長に話を聞いた。「非常識」に見えて極めて合理的な経営判断とは……。(2015/11/2)

マネーの達人:
「定期預金は元本割れしないから安心」は間違い
財形貯蓄や自動積立定期預金などを利用して、コツコツとお金をためている人は少なくないでしょう。しかし、インフレが進むと「元本保証だから安心」とは言えません。お金の価値を考えることが、資産運用のポイントです。(2015/10/8)

Tポイント・ジャパン 北村氏に聞く(前編):
日常生活の支出すべてに「Tポイント」を――Tポイント・ジャパンが推進する“ドミナント”戦略
IT系サービスとポイントサービスの連携が強まってきており、モバイル業界でも通信キャリアがポイントサービスを強化している。今回は、ソフトバンクと連携しているTポイントに焦点を当て、Tポイント・ジャパン 取締役副社長の北村和彦氏に戦略を聞いた。(2015/9/14)

居酒屋に対抗:
日高屋の「ガッツリ飲み業界」参戦に学ぶべきこと
ラーメン店「日高屋」を運営する「ハイデイ日高」が、営業最高益をたたき出している。その秘密は、従来からのサラリーマンの「ちょい飲み需要の取り込み」にあると言われているが、その利用のされ方も変わってきたようだ。(2015/7/31)

胸の内:
丸亀製麺の創業者が語る、「世界トップ10入り」の青写真
「丸亀製麺」を運営するトリドールが、外食産業「世界トップ10入り」を目指して、今後の方針を明らかにした。創業者の粟田貴也社長は、どのような構想を描いているのか。(2015/7/30)

マネーの達人:
「かっぱ寿司」でクレジットカード・電子マネー決済が可能に――そのメリットは?
回転寿司の「かっぱ寿司」で、クレジットカードと電子マネーでの決済が可能になりました。今回は、サービス開始の背景と利用者側のメリットについて考えます。(2015/5/21)

女子ヘルプデスクのプロマネ修行奮戦記:
「ぴんぼっく」を信じる者は救われる?
一介のヘルプデスクが突然、プロジェクトマネジャーを任され、ぴんぼっくとやらを学び、PMP試験を受けるハメに……。これがこの春、わたしに降りかかってきた災難。小難しい勉強に挫折しそうになる私を救ったのは、十八代目中村勘三郎さんのこんなひと言だった。(2015/5/15)

10年分の志望企業ランキングが映し出す、就活生たちの姿
毎年、就活に関するさまざまなデータが公開される中、注目されるのは「志望企業ランキング」。今回は、この10年を通して学生の志望度が安定していた業界、および経済指標などとの関連性が見られるかどうかについて考察する。(2015/4/9)

マネーの達人:
得する預金――少しでも高い金利で預金するポイント
最近、「預金で得するコツ」について問い合わせがありました。預金金利が過去最低水準にあるなか、少しでも高い金利で預金することに関心が集まりつつあるようです。今回は、少しでも高い金利で預金するポイントについてお話しします。(2015/3/26)

300円ショップ「3COINS」の“何度でも行きたくなる店”を作る仕掛け
小売店にとって、店舗の商品陳列は売り上げに直結する重要なファクターだ。客のニーズに応える形で、店舗へリアルタイムにレイアウトの指示ができないか――そんな課題を抱えていた“300円ショップ”があった。(2015/3/4)

これから先、夫婦共働きは不可欠 仕事と子育ての両立を成功させるには?
現代日本の夫婦に振りかかる共働きの子育て問題。今回は、そんな子育て問題にヒントをくれる書籍を紹介します。(2015/3/3)

前月に比べ消費意欲は大幅に低下:
博報堂生活総研、生活インデックスレポート【1月の消費動向】(消費意欲・デフレ生活志向)を発表
生活インデックスレポートは、博報堂生活総研が生活者の意識変化を読み解くために開発した独自指標で、【消費動向】【生活感情】【生活価値観】の3分野で構成されている。今回のインデックスレポートでは、年越しで消費活動が活発だった前月の反動により、消費意欲指数が大きく低下している。(2015/1/6)

あなたの老後、大丈夫ですか?
サラリーマンの老後に必要なお金とは。長生きとインフレに備えることを目的とした「守りのマニュアル」を示した書籍を紹介。(2014/12/23)

藤田正美の時事日想:
“逆オイルショック“で喜ぶ人、青ざめる人
原油価格が暴落し、“逆オイルショック”ともいえる状況になっている。安倍首相にとっては、円安も相まって原油価格の値下がりは追い風だが、大変なことになっているのがロシアだ。原油価格に連動して、通貨のルーブル安が止まらない。(2014/12/18)

【連載】O2Oマーケティングに挑む:
(前編)年間の延べ客数4億人それぞれのニーズをつかむ――すかいらーく
「イートイン」「デリバリー」「テイクアウト」という3つのチャネルで外食事業を展開するすかいらーく。1人ひとりの顧客のニーズに合わせた形でさまざまなチャネルに接してもらうためにも、デジタル技術の積極的な活用が鍵になる。同社 マーケティング本部 インサイト戦略グループ ディレクター 神谷勇樹氏に話を聞いた。(2014/12/15)

電子コミック・プチレビュー:
「金の稼ぎ方を教えてやる」――少年誌で、株価チャートまで学べるって何
あるに越したことはないお金の知識。今回ご紹介する『M.I.Q』は、株価チャートの見方から、経営のイロハまで学べてしまう、素敵なマンガです。(2014/12/5)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
物事の本質を見極めれば、グローバルに成功できる
世界のエリートと呼ばれる人たちは、天才的な頭脳を持っているわけではない。本質を見極める力の養い方を知っていて、それを実践するために日々努力を重ねている。大局的な視点、俯瞰的な視点を持つためには?(2014/11/27)

安さから質にシフト:
博報堂生活総研、2014年のヒット商品分析レポートを発表
博報堂生活総合研究所は11月26日、2014年に生活者が関心を示したモノやサービス、コンテンツなどについて【今年のときめき】と題した調査を15〜69歳の男女1008人を対象に実施、その結果を発表した。(2014/11/26)

2015年中盤まで緩やかなデフレ:
エスピーアイ、テレビスポットCM価格の最新市場概況を発表
マーケティング/広報宣伝活動に関する費用や価格、投資効果などについての測定やベンチマーキングを行うエスピーアイは11月4日、「テレビCM最新市場概況(テレビスポットCMマーケット単価の推移)」と「2015年半ばまでの中期予測」の分析結果を発表した。(2014/11/4)

藤田正美の時事日想:
ドイツは景気刺激策に取り組むべきだ――EUが日本型デフレに突入しないために
世界中で経済が伸び悩んでいる。中でも深刻なのはEUだ。けん引役だったドイツまで2四半期連続でマイナス成長となれば、EU全体が90年代の日本のように長いデフレに突入しかねない。(2014/10/30)

藤田正美の時事日想:
国を超えた富の移転は実現するか――EUが抱える、根本的な矛盾
IMFが世界経済の成長率見通しを下方修正した。現在最も懸念が大きいのは、日本型デフレに陥るリスクを指摘されているEUだ。ただ、EUが抱える問題はこれだけではない。域内の財政を1つにする上で、富の移転を国家レベルで行えるかという“壁”がある。(2014/10/15)

誠 Weekly Access Top10(2014年8月18日〜8月24日):
好調ネスカフェ、次の狙いはトラック運転手?
先週のBusiness Media 誠は、Windowsの更新トラブルや羽田空港への新路線に関する記事に注目が集まりました。(2014/8/29)

【連載】「オムニチャネル」の効果を測る! 統計学を取り入れた分析手法:
第1回 「マス」と「デジタル」は横断して分析できる!
マスの効果は測り難いと言われる一方、マーケティング潮流はオムニチャネルが叫ばれるようになった。このままでは、効果が正確に測れるデジタルだけ改善サイクルを回すことになる。その代替案は「統計学」にあった。(2014/8/29)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。