ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

  • 関連の記事

「dynabook R631」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「dynabook R631」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「dynabook R644」レビュー:
第1回 「オフィスで使うので、まだWindows 7構成が必要です。何かいいPCはありませんか?」
スリムで軽量、高性能+最新仕様、長時間動作、そして「Windows 7」──。個人向けにはない「業務効率を追求したビジネス仕様」のPCはないものか。東芝「dynabook R644」はこんな人に向くPCだ。まずは仕様と外観をチェックする。(2014/3/7)

モバイラーが選んだ「dynabook R632」:
第4回 モバイラー目線で使うと実感する「R632/W1」のムフフなポイント(モバイル通信編)
dynabook R632は軽量スリムで長時間動作、SSD採用というだけでもモバイル利用に最適なノートPCだが、モバイラー目線で見ると「分かっているね」というポイントがかなり存在する。今回は、もはやモバイルPCとは切り離せない「モバイルデータ通信」について検証する。(2012/9/25)

モバイラーが選んだ「dynabook R632」:
第3回 モバイラー目線で使うと実感する「R632/W1」のムフフなポイント(指紋センサー編)
dynabook R632は軽量スリムで長時間動作、SSD採用というだけでもモバイル利用に最適なノートPCだが、モバイラー目線で見ると「分かっているね」というポイントがかなり存在する。今回は、「他のUltrabookは、なぜコレを省くの?」と思う、モバイラーに重要な機能をチェックする。(2012/9/11)

モバイラーが選んだ「dynabook R632」:
第2回 モバイラー目線で使うと実感する「R632/W1」のムフフなポイント(高速起動編)
dynabook R632は軽量スリムで長時間動作、SSD採用というだけでもモバイル利用に最適なノートPCだが、モバイラー目線で見ると「分かっているね」というポイントがかなり存在する。その3つのポイントとは何か──1つずつ紹介していこう。(2012/9/6)

モバイラーが選んだ「dynabook R632」:
第1回 口うるさいモバイラーが、「dynabook R632/W1」を選んだ理由
「仕事でも、自宅でも、出先でも、1台のノートPCを常用する」いわゆるモバイラーが選んだUltrabookの条件とは。まずは、いろいろとうるさいと思う筆者が、“Webモデルだけ”の「dynabook R632」を選択した経緯を紹介する。(2012/8/16)

Ivy Bridge世代に進化:
これは美しい……新色「シャンパンゴールド」──東芝の第2世代Ultrabook「dynabook R632」の外観チェック
東芝のUltrabook「dynabook R632」が“Ivy Bridge”世代となってリニューアルした。かなりキレイな新色「シャンパンゴールド」は、前モデルで“色がジミだぜ”などと思っていた人に再検討してもらいたいカラーだ。(2012/6/11)

2012年PC夏モデル:
新色追加+新CPU採用、起動時間は約7秒に――「dynabook R632」
重量1.12キロのUltrabook「dynabook R632」は、Ivy Bridge世代のCPUを搭載し、新カラー「シャンパンゴールド」を追加した。(2012/6/11)

小型&軽量な“お手軽”ディスプレイ:
オレのMacBook Airが「2画面」でマッハ
モバイル用途に対応する13.3型液晶ディスプレイ「On-Lap 1302」にMini DisplayPortケーブル付属モデルが出た。早速13インチMacBook Airと接続してみたが、気軽にデュアルディスプレイ環境を作れるのは気持ちいい。(2012/5/25)

2012年PC夏モデル:
REGZA/AV連携強化、すべて第3世代Core i7搭載──東芝「dynabook」、夏の新モデル
東芝がPC夏商戦向け新モデルを発表。地デジ液晶一体型の「REGZA PC」、AVノート「Qosmio」、スタンダードノート「dynabook」の各シリーズを“Ivy Bridge”世代の新CPUに刷新した。5月25日より順次発売する。(第2弾追加)(2012/5/18)

HDDだが5万円台の“Slimbook”も一緒にチェック:
8万円台でCore i7+高速SSD搭載、意外と高コスパ?──オンキヨー初のUltrabook「DR6A-US31C7」検証
薄く、軽く、長時間動作でカッチョエエを追求するのがUltrabook。金属素材と薄型ボディ、そしてCore i7+高速SSDの仕様で展開するオンキヨーのUltrabookのできはどうか、同社独自の“Slimbook”と一緒に実力をチェックする。(2012/4/4)

PC USER 週間ベスト10:
iPadやiPhoneと一緒に使いたいApple TV(2012年3月26日〜4月1日)
先週のアクセスランキングは、Apple TVの使いこなしを紹介する記事が1位でした。PCショップの動向、Windows 8、Sony TabletのAndroid 4.0.3アップデートにも注目です。(2012/4/2)

キャンパスで使う「dynabook R631」:
第2回 かゆいところに手が届く、R631のユーティリティソフトを検証する
高速起動や長時間のバッテリー駆動は、CPUやSSDだけで実現するとは限らない。Ultrabookの特徴を生かすユーティリティソフトがR631にはある。(2012/3/28)

東芝、UltrabookなどビジネスノートPC6機種
東芝は、企業向けのノートPC計6機種を2月中旬より順次発売する。(2012/2/13)

2012年PC春モデル:
相変わらず薄くて軽い──「dynabook R631」
東芝は、2月10日にdynabook R631の新モデルを発表した。Ultrabookコンセプトの薄いボディとシステム構成はそのままに、新しいユーティリティを導入している。(2012/2/10)

2012年PC春モデル:
23型REGZA PC、Ultrabookなど──東芝「dynabook」シリーズ新モデル第2弾
東芝が2012年PC春モデルの第2弾を発表。大画面液晶一体型、スタンダードA4ノートの主力モデルに加え、グラスレス3D、Ultrabook、Netbookのリニューアルモデルを投入する。(2012/2/10)

TF101のWiMAX内蔵モデルも登場へ:
3G、タブレット、Ultrabook、さらに大学や地下鉄とも──2012年度のWiMAX「Fusion」計画
UQコミュニケーションズが春商戦に向けたWiMAX利用者拡大、販促施策計画を説明。地下鉄含むエリア拡大やWiMAX対応機器の拡充など、春商戦・2012年度向け販促施策を積極的に実施する。(2012/1/30)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
2012年のPC業界を占う
激動の2111年が終わり、2012年が始まった。今年のPC業界における大きなトピックはIntelの次世代CPU(Ivy Bridge)とWindows 8だが、この2つはPCの何を変えるのだろうか。(2012/1/1)

PC USER 週間ベスト10:
AMDの新世代GPUが飛び込んできた年末(2011年12月19日〜12月25日)
先週のアクセスランキングでは、AMDの新ハイエンドGPU「Radeon HD 7970」が1位でした。「Sony Ericsson mini」のレビューやアップルの2011年まとめ記事も人気です。(2011/12/26)

薄型軽量はそのままに性能アップ:
Web直販だけの“Core i7”Ultrabook――「dynabook R631/W1TD」は買いなのか?
東芝ダイレクトが「dynabook」のWebオリジナルモデルに、Ultrabookの「R631/W1TD」を追加。店頭モデルより高速なCPUを搭載しているのが特徴だ。その実力をじっくりチェックした。(2011/12/21)

チュートリアル徳井さんが絶賛:
「UltrabookでやっとノートPCが完成した」――インテル、Ultrabookの宣伝イベント
インテルと東芝がUltrabookの宣伝イベント「Ultrabookデビュークルーズ」を実施する。東芝のUltrabook「dynabook R631」を体験できるイベントカーが全国4カ所を巡るというイベントだ。(2011/12/1)

2011年PC秋冬モデル:
東芝、13.3型Ultrabook「dynabook R631」にCore i7搭載のWebオリジナルモデル
東芝ダイレクトが販売する「dynabook」シリーズのWebオリジナルモデルに、Ultrabookの「dynabook R631/W1TD」が加わった。CPUに店頭モデルよりハイグレードなCore i7-2677Mを採用する。(2011/11/30)

性能、発熱、騒音、駆動時間を比較:
“Ultrabook”注目モデルの思わぬ実力とは?――「ZENBOOK」徹底検証(後編)
薄型軽量ユニボディ、スペック、価格、どれも魅力的に映るASUS初の“Ultrabook”「ZENBOOK」は買いなのか? レビュー後編では各種テストを実施し、その真価を問う。(2011/11/16)

東芝、「dynabook R631」を11月11日に発売──同社初Ultrabook
東芝が同社Ultrabook第1弾「dynabook R631」の発売日を告知。2011年11月11日に発売する。(2011/11/8)

薄い、軽い、使いやすい、すこぶる高速、あとは価格だ:
これはスマートな仕事マシン──Ultrabook「dynabook R631」に近未来の夢を見る
薄型軽量、長時間。モバイルノートPCの理想を追求する“Ultrabook”と呼ぶカテゴリのPCが登場。東芝の国内メーカー第1弾Ultrabook「dynabook R631」の実力を検証する。(2011/10/28)

東芝、Ultrabook「dynabook R631」など企業向けノートPC計6モデルを投入
東芝は、企業向けモデルとなるノートPC計6機種を発表、10月28日より順次販売を開始する。(2011/10/27)

Windows Insider用語解説:
Ultrabook
薄型で、長いバッテリ駆動時間、1000ドル以下の価格を目指すノートPCの新カテゴリ「Ultrabook」とは? Ultrabook登場の背景などについて解説する。(2011/10/24)

CEATEC JAPAN 2011:
タブレットはもう、小さなスマートテレビ――東芝、本村氏に聞く
「CEATEC JAPAN 2011」で4K対応テレビ「55X3」などの新製品を一挙に発表した東芝。同社の「REGZA WORLD」において、それぞれの製品はどのような役割を果たすのか。REGZAの商品企画を担当する本村氏に話を聞いた。(2011/10/7)

CEATEC JAPAN 2011:
インテルブースでベンダー各社のUltrabookを展示、国内未発表製品も
CEATEC JAPAN 2011のインテルブースでは、先日発表された東芝のUltrabook「dynabook R631」をはじめ、ASUS、レノボ、エイサーのUltrabookが展示されている。日本で未発表のモデルも3機種用意した。(2011/10/6)

CEATEC JAPAN 2011:
「dynabook R631」のスケルトン&分解モデル公開、「Ultrabookシール」のデザインも判明
CEATEC JAPAN 2011の東芝ブースで、Ultrabook「dynabook R631」の分解モデルが展示されていた。(2011/10/4)

CEATEC JAPAN 2011:
東芝、「タブレットを新たな事業の柱に据える」──世界最薄・最軽量タブレットで“REGZA WORLD”推進
東芝 デジタルプロダクツ&サービス社がREGZAシリーズの新モデル製品群を発表。55V型の4K2K+グラスレス3Dテレビや全録対応サーバーといったこれまでの主力機器に加え、各社が一般層訴求の方法を悩む「タブレット」を事業の柱に据えるとし、戦略モデルを投入する。(2011/10/3)

VAIO Zより薄い?:
写真で見るUltrabook「dynabook R631」
東芝の2011年PC秋冬モデル第2弾として、ウワサの薄型PC“Ultrabook”が登場。「dynabook R631」を同じく薄型ボディが特徴のVAIO Zと並べて比べてみた。(2011/9/29)

2011年PC秋冬モデル:
極薄・軽量・長時間、新世代モバイル「Ultrabook」登場──東芝「dynabook」新モデル 第2弾
東芝が2011年PC秋冬モデル第2弾を発表。“Ultrabook”と呼ばれる注目の薄型ノートPC「dynabook R631」を投入する。(2011/9/29)

2011年PC秋冬モデル:
“Ultrabook”登場、13.3型サイズで1.12キロ+9時間動作――「dynabook R631」
ウワサのUltrabookが「dynabook R631」として国内市場に登場。厚さ8.3ミリ(最薄部)+重量約1.12キロの薄型軽量マグネシウムボディを採用し、超低電圧版Core i5や9時間動作のバッテリーを搭載する。(2011/9/29)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。