ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「絵文字の技術」最新記事一覧

アタマの片付け:
クオリティの低さは時間でカバーできるのか?
相手に仕事がデキる、デキない、と思われる判断基準が「時間管理」と「品質」。この2つのバランスを保ちつつ、常に軌道修正の余地を残しておくことがすべてのプロに求められる要件といえるでしょう。(2014/2/6)

トップ1%だけが実践している集中力メソッド:
年末年始は知的生産性を高める「お仕事カイゼン」絶好の機会
2013〜2014年の年末年始はカレンダーが良く、多くの会社で9連休となっています。たっぷり読者や日ごろの頭の整理などを行う時間があるでしょう。ぜひ、仕事の道具のメンテナンスを1日取るようにしましょう。1月からのスタートダッシュがうまくきれるに違いありません。(2013/12/25)

トップ1%だけが実践している集中力メソッド:
GoogleやAmazon、成功者を輩出する「モンテッソーリ教育」現場を見てきた
GoogleやAmazon、Facebook創設者も――成功者が皆受けた「集中力」教育プログラムによって生まれる“モンテッソーリ・マフィア”。日本でモンテッソーリ教育を実施している「こどもの家」を見学してきました。(2013/12/13)

トップ1%だけが実践している集中力メソッド:
ノーベル賞学者がiPS細胞を見つけ出した集中力の源泉は?
子どもを持つ親なら、わが子を山中教授のような学者にしたいと思うかもしれません。では実際に、山中教授が研究分野で成果を出す源になった幼少期の経験とは何だったのでしょうか?(2013/12/4)

トップ1%だけが実践している集中力メソッド:
誰でも、集中1万時間でブレイクできる
多くの成功者は成功に必要な要素として「運」を挙げます、しかし運は偶然にやってくるものではありません。毎日、1つのことを成し遂げようと努力し続けている人の元に自然と訪れるのです。(2013/11/26)

トップ1%だけが実践している集中力メソッド:
イチローの集中力を支える心と身体
集中力を支えるためには、脳と身体、どちらも常にベストコンディションにしておく必要があります。MLBのシーズン最多安打記録や10年連続200安打などの多数の記録を保持しているイチロー選手も、それを実践しています。(2013/11/20)

トップ1%だけが実践している集中力メソッド:
羽生善治さんが考える「集中力の基盤」とは?
集中力が問われる職業の1つがプロ棋士。プロの棋士の憧れといえば、羽生善治さんですが、羽生さんは車を運転しないそうです。その理由は?(2013/11/13)

トップ1%だけが実践している集中力メソッド:
スティーブ・ジョブズも毎朝やっていた! 集中できない時の最終兵器
つい、アレコレ考えて「意識のカオス」に陥りがちなあなたへ。スティーブ・ジョブズも毎朝やっていた最強の集中法とは……?(2013/11/5)

トップ1%だけが実践している集中力メソッド:
自分にベストな集中時間を知る
集中力は誰にでも身に付けられる技術です。ですが、いきなり集中力を高めろといわれてもうまくいきません。まずはハードルを下げ、集中しやすい環境を作りだすことがポイントです。(2013/10/29)

トップ1%だけが実践している集中力メソッド:
常に目標達成できる“集中スパイラル”はどうやったら身に着く?
長い人生において成功するには、自律と集中という2つの要素を取り入れた持続可能な成長サイクルを作ることが不可欠です。では具体的に何から始めればよいでしょう?(2013/10/22)

トップ1%だけが実践している集中力メソッド:
Googleの成功はモンテッソーリ教育なしには語れない
Yahoo!のマリッサ・メイヤー氏は、創業期からグーグルを引っ張ってきた陰の立役者の1人ですが、彼女は「モンテッソーリなしに、Googleは理解できない」と語っています。モンテッソーリ教育が子供たちにもたらす効果とその源泉とは?(2013/10/16)

トップ1%だけが実践している集中力メソッド:
GoogleやAmazon、Facebook創設者も――成功者が皆受けた「集中力」教育プログラム
ビジネス、政治、科学、文学とさまざまな分野で才能を発揮する、まさにトップ1%の天才たちに共通していたこと。それは彼らが同じ教育プログラム、それも幼児・初等に「モンテッソーリ教育」というプログラムを受けていたのです。それは……?(2013/10/8)

手書きでマスター【図解思考編】:
手書きで倍返しスキルを身に付ける!? 『半沢直樹』を図解する
「やられたらやり返す。倍返しだ!」で大ヒットとなったドラマ「半沢直樹」。今回はドラマ「半沢直樹」の人物相関図を図解してみます。(2013/9/25)

アタマの片付け:
「捨てる」は捨てないものを決めた瞬間に、脳が自動で選別する
頭の中から不要なものを物理的に捨てることはできませんが、重要なものを強く意識することで自然と情報は選別されていきます。今回はそのメカニズムを具体的に見ていきましょう。(2013/9/18)

アタマの片付け:
頭の片付けルールその1:必要な情報だけ以外を「捨てる」
何の目的も持たずにダラダラ入手したその情報。あなたが、今、集中すべき課題解決に役立つものですか?(2013/9/11)

アタマの片付け:
人生がときめく、頭の片付け方
頭の片付けを実践すると、人生が変わります。ミリオンセラー作家の近藤麻理恵さんは『人生がときめく片付けの魔法』と言いましたが、頭も片付くと人生はときめくのです。具体的にはどういうことでしょう?(2013/9/4)

トップ1%の人だけが実践している思考の法則:
環境に合わせて進化する――富士フイルムが化粧品事業で成功できたワケ
ビジネスもダーウィンの進化論と同様に、激変する環境に合わせてビジネスモデル、製品内容をその都度、修正していけるかどうかが鍵です。綿密な計画より、スピーディーな実行と修正。失敗を恐れず、まずはアクションしてみましょう。(2013/6/11)

トップ1%の人だけが実践している思考の法則:
想定しなかった市場機会を発見したPayPal
小さな実験を繰り返しながら分析をして全体を修正していく。成功の裏にはそうしたことの積み重ねがあるのです。(2013/6/4)

トップ1%の人だけが実践している思考の法則:
あのダイソンもそうだった――誰よりも早く「実行」する
ビジネスを成功させるには、ロケットスタートが一番。悩んでる時間にライバルは着々と実行に移しています。実行しなければ……そう、あなたのアイデアはまさに絵に描いた餅で終わってしまうのです。(2013/5/21)

トップ1%の人だけが実践している思考の法則:
アイデアは普通でも、アプローチ次第でイノベーションは起こせる
平凡なアイデアしか思い付かない……。それはよくあること。しかしアイデアは普通でも、アプローチ次第でイノベーションは起こせるのです。(2013/5/14)

トップ1%の人だけが実践している思考の法則:
ビジネス創設の第1歩、顧客の問題を「認知」する
ビジネスを創り上げる最初のプロセスは、顧客の抱える問題の認知。日常の光景にひそむ問題、顧客の「不」を自分自身で感じ取る観察力、洞察力が重要です。(2013/5/7)

トップ1%の人だけが実践している思考の法則:
最強の武器を手に入れる思考とは?
ゼロからビジネスを生み出し育てる力を持っていれば、起業家はもとより、企業人であっても自分の担当分野を拡大でき、企業内で新しい製品やサービスも構築できます。そこから得られる経済的なメリットも計り知れないものになるでしょう。(2013/4/16)

トップ1%の人だけが実践している思考の法則:
みるみる値下がりする商品はどう売ればいいか?
「あなたの車を買います!」というテレビCMをよく見かけます。なぜ買取専門の中古車ビジネスが成立するのでしょうか?(2013/4/9)

トップ1%の人だけが実践している思考の法則:
25万円のクルマ、粗悪だけど低価格なら商売になる?
新興国には、新興国ならではのマーケティング戦略が成り立ちます。インドのタタ自動車が行った攻め方を例に、100万円を持つ1人ではなく1万円を持つ100人を狙う戦略を見ていきましょう。(2013/4/2)

トップ1%の人だけが実践している思考の法則:
日常の「不」を解消せよ!?
人はポジティブなものを提供されるよりも、ネガティブなものを解消してくれるもののほうに対価を支払いやすい特性があります。あなたがビジネスプロデューサーなら、「不」をもっと意識して生活し、そこからビジネスチャンスを見つけるべきです。(2013/3/19)

トップ1%の人だけが実践している思考の法則:
AmazonやZARAが実現している「ありえない効率化」
多品種、少量生産が当たり前の小売企業にとって、発注から納品までのスピード感はとても大切。オンライン小売大手のAmazon.comと、ファッションブランドZARAの例を見てみましょう。(2013/3/12)

トップ1%の人だけが実践している思考の法則:
マクドナルドがこだわった「らしさ」とは何か?
企業にはそのサービスを印象付ける「ブランディング」、つまり「らしさ」が必要です。「らしさ」を壊して、むやみに多角化したり、ヒト、モノ、カネといった企業の持つ貴重なリソースを分散させたりすることは避けるべきです。(2013/2/26)

トップ1%の人だけが実践している思考の法則:
ダイソン“羽根のない扇風機”、開発原動力は「利用者の怒り」だった
掃除機メーカーの創業者、ジェームズ・ダイソン氏は、普段の生活の中で私たちが、うまくいかない事柄に対して、怒りを持つことこそが製品開発の原動力だと考えています。あの掃除機や扇風機も、ある不満から生まれました。(2013/2/19)

トップ1%の人だけが実践している思考の法則:
サービス業が抱えるマニュアル主義の盲点とは?
例えばあなたがファミリーレストランの店長だったとする。接客マニュアルでは「大人にお子様ランチを売ってはいけない」となっているが、若い夫婦がやってきて、お子様ランチを3つオーダーしてきた。禁じられている行為をしてもよいだろうか?(2013/2/13)

トップ1%の人だけが実践している思考の法則:
ヤマト運輸に学ぶ「見えないコスト」に着目する術
宅配システムが高度に発展した現在の日本では、配達時間を指定できるサービスはもはや当たり前。しかし当時は、コストが掛かるものとして猛反対を受けていたのです。(2013/2/5)

トップ1%の人だけが実践している思考の法則:
素晴らしいアイデアと綿密な戦略が成功の近道?
ビジネス成功への近道は、必ずしも最高のアイデア、綿密な計画があることではありません。むしろ、実験と修正を繰り返した結果、よいものを残していく「生物の進化論」をベースに考えるとよいでしょう。(2013/1/31)

トップ1%の人だけが実践している思考の法則:
壁にぶち当たったら、質問を再定義する
優れた情報を自動的にまとめる方法はあるか? グーグル創業者の2人は、この問題別の角度から再定義することで、答えが見えてきました。世の中には、質問を変えてみることでスルッと、思わぬ答えが導き出せることがあります。(2013/1/22)

トップ1%の人だけが実践している思考の法則:
高級フレンチより「俺のフレンチ」が儲かるってホント?
価格競争に巻き込まれないビジネスを作りたければ、機能ではなく、付加価値に着目すべきです。高級フレンチと低価格居酒屋の価格戦略の比較から、自分なりのビジネスが成立するヒントを探りましょう。(2013/1/16)

トップ1%の人だけが実践している思考の法則:
年末年始に身につけたい、トップ1%の人が実践する思考ルール
成功する一握りの人々だけが実践する、共通の「思考の法則」を知るためには、いったん私たちが常識だと考えてきたルールをリセットする必要があります。そして、彼らの行動や考え方に注目し、そのエッセンスを吸収して、その根底にある思考のサイクルを身につけることが重要です。(2012/12/28)

新規事業アイデアの授業:
新規事業アイデアを魅力的に語る方法とは
新規事業のアイデアがあっても資金がなければ始められません。会社の上層部や外部の投資家をうならせて、アイデア実現のための資金をどうやって手に入れるのか、今回はその方法を考えてみましょう。(2012/12/27)

新規事業アイデアの授業:
異なる世界との掛け算でアイデアスパーク!
新しい考え方やしくみは自分自身の中にはありません。しかし異業種、異国、異なる考え方の人々、自然界といった自分の外にヒントが隠れている場合が多いのです。だからこそ、自分の持つ問題解決のテーマと異なるものとを掛け算してみましょう。(2012/12/26)

新規事業アイデアの授業:
今日の「不満リスト」は宝の地図
ビジネスの基本は、顧客に価値を提供することです。顧客が感じる価値誰もがジョブズになるための最初の一歩は、自分の感じる不満をピックアップすること。こうしてできた不満リストは、いわば宝の地図なのです。(2012/12/25)

図解思考×スマートデバイス:
PR:AQUOS PADでうまく行く! デキるビジネスパーソンの“図解思考生活”
図解で考えるようにすると、会計や財務などの複雑な問題も簡単に見えるから不思議です。今回はこの図解思考をビジネスパーソンの生活で実践するために、とても便利なスマートデバイス「AQUOS PAD SHT21」を紹介します。(2012/12/14)

新規事業アイデアの授業:
誰でもジョブズになれる「常識のはずしかた」 
新規事業の開発に携わってきた筆者がこれまでのノウハウをまとめたのが今回の集中連載「新規事業アイデアの授業」です。初回は「常識のはずしかた」。(2012/12/13)

すべての勉強は図でうまくいく:
歴史は「つなげて」、会計は「シンプルに」――難しそうな勉強も図解でやってみる
つなげて、まとめる、というシンプルな図解式勉強法。今回は「歴史」や「会計」といったちょっとむずかしめな勉強に応用してみます。(2012/11/20)

すべての勉強は図でうまくいく:
「あいまい記憶」を一掃する「図解式勉強法」は英語にも効く
つなげて、まとめる、というシンプルな図解式勉強法。今回は英語に効果的な方法を紹介します。(2012/10/26)

すべての勉強は図でうまくいく:
類似のキーワードをまとめてグループを作ろう! 「図解式勉強法」基本テク
今回は「類似のものを囲んでまとめる」方法を説明します。意味のかたまりをつくるこの方法は、ヌケ・モレを防ぐ効果もありますよ。演習問題付き。(2012/10/18)

すべての勉強は図でうまくいく:
「図解式勉強法」の基本テクニック――分岐と統合
覚えること山のようにあるのに、学習する時間は業務の合間の短い時間しかない――。そんな時は勉強のための勉強ではなく、成果を出すための「図解式勉強法」がオススメ。今回は、複数のキーワードを1つに集約する「情報の統合」を紹介します。(2012/10/10)

すべての勉強は図でうまくいく:
図解の最初のステップ、重要なキーワードを見つけるポイントは?
社会人になると学ぶべきことが多くあります。そして学習には、必ず費用対効果が求められる。だからこそ、勉強のための勉強ではなく、成果を出すための勉強が何よりも重要になってくるのです。そこで私が出会ったのが「図解式勉強法」でした。(2012/10/4)

すべての勉強は図でうまくいく:
驚きの「図解式勉強法」とは何か?
バラバラになっている情報をつなげて、図にまとめあげるとどのような効果があるのか? 私が提唱する「図解式勉強法」の導入効果と基本コンセプトを紹介します。(2012/10/3)

すべての勉強は図でうまくいく:
「映像」とセットにすると、記憶に残りやすい
勉強で欠かせないのが、記憶力です。すぐに忘れてしまう断片情報としてではなく、1回見ただけで強く印象に残すのはどんなコツがあるのでしょうか?(2012/9/27)

すべての勉強は図でうまくいく:
なぜ、これまでの「勉強法」は効果を上げなかったのか?
仕事を始めると、勉強すべきことが山のようにあります。どうせやるのなら、成果を出すための勉強法を身に付けたいですよね。そこで私が出会ったのが「図解式勉強法」です。(2012/9/25)

絵文字の技術:
ビジネストレンドを絵文字で示す
経済や経営上の複雑な情報を分析する際に、データ分析ソフトやエクセルで計算するのもいいですが、特に重要なのは、ビジネスの潮目をチェックすること。トレンドの流れが今後どうなるかを予測するためにも、ビジネストレンドを手で描いてみましょう。(2012/3/1)

絵文字の技術:
日本地図、世界地図をかっこよく描いて、グローバル時代を生き抜く!
日本、そして世界。グローバル化するビジネスにおいて、世界レベルのロケーションで物を視る機会も増えていることでしょう。今回は、世界の形をしっかりと観察し、自分なりに描けるようにします。交通の要所をおさえれば、何も見なくても描けますよ。(2012/2/23)

絵文字の技術:
Facebook、Twitter、Google……Webサービスを絵文字で表現する
SNSやWebのクラウドサービスなしには生活できないくらい、こうしたサービスは私たちのライフスタイルやワークスタイルに深く根付いています。企画書やメモにもこうしたサービスを示すキーワードを書くことも多いのではないでしょうか? 今回は、ネットの主要サービスを絵文字で表現してみましょう。(2012/2/16)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。