ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  E

  • 関連の記事

「e-Sports」最新記事一覧

どうやったら「シャドバ」「ハースストーン」のプロになれるのか? 新人プロゲーマーElsaの日常
聞いてきました。(2017/10/22)

バトルロイヤルゲーム「PUBG」Steamにて大量の“レビュー荒らし”が発生中 中国版への広告導入が引き金か
ほとんどのレビュアが口をそろえて「広告」について言及している。(2017/10/5)

「東京ゲームショウ2017」総来場者数は25万人 昨年下回る
「東京ゲームショウ2017」総来場者数は25万4311人と、昨年の27万1224人を下回った。(2017/9/25)

週刊「調査のチカラ」:
「インスタ映え」の極意が調査で明らかに――動画の「いいね!」獲得数は静止画の3倍
秋の気配をスマホで切り取ってシェアしてみたくなるこの季節。リア充な人もそうでない人も注目の調査レポートを厳選して紹介します。(2017/9/24)

「eスポーツ」普及促進へ弾み TGSの大会規模拡大、今年は日本のゲームが中心に
世界最大級のゲーム見本市「東京ゲームショウ2017」が21日、千葉市の幕張メッセで開幕した。会場で開催するゲームの対戦競技「eスポーツ」大会の規模を大幅に拡大したのが特徴だ。(2017/9/22)

PR:ゼロから始めるゲーム実況!! 配信設定やパソコン選びのポイントを解説
ゲーム実況をしてみたい! でも何が必要? 配信方法をやさしく解説。(2017/9/22)

東京ゲームショウ2017:
「東京ゲームショウ2017」開幕 国内企業の出展最多、VR・ARに熱視線
国内最大級のゲーム展示会「東京ゲームショウ2017」が開幕。(2017/9/21)

CESA、JOGAなど5団体がeスポーツ団体の新設・統合へ JOCへの加盟も視野
年内に新団体の設立を目指すとのこと。(2017/9/19)

9月16日、17日開催:
賞金総額500万円!! 国内最大級のeスポーツ大会「GALLERIA GAMEMASTER CUP」開幕直前レポート
いよいよ明日開幕。会場に行けば動作拡大型スーツ「スケルトニクス」も操作できる!(2017/9/15)

「特定ユーザーに発売前のゲームを先行配布」はフェアじゃない? eスポーツ種目として不公平が生じると議論
eスポーツタイトルのアーリーアクセスは是か非か。(2017/9/13)

週末珍ゲー紀行:
Steamではついに同時プレイ数1位に 世界中が熱狂する多人数バトロワゲーム「PUBG」の魅力とは
映画「バトル・ロワイアル」に触発された作品。(2017/9/1)

現地に最適化したプロモのコツ:
「シャドウバース」が海外でスタートダッシュできたワケ
Cygamesのゲーム「シャドウバース」が、韓国・台湾展開でスタートダッシュに成功している。そのワケは、現地に最適化したプロモーション。スマホゲームの各国の流行やプロモのコツを聞いた。(2017/8/30)

G-Tune、税別8万円台からの「カウンターストライクオンライン2」推奨PCを発売
マウスコンピューターは、G-Tuneブランド製ミニタワーPC「NEXTGEAR-MICRO」のラインアップに「カウンターストライクオンライン2」推奨モデル2構成を追加した。(2017/8/28)

「パワプロチャンピオンシップス」がNPB公認大会として開催 熊崎コミッショナー「プロ野球の盛り上がりに繋げる」
「実況パワフルプロ野球 チャンピオンシップ2017」と、モバイルゲーム「実況パワフルプロ野球」「プロ野球スピリッツA」で開催。(2017/8/25)

TSUKUMO、eスポーツイベント「LJL 2017 Summer Split Final」に展示出展 交通費キャッシュバックも
Project Whiteは、8月26日に幕張メッセで実施されるeスポーツイベント「LJL 2017 Summer Split Final」への展示出展を発表した。(2017/8/25)

「プロゲーマーって引退したらどうするの?」 現役プロゲーマーにeスポーツの将来について聞いた
「プロゲーマーってモテるの?」など、いろいろな話を聞いてみました。【訂正】(2017/8/13)

ダイドー、自販機と連動する「ザ キング オブ ファイターズ」アプリを開発 ガチャ演出まで自販機だあ!
飲み物の購入時にもらえるポイントをゲーム内のコインに交換し、アイテムやキャラクターを入手可能。(2017/8/10)

東プレによる「タイピング大会」のオンライン予選がスタート 東京ゲームショウで決勝
優勝者には「Amazonギフト券10万円分」などが提供されます。(2017/8/6)

Microsoft Focus:
事業予測にAI活用も デジタル改革に“本腰”のMS平野社長、2018年度のビジョンは
日本マイクロソフトの平野拓也社長が、2018年度の事業方針を説明。事業予測にAIを活用しビジネスの精度を向上しつつ、インテリジェントクラウド&インテリジェントエッジを中核に据えたクラウド戦略や、新たなゲーミングビジネス戦略などを示した。(2017/8/5)

「レインボーシックス シージ」公式世界大会で日本人だけ賞金を受け取れない「おま賞金」発生 その理由とは
おま国、おま値、おま言語、そしておま賞金。(2017/7/24)

なぜ「ときど優勝」で格ゲーマーは泣いたのか 東大卒プロゲーマーの情熱と“友情、努力、勝利”
劇的なときどの優勝で幕を下ろしたEVO2017、その背景を振り返る。(2017/7/22)

PR:真夏に女子大生が学ランで訴える「大学eスポーツ」ってなんだ!?
eスポーツと大学スポーツはわかるけど……。(2017/7/14)

Intel Go:
日本国内の自動運転へ「積極的に取り組む」、インテルの持ち札
インテルは「自社半導体をどう使ってもらうか」という用途提案を強めており、自動運転もその有力な範囲の1つである。日本国内の自動運転について「積極的に取り組む」という同社の持ち札とはなにか。(2017/7/4)

PR:PUBGが面白すぎるので「ドン勝」するためのコスパマシンを検証するぞ
孤島に降り立った100人のうち生き残るのはたった1人! バトルロイヤルを勝ち抜いて夕飯はドン勝だ!(2017/7/3)

PR:G-Tuneがeスポーツ界のトッププロに選ばれる理由――小型ボディーにGTX 1080 Tiを搭載した「LITTLEGEAR」の実力
コンパクトで高性能。プロが選ぶ本当のゲーミングPC。(2017/6/16)

賞金総額1200万円越えのeスポーツ大会「RAGE vol.4 GRAND FINALS」 6月10日
CyberZは、同社運営のeスポーツ大会「RAGE」の決勝ラウンド「RAGE vol.4 GRAND FINALS(決勝大会)」の開催を発表した。(2017/6/8)

COMPUTEX TAIPEI 2017:
「COMPUTEX TAIPEI 2017」があす開幕 見どころをチェック
台湾・台北市で5月30日から6月3日(現地時間)まで開かれる見本市「COMPUTEX TAIPEI 2017」。37回目を数える今回のCOMUPTEXは、5つのポイントに注力するという。(2017/5/29)

NVIDIA、Overwatch大会「GeForce CUP」を開催――賞金は総額60万円
NVIDIAは、FPSゲーム「Overwatch」の腕前を競うeスポーツトーナメント「GeForce CUP: Overwatch powered by Level∞」の開催を発表した。(2017/5/15)

映像技術が切り拓く“まだ見ぬ世界”――麻倉怜士の「miptv2017」リポート2017(後編)
(2017/5/3)

Twitter、BloombergやWNBAと提携で独占ライブ動画配信へ
Facebookと並んでライブ動画に注力するTwitterが、Bloomberg、WNBA、Live Nationなど新たに16の企業との提携により、Twitterでのライブ動画配信を拡大する。(2017/5/2)

Yahoo!ゲームでeスポーツの情報サイトを新設
「Yahoo!ゲーム」において、eスポーツ情報に特化した新サイトが開設された。(2017/4/27)

Twitch vs YouTube、ゲーム配信収益ではTwitchに軍配 配信補助ツール提供会社が比較レポート
ゲーム配信の視聴者が投じる総チップ量のうち、96%がTwitchに流れているそうです。(2017/4/25)

eスポーツ、2022年アジア競技大会で公式メダル種目に まず2018年大会でエキシビジョンに採用
「母ちゃん、おれメダリスト目指すよ!」がゲーミングPCを買う口実になるかも。(2017/4/19)

日本人選手が派遣できない eスポーツが“メダル種目”になるも……協会が抱える課題
eスポーツが、2022年のアジア競技大会のメダル種目に。だが、日本人選手を大会に派遣するには「越えなければならないハードルがある」。日本eスポーツ協会に聞いた。(2017/4/19)

「eスポーツ」がメダル種目に 2022年のアジア競技大会
2018年の大会でも参考種目になる。(2017/4/19)

分散ディープラーニングを実現
Yahoo!がSpark/Hadoop環境で使える「TensorFlowOnSpark」をリリース
Yahoo!の機械学習チームが、分散ディープラーニングに対応したTensorFlowである「TensorFlowOnSpark」を公開した。TensorFlowOnSparkが必要な背景を解説する。(2017/4/12)

Computer Weekly:
Yahoo!がSpark/Hadoop環境で使える「TensorFlowOnSpark」をリリース
Yahoo!の機械学習チームが、分散ディープラーニングに対応したTensorFlowである「TensorFlowOnSpark」を公開した。TensorFlowOnSparkが必要な背景を解説する。(2017/4/5)

G-Tune、ゲーミングチーム「Rampage」の優勝記念セールを開催――4月13日まで
マウスコンピューターは、同社がスポンサードするプロゲーミングチーム「Rampage」のe-Sports大会優勝記念セールを開始した。(2017/4/4)

ロジクール、“eSports”仕様のゲーミングキーボード/マウス計2製品を発売
ロジクールは、eSportsアスリート向けをうたったゲーミングキーボード/ゲーミングマウス計2製品の発表を行った。(2017/3/14)

上位プレイヤーが参加する「シャドウバース」大会、予選1日で中止へ 配信担当の突如脱退が大きな理由
7日間の予選リーグ後、3月24日に決勝トーナメントが行われる予定でした。(2017/3/6)

レノボ、新ゲーミングブランド「Legion」を日本導入 第1弾はスタンダードゲーミングノートPC
Lenovoの新ゲーミングブランド「Legion by Lenovo」が日本でも展開される。スタンダードゲーミングノートPC「Lenovo Legion Y520」を皮切りに、ゲーミングPCの新モデルに順次展開していくほか、レノボ・ジャパンのゲーミング関連活動全般にも同ブランドを用いる方針だ。(2017/2/21)

「完璧にバランスが取れているゲームは触られすらしない」 格ゲ―でどういう調整をするべきなのか分析した動画が話題
「なぜ弱体化よりも強化調整をするべきなのか」(2017/2/21)

西日本で初の“プロゲーマー育成専門学科”が開講――2018年4月
OCA大阪デザイン&IT専門学校は、同校にプロゲーマーを育成学科となる「e-sportsワールド」を開設すると発表した。(2017/1/25)

格闘ゲームというか格闘技だこれ! 伸びる腕を駆使して戦うNintendo Switchの新作「ARMS」をプレイしてみた
神ゲーの予感。(2017/1/13)

バランスの悪さと気持ちよさが重要? プロゲーマー・梅原大吾によるゲームバランス調整の話に共感の声続出
確かにバランスが悪いほうが流行ってた。(2017/1/6)

田畑端ディレクターインタビュー:
大ヒット「FF15」を完成させた2つのルール
11月29日に世界同時発売した「FINAL FANTASY XV」。“新しい形のヒット作”は、なぜ生まれたのか。作品を生み出すために、スクウェア・エニックスという組織はどのように変わったのか。田畑端ディレクターに話を聞いた。(2016/12/22)

格ゲー企業対抗戦で優勝したスクウェア・エニックス 強豪を破って優勝をもぎ取った企業戦士に話を聞いた
決勝戦ではトッププレイヤーを擁する強豪社を撃破。(2016/12/17)

コナミがeスポーツへ取り組み 賞金付きのゲーム大会を世界で開催
「パワプロ」「ウイイレ」の大会が予定されています。(2016/12/15)

ALIENWAREがアキバに旗艦店「ALIENWARE STORE AKIBA」
秋葉原に宇宙人襲来。(2016/12/9)

プロサッカークラブが“ゲーム”に参入する理由は? 「東京ヴェルディeスポーツ部門」設立の狙い
Jリーグに加盟する「東京ヴェルディ1969フットボールクラブ」がeスポーツ部門を設立する。肉体派のプロサッカークラブがバーチャルな「eスポーツ」に参入するのはなぜか?(2016/11/22)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。