ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「ARROWS Tab F-05E」最新記事一覧

「ARROWS Tab F-05E」一言レビューまとめ
(2014/7/1)

「ARROWS Tab LTE F-01D」一言レビューまとめ
(2014/7/1)

「ARROWS Tab Wi-Fi FAR70B」一言レビューまとめ
(2014/7/1)

手書きイラスト&メッセージを挿入できる、ドコモの「手描きメールアプリ」
NTTドコモは、手書きイラストやメッセージをメールに挿入できる「手描きメールアプリ」をリリースした。撮影した画像やテンプレートも利用可能だ。(2014/5/1)

ドコモ、「ARROWS X F-02E」と「ARROWS Tab F-05E」でソフトウェアアップデート
NTTドコモは、12月3日に「ARROWS X F-02E」と「ARROWS Tab F-05E」のソフトウェアアップデートを開始した。(2013/12/3)

ドコモメール対応追加機種とマルチデバイス利用の概要を公開
NTTドコモは、11月26日にドコモメールの対応機種を追加し、あわせてマルチデバイス利用の概要について明らかにした。(2013/11/26)

PCや他社スマホでも利用可能:
「ドコモメール」提供開始――機種ごとの対応スケジュールや利用方法も案内
ドコモの新しいキャリアメールサービス「ドコモメール」が、10月24日9時から提供開始された。ドコモは機種ごとの対応スケジュールや利用方法などを案内している。(2013/10/24)

「ARROWS Tab F-05E」:
PR:“ロックの解除が面倒”とは言わせない――顔で、指紋で大事なデータをがっちりガード
セキュリティ対策をしっかりすればするほど、使い勝手が損なわれる――。これが仕事で使うタブレット端末の難しいところだ。富士通のARROWS Tabは、これを生体認証で解決。指紋認証をiPhone 5sより半年以上も前に実装していたのだ。(2013/9/27)

「ARROWS Tab F-05E」:
PR:ARROWS Tabを「お仕事モード」に武装する
外出先で仕事をしたいけどPCは重いしバッテリーも持たない。そんな私に上司から「ARROWS Tab F-05E」が渡された。タブレットってエンタメ用途じゃ……いいえ、最強のお仕事ツールに強化してみせます!(2013/9/13)

ドコモ、「ARROWS Tab F-05E」のOSをAndroid 4.1にバージョンアップ
ドコモは8月1日、富士通製タブレット「ARROWS Tab F-05E」でOSのバージョンアップを開始した。OSがAndroid 4.0からAndroid 4.1になる。(2013/8/1)

ARROWS NX:
PR:もう重いPCは持ち歩かない! ARROWS NXとキーボードだけ持ってお仕事しよう
外出先での仕事に欠かせないノートPC。でも、スマホを使えばもっと身軽にモバイルワークができるかも。 ARROWS NXとキーボードを使ってどこまで仕事ができるか実験。(2013/6/13)

ARROWS Tab:
PR:ARROWS Tabでビデオ撮影・編集してみよう! ビデオ撮るならスマホよりタブレット
観光スポットやイベント会場などで、スマートフォンを使って写真やビデオを撮っている人を見るのはもう珍しくありませんが、タブレットで撮影している人はまだ少ないですよね。でも、ビデオを撮ったり編集したりするなら、タブレットの方が都合がいいんです。(2013/6/14)

ドコモ、「ARROWS Tab F-05E」の不具合を解消するアップデートを開始
ドコモが、富士通製タブレット「ARROWS Tab F-05E」で、LEDの不具合を改善するアップデートを開始した。(2013/6/6)

ドコモ、Android 4.1、4.2のアップデート対象“予定”モデルを公開
NTTドコモは、5月8日にAndroid 4.1、または、Android 4.2へのアップデートを予定しているモデルの最新状況を公開した。(2013/5/8)

ARROWS Tab:
PR:外へ、プールサイドへ、ARROWS Tabでスポーツを楽しもう
スポーツをするのによい季節になってきました。今回はスポーツ練習や観戦に役立つアプリを紹介します。防塵防滴の「ARROWS Tab F-05E」ならグラウンドやプールサイドなどどこへでも持ち出して使えますし、解説映像も大画面で見られますよ。(2013/4/30)

ARROWS Tab F-05E:
PR:大画面もいいけど“個”画面もね! ARROWS TabをDLNAでつないでテレビをもっと楽しもう
「ARROWSの高画質画面じゃ、もうワンセグは見てられないよ」という方、ワンセグとはちょっと違う、「DiXiM Player」でテレビを見る方法をお教えしましょう。(2013/3/18)

専用LSIで操作性も追求:
防水防塵、高画素密度、大容量バッテリーの上級Androidタブレット――「ARROWS Tab Wi-Fi FAR70B」に迫る
Windows 8モデルが好評の“アロタブ”(ARROWS Tab Wi-Fi)に、最新のAndroidモデルが登場した。防水防塵ボディにフルHD超えの液晶や大容量バッテリーを搭載した意欲作だ。その実力をじっくり検証する。(2013/2/7)

「ARROWS Tab F-05E」:
PR:ARROWS Tabの高速通信&大画面をモバイルワークで活用する
「ARROWS Tab F-05E」の高解像度大画面やXiによる高速通信環境、超大容量バッテリーによる長時間駆動などのハイスペックを活用するにはエンターテイメントだけではもったいないですよね。今回はビジネス現場でのモバイルワークでの活用例を紹介します。(2013/2/1)

進化したARROWS Xの実力を披露――富士通が「ARROWS X F-02E」体験会を開催
富士通が、NTTドコモの2013年春モデルとして発売される「ARROWS X F-02E」の体験会を開催。進化した1630万画素カメラや5インチフルHDディスプレイの実力をデモを通してアピールした。(2013/1/28)

「ARROWS Tab F-05E」:
PR:大画面&高速性能&快適アプリで選ぶとLTEタブレットはARROWS Tabになる!
もう店頭で「ARROWS Tab F-05E」の実機はお試しになりましたか? これまで大画面や大容量バッテリーなど、個別のスペックについてご紹介してきましたが「それってほかのタブレット端末と比べてどうなの?」という方に、他社端末との横並び対決をお届けします。(2013/1/23)

“フルHDスマホ”とBDレコーダーでもっと便利に、ひかりTVのAndroid STBも連携
NTTドコモは、新しいフルHDディスプレイ搭載スマートフォンと各社BDレコーダーとの連携動作確認作業を進めている。DLNA/DTCP-IPアプリ「Twonky BEAM」もバージョンアップ。(2013/1/22)

「ドコモ スマートホーム」を提案:
5インチフルHD、下り112.5Mbps、2画面スマホ――ドコモが2013年春モデル12機種を発表
ドコモが2013年春商戦に投入する新モデルを発表。5インチフルHDディスプレイ、クアッドコアCPU、下り最大112.5Mbps通信などスペックが底上げされたほか、ドコモのコンテンツをテレビやタブレットで楽しめる「docomo Smart Home」も提案する。(2013/1/22)

「ARROWS Tab F-05E」:
PR:大画面を生かした多彩な日本語入力を試す
10.1インチフルHDディスプレイを搭載した「ARROWS Tab F-05E」には、QWERTYキーボードやテンキーボードから手書き入力や音声入力まで、日本語を入力するための多彩な機能が用意されている。(2013/1/18)

「ARROWS Tab F-05E」:
PR:セットアップ簡単、ホーム画面もわかりやすい「ARROWS Tab」
ついに発売された「ARROWS Tab F-05E」、もう触ってご覧になりましたか? 入手した方もいらっしゃるでしょうか。今回はF-05Eのセットアップと、これだけはやっておこうという初期設定の基本的な部分を説明します。スマートフォンよりシンプルですよ。(2012/12/17)

純正オプション:
確かにスタートダッシュが違った――ドコモの「ACアダプタ 04」を試す
ドコモが発売した最新のスマホ用充電器「ACアダプタ 04」。出力電流を増やすことで急速充電を可能としたモデルだが、実際にはどれくらい速く充電できるのだろうか。(2012/12/14)

PR:「ARROWS Tab F-05E」を箱根紅葉ドライブに連れ出す
フルHD表示に対応した高精細な10.1インチディスプレイと、10080mAhの大容量バッテリーが大きな特徴である「ARROWS Tab F-05E」。今回はこれを、紅葉ドライブに持ち出してどれくらい使えるのか検証してみた。(2012/12/14)

「ARROWS Tab F-05E」:
PR:“広いが勝ち”大画面が快適・楽しい10インチタブレット「ARROWS Tab」
「ARROWS Tab F-05E」はフルHD表示ができる10.1インチワイド大画面をもつタブレットです。クアッドコア搭載で、防水、指紋認証、100Mbps対応Xi対応、超大容量バッテリーなどハイスペックを備え注目ポイントも数多く備えています。今回はそのなかから「大画面」という特長にスポットを当ててみましょう。(2012/12/7)

10080mAhバッテリー搭載の防水タブレット「ARROWS Tab F-05E」、12月8日発売
大容量バッテリーや指紋センサーを搭載したハイスペックなタブレット「ARROWS Tab F-05E」が12月8日に発売される。(2012/12/5)

石野純也のMobile Eye(11月19日〜11月30日):
嫉妬される「HTC J butterfly」の魅力/“使い勝手”を訴求する富士通/auとSB版iPad miniの料金を検証
この2週間は冬モデルの話題が相次いだ。冬モデルの中でも一際高い注目を集めているHTCの「HTC J butterfly」は、KDDIとの協業で生まれた第2弾モデル。このほか、ARROWS Vをはじめとする富士通の新機種と、11月30日に発売されたiPad mini/iPad RetinaディスプレイモデルのWi-Fi+Cellularモデルについても取り上げる。(2012/12/3)

フィーチャーフォンも:
「ハイスペック」+「使いやすさ」から生まれた“最強”のARROWSシリーズ
富士通がドコモ向け冬モデルの製品説明会を開催。スマートフォン2機種とタブレット1機種、iモードケータイ1機種の計4機種とも、使いやすさとスペックの高さが特徴だ。(2012/11/20)

富士通+ドコモ+NEC共同開発の通信処理LSI:
富士通タブレット「ARROWS Tab」に載る、“国産”通信処理プロセッサ「COSMOS」とは
富士通のハイスペックタブレット「ARROWS Tab F-05E」は、国産の通信処理プロセッサ「COSMOS」が搭載される。COSMOSとは何か、その強みと狙いは何か。(2012/11/20)

当たり前のことをきっちりと:
年度末に4000局が75Mbps対応、100Mbps/112.5Mbpsエリアも拡大――ドコモのLTE戦略
日本におけるLTEサービスの先駆者とも言えるドコモだが、ここ最近は「Xi」ユーザーが増えたため、スループットの低下が目立っている。同社はこれからどのようにXiを展開していくのか。16日の説明会で、速度、基地局、カバー率などに焦点を当てて紹介した。(2012/11/17)

何がすごい? 消費電力は?――「Tegra 3」で再確認するクアッドコアの真価
スマートフォンの普及でにわかに注目を集めるようになったのが「CPU」ではないだろうか。最近は4つのCPUコアを持つ「クアッドコア」対応スマホやタブレットも増えている。ではクアッドコアは何がすごいのか。バッテリーの持ちはどうなのか。「Tegra 3」を取り上げながら見ていこう。(2012/11/16)

石野純也のMobile Eye(10月6日〜10月19日):
「LTE」「端末」「サービス」から読み解く携帯3キャリア“冬の陣”
この2週間の大きなトピックは、ドコモ、au、ソフトバンクの新機種が発表されたこと。冬モデルでは高速通信サービスの対応機種が大幅に拡充され、3社ともエリアの拡大にも余念がない。今回はネットワーク、端末、サービスという切り口から3社の戦略を見ていこう。(2012/10/19)

写真と動画で解説する「ARROWS Tab F-05E」
ドコモ タブレット「ARROWS Tab F-05E」は、10.1フルHD液晶画面、1.7GHzクアッドコアCPU「Tegra3」を搭載し、バッテリーも10080mAhと非常に大容量。さらに指紋認証センサーも搭載しながら、前モデルより小型化も実現している。ファミリー層向けの高機能タブレット端末だ。(2012/10/16)

「LTEの先駆者」ドコモ 冬モデルのスマホは全機種、下り最大100Mbpsの「Xi」対応
ドコモの冬モデルは、スマートフォン全モデルで下り最大100MbpsのLTEサービス「Xi」に対応した。LTEで他社に2年先行している経験を生かし、「生活に合った端末やサービスを提供する」という。(2012/10/11)

ドコモ タブレット:
指紋センサー搭載、フルHD表示に対応した防水タブレット――「ARROWS Tab F-05E」
10.1インチディスプレイを搭載した富士通製のAndroid 4.0搭載タブレット「ARROWS Tab」がモデルチェンジを果たした。特にクアッドコアプロセッサーの採用と、フルHD表示に対応したディスプレイは注目だ。(2012/10/11)

スマホは全機種Xi、通信速度は下り最大100Mbpsに――ドコモの2012年冬モデル17機種
NTTドコモが2012年冬モデルを発表。スマートフォン10機種、タブレット1機種、iモードケータイ4機種、フォトパネルとモバイルWi-Fiルーター各1機種の、計17機種を投入する。スマホとタブレットは全機種が下り最大100MbpsのXiに対応する。(2012/10/11)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。