ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「偽装メール・詐欺メール」最新記事一覧

年休申請メールを開いたら銀行詐欺ツール 地方ネットバンクを狙うスパムメールが活発化
他にも「請負契約書」「年次運用報告書」「算定届出書」「状況一覧表」などの偽装メールが確認されています。(2016/6/17)

SNSの情報流出で詐欺メール出回る、ネット各社は使い回しパスワードを強制リセット
LinkedInから流出した情報を使ったと思われる詐欺メールが出回っているという。FacebookやNetflixは同じパスワードを使い回しているユーザーに変更を促した(2016/6/8)

バービーの親vs.中国サイバー窃盗団の勝敗は?
バービー人形で知られる世界的おもちゃメーカーのMattelが、中国からのフィッシング詐欺メールに引っかかった。3億円以上の資金の行方は……。(2016/4/8)

「ドラゴンクエストX」装う偽メール出回る アカウント情報の入力求める
アカウント情報を入力しないよう注意!(2016/3/9)

米Snapchat、CEOかたる詐欺メールにだまされ従業員が情報流出
シュピーゲルCEOになりすました詐欺メールに従業員がだまされ、多数の従業員の給与に関する情報を流出させてしまった。(2016/3/1)

東京都水道局、「給水停止のお知らせ」と偽る詐欺メールに注意呼びかけ
クリックしちゃダメ。(2016/2/2)

スパム判定されず「重要」タグ付き マイナンバー申請に伴う詐欺メールが横行
少しでも不安を感じたらまずは「マイナンバー総合フリーダイヤル」へお電話を。(2016/1/28)

米バージニア大学教職員の個人情報流出、詐欺メールでパスワード明かす
攻撃には、フィッシング詐欺メールを使って受信した相手をだまし、リンクをクリックさせてユーザー名とパスワードを入力させる手口が使われていた。(2016/1/26)

「じぶん銀行」かたる偽メールに注意 フィッシングサイトに誘導する内容
アカウント情報 (番号、パスワード) の入力は絶対に行わないように。(2016/1/19)

Cyber3 Conferenceは「大事な一歩」だとパロアルト:
訃報メールを装った標的型攻撃も登場、巧妙化する脅威に情報共有で対処を
パロアルトネットワークスは2015年11月7日、沖縄県名護市で開催された「Cyber3 Conference Okinawa 2015」のオフィシャルサイドプログラムにおいて、国内のサイバー脅威の動向を解説した。(2015/11/24)

マクロウイルスの再来?:
偽装メールが再び拡散、不正マクロを仕込んだ添付ファイルでマルウエア感染
不正なマクロを仕込んだWord文書ファイルを添付し、オンラインバンキングサービスを狙うマルウエアに感染させようとするスパムメールが、2015年10月以降多数観測されている。(2015/10/28)

ネット口座狙う偽装メール、8日朝から1万3000通以上 トレンドマイクロが警告
最悪、銀行口座の預金を勝手に送金させられるなどのおそれもあり、注意が必要です。(2015/10/10)

注文確認や複合機の偽メールに警戒を 不正マクロでウイルス感染
実在企業からの注文確認や社内の複合機から発信されたように見せかけた詐欺メールが大量に確認された。不正マクロを仕込んだWordファイルが添付されている。(2015/10/9)

Appleかたる偽メールに注意 IDとパスワード入力要求
偽メールには、Apple IDを一時停止したため、アカウントを確認するようにと書かれています。(2015/10/3)

Twitterから不審なメール? 「ログインリンク」に不安の声 「変更すべきか議論する」とTwitter
「Twitterログインリンク」という怪しいメールが来たという報告が相次いでいる。これはTwitterからの正規のメールだが、フィッシング詐欺メールと誤解しかねない文面で、心配する声も上がっている。(2015/6/26)

AdobeがFlashの緊急パッチを公開、ゼロデイ攻撃も発生
この脆弱性を突くフィッシング詐欺メールが出回っているのをFireEyeが確認している。(2015/6/24)

MERS便乗攻撃、「患者リスト」ファイル付メールが流通
韓国でのMERS(中東呼吸器症候群)感染問題に便乗したメールが出回っている。(2015/6/15)

みずほ、三井住友を名乗るフィッシング詐欺相次ぐ
メガバンクを名乗る偽メールや詐欺サイトで個人情報を盗む。(2015/5/20)

ソニー・ピクチャーズの事件でも焦点
ホワイトハウスへのハッキングを成功させた「偽メール」の正体とは?
ロシアからとみられるハッキング被害を受けたホワイトハウス。その始まりは、疑わしいメールだったという。猛威を振るう「スピアフィッシング攻撃」の実態と対策に迫る。(2015/5/14)

ネパール地震の被災者支援に便乗する詐欺メールに注意を
慈善団体の名をかたる募金呼びかけの詐欺メールでリンクをクリックしたり添付ファイルを開いたりすると、マルウェアに感染したり、金銭をだまし取られたりする恐れがある。(2015/5/1)

IT4コマ漫画:
これって詐欺メール?
「久しぶり! メアド変更したので登録よろしく」。そんな名無しメールの正体は……? IT向上委員会の有江敬寛氏による漫画連載「IT4コマ漫画」の第71回目。(2015/3/13)

見た目はそっくり「楽天市場」の偽サイト2500件以上確認 偽装メールも 楽天が注意呼び掛け
「楽天市場」を偽装したサイトを確認しているとして、楽天がユーザーに注意を呼び掛けている。偽サイトのURLとして2500以上をリストアップ。楽天市場利用の際には、URLが正規のものか確認するよう求めている。(2015/2/17)

邦人人質事件に便乗したスパムツイートに注意
ニコニコニュースを名乗るスパムも報告されている。(2015/2/1)

偽の緊急地震速報に気象庁が注意喚起
偽メールには不審なリンクが記載されているが、本物にリンクは記載していない。(2014/9/24)

米原子力規制委員会、3年間で3回のハッキング被害と公表
職員約215人にあてた詐欺メールや特定の職員を狙い撃ちにしたスピアフィッシングメール、個人メールアカウントへの不正侵入の手口が使われた。(2014/8/20)

OpenSSLの「Heartbleed」脆弱性に便乗攻撃、陰謀説や政府機関利用説も
パスワードの変更を促すリンク付きの詐欺メールが出回るなど、騒ぎに便乗する動きが浮上。各国の政府機関が利用していたのではないかといった憶測も飛び交っている。(2014/4/11)

ソチ五輪の観戦、ネットのセキュリティ対策徹底を
五輪に便乗したスパムやフィッシング詐欺などが横行する恐れがあるほか、ロシアに渡航する場合は通信が監視されたりする可能性もある。(2014/2/6)

フィッシング詐欺メール撲滅の規格に成果あり、Googleが発表
Gmailでは現在、ユーザーに届くスパム以外のメールのうち91.4%が、メール認証規格のDKIMまたはSPFを採用したドメインから届いているという。(2013/12/9)

セキュリティ会社のお知らせになりすますマルウェア攻撃にご注意
主要なウイルス対策ソフトベンダーの更新通知を装ったメールが出回り、メールの添付ファイルを開かせてマルウェアに感染させる攻撃が広がっているという。(2013/11/26)

ファイルを人質に取って脅す「Cryptolocker」が大量流通、英機関も注意呼びかけ
銀行などの通知を装ってCryptolockerに感染させようとする詐欺メールが大量に出回っているという。(2013/11/19)

「iPhone 5sが当選しました」メールにご注意、早くも便乗詐欺が発生
Appleが発表したばかりのiPhone 5sを悪用した詐欺メールが出回っている。(2013/9/12)

新生銀行をかたる英文フィッシング詐欺メールに注意
新生銀行をかたる英文のフィッシング詐欺メールが出回っているとし、フィッシング対策協議会が注意を呼びかけている。(2013/5/29)

我々はこうしてだまされた――Twitterハッキングの被害企業が手口を公表
Twitterアカウント乗っ取りの被害に遭ったOnionが、従業員が詐欺メールにだまされて次々にアカウントを乗っ取られるに至った経緯を公表した。(2013/5/11)

Webサイトへの社員情報掲載は最低限に、詐欺メールに悪用も――米機関が勧告
業界関連サイトに掲載された会議出席者の氏名、所属、肩書きといった情報が、特定の標的を狙い打ちにしたスピアフィッシング攻撃に悪用されたという。(2013/4/8)

PayPalをかたる日本語の詐欺メールに注意
アカウントを盗み取ることが目的とみられる不審なメールとフィッシングサイトが発見された。(2013/1/10)

Javaの脆弱性を突く詐欺メールが出回る、Microsoftの正規通知を流用
問題のメールはMicrosoftが送った正規のメールを流用してリンクの部分を書き換え、Javaの脆弱性を突く不正なWebサイトにユーザーを誘導しようとする。(2012/9/4)

ODNメールをかたるフィッシング詐欺メールに注意
セキュリティ問題を確認してほしいといった文言で不正サイトに誘導しようとするという。(2012/8/28)

給与管理担当者を狙う詐欺メールが流通、Javaの脆弱性を突く攻撃広がる
給与管理会社の社名をかたった詐欺メールのリンクをクリックすると、Javaの脆弱性の悪用コードを仕掛けたWebサイトに誘導される。(2012/8/7)

So-netのメールサービスをかたるフィッシングサイト出現
So-netを名乗る詐欺メールから偽サイトに誘導して、ログイン情報を盗み出そうとする攻撃が発生している。(2012/7/13)

LinkedIn騒動に便乗の詐欺メールが流通、パスワード保存に問題も
LinkedInのパスワード流出問題に便乗したような詐欺メールが出回っているという。他のサイトからも相次いでパスワード流出が伝えられている。(2012/6/8)

楽天銀行をかたる詐欺メールに注意
メールを使ってフィッシングサイトに誘導し、IDや暗証番号などを入力させようとする。(2012/5/10)

「真・女神転生IMAGINE」のフィッシングサイト出現、カード情報流出事件に便乗か
米国でクレジットカード情報が流出した可能性のある事件に便乗した詐欺メールが出回っている。(2012/4/2)

Appleからの決済情報を装う詐欺メール、新規ユーザーは特に注意を
詐欺メールと詐欺サイトは非常に巧妙にできているといい、初めてiTunes StoreやMac App Storeにアカウントを開設した新規ユーザーはだまされてしまうかもしれないとIntegoは警告する。(2011/12/27)

金正日氏死去に便乗するスパムが出現
北朝鮮の金正日総書記の死去に便乗したスパムメールが早くも出回っているという。(2011/12/21)

総務省でもウイルス感染、震災便乗メールに不正プログラムが添付
総務省の職員が利用する複数のPCでトロイの木馬の感染が分かった。(2011/11/4)

ハリケーン「アイリーン」に便乗の詐欺メールに注意を US-CERT
アイリーンに関連した件名、添付ファイル、リンクを含んだメールには注意が必要だ。(2011/8/30)

激増するSNSスパム――日本からの発信も
Symantecによると、SNSを狙った詐欺メールやマルウェアなどの攻撃が今年4月から6月にかけて激増した。(2011/6/30)

米大手各社の顧客情報が流出――メールマーケティング企業から
メールマーケティングサービス企業のEpsilonと契約している大手金融機関などの顧客情報が流出した。流出した情報に関係する顧客を狙った詐欺メールが増加する恐れがある。(2011/4/5)

震災に便乗するサイバー攻撃が横行か
東北地方太平洋沖地震が発生した3月11日の直後から不審なドメインの登録が相次ぎ、地震に便乗したスパムも多数出回っている。(2011/3/16)

「コスモ石油工場爆発」に関するチェーンメールについて:
セキュアブレイン、震災に関連する偽メール、偽Webサイトへの注意喚起を促す
セキュアブレインは3月13日、「コスモ石油工場爆発」に関するチェーンメールを確認したと発表した。(2011/3/13)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。