ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「GfK」最新記事一覧

本田雅一のTV Style:
8Kテレビは本当に普及するのか?――GPC&CE Chinaレポート(2)
スマートフォンやSVODの普及で大きく変わりつつあるテレビ市場。4KやHDRはどうなる? 8Kテレビは中国が中心に? メッセ・ベルリン主催の「Global Press Conference」(GPC)で披露されたgfkやiHSの調査データを元に、AV評論家・本田雅一氏が市場を分析する。(2016/5/6)

気になるアレの販売ランキング:
新発売あのモデルは売れてる? スマートウォッチの売れ筋を知る
Apple Watchが発売されて約1年がたち、この市場は今、Android Wearやその他独自のプラットフォームも含め、百花繚乱(りょうらん)といった状態です。売れ筋はどんな製品なのか、GfKのデータからひも解いてみます。(2016/4/26)

本田雅一のTV Style:
世界的な“独り身世帯の急増”で市場が変わる?――GPC&CE Chinaレポート(1)
メッセ・ベルリン主催の「Global Press Conference」(GPC)が今年も開催され、GfKなどからいくつかの市場トレンドが示された。中でも興味深かったのが、中産階級人口のグローバル市場における”シフト”である。(2016/4/22)

2015年のBlu-ray Disc販売数は前年比9%減――「アナ雪」大ヒットの反動で
GfKジャパンがまとめた「2015年の映像ソフト販売動向」によると、DVD/BDを含むセル映像ソフト販売は数量・金額ともに前年から約1割縮小した。(2016/2/19)

2015年の販売台数、4Kテレビは前年の3.2倍、ハイレゾ対応ヘッドフォンは2倍に――GfKジャパン調べ
AV機器は2015年も薄型テレビやBlu-ray Disk/DVDなどの主要製品で販売数量の減少が継続したものの、4Kテレビやハイレゾ関連オーディオ機器など高付加価値製品の需要は増加傾向にあるという。(2016/2/12)

4Kテレビ、ハイレゾ機器が成長、生活家電は増税前駆け込み需要の反動で冷え込み――GfK Japan調査
ジーエフケー マーケティングサービス ジャパンが8月7日、家電量販店におけるAV機器および生活家電の販売動向を発表した。(2015/8/10)

ハイレゾオーディオ機器市場は2年で4倍に拡大――GfK Japan調査
ジーエフケー マーケティングサービスジャパンが家電量販店におけるハイレゾオーディオ機器の販売動向を発表した。(2015/7/31)

本田雅一のTV Style::
数字が示す激動のアジア・モバイル端末市場、今後のトレンドは“中間層”?――IFA GPCリポート(2)
過去10年間で急激に変化したアジアのモバイル端末市場。スマートフォン躍進の影に隠れ、存在感の薄れていたノートPCは……。Gfk Asia Pacificのアナリストが紹介した興味深いデータを分析してみよう。(2015/5/8)

MVNOを利用しない理由は「詳細が分からない」――SIMフリースマホ&MVNOのSIMカードに関する調査結果
ジーエフケー マーケティングサービス ジャパン(GfK Japan)は、SIMフリースマートフォンの販売動向と、MVNO SIMカードの利用意向について調査を実施。認知度が高まる一方、利用しない理由では「詳細が分からない」が最も多くなった。(2015/4/6)

4Kテレビ、50V型以上の金額構成比で初めて50%を超える――GfK Japan調査
2014年11月第2週、量販店での薄型テレビ販売において、50インチ以上の金額構成比で4Kテレビが初めて50%を超えた。(2014/11/12)

GfK Japan、携帯電話の購入・利用状況などに関するアンケート調査を実施――フィーチャーフォンが根強い人気
ジーエフケー マーケティングサービス ジャパン(GfK Japan)は、携帯電話の購入・利用状況などに関するアンケート調査を実施。フィーチャーフォンの販売数量構成比はほぼ横ばいで推移しており、根強い人気を見せている。(2014/11/6)

8パーセントの次は10パーセントです:
消費増税は生活家電の売上にどれほど影響したのか?――GfK Japanが調査
2013年10月に消費税の5パーセントから8パーセントへの税率引き上げが決まった。このニュースを見て、実際に税率が上がる2014年4月までに高額なものは買ってしまおうと決めた家庭も多いだろう。冷蔵庫、洗濯機など、決して安価とは言えない生活家電の売れ行きは、消費増税によってどのように動いたのだろうか。(2014/6/26)

消費増税を前に大型家電を中心とした駆け込み需要が増加――GfK Japan調査
ジーエフケー マーケティングサービス ジャパン(GfK Japan)は、家電量販店における主要家電製品の販売動向を発表。1月、2月のエアコン/冷蔵庫/洗濯機の販売台数は、過去5年間の同月と比べて最多。(2014/3/14)

GfK Japan、2013年のセル映像ソフト販売動向を発表――数量・金額共に前年比減
ジーエフケーマーケティングサービス ジャパン(GfK Japan)は、2013年におけるセル映像ソフトの販売動向を発表。数量や金額は前年比減する一方、Eコマースでの販売は前年より拡大している。(2014/2/18)

PCは前年比4%増、携帯電話は同8.5%減:
2013年のIT機器販売動向、タブレットが前年比79%増の成長──GfK調べ
GfKが2013年の家電/IT機器市場の国内販売動向の調査結果を発表。タブレット市場の大幅成長に対し、個人PC市場の減少、およびスマートフォン市場の成長鈍化が顕著となった。(2014/2/13)

薄型テレビ販売は28カ月ぶりに金額ベースで前年比プラスへ、GfK Japan調査
ジーエフケーマーケティングサービス ジャパン(GfK Japan)が、薄型テレビの国内販売動向および2013年、2014年の市場見通しを発表。(2013/12/17)

薄型テレビ販売は回復基調へ、週次の金額ベースでプラスに転じる――GfK発表
GfKが家電量販店における薄型テレビの販売動向を発表した。9月第1週は、金額ベースで前年同期を上回り、プラスに転じたという。(2013/9/10)

2013年上半期のセル映像ソフト市場は数量前年比3%減もBDは好調――GfK Japan調査
ジーエフケー・ライフスタイルトラッキング・ジャパンが「2013年上半期 映像ソフト市場総括」を発表。2013年上半期のセル映像ソフト市場は、数量前年比3%減、金額前年比1%増となった。(2013/8/22)

いまだ地デジ特需の反動大きく、薄型テレビ苦戦——GfK Japan調査
ジーエフケー マーケティングサービス ジャパンは8月14日、2013年上半期の家電およびIT市場の国内販売動向を発表した。上半期の薄型テレビは、前年比33%減の320万台。しかし、平均単価の上昇や4Kテレビの増加などプラス材料も。(2013/8/14)

安定した白物家電需要、掃除機は多様化? GfK Japanの2013年国内販売動向調査
ジーエフケー マーケティングサービス ジャパンが2013年上半期の家電およびIT市場の国内販売動向を発表した。白物家電はおおむね堅調に推移。(2013/8/14)

企業XP稼働率、まだ4割超:
2013年上半期法人PC市場が堅調、XPリプレース需要で
GfK Japanが2013年上半期の法人PC市場の調査リポートを発表。企業XP搭載PC稼働率はまだ高く、需要はサポート終了期まで続くようだ。(2013/8/13)

50インチ以上が全体の1割近くに、4Kテレビも大きく伸長――GfK Japan調べ
ジーエフケー マーケティングサービス ジャパン(GfK Japan)が家電量販店における薄型テレビの販売動向を発表した。5月は50インチ以上の大画面テレビが数量構成比で9.6%まで上昇した。(2013/6/3)

空気清浄器が絶好調 2月の販売台数は前年比4割増
GfKによると、空気清浄機の販売が好調に推移している。(2013/3/11)

空気清浄機販売数、2013年2月は前年比39%増――近畿以西では54%増を記録
GFKが空気清浄機の販売動向調査を発表。全国的に2月の販売数が急増している中、特に近畿以西で大きく伸びた。花粉の飛散開始に加え、中国の大気汚染報道がきっかけになったという。(2013/3/8)

BDは2桁増を維持するも、セル映像ソフト全体では7年連続のマイナス成長――GfK調べ
ジーエフケー・ライフスタイルトラッキング・ジャパンは、2012年のセル映像ソフトの販売動向を発表した。(2013/2/27)

国内BDソフトの5割弱はアニメ、6割強はネット販売
GfK Japanの調査によると、2012年のセル映像ソフト市場は全体では7年連続でマイナスだったものの、BDは2けた成長に。(2013/2/27)

国内タブレット市場は前年比2.2倍・300万台に 7インチ急増
GfKによると、2012年の国内のタブレット端末販売数は前年比2.2倍の300万台に達した。(2013/2/21)

薄型テレビの販売台数、2012年は前年比4割の水準に
GfKによると2012年の薄型テレビの販売台数は前年比4割の水準に落ち込んだ。(2013/2/21)

2012年の薄型テレビ市場規模は6割減、サウンドバーは4割増──GfK調べ
ジーエフケー マーケティングサービス ジャパンは2月20日、2012年の家電・IT市場動向を発表した。国内家電小売市場は前年までのエコポイント制度、アナログ停波の反動を受け、前年比11%減の7兆4800億円にとどまる見込み。(2013/2/20)

家電・IT製品のネット通販、前年比7.8%増の6600億円――GfK調査
GfKは、国内インターネット通販市場における家電・IT製品の2011年販売実績と2012年の見通しを発表した。ネット通販販売金額は前年比7.8%増の6600億円。(2012/12/3)

2011年度下半期の1.6倍に:
MBAやUltrabookの売れ行き好調、市場は拡大傾向――GfK調べ
UltrabookやMacBook Airの普及により、薄型ノートPCの販売台数は順調に伸びている。携帯性の高さが支持されていることや、ラインアップが増加し、消費者の選択肢が増えたことが市場拡大の要因だという。(2012/10/18)

交換レンズ市場拡大 ミラーレスが大きく寄与 単焦点レンズが人気
ミラーレスを含むデジタル一眼の普及で、交換レンズ市場も活性化。レンズ種別としては比較的安価な単焦点レンズが人気。Gfk Japan調べ。(2012/9/19)

AV機器は軒並み縮小、GfKの2012年上半期販売動向調査
ジーエフケー マーケティングサービス ジャパンが、2012年上半期における家電およびIT市場の販売動向を発表。エコポイント制度やアナログ停波の反動により、AV関連機器は前年同期比で軒並み縮小傾向が見られる。(2012/8/28)

ネットで高額ヘッドセットを購入するユーザーが増加、GfKの2011年度ヘッドセット販売動向調査
GfKがヘッドセット販売動向を発表した。全体的に大きく伸びている中、とくにインターネット販売が数量ベースで36%増と大幅増加。店頭販売より高額製品が売れる傾向もみえてきた。(2012/6/18)

IFA GPC 2012:
GfKのデータから見る、世界のスマートデバイス普及の潮流
世界最大の家電トレードショウ「IFA 2012」開催を控え、メッセ・ベルリンがカンファレンスを開催。家電分野とも関係が深くなりつつあるスマートフォンやタブレットについて、GfKが市場の分析を行ったので紹介する。(2012/4/16)

シーリングライトはLEDが過半数、GfKの販売動向調査
GfKは、家電量販店におけるシーリングライトの販売動向を発表。LEDシーリングライトが月間販売で蛍光管タイプを上回る拡大をみせ、シーリングライト市場はプラス成長となった。(2012/4/11)

ビデオカメラ販売ランキング(2月27日〜3月4日):
卒入学式シーズン、ビデオカメラの売れ筋と注目モデル
卒入学式などイベントに需要の高まるデジタルビデオカメラ。GfK Japan調べによる販売ランキングから売れ筋モデルの条件を探った。(2012/3/16)

デジタルカメラ総合販売ランキング(1月30日〜2月5日):
「NEX-7」が販売ランキングに登場
GfK Japan調べによる、デジタルカメラ販売ランキングをまとめた。ソニー「NEXシリーズ」の最上位モデル「NEX-7」がランクインしている。(2012/2/13)

オリンピック効果は限定的? GfKが2012年のテレビ需要予測を発表
GfKは、2011年の液晶テレビ需要動向および2012年の見通しを発表した。先進国は需要が伸び悩む一方、新興国が引き続き成長し、前年比7%増の2億2500万台に達するという。(2012/2/3)

Huaweiのデータ通信カード・端末/モバイルルーター、4年連続シェア1位に
ジーエフケーマーケティングサービスジャパンが実施する「第8回GfK Japan Certified」において、Huaweiがデータ通信カード・端末/モバイルルーター部門で4年連続のシェア1位を獲得。また、デジタルフォトフレーム部門でも1位となっている。(2012/2/1)

調査リポート:
国内企業のAndroid導入が加速 スマホではシェア1位に――GfK Japan調べ
GfK Japanが国内企業のスマートフォン、タブレット端末の導入動向を調査した。前回調査よりも導入を前向きに考える企業が増えたほか、Android端末を導入する企業が増加する結果に。(2011/11/16)

調査リポート:
国内タブレット市場、Androidも着々増加――GfKが量販店の販売動向を発表
GfK Japanが国内家電量販店におけるタブレット端末の販売動向を発表。iPadが支配的だった同市場だが、2011年度に入ってAndroid端末の割合も増加している。(2011/11/7)

携帯販売、分離プラン導入から最高の成長率――量販店ではスマホが6割
GfKが7月の携帯電話市場動向を発表。2008年の分離プラン導入後、最も高い成長率を記録した。牽引役はスマートフォンで、家電量販店ではすでに販売の6割がスマートフォンとなっている。(2011/8/26)

2011年上半期の家電販売動向はテレビやレコーダーの需要増加でプラス推移、GFK調査
ジーエフケー マーケティングサービス ジャパンは、2011年上半期の家電およびIT市場の販売動向を発表した。東日本大震災の影響はあったものの、テレビやレコーダーの需要増加が追い風となり、売上高前年比はプラスで推移したという。(2011/8/15)

節電意識高まる:
LED電球が白熱電球の販売数を超える、GfK Japan調べ
GfK Japanによると、7月第1週にLED電球の電球市場を占める割合が約5割に達し、白熱電球の販売数を上回ったという。(2011/7/8)

録画テレビは半数超え:
アナログ停波で駆け込み需要が起こる、GfK Japan予測
GfK Japanによると、アナログ停波を間近に控えた6月第4週は、薄型テレビの販売数量が前年比2.51倍と急拡大したという。(2011/6/28)

デジタルカメラ総合販売ランキング(5月30日〜6月5日):
ニコン「D3100」が人気保つ、「D7000」も再浮上
GfK Japan調べによる、デジタルカメラ販売ランキングをまとめた。ニコン「D3100」の人気は持続しているが細かな順位の変動が続いており、デジタル一眼、コンパクトデジカメともに顔ぶれの変化が見られる。(2011/6/16)

デジタルカメラ総合販売ランキング(5月23日〜29日):
ニコン「D3100」が首位に、コンデジは混戦続く
GfK Japan調べによる、デジタルカメラ販売ランキングをまとめた。デジタル一眼は人気機種の顔ぶれこそ変わらないもののニコン「D3100」が首位に。コンデジは新顔のランクインもあり混戦模様。(2011/6/6)

デジタルカメラ総合販売ランキング(5月16日〜22日):
「EOS Kiss X5」「D3100」の人気が持続 コンデジは混戦模様
GfK Japan調べによるデジタルカメラ販売ランキングをまとめた。デジタル一眼では「EOS Kiss X5」「D3100」の人気が持続しているが、コンパクトデジカメでは価格低下に伴うと思われる順位変動が活発だ。(2011/5/31)

デジタルカメラ総合販売ランキング(4月4日〜10日):
「EOS Kiss X5」がランキングに姿を現す
GfK Japan調べによる、デジタルカメラの販売ランキングをまとめた。デジタル一眼のランキングには、キヤノン「EOS Kiss X5」(ダブルズームキット)が7位にランクインしている。(2011/4/18)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。