ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「新型インフルエンザ」最新記事一覧

小寺信良が見た革新製品の舞台裏(6):
空気清浄機が蚊を取る? シャープが狙う新市場
シャープが2016年4月に発売した「蚊取空清」は、蚊取り機能を持つ「世界初」の空気清浄機である。なぜ空気清浄機に蚊取り機能を持たせたのか、開発にはどのような苦労があったのか。小寺信良氏が探る。(2016/7/12)

ジカ熱予防に「ダチョウ」コンドーム リオ五輪で京都府大グループ
京都府立大のグループは、ダチョウの卵を使ってジカウイルス抗体を大量精製することに成功。感染予防に役立てたいとしている。(2016/6/16)

PR:セキュリティ対策の高度化にSIEMが不可欠な理由、選択のポイントはどこに?
巧妙化するサイバー攻撃に対して企業は、さまざまな防御策を導入するだけでなく、対策をさらに高いレベルで機能させるため、「SIEM」に注目し始めた。専門家の観点をもとに、SIEMの選定におけるポイントをひも解いてみたい。(2016/5/31)

BCP策定状況:
大地震の発生など、リスクを想定した経営を行っている企業はどれくらいあるか?
地震などに代表される大規模災害が発生した際、あなたの企業は損害を最小限にとどめ、事業の継続および早期復旧が行える備えがあるだろうか? 内閣府が2016年3月に公表した「平成27年度 企業の事業継続及び防災に関する実態調査」からBCP(事業継続計画)策定の現状を見ていこう。(2016/4/15)

シリーズ累計販売数は250万本:
世界標準も夢じゃない 結ばない靴ひも「キャタピラン」
シューズショップで、多数のコブがついたカラフルな靴ひもを見たことがないだろうか。千葉県船橋市のツインズが発明した結ばない靴ひも「キャタピラン」がマラソン、サッカーなどのトップアスリートに受け入れられ、一般利用者にも人気が広がっている。(2016/3/29)

PR:こうしてテレワークは文化になった――佐賀県庁を変革した挑戦者たちの軌跡
全国に先駆けてテレワークの取り組みを始めた佐賀県庁だったが、多くの職員が利用を敬遠するという状況に陥っていた。そうした中、民間企業から佐賀県CIOに就任した森本登志男氏を中心に、本格的なテレワーク推進プロジェクトが立ち上がった。今では約4000人の全職員が利用するまでに至ったこの大変革の軌跡を追う。(2016/3/4)

インフルエンザ流行予想・流行情報
2016年1月14日、東京都内でのインフルエンザ患者報告数が、流行開始の目安を超えたと発表されました。他の地域でも、今後流行が拡大していくことが予想されます。(2016/1/15)

CSAJ「テレワークとクラウド」セミナーリポート
“在宅勤務あるある”の課題を解決、中堅・中小企業が本気でテレワークを導入するには?
スマートデバイスやリモートアクセス技術、クラウドサービスの普及で、オフィスにとらわれず自由な場所で働ける環境の実現は困難ではなくなった。しかし企業がテレワーク制度を導入するとなると話は別のようだ。(2015/12/2)

3価から4価に! 今年のインフルエンザワクチンってどんなワクチンなの?
インフルエンザの予防接種、もう受けましたか? 今年のワクチンは昨年までの「3価ワクチン」から「4価ワクチン」に変更されたそうです。一体、今までのものとは何が違うのでしょうか?(2015/11/30)

感染拡大中のMERS、日本への上陸はどう防ぐ?
韓国での患者数が急増しているMERS。今後MERSが日本に上陸することはあるのでしょうか?(2015/6/18)

医療イベントレポート:
インフルエンザも未病状態で検知! 実世界のカオス現象と数理モデル化
複雑系数理モデルを解析することによって、病気や電力ネットワークの不安定化、交通渋滞などの予兆を捉えられるようになるという。(2015/1/13)

東京都でインフルエンザの「流行警報」発令 全国的にも流行拡大
手洗いうがいなどの予防を心がけてください。(2015/1/7)

視点:
VUCAワールドを勝ち抜くために経営者は何をするべきか?
企業を取り巻く環境は大きく変わっている。2000年代前半ですら、インターネットの急速な普及や情報技術の進展により、その前とは大きく変わっている。この10年間の変化は更にスピードを速めている。(2014/12/15)

効果と副作用:
全世界75%のタミフルを消費する日本人、インフルエンザになる前に知っておくべき薬の話
インフルエンザにかかったら必ず薬を服用すると思っている人は少なくありませんが、世界的に見るとこのような認識があるのは日本ぐらいです。今回は、抗インフルエンザ薬における日本と世界のズレについて紹介します。(2014/12/9)

毎年約1000万人が罹患:
インフルエンザの予防接種(ワクチン)、いつ打てばいいの?
そろそろインフルエンザが猛威を奮うシーズンとなりましたが、予防接種(ワクチン)はいつ打てばよいのでしょうか? 効果的な接種時期は……。(2014/11/6)

製造マネジメントニュース:
エボラや炭疽菌のワクチンも! 富士フイルムが米社買収しワクチン受託製造に参入
富士フイルムは、バイオ医薬品の受託製造会社(CMO)でワクチン製造に強みを持つ、Kalon Biotherapeuticsの買収を発表した。(2014/10/27)

伊吹太歩の時事日想:
医師が住民に襲われる――世界最恐の感染症「エボラ出血熱」の“二次被害”
連日のようにデング熱関連の報道がされていた日本だが、世界に目を向けると、今もエボラ出血熱は大きく取り上げられている。病気それ自体も大変危険なものだが、近ごろは、治療や啓発を行おうと現地入りした医師が襲われるといった“二次被害”が起きているという。(2014/9/25)

仕事をしたら“うどん”のことが見えてきた(前編):
なぜ、“うどん県”からチェーン店が出てこないのか
「丸亀製麺」「はなまるうどん」「つるまる」――。讃岐うどんを扱っているチェーン店を調べてみると、ある共通点があった。それは、どれも本社がうどんの本場・香川県でないこと。その理由について、香川大学大学院の高木知巳准教授に聞いた。(2014/8/27)

情報交換の場となるコミュニティに:
日本から海を越えて発信を、「CODE BLUE」開催
2月17日、18日の2日間に渡って、日本を含む、非英語圏の優れたセキュリティ技術者を発掘し、世界に発信していくことを狙いとしたセキュリティカンファレンス「CODE BLUE」が開催されている。(2014/2/18)

田中淳子の“言葉のチカラ”(3):
あなたは“腐ったミカン”です
風邪で体調が悪いのに仕事をしていた田中さんは、上司に「帰れ!」と命令されてしまう。「腐ったミカン」とまで言って彼女を追い返した上司の真意とは?(2014/2/10)

オフショア開発最前線:
ミャンマーオフショア開発は「中国プラスワン」戦略の主役となるか
以前まで中国が中心だったオフショア開発市場。しかし時代の流れとともに状況は変わりつつある。本連載では、いま注目されているミャンマーの動向を中心にオフショア開発の最新トレンドを紹介する。(2014/1/31)

今のところ大半は冷静──2013年、尖閣問題で揺れる中国対日ネット世論はどうなった?
尖閣諸島問題で日中関係は緊張状態が続いたが、反日デモの嵐が吹き荒れた昨年とは変わって、中国のネット世論の大半は冷静。中国の“ネット右翼”こと「憤青」を「中国ネットの反応」として取り上げる報道には注意したいところだ。中国事情に詳しい山谷氏によるリポート。(2013/12/27)

センシング技術:
エアコンがインフルエンザを検知!? 産総研が小型高感度のウイルスセンサーを開発
産業技術総合研究所は、インフルエンザウイルスを検出できる小型高感度センサーの開発に成功したと発表した。従来1日半以上を要したウイルス検出時間を数十秒レベルに短縮でき、将来は空気中のウイルス検知も可能になるという。(2013/8/21)

投資4コマ漫画『カブ・ジェネレーション』:
買い時か売り時か……3Dプリンタブームはどうなる?
毎週土曜連載でお送りしている『カブ・ジェネレーション』。話題を集めている3Dプリンタに凝っているハゲタカくんですが……。(2013/8/10)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/6/4)

センシング技術:
【ESEC2013】ルネサス再建の先駆事例へ、スマートバイオ向けプラットフォームをデモ
ルネサス エレクトロニクスは、単純な半導体デバイス販売ビジネスだけでなく、「すぐに半導体製品が使える」ように、ソフトウェア技術やモジュール化技術などを含めたソリューション型ビジネスモデルを強化している。その一環として、「スマートバイオ」に向けたソリューション構築を進め、「第16回 組込みシステム開発技術展(ESEC2013)」(2013年5月8〜10日、東京ビッグサイト)で畜産用途向け生体モニタリングシステムの展示を行った。(2013/5/14)

PR:企業が仮想化でHyper-Vを積極的に選ぶ、これだけの理由
マイクロソフトの仮想化技術、Windows Server Hyper-Vが、競合他社を上回るペースで国内に広がりつつある。実際に、新規の仮想化導入に加え、競合他社の製品からの乗り換え事例が目立つようになってきた。ではなぜいま、企業は競合他社の製品ではなく、Hyper-Vを積極的に選択するのだろうか。(2013/5/13)

感染度調査:
Twitterで広まりやすいのは「ネガティブ」なのか、「ポジティブ」か?
ソーシャルメディアでは、良いニュースと悪いニュース、どちらの話題が広まりやすいのだろう。どちらかというと、良いニュースよりも悪いニュースの方が、話題に取り上げられるケースが多いような印象がある。(2013/4/30)

変わる「中国的幸福論」 「2ちゃんねらー」「干物女」的な「ディャオスー」現る
経済の失速に大気汚染。GDP向上こそ幸福につながると努めてきた中国で「幸せって何?」と価値観が変わりつつあるという。ネットでは“結婚なんかできそうもない”自虐的な「ディャオスー」が現れ──山谷氏による現地からのリポート。(2013/4/22)

きれい? それとも……ウイルスをガラス細工で再現
豚インフルエンザやマラリアなど、ウイルスをかたどったガラス細工は一見きれいだけど……。(2013/2/11)

インフルエンザ拡大、09年の大流行超えか 「Yahoo!ビッグデータ」検索数調査より
「インフルエンザ」の検索数が、2009年の大流行時を超えた――ヤフーがインフルエンザの検索数に関する分析を公表。検索数と患者発生には相関があり、「今年のインフルエンザが今まさに例年以上に拡大を続けている」としている。(2013/1/29)

EE Times Japan Weekly Top10:
SoCに託されたルネサスの未来
EE Times Japanで先週(2012年11月18日〜11月24日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2012/11/26)

ET2012:
鳥インフルエンザのまん延も防げる? ルネサスが重さ1.1gのセンサーモジュールを展示
ルネサスは、生体管理や自然災害モニタリングなどの用途に向けた、小型かつ低消費電力のセンサーモジュールを展示した。(2012/11/19)

ニューヨーク市に学ぶ大規模データ活用の真髄
ブルームバーグ市長が推進するニューヨーク市政府の大規模データ活用に携わっていた筆者が、さまざまな実例を基に、企業が今後いっそう注力すべきデータ解析のキーポイントをお伝えする。(2012/6/6)

Google、“選択と集中”のためのサービス終了予告第五弾 APIの非推奨ポリシーの変更も
Googleは、“春の大掃除”として、幾つかの古いAPIの非推奨化や特許検索サービスのGoogle検索への統合などを発表した。(2012/4/23)

大往生したけりゃ医療とかかわるな(5):
ワクチンを打っても、インフルエンザにはかかる
「インフルエンザのワクチンを打ったので、自分は大丈夫」と思っている人も多いのでは。しかしそのワクチンはどのくらい効果があるのだろうか。厚生労働省によると……。(2012/3/6)

現地最適化とイノベーションで海外展開を加速:
PR:「ラッパのマークの正露丸」のグローバル戦略
家庭の常備薬として広く知られる正露丸。その製造元である大幸薬品は、日本企業でもいち早く海外市場の開拓に乗り出した。50年以上前に輸出を開始し、現在では中国、台湾、香港に販売拠点を構える。同社はいかにして海外進出を推し進めてきたのだろうか。(2012/2/29)

GTC Asia 2011:
「このままではエクサスケール実現にフーバーダムが必要」──NVIDIAが語る“GPUの必然性”
NVIDIAがHPCで必ず言及するエクサスケールコンピューティングについて、GTC Asiaの舞台となった北京でも、若い技術者に向けて同社のGPUが必須であると訴える。(2011/12/16)

説明書を書く悩み解決相談室:
見出し一言、値千金――インフルエンザ対策をどう分かりやすく説明する?
説明書を書く悩み解決相談室。今回の相談者はインフルエンザ対策に頭を悩ます自治体の保健衛生担当者の1人、藤原さんです。(2011/12/8)

2011年、Twitterで人気だった話題や食べ物は?
Twitterが今年1年の人気トピックを発表。エジプトのソーシャルメディア革命や日本の震災が話題になった。テクノロジーや食べ物のトピックスランキングも。(2011/12/6)

「Google 年間検索ランキング 2011」発表 急上昇ワード上位は震災関連が独占
「Google 年間検索ランキング 2011」が発表された。「急上昇ワード」のランキングは、1位が地震、2位が停電、3位が放射能と、震災関連のワードが上位を独占した。(2011/12/1)

スマートフォンもスパコンになる!(20年前の):
20メガワットエクサスケールは破壊的イノベーションで実現する
HPCで必要なエクサスケースコンピュータでは、消費電力の抑制が必須だ。NVIDIAは、GPUコンピューティングによる“脱CPU依存”がHPCの進化に不可欠と訴える。(2011/11/22)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
「想定外」に企業が対応するための勘所とは 安井あらた基礎研究所所長
人間の能力には限界があり、どれほど多彩なケースを想像していようと予想外の状況があり得る。経営レベルでみても「想定外」の事態が生じる可能性を排除することはできない。そのような状況に、企業が備えることは可能なのだろうか。東日本大震災などから教訓を得た、新たなBCMの可能性について探る。(2011/10/28)

Citrix iForum 2011 Japan Report:
PR:事業継続と多様なワークスタイルを両立するIT基盤の作り方、ユーザーとシトリックスの事例を一挙公開
東日本大震災を契機に、企業の事業継続計画(BCP)に対する取り組みの重要性が改めて認識されるようになった。また、社員の生産性を高めて企業競争力の向上を図ることも課題とされている。その2つの課題をどう解決すべきか――シトリックスが開催したカンファレンス「Citrix iForum 2011 Japan」で数多くの事例が披露された。(2011/10/21)

事業継続計画は誰のために必要なのか?
3月11日に起こった東日本大震災で、東北地方は大きな被害を受けた。事業を停止した企業も多くあるような状況を前に、事業継続計画を作成する意味はあるのだろうかと筆者は疑問をていする。(2011/9/21)

Citrix iForum 2011 Japan開催に向けて:
PR:デバイスから業務要件を分離――企業の「持続可能なIT基盤」を支えるシトリックス
2011年10月4日、東京・溜池山王のANA インターコンチネンタルホテル東京でシトリックス・システムズ・ジャパンが主催する「Citrix iForum 2011 Japan」が開催される。テーマは「持続可能なIT基盤を考える」。その概要について、同社マーケティング&ビジネスディベロップメント本部 本部長の伊藤利昭氏に話をうかがった。(2011/9/2)

震災でシニア層が自粛、2011年の海外旅行者数は前年比4%減に
JTBによると、円高などの影響で2010年の日本人海外旅行者数は前年比7.7%増の1663万7224人と、4年ぶりに前年を上回ったことが分かった。しかし、東日本大震災の影響で、2011年は同約4%減の1600万人前後と予想している。(2011/7/25)

リーマン・ショック時ほどは減らない!?――JTB夏休み旅行動向調査
JTBは「2011年夏休み(7月15日〜8月31日)の旅行動向」見通しを発表。総旅行人数は前年比2.8%減の7458万人と2年ぶりに減少、特に海外旅行人数は同5.8%減の228万人と大きく減少すると予測した。東日本大震災の影響で、地域によって予約状況は異なっているようだ。(2011/7/5)

Twitterの1日当たりのツイート数が2億を突破
Twitterが、1日当たりのツイート数が1年半前の200万件から100倍の2億件になったと発表し、同サービスの成長ぶりを示した。(2011/7/1)

身の丈BCPのススメ(1):
身の丈に合ったBCPをつくるために
「世の中の事業継続管理論は大掛かりなものばかりで、自社ではとてもできそうにない」。そう考えるあなたは、BCPというものを誤解しているのかもしれない――事業規模の大小を問わず、今すぐ取り掛かれる“現実的なBCP”とはどんなものなのか? リスクマネジメントに豊かな知見を持つニュートン・コンサルティングの副島一也氏がBCPの本質をひも解く。(2011/5/11)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。