ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「IBM IMPACT」最新記事一覧

IBM Impact 2014 Report:
8万人のBYOD管理を1カ月で変更したIBM モバイルの“戦略的活用”にこだわる理由を聞く
IBMが企業顧客に提起する重要テーマの1つが「モバイル」。同社のカンファレンスではモバイル活用に取り組む顧客事例が多数登場した。IBMがモバイルにこだわる理由は明快なようだ。(2014/5/8)

グーグルが「IBM POWER8」搭載サーバーのマザーボードを披露
グーグルが持つソフトウェアスタックの移植は思ったよりも簡単だった――米グーグルがPOWER8搭載サーバーを披露。グーグル、カノニカルとIBMおよびハードウェアメーカーによる、POWERプロセッサーを軸にしたサーバービジネスの展開が進む。(2014/5/2)

IBM Impact 2014 Report:
Google、IBM POWER8搭載サーバのマザーボードを披露
OpenPOWER Foundationに参加するGoogleが、最新のIBM POWER8を採用したサーバのマザーボードを「Impact 2014」で披露した。(2014/5/1)

IBM Impact 2014 Report:
クラウドとデータ分析の洞察が作り上げる世界を示すIBMとユーザー企業
モバイルやソーシャルメディアなどのデータ分析から得た洞察をクラウドの力を借りて新たなビジネスにつなげていく――そんなIBMが掲げる世界観とはどんなものか。IBM Impact 2014の2日目ではその具体例が示された。(2014/5/1)

IBM Impact 2014 Report:
「照準はMicrosoft Azure」、IBMに聞くパブリッククラウドの行方
IBMはラスベガスで開催中の「Impact 2014」で、βサービスで提供するPaaSの「BlueMix」に関するさまざまな強化を発表している。パブリッククラウドの今後の展開について聞いた。(2014/4/30)

IBM Impact 2014 Report:
モバイル+クラウドでビジネスはどう変わる? 先進企業が事例披露
約9000人が出席する「IBM Impact 2014」が開幕。モバイルや同社が2月に発表したβ版PaaSの「IBM BlueMix」を利用して新ビジネスに挑戦する企業の取り組みが紹介された。(2014/4/30)

Server & Storageイベントレポート:
IT環境の変化を先取りする企業事例とIBMのねらい
モバイル・ビッグデータ・ソーシャルネットワーク……、そして史上最速の対応スピードを求められる世界。企業を取り巻くIT環境の変化に、IBMはどのような対応を提案している?(2013/8/7)

PR:モバイルはビジネスアプリケーションプラットフォームをどう変えるか?
IBMが考える「モバイル・ファースト」は、よくいわれるようなシンプルな Webアプリケーション開発のセオリーには留まらない。それは、エンタープライズアプリケーションの在り方を破壊的に変質させるインパクトを持っているという。(2013/6/13)

IBM Impact 2013 Report:
「音楽はテクノロジー」── SOAで変化の波を乗り切る放送音楽協会
ラスベガスの「IBM Impact 2013」は2日目を迎え、音楽の配信権を管理する非営利団体、Broadcast Music Inc.が登場、テクノロジーの変化にも柔軟に対応できるSOAの重要性が改めて強調された。(2013/5/1)

IBM Impact 2013 Report:
Fordの走るデータセンター? モバイルで顧客体験を変革へ
ラスベガスで開幕した「IBM Impact 2013」には8000人を超える顧客らが集まった。初日のジェネラルセッションには単にエンジンの性能や走りを追及するメカニカルな思考から脱し、モビリティで顧客との緊密なつながりに新たな可能性を見出そうとしているFordが登場した。(2013/4/30)

PureSystemsが生まれたワケ:
第3回 新たなパラダイムを生むPureApplication System、パターンで企業の情報システムを変革
続々と新たなモデルが追加されるPureSystemsファミリー、それはハイブリッド化されたzEnterpriseメインフレームと同じ思想で開発され、オープン系分散型システムの混沌を解決しようと生み出された。短期連載の最後は、パターンで情報システムを劇的に変えるPureApplication Systemを中心に見ていこう。(2013/2/15)

IT革命に乗り遅れた経営者たちよ
ITの発展によってビジネスを取り巻く環境が大きく変化している一方で、マインドセットをまったく変えられない企業経営者が少なくないと夏野剛氏は指摘する。(2012/7/23)

IBM Impact 2012 Report:
プロセス統合やルールエンジンがショッピング、医療を変える
ラスベガスの「IBM Impact 2012」は2日目を迎え、MasterCardやThe Ottawa Hospitalなど、プロセス統合やルールエンジンによってビジネスを変革し、一歩先を行く企業がその取り組みを紹介した。(2012/5/2)

IBM Impact 2012 Report:
鳴り物入りの切り札、PureSystemsがラスベガスデビュー
ラスベガスで開幕したIBM Impact 2012では、最適なアプリケーション環境を自動的にデプロイできるPureApplication Systemsが初日のジェネラルセッションで披露された。(2012/5/1)

IBM Impact 2012 Report:
モバイルやクラウドでゲームの流れを変えろ
ネバダ州ラスベガスでWebSphereユーザーのための年次カンファレンス「IBM Impact 2012」が開幕した。「Change the game」をテーマに掲げ、ビジネスを見直し、テクノロジーで変革した先進企業の取り組みが数多く紹介されている。(2012/5/1)

IBM Impact 2011 Report:
「商売」をさらにスマートに ── IBMがSmarter Commerceの製品やサービスを発表
ネバダ州ラスベガスの「IBM Impact 2011」で「Smarter Commerce」構想の具体的な製品やサービスが発表された。「調達」「マーケティング」「販売」といった商取引にかかわる一連のプロセス全体を効率化するのが狙いだ。(2011/4/14)

IBM Impact 2011 Report:
「変革にはSOA基盤とプロセス統合が欠かせない」── ベライゾンらが成功事例を紹介
ネバダ州ラスベガスの「IBM Impact 2011」は2日目を迎え、次なる成長に向けた「変革」はどうすれば成功するのか、に焦点が当てられ、Verizon WirelessやNationwide Insuranceが基調講演に登場した。(2011/4/13)

IBM Impact 2011 Report:
「今こそ変革の時」── 次なる成長に舵を切るグローバル企業
ネバダ州ラスベガスの「IBM Impact 2011」では、「成長に向けたビジネスを最適化」がテーマに掲げられ、次なる成長へと舵を切るグローバル企業らの積極的な取り組みが紹介された。(2011/4/12)

企業に「ビジネスの俊敏性」をもたらすWebSphere
日本IBMはクラウド環境の構築に適したアプライアンス製品の最新版を発表した。ソフトウェアブランド「WebSphere」の戦略も説明し、企業にビジネスの俊敏性をもたらすというメッセージを発信した。(2010/7/8)

IBM Impact 2010 Preview:
PR:企業の次なる成長戦略を導くビジネス・アジリティ
日本IBMは7月6日に「IBM Impact 2010」を開催する。ビジネスプロセスの変革やSOAによるIT基盤を活用したビジネス・アジリティ(俊敏性)の獲得が、変化する環境の中で企業の競争力を高めることにつながるという。(2010/6/10)

IBM Impact 2010 Report:
いよいよ「IBM Cloud」始動、年内に国内でもサービス開始へ
米IBMはβ提供しているクラウドサービス「IBM Cloud」を初夏には正式提供に移行させるほか、年内には日本でもサービスを開始することを明らかにした。(2010/5/6)

IBM Impact 2010 Report:
Cast Iron買収でIBMが「ハイブリッドクラウド」を加速
企業顧客のニーズに応えるべく、IBMがクラウドサービスの統合技術で実績のあるCast Ironを買収した。オンプレミスの基幹アプリケーションと短期間で統合できるのが最大の強みだ。(2010/5/6)

IBM Impact 2010 Report:
「ビジネスにさらなるアジリティを」── 業務プロセス改善で競争力を高める米企業
ネバダ州ラスベガスの「IBM Impact 2010」では、SOAのシステム構築アプローチや業務プロセス改善によってビジネスの「アジリティ」を獲得し、それを競争力につなげている先進企業らがその取り組みを紹介した。(2010/5/6)

今さら聞けないクラウド入門:
結局、クラウドとかSaaSって何なの?
「よく分からないけど、言葉だけは最近よく聞く」と思っているビジネスパーソン向けに特集「今さら聞けないクラウド入門」をスタート! これでクラウドやSaaSが分からない人も分かるようになる(はず)。(2010/3/1)

「現場の仕事」を見える化する:
週単位スケジュールで見える化する
日本の多くの会社は、「月単位」で仕事をしているつもりになっています。しかし、スケジュールは「週単位」でとらえてパターン化したほうが、何かと都合が良いのです。(2010/1/26)

「現場の仕事」を見える化する:
「社員の頑張り」を見える化する
「インプットはデジタル、アウトプットもデジタル」で、業務の効率化を図ってきた「武蔵野」。しかし、社員のモチベーションを上げるためには、アウトプットはデジタルよりもアナログのほうがふさわしいのです。(2009/12/21)

「現場の仕事」を見える化する:
よいことをパクって見える化する
「オレ、人のまねをしたくないんだよね」「自分らしさを大切にしたいんだよね」――でも、ペンを使うのも、字を書くのも、靴を履くのも、朝起きて食事をするのも、夜寝るのもたいてい誰かのまね。なので、他人のいいところを徹底的にパクることで業績も向上するのです。(2009/12/15)

IBM IMPACT AUTUMN 2009 JAPAN Report:
PR:組織をつなぎ、スマート化する――ビジネスプロセスを最適化するSOA
今、世界中の企業で、ビジネス環境のパラダイムシフトが起こりつつある。変化への即応性が問われる中、競争力を強化する手段としてSOAが改めて評価されている――。(2009/12/14)

「現場の仕事」を見える化する:
バスウォッチングで見える化する
現場と経営の価値観を同じにするにはどういう方法があるでしょうか。「中小企業のカリスマ」と呼ばれる武蔵野の小山昇社長がその方法を伝授します。(2009/12/9)

日本IBM、中堅企業向けBIの新製品群を発表
日本IBMは中堅企業向けビジネスインテリジェンス製品群「IBM Cognos Express V9.0」の提供を開始した。(2009/10/14)

IMPACT 2009 JAPAN SOA CONFERENCE:
4週間の仕事を2日で達成するには――IBM サンディー・カーター氏
日本IBMが19日に開催した「IMPACT 2009 JAPAN SOA CONFERENCE」の基調講演で、IBMコーポレーションのSOA,BPM&WebSphere マーケティング バイス・プレジデントのサンディー・カーター氏は「仕事の方法を変える」ことの重要性について述べた。(2009/5/20)

パートナーを拡充させてSOAビジネスも加速させたい:
IBM、同社初となるビジネスルール管理新製品
(2009/5/19)

IBM IMPACT 2008 Report:
SNSサービスでSOA普及を目指すIBM 近日中にポータルサイトも
IBMは新たにソーシャルネットワークを立ち上げSOAの推進を加速する。SOA関連のコミュニティーなどを束ねるサイトの構想も明らかにした。(2008/4/15)

IBM IMPACT 2008 Report:
「顧客の立場でプロセスを見直すのがSOA」――ハーレーダビッドソンCIO
世界中のバイクフリークから愛されてやまないハーレーダビッドソン。ビジネスにおいては何よりも「顧客志向」が重要だという。(2008/4/12)

IBM IMPACT 2008 Report:
IBM、ビジネス機会と脅威を抽出するSOAソフトを発表
企業で日々発生するイベントの原因と効果をリアルタイムに分析するSOA関連製品をIBMが発表した。(2008/4/11)

IBM IMPACT 2008 Report:
SOAのヘルスチェックで経営課題を解決
「あなたの会社を診断します」――IBMがこれまでに蓄積したSOAに関するノウハウを集約した新サービスが登場した。(2008/4/9)

IBM IMPACT 2008 Report:
進化のために両輪となるのは「IT」と「ビジネス」
年間10億ドルを投資するなどSOAの発展に並々ならぬ力を注ぐIBM。格好の場所ともいえるラスベガスで「IMPACT 2008」が開幕した。(2008/4/8)

IBM、SOA促進のためのソーシャルネットワークを構築
「IBM SOA Social Network」はFacebookやTwitterなどの主要SNSとも統合され、将来的にはSecond Lifeでの仮想会議も行う予定。(2008/4/8)

MSのTechEdでIBM、開発者獲得注力へのコメント
MSのダイナミックIT、IBMのJazz、それぞれでコラボレーションに対する新たな試みが進められているが、どうやら両社は同じ目標を掲げているという。その真意は?(2007/6/12)

IBM IMPACT 2007 Report:
SOAはゲームで学べ――IBMの「Innov8」がお披露目
IBM IMPACT 2007で公開されたSOAの教育用ゲーム「Innov8」。現実と同等の事象を多分に含んだ環境でSOAを楽しみながら学ぶ。近い将来、SOAをゲームで理解した新入社員がゲームをやらない上司にSOAの何たるかを説く日が来るのかもしれない。(2007/5/23)

SOA成功の極意は意外なところに――IBM IMPACT 2007
フロリダ州オーランドで「IBM IMPACT 2007」が開幕した。はじめての開催にもかかわらず、数千名の参加者が集まった同イベントでIBMは、SOAによる革新をリードしていくIBMの姿勢をユーザーに印象づけた。(2007/5/22)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。