ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「IT調達」最新記事一覧

ITエンジニア職業図鑑(6):
現場で頼られる、技術対応の「顔」――フィールドエンジニア(カスタマーサービス/カスタマーエンジニア/テクニカルサポート/オンサイトサポート)
プログラマ、SE(システムエンジニア)、プロジェクトマネジャー――IT業界のさまざまな職業を紹介する本連載。第6回は「フィールドエンジニア」のやりがいや仕事内容を解説する。(2016/3/10)

SOHO/中小企業に効く「ポータブルHDD」の選び方(第3回):
即戦力のポータブルHDDを選んでみた
USBバスパワーで駆動し、大容量データの持ち歩きに活躍するポータブルHDDの選び方を紹介する本連載。第3回目は法人ユースでオススメできる即戦力の製品をピックアップし、それぞれの具体的な特徴を紹介する。(2016/3/9)

ITエンジニア職業図鑑(5):
仕掛けを作る「戦略家」――ITマーケター
プログラマー、SE(システムエンジニア)、プロジェクトマネジャー――IT業界のさまざまな職業を紹介する本連載。第5回は「ITマーケター」の仕事内容や適正を解説する。(2016/2/18)

セキュリティ文化の醸成が重要
セキュリティ担当者が注意する“ぬるぬる系UIクラウドアプリ”の安全意識
最新の報告書によれば、クラウドへのデータ移行が進む昨今、企業にとってはクラウドセキュリティの文化を醸成し、最高情報セキュリティ責任者(CISO)を採用することが重要だという。(2016/2/12)

ITエンジニア職業図鑑(4):
行動力と技術力の両輪で顧客の利益に貢献する――ITセールス(プリセールス/セールスエンジニア/技術営業/システム営業)
プログラマー、SE(システムエンジニア)、プロジェクトマネジャー――IT業界のさまざまな職業を紹介する本連載。第4回は「ITセールス」のやりがいや仕事内容を解説する。(2016/1/25)

ITエンジニア職業図鑑(3):
ITシステムの「ゴールキーパー」――ITサービスエンジニア(保守運用・監視/オペレーションエンジニア/ヘルプデスク/テクニカルサポート)
プログラマー、SE(システムエンジニア)、プロジェクトマネジャー――IT業界のさまざまな職業を紹介する本連載。第3回は「ITサービスエンジニア」のやりがいや仕事内容を解説する。(2015/12/17)

クラウド、IoT時代のセキュリティテストとは:
地の利を得る攻撃者たちに、ソフトウエア開発者はテストで立ち向かえ
クラウドやIoTの普及とともに、ソフトウエアは一層複雑さを増し、攻撃者たちはますますアドバンテージを得つつある。ソフトウエア開発者はこの状況にどのように立ち向かえばよいのだろうか。近年、セキュリティソリューションの拡充に力を入れるシノプシスのマーケティング担当バイスプレジデントで、2015年4月にシノプシスに買収されたCodenomiconの元CEO デビッド・シャルティエ氏に、セキュリティテストにおいて開発者が留意すべき事項と具体的な対策について聞いた。(2015/9/14)

蓄電・発電機器:
ダーウィンも来た世界遺産、化石燃料を再生可能エネルギーに置き換え環境保護へ
博物学者のチャールズ・ダーウィンが「進化論」の着想を得たとして知られ、世界遺産にも指定されているガラパゴス諸島。エクアドル共和国は諸島の自然環境の保護に向け、2020年までに諸島内から化石燃料を排除する目標を掲げており、再生可能エネルギーの導入を進めている。(2015/9/2)

伝統的な大企業でも、変化に対応できなければ必ず破綻する:
米HPE、「DevOpsで“やるべきこと”は、はっきりしている」
2013年ごろから注目を集めているものの、いまだ理解が十分に浸透しているとは言いにくい「DevOps」。だが昨今は、市場変化の激しさを受けて実践に乗り出す企業が着実に増えつつある。米HPE(ヒューレット・パッカード・エンタープライズ)で多数のコンサルティングを手掛けているカン・タン(Kan Tang)氏に、今あらためてDevOps実践の要件を聞いた。(2015/8/28)

実践! IT資産管理の秘訣(7):
IT資産管理、ツールとベンダーの正しい選び方〜推奨機能の詳細資料も無償ダウンロード提供〜
一定規模以上の企業では必要不可欠となるIT資産管理ツール。複数のベンダーがツールを提供している中で、自社の目的に合うツールはどのように選べばいいのか? ツール選び、ベンダー選びの失敗しないチェックポイントを徹底解説する。(2015/9/16)

テクノロジーエバンジェリスト 小川大地の「ここが変だよ!? 日本のITインフラ」:
第16回 「○×表」を鵜呑みにしすぎ
ITシステム選定には「○×表/機能比較表」を用いますね。しかし、日本のエンドユーザーはそれを鵜呑みにしすぎです。むしろ操られてしまっていると感じることさえあります……。(2015/6/19)

AIST包括フレームワークで挑む、脱“単一ベンダー随意契約”:
PR:札幌市は“発注者主体”で基幹情報システム刷新プロジェクトを推進。「調達の透明性」と「地元企業の参入機会拡大」を確保した秘訣
「発注者側が主体性を維持しながらITプロジェクトを推進する」というコンセプトの下、札幌市が基幹系情報システムをメインフレームからオープン系に移行する一大プロジェクトを推進中だ。発注者側の主体性維持はどのように実現したのだろうか?[プライベートクラウド/データベース統合][パフォーマンス改善][Engineered System][Oracle Database 12c](2015/5/28)

ママさん設計者がやさしく教える「CNCフライス超入門」(2):
CNCフライスを動かすために使うものあれこれ
ファブレスメーカーのママさん設計者がCNCフライスの特長や魅力、使い方を分かりやすく解説する連載。第2回はCNCフライスを動かすにために必要な物について説明する。(2015/5/18)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
マイナンバー対応の問題をチャンスに変えた出来事
いま現場では様々な問題が発生しているものの、困った状況をチャンスに変えることができた企業が出始めている。筆者が実際に見たケースを紹介したい。(2015/5/15)

メインフレームからの卒業、194万人のITシステムを変えた札幌市が得るもの
札幌市は長年使い続けたメインフレームからオープン系システムへの移行を進め、2015年度の完成を予定している。6年に渡るプロジェクトで同市が得るものとは何か――。(2015/4/10)

Oracleの監査をうのみにしてはいけない
Oracleの請求は高すぎる──1000万ポンドの請求は20万ポンドに値下げできる!?
専門家は口をそろえて、ライセンス料金についてOracleときちんと交渉することを勧める。Oracleライセンス専門のコンサルタントは、1000万ポンドの請求を20万ポンドに値下げさせたという。(2015/4/7)

テクノロジーエバンジェリスト 小川大地の「ここが変だよ!? 日本のITインフラ」:
第7回 機能の多さで決めたのに「使いこなせていない」なんて……
日本のITインフラ導入の現場は、「ガラケー」を思い出す雰囲気がある。でも、機能の多さや○×表まで作って吟味したのに、運用フェーズに入るとそれがあまり生かされていない……ことがある。(2015/3/27)

現役の情報システム部門に聞く:
PR:ID・パスワード方式はもう限界? 業務PCのセキュリティと利便性を両立する方法とは
セキュリティリスクから企業を守るには、業務PCのセキュリティ強化が欠かせない。一方で、利便性やコストの安さも求められる。このようなジレンマのなか、情シス部門はどのような課題を感じ、またどのようなソリューションを望んでいるのか。情報システム部門を率いる立場にある3人の方を招き、率直な話を聞いた。(2015/3/18)

IBMやGEなどとOpen Data Platformを設立:
米PivotalがHadoopでHortonworksと提携、Greenplum、GemFire、HAWQはオープンソース化
米Pivotalは2015年2月17日(米国時間)、「Pivotal Greenplum Database」「Pivotal GemFire」「Pivotal HAWQ」のオープンソース化、HadoopにおけるHortonworksとの提携、「Open Data Platform(ODP)」イニシアチブの設立、を発表した。(2015/2/18)

テクノロジーエバンジェリスト 小川大地の「ここが変だよ!? 日本のITインフラ」:
第1回 “レアキャラ”? 一見謎の人「プリセールス」
営業のような名前ながら最新技術や事例に詳しく、タダ(?)で相談に乗ってくれる「プリセールス」という職種がある。仮想化・統合基盤テクノロジーエバンジェリストの小川大地氏が、なかなか姿を見せない“レアキャラ”の実態、そして日本のITインフラの「ここが変!?」な部分をさっくりと説明していく。(2015/1/29)

ビッグデータ利活用と問題解決のいま:
健康医療のビッグデータ活用とリスク対応における欧米の足並みとは?
ビッグデータ活用の有力分野の1つとなる健康・医療では欧米が大西洋を越えた連携を進める。高まるプライバシーやセキュリティのリスクへの対応を含めた動向を紹介しよう。(2015/1/7)

柔軟な対応が決め手になる:
変幻自在なゲーム開発の現場がeX.computerを選ぶ理由
「TSUKUMOのeX.computer」というと、ベテランのパワーユーザーが個人的に買っていく、というイメージかもしれない。しかし、企業の導入実績も豊富だ。その理由とは?(2014/11/28)

「IBM as a Service」としてのSoftLayer:
「業界業務プロファイル」とともに東京DCを12月中旬にオープンへ
SoftLayerの日本リージョン(東京)が12月中旬にオープンする。日本IBMではこれを機にSoftLayerを軸にした業界業務に特化したプロファイルを用意、検証済みのシステム構成やパートナーソリューションの組み合わせを用意する。(2014/11/13)

特集:運用自動化ツールで実現する、クラウド時代の運用スタイル(3):
徹底比較! 運用自動化OSSと商用ツール、両者の違いと使い分け、見極めのポイント
企業におけるITシステムの運用自動化を徹底的に深堀りする本特集。今回は運用自動化のオープンソースソフトウェア(以下、OSS)と商用ツールの違いを比較。ケーススタディも交えてOSSと商用ツールを賢く使い分ける観点を紹介する。(2014/10/29)

ビジネスニュース 業界動向:
デジタル電源で連携、村田製作所など3社がコンソーシアム「AMP」設立
村田製作所など電源メーカー3社は、先端の分散型電源システム開発において、制御ソフトウェア互換性などを保つためのコンソーシアム「Architects of Modern Power(AMP)」を設立した。AMPグループは、2014年11月に開催される展示会「Electronica 2014」の会場で、デジタルPOLレギュレータや最新のバス規格に対応したDC-DCコンバータを発表する。(2014/10/15)

クラウドのアカウント登録の不備を悪用
“偽メアド”でゾンビPCを調達 「ボットネット」構築の新たな手口
ボットネットの構築には端末のマルウェア感染が必要だという“常識”は、既に過去のものかもしれない。ボットネットはもっと簡単な手口で構築できると、専門家は注意を促す。(2014/10/1)

中堅製造業のためのグローバルERP入門(2):
システムをうまく導入するには、まず“ガバナンスの把握”が必要なんです
中堅製造業に効果的なグローバルERPの活用方法と、失敗しない導入方法を解説する本連載。第2回では、ERP導入の最初の段階で把握すべき、企業のガバナンスについて解説します。(2014/9/3)

VMworld 2014:
SDDCは「第3の道」を目指す人の選択肢、米ヴイエムウェア
米ヴイエムウェアは8月最終週に米サンフランシスコで開催したVMworld 2014で、同社のSoftware Defined Data Center(SDDC)構想の目的が、「諦めない」ユーザー組織の支援であること、そしてこうしたユーザー組織が使える選択肢を具体的に広げつつあることをアピール、Docker、OpenStackの2つの注目される動きにも対応した。(2014/9/1)

iPhoneは含まれていないが……:
中国、政府調達リストからApple製品を一部除外
中国政府は、「iPad」「MacBook Air」などAppleの10製品を、政府調達リストから除外した。米国の機密情報収集活動が明らかになったことで、米国の技術製品に対する不信感が高まったことを受けての措置だとみられている。(2014/8/12)

中国政府調達局、SymantecとKasperskyを締め出し
中国政府調達局のリストに記載されたウイルス対策ソフトウェアのメーカーは、「奇虎360」など中国の5社のみになった。(2014/8/5)

AWS Summit Tokyo 2014:
「AWSをなぜ使うか」、一般企業22社が自ら語った採用の理由
2014 年7 月17、18 日に開催されたAmazon Web Services(AWS)の国内イベント「AWS Summit Tokyo 2014」では、基調講演、個別講演、パネルディスカッションに多数の一般企業が登場、自社がなぜ、どのようにAWS を使っているのかを自ら語った。(2014/7/30)

実践! IT資産管理の秘訣(5):
ソフトウェア、ライセンスの現状把握と、その後の管理、確実な方法とは?〜今すぐ使える管理項目台帳もダウンロード提供〜
ソフトウェアライセンスを確実に管理できていなければ、コンプライアンス違反や高額な違反金を請求されるリスクが高まる。今回はソフトウェアとライセンスの現状把握方法を詳しく解説する。(2014/7/23)

中国政府がWindows 8の使用禁止令、米司法省の発表に反論
中国国内では、サポートが終了したWindows XPがまだ70%のシェアを占めており、「このまま外国のOSを搭載したコンピュータを購入し続ければ将来的に同じ状況に直面する」と判断したという。(2014/5/21)

経産省、IT製品調達でのセキュリティ要件を公開
政府のIT製品調達に関するセキュリティ要件リストが公開され、共同作成したIPAがリスト活用のためのガイドブックを提供する。(2014/5/19)

りそなHD、3万台のXPをWindows 8に移行――日本最大規模
併せてOffice 2003のマイグレーションも実施。2月末に対応を完了した。(2014/4/2)

学生1万9000人が使う“PCルーム”を全廃する九州大 その狙いとは?
九州大学は2017年度までに全学生に個人所有PCの持ち込みを義務付け、学内のPCルームを全廃する計画だ。その背景と狙いを聞いた。(2014/3/24)

「プライベートクラウド」の理想と現実(3):
PR:サーバーとプライベートクラウド、「自動化」が決め手になる理由
サーバーを仮想化するだけで、プライベートクラウドといえるのだろうか。望ましいプライベートクラウドのあり方とは、どのようなものだろうか。サーバーとクラウド運用のエキスパートに語ってもらった。(2014/3/24)

ホワイトペーパー:
別冊Computer Weekly 間違いだらけのベンダー契約を見直せ
変化を続ける政治・経済情勢の中で、ユーザー企業とIT ベンダーの関係を見直す動きが出ている。旧来の契約内容で本当にいいのか? 今後も変化に対応できるのか? 今すぐITベンダーとの契約を見直すべきだ。(2014/3/3)

アナリスト・金谷敏尊が斬る! 日本のIT業界に未来はあるのか:
【第1回】ここが変だよ、日本のIT市場
海外ベンダーと比べて国内ベンダーの利益率は極めて低い。なぜ儲からないのか? その答えは、情報システム子会社、委託先ベンダー、リセラーといった中間流通事業者の多さにある。このままでは日本のIT市場はますます没落してしまう。(2014/2/19)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室 番外編:
ソニーのVAIOはどこへいく? 日本での影響を考える
今回は情報セキュリティの話題から少し離れるが、筆者にとって色々な意味で思い入れのあるソニーのVAIOの売却に関するニュースについて考えてみたい。(2014/2/14)

Google、NASAのハンガーワンとモフェットフィールド飛行場管理権を獲得
Google下の不動産企業Planetary VenturesがNASAからモフェットフィールド飛行場の管理権を獲得。Planetary Venturesは老朽化した歴史的格納庫ハンガーワンを修復し、飛行場を政府だけでなく私企業の飛行機でも利用できるよう整備する。(2014/2/12)

「優秀な中小企業を探すのは実に難しい」
米McKinseyのCIOが教える、イノベーションの見つけ方
老舗コンサルタント会社米McKinseyのCIO、マイク・ライト氏は専門性の高いテクノロジーを求めて中小企業に注目する。IT部門のリーダー同士のミーティングを企画し、意見交換を促している同氏に話を聞いた。(2014/1/30)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版 1月8日号:オープンソースハードウェアになるデータセンター
オープンソースのハードウェアで24%のコスト削減と38%の省エネ化を実現しているFacebook。オープンソースハードウェアは今後主流となるのか? 他にもソーシャルメディアを活用するゲイツ財団の事例、空港CIOへのインタビューなどをお届けする。(2014/1/27)

導入事例:
埼玉県所沢市、共通仮想基盤の構築で約9割の物理サーバを削減
100台以上の物理サーバで稼働する基幹系システムと情報系システムを、約5年にわたって順次移行する。(2013/12/6)

実践! IT資産管理の秘訣(1):
SAMとIT資産管理の関係とは?
仮想化、クラウドでシステムが複雑化する一方、ソフトウェアライセンス監査の動きも高まるなど、IT資産管理の重要性がますます増している。本連載では、IT資産管理のエキスパート、クロスビートの篠田仁太郎氏が、実践的な視点からIT資産管理を徹底解説する。(2013/11/22)

スマートファクトリ:
マイクロソフトもデータセンターに風力を利用、テキサス州で110MWの調達を決定
米国の大手IT企業が再生可能エネルギーの導入量を拡大する中、マイクロソフトが新たな計画を推進する。テキサス州のデータセンターで風力による電力を調達する大型契約を発電事業者と締結した。新設の風力発電所から110MW分の電力を2015年から20年間にわたって購入する。(2013/11/11)

PR:仮想化統合で病院情報システム調達を変革、学校法人 関西医科大学の挑戦
病院情報システムでは、部門システムの調達が、ソフトウェアとハードウェアの一括購入という形で行われてきた。これがITコストの大幅な過剰につながっている。学校法人 関西医科大学は附属3病院を有するが、その中核となる関西医科大学附属枚方病院で進められているのは、仮想化技術によってソフトウェアとハードウェアの分離を行い、このような現状から脱却することだ。(2013/10/16)

国内企業の17.3%が情報システム構築にクラウドサービスを利用――IDCユーザー実態調査
IDC Japanの情報システム構築に関する国内ユーザー実態調査によると、過去1年または今後2年以内に情報システムの新規導入や更新を検討している企業は半数を超えるとともに、既にクラウドサービスを利用している企業が17.3%に上った。(2013/9/24)

窪田順生の時事日想:
TPP反対だからってホント? 東京地検特捜部が徳州会を狙う理由
医療法人「徳州会」グループの公職選挙法違反容疑で、東京地検特捜部が徳田毅衆議院議員の事務所を捜索した。マスコミは「過去に例のない組織的な選挙違反の疑いがある」としているが、そもそもなぜこのタイミングなのか。それは……。(2013/9/24)

個人XPユーザー向け施策も年末実施:
支払いは来年度でいいですよ──「XPサポート終了」まで7カ月、MSが中小企業支援のための新施策
XPサポート終了まであと7カ月。マイクロソフトがWindows XPからの移行を改めて呼びかけた。コスト/予算を壁とする中小企業に対し「発生コストは、来年度まで支払いを延期」といった新たな施策を用意し「XPからの移行早めに」と促した。(2013/9/5)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。