ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ジェフ・ベゾス」最新記事一覧

関連キーワード

宇宙ビジネスの新潮流:
「数百万人が宇宙で暮らす世に」――Amazon・ベゾスCEOがコロラドで語った未来とは?
先ごろ開催された全米最大規模の宇宙カンファレンス「Space Symposium」にて、米Amazonのジェフ・ベゾスCEOが宇宙ビジネスに関する将来ビジョンを語った。実に壮大だがリアリティある内容だったのだ。(2016/5/2)

Amazon.com、AWSが好調で過去最高の純利益
Amazon.comの1〜3月決算は増収増益。純利益は過去最高の5億1300万ドルだった。Amazon Web Services(AWS)の成長が続き、営業利益が北米部門を超えた。(2016/4/29)

AmazonのベゾスCEO、AWSの年間売上高が100億ドル突破と発表 AWSとWorldwide ConsumerのCEOを指名
Amazonが年次書簡で、AWSの年間売上高が100億ドルを突破したと発表した。また、AWSとWorld Consumerのそれぞれの責任者をCEOに指名したことを公式ブログで発表した。(2016/4/8)

Amazon創業者が説く、人生における「才能と選択」
(2016/2/24)

ベゾス氏のBlue Origin、ロケット再利用に成功
Blue Originが、2015年11月に垂直着陸に成功したロケットの再打ち上げ・着陸に成功した。(2016/1/25)

Amazonプライム会員、12月第3週だけで300万人以上が新規登録
Amazonが毎年恒例のホリデーシーズンの結果を発表した。クリスマスの週だけで新たに300万人がプライム会員に登録し、2億点以上の商品が無料で配送された。また、モバイルからの注文が全体の7割を超えた。(2015/12/29)

高度100キロから落下:
再利用ロケットバトル ネット書店VS. 電気自動車屋
宇宙旅行の提供を目指す米国の民間宇宙開発企業2社が、打ち上げたロケットを着陸させて回収し再利用する、究極のコスト削減策でしのぎを削っている。実現すれば、超高額な宇宙旅行が身近なものになるだけに、両社の開発競争に期待が集まる。(2015/12/1)

「歴史的ランディング」 ロケットの垂直着陸に成功 ベゾス氏の宇宙企業
打ち上げ後ロケットの垂直着陸にAmazon創業者ベゾス氏の宇宙企業が成功。(2015/11/25)

週末アップルPickUp!:
2015年「世界で最も影響力のある人物」ランキング、IT界の有名人は何位?
気になるティム・クックCEOの順位は……(2015/11/6)

Kindle Paperwhiteに300ppiの新モデル、1万4280円から
「Kindle Voyage」と同じ300ppiのディスプレイを搭載。プライム会員なら4000円引きとなる。(2015/6/18)

Amazon CEOの宇宙旅行会社 初のロケット打ち上げテスト
ロケットは高度約94キロまで達しました。(2015/5/1)

Amazon、決算発表でAWSの事業規模を初開示──昨年の総売上高は52億ドル
Amazonの1〜3月期の決算は、15%の増収だが赤字転落だった。AWSの売上高と純利益を初めて発表し、同事業は50億ドル規模で、急成長しているとした。(2015/4/24)

動画で360度チェック:
1分で分かる人気タイトルの魅力「1分間」シリーズ
人気タイトルの魅力に動画で迫る本連載。第2弾はSBクリエイティブ刊「1分間」シリーズを取り上げる。(2015/3/24)

価格や性能だけの差別化は過去――問題解決型コミュニティで消費者の心をつかむ
作り手である企業がどれだけ価格や性能の優位性をアピールしても、本当の価値は消費者が知っている。それでは消費者の本音をいかに聞き出し、製品に反映して、新たな価値を創出すればよいのか。(2015/3/9)

ビジネスニュース オピニオン:
Amazon「Fire Phone」の失敗から、エンジニアが学べること
満を持して投入されたAmazon「Fire Phone」ではあるが、業界内では「失敗」との見方も強いようだ。開発エンジニアは、製品開発コンセプトについて、Fire Phoneから何を学べるのだろうか。(2015/2/9)

ナレッジワーキング!!:
ビジネスの秘密は紙ナプキンの裏に
ノートPCの元祖、新興LCCの雄、ネット通販の巨人、この3社に共通するものといえば? 彼らは、ふとした瞬間に浮かんだアイデアが霧散してしまう前に紙ナプキンに書きとめたのです。(2014/10/29)

Amazon、赤字拡大だが「ホリデーシーズンは顧客により快適な体験を提供する」とべゾスCEO
Amazon.comの7〜9月期決算は、売上高は20%増だが、Twitchの買収やFire Phoneの販促、10月発売の新Kindleの製造などのコストがかさみ、4億ドル以上の赤字になった。(2014/10/24)

2015年問題の本質を探る:
Webビジネス企業の台頭による人材不足にどう対処するか
これまで2015年問題の原因としてユーザー企業側の原因を取り上げてきたが、今回は“Webビジネス企業の出現”が及ぼす影響について考えてみる。(2014/10/2)

Amazonは強くなり過ぎた?
AmazonがMicrosoft化している5つの兆候
Microsoftはかつて、独占企業として競合企業の敵意を集めていた。今、かつてのMicrosoftのように市場を独占して警戒される存在になりつつあるのがAmazonだ。(2014/9/24)

Computer Weekly:
AmazonがMicrosoft化している5つの兆候
Microsoftはかつて、独占企業として競合企業の敵意を集めていた。今、かつてのMicrosoftのように市場を独占して警戒される存在になりつつあるのがAmazonだ。(2014/9/17)

Amazon、Fire Phoneを0.99ドルに値下げし、英独でも発売へ
Amazonが7月に199ドルで発売したスマートフォン「Fire Phone」を0.99ドルに値下げした。また、英国とドイツでも9月30日に発売する。(2014/9/9)

「Fire Phone」レビュー(1):
Amazon初のスマートフォン「Fire Phone」を購入――さっそく開封してみた
米国で発売されたAmazonのスマートフォン「Fire Phone」を、米国在住のドリキンさんが購入。開封の儀を写真たっぷりでお届けします。また、1週間使ってみたファーストインプレッションもまとめてもらいました。(2014/8/14)

「おもしろいものを、おもしろいと思った人に届ける」ことが難しい時代に それを最短距離で届ける「電子」の試み
「売れる」「売れない」で二極化する現代の娯楽産業は、「おもしろいものをおもしろいと思ってくれる人に届ける」ことがもはや難しくなってしまったが、電子ならそれができるのでは――作家発の電子書籍「AiR(エア)」を主宰する堀田純司さんの論。(2014/8/8)

Amazon、「Fire Phone」コストで赤字幅拡大 「ユーザーに届くのが待ちきれない」とベゾスCEO
Amazonの4〜6月期の決算は、売上高は23%増だったが、同日発売のFire Phoneの開発コストや物流センターへの投資が響き、前年同期の約18倍の赤字となった。(2014/7/25)

ドリキンが斬る!(9):
無双! Fire Phone発表に見るAmazonの強さ
今回のFire Phoneの発表会見には、往年のスティーブ・ジョブズによる新製品発表並みに感動してしまいました。その感動とAmazonのすごさを少しでもお伝えできればと思います。(2014/7/4)

Apple、Amazonが閉めだしたHachette本の予約コーナーをiBookストアに開設
Amazonによる“締め出し”で、Amazon.comでは現在予約できなくなっているHachetteの書籍の電子版25冊を予約購入できるコーナーがAppleのiBookstoreに開設された。(2014/6/18)

Amazon.com、出版大手Hachetteの書籍から予約ボタン消す
Amazon.com上のHachetteの書籍ページから予約ボタンが消えたり、配送予定が数週間になったり、値引きがなかったり、購入できなくなったりしている。(2014/5/26)

AmazonのベゾスCEO、ドローン配送サービスの進捗状況を説明
Amazonのジェフ・べゾスCEOは株主向けの年次書簡で、「Amazon Prime Air」用のドローンの開発が第8世代まで進んでいると語った。(2014/4/11)

三国大洋の箸休め(21):
脱ブラック企業――「グッドジョブ戦略」という型破りな考え方
「人件費」イコール「コスト」と見なされがちな風潮の中、正反対のアプローチを採り、従業員の待遇を改善することで業績を伸ばした企業もあるという。2014年最初のコラムでは、ちょっとだけ希望の持てるそんな話を紹介したい。(2014/1/20)

Amazonプライム会員、クリスマスに100万人以上増加
Amazon.comのホリデーシーズンのピーク日の受注件数は前年比39%増の3680万点以上で、12月第3週だけでプライム会員が100万人以上増加した。(2013/12/27)

トップ1%だけが実践している集中力メソッド:
GoogleやAmazon、成功者を輩出する「モンテッソーリ教育」現場を見てきた
GoogleやAmazon、Facebook創設者も――成功者が皆受けた「集中力」教育プログラムによって生まれる“モンテッソーリ・マフィア”。日本でモンテッソーリ教育を実施している「こどもの家」を見学してきました。(2013/12/13)

Amazonのジェフ・ベゾスCEO、ドローン配送や未来を語る
Amazon.comのジェフ・ベゾスCEOが米人気報道番組「60 MINUTES」に出演し、「Prime Air」のドローンが450グラムまでのパッケージを配送できることなどを語った。(2013/12/3)

エイプリルフールじゃないよ:
米アマゾンが無人ドローンを使った「空飛ぶ宅配システム」開発中 未来すぎるだろ!
注文の品を、小型のドローンが超高速で届けてくれる時代がやってくる!?(2013/12/2)

ベゾス夫人、Amazonの暴露本販売ページに★1つの書評を投稿
10月に出版され、米Amazon.comのサイトでも販売好調の新刊「The Everything Store: Jeff Bezos and the Age of Amazon」について、Amazonのジェフ・ベゾスCEOの妻であるマッケンジーさんが「不正確過ぎる」として★1つの辛口書評を投稿した。(2013/11/5)

消費者理解コトハジメ:
新聞市場を眺めてみた――消費者データから見るブランドポジション
2013年8月、Amazonのジェフ・ベゾスCEOがワシントンポストを買収したというニュースがありました。デジタル・ネットワークの時代になり、パッケージメディアのビジネスモデルの転換期にありますが、日本の新聞社が吸収合併や倒産したという話は聞こえてきません。そこで今回は、「新聞市場」をテーマに取り上げてみます。(2013/10/24)

トップ1%だけが実践している集中力メソッド:
Googleの成功はモンテッソーリ教育なしには語れない
Yahoo!のマリッサ・メイヤー氏は、創業期からグーグルを引っ張ってきた陰の立役者の1人ですが、彼女は「モンテッソーリなしに、Googleは理解できない」と語っています。モンテッソーリ教育が子供たちにもたらす効果とその源泉とは?(2013/10/16)

トップ1%だけが実践している集中力メソッド:
GoogleやAmazon、Facebook創設者も――成功者が皆受けた「集中力」教育プログラム
ビジネス、政治、科学、文学とさまざまな分野で才能を発揮する、まさにトップ1%の天才たちに共通していたこと。それは彼らが同じ教育プログラム、それも幼児・初等に「モンテッソーリ教育」というプログラムを受けていたのです。それは……?(2013/10/8)

Amazon CEO、ワシントン・ポストを2億5000万ドルで買収
Amazon.comのジェフ・ベゾスCEOが、8月5日、米国の「ワシントン・ポスト」を買収すると同紙が発表。ベゾス氏は個人として、2億5000万ドルでワシントン・ポストを買収する。(2013/8/6)

Amazonのジェフ・ベゾスCEO、Washington Postを2億5000万ドルで買収
Amazon.comの創業者、ジェフ・ベゾスCEOが、ウォーターゲート事件のスクープで有名な米老舗新聞社のWashingon Postを個人として2億5000万ドルで買収する。(2013/8/6)

イノベーションの努力は、なぜ報われないのか?:
事業イノベーションを起こすための4つのトリガー
事業イノベーションを目指す上では、重要な着眼点がある。すぐれた理念を持つ、顧客セグメントを捉えなおす、どのような価値を提供するか、そしてビジネスモデルを適切にデザインすることである。(2013/5/27)

ジェフ・ベゾスCEOの申請した特許は未来のKindleか
タブレットの未来は表示デバイスとベースステーションの組み合わせになるのだろうか。Amazon.comのジェフ・ベゾスCEOが申請した特許が話題を呼んでいる。(2013/4/5)

アポロ打ち上げロケットのエンジン、深海から引き揚げ成功 Amazonベゾス氏のプロジェクト
アポロ宇宙船の打ち上げロケット用エンジンを大西洋の深海から引き揚げることに成功したと、AmazonのベゾスCEOのプロジェクトが発表。(2013/3/21)

Amazonの新型タブレット端末「Kindle Fire HD 8.9」を使ってみた
Amazonが3月12日に国内発売した8.9インチの専用タブレット「Kindle Fire HD 8.9」。7インチ版の「Kindle Fire HD」との違いは画面サイズだけなのだろうか。使い勝手をレポートする。(2013/3/18)

Amazonの新型7インチタブレット「Kindle Fire HD」を使ってみた
Amazonが12月18日から発売した新しい7インチタブレット端末「Kindle Fire HD」。タブレットユーザーの強力な選択肢になるかもしれない同端末の実力は?(2012/12/21)

定点観測:
「GALAPAGOS STORE」と「Reader Store」と「koboイーブックストア」の“蔵書点数”を比べてみた(11月30日編)
電子書籍ストア「GALAPAGOS STORE」と「Reader Store」、「koboイーブックストア」で購入できるeBookの点数をジャンル別に集計する本連載。今週の進ちょくはどうなっているのだろうか。(2012/11/30)

ジェフ・ベゾス、Amazonの小売店舗に対する野望について認める
Amazonが自社で小売店舗を展開するのではないかといううわさは常に持ち上がってきたが、ジェフ・ベゾスCEOは“完全に差別化できるアイデアを持てれば”展開したいとインタビューに答えた。(2012/11/29)

孫氏は12位に:
米モバイル業界で最も影響力があるのはAppleのティム・クック氏――Fierce Wirelessが選出
Fierce Wirelessが、米モバイル業界で最も影響力がある人物を選出。影響力、ビジネスセンス、リーダーシップ、技術に関する知識などを考慮した結果、Appleのティム・クック氏がトップに選ばれた。(2012/11/16)

製品解剖:
Amazonの「Kindle Fire HD」を分解、Apple・Google対抗の小型タブレット
日本でも間もなく発売になるAmazonの新型タブレット。既に北米で販売が始まっている7インチ型のモデルを分解し、部品のベンダーやコスト構造を分析した。199ドルの売価に対し、部材コストは若干のマージンがありそうだ。ただ、同時に発表した初代機の改良版は価格が159ドルとさらに低く、マージンは見込めない。(2012/11/6)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2012/11/1)

Amazon、ハードウェア販売による利益をこれまでと同じく追求せず
Amazonにとって追い風なのはKindleの購入者が読書習慣を変える傾向にあるということだ。それ故に、端末の原価販売もいとわない。(2012/10/29)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。