ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  J

「Jリーグ」最新記事一覧

“巨人戦対応”の野球中継が命綱:
DAZN参入で「解約者続出」のスカパー、どう生き残る?
スカパーJSATが、報道陣に「『スカパー!』のプロ野球中継が限定的であるとの報道は誤解だ」との文書を送付。同社はなぜ、マイナスイメージの定着に嫌悪感を示しているのか。スカパーJSATに文書送付の真意を聞いた。(2018/2/22)

Twitterライブを活用:
DAZN、Twitterで「Jリーグ」公式戦を無料ライブ配信
DAZNがJリーグの試合をTwitter上で無料配信すると発表。公式アカウントをフォローした場合、毎節1試合をフルマッチで視聴できる。潜在顧客とのタッチポイントを拡大し、より多くの会員を獲得する狙い。(2018/2/20)

「プロ野球」も手中に:
スポーツ中継の“黒船”DAZNが日本市場を制覇するのか
DAZNが、2018年シーズンからプロ野球のコンテンツ配信を本格化すると発表。11球団のオープン戦の一部と公式戦全試合をライブ配信する。残る読売ジャイアンツとも交渉中という。(2018/2/16)

ロボット開発ニュース:
ロボット芝刈機を使って芝生整備、Jリーグ競技場で省人化効果を検証
Jリーグ加盟のガイナーレ鳥取が使用するチュウブYAJINスタジアムなどにロボット芝刈機「Miimo HRM520」を導入し、芝生の維持・管理に用いて省人化や低コスト化につながるかを検証する。(2018/2/16)

ソフトバンク、「スポナビライブ」終了 「DAZN」が引き継ぎ
ソフトバンクがスポーツ動画配信サービス「スポナビライブ」の提供を5月末に終了する。配信コンテンツの大半は、NTTドコモと提携する「DAZN」が引き継ぐ。(2018/2/8)

ヤフーが企業間ビッグデータ連携の実証実験を本格化 19年度の事業化を目指す
ヤフーがビッグデータやAI技術を活用する新規事業構想「DATA FOREST」(データフォレスト)を発表。既に十数社と実証実験を始めており、19年度の事業化を目指す。(2018/2/6)

日産や神戸市などと実験:
新体制で“データの会社”へ――ヤフーが新施策「DATA FOREST」で目指すもの
1月末開いた社長交代会見で、「ヤフーをデータの会社に変える」と述べた次期社長・川邊健太郎氏。今後ヤフーは、どのような戦略を展開するのだろうか。川邊氏と佐々木CDOが会見を開き、新施策「DATA FOREST」を発表した。(2018/2/6)

欧州CL、自転車競技を放送開始:
スポーツ中継の“黒船”DAZN、18年は何を仕掛ける?
スポーツ中継界の“黒船”こと「DAZN」。2017年は格闘技の“夢の対決”などを放送し、契約数が100万件を突破した。さらなる躍進に向け、18年はどんな施策を展開するのか。(2018/1/25)

地方発!次世代イノベーション×MONOist転職:
血液や血管からアジアの医療に貢献――東九州メディカルバレー構想(大分県、宮崎県)
「次世代の地域創生」をテーマに、自治体の取り組みや産学連携事例などを紹介する連載の第9回。大分県から宮崎県に広がる東九州地域において、血液や血管に関する医療を中心とした産官学連携の取り組み「東九州メディカルバレー構想」を取り上げる。(2018/1/19)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
サッカー日本代表はハリル監督で大丈夫なのか
サッカー日本代表、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督に対するバッシングが止まらない。ネットを見渡せば、彼にまつわる批判記事のオンパレード。ロシアW杯開幕まで半年ほどしかないのに、このままで本当に大丈夫なのか。(2017/12/28)

ビッグデータでアスリートの「戦い方改革」:
シスコが卓球の石川佳純選手を支援……って、どうやって?
シスコシステムズが、卓球の石川佳純選手および張本智和選手とアスリートアンバサダー契約を結び、アスリートの「戦い方改革」を推進する。(2017/12/6)

DAZN「年間視聴パス」をJリーグの各クラブが発売 料金の一部がチームの強化費用に
「DAZN」が年間1万9250円(税別)で見放題になる「年間視聴パス」を発表。Jリーグ2018-19シーズンに向けクラブごとに特典を付けて順次販売する。料金の一部はチームの強化費用として還元する。(2017/11/17)

託された経営改革:
ポップコーン会社の再建を 野球界から転身した男の奮闘
東北楽天ゴールデンイーグルスのチーム戦略担当、そして球団経営を担う一員としてどっぷりと野球界に身を置いていた男が異業種に飛び込んだ。現在、ポップコーン会社の経営再建に奮起する彼を追った。(2017/10/25)

楽天、NBAを国内独占配信へ 「Rakuten TV」で提供
楽天が米プロバスケットボール協会(NBA)とパートナーシップ契約を結んだ。日本国内でのNBAの放映、配信を楽天が独占する。(2017/10/10)

夏目の「経営者伝」:
サイバーエージェント社長が実践する「強い組織」の作り方
サイバーエージェント、藤田晋社長の経営哲学に迫る連載。最終回は「組織作り」「マネジメント」を中心にお伝えする。藤田社長が子会社の経営を若手社員に任せる理由とは?(2017/10/9)

人工知能ニュース:
AI研究開発センターを開設、AI技術を単品からパッケージまで提供
新日鉄住金ソリューションズは、人工知能(AI)関連の研究を組織横断で推進し、取引先でのAI技術の現場活用を支援する「AI研究開発センター」を開設した。(2017/10/4)

楽天、NBAウォリアーズとスポンサー契約 ユニフォームに楽天ロゴ サービス連携も視野
楽天が全米プロバスケットボールリーグNBAの「ゴールデンステート・ウォリアーズ」とのパートナーシップ契約締結を発表した。日本企業とNBAのスポンサー契約や、NBAのユニフォームにスポンサーロゴが入るのは初めて。【訂正あり】(2017/9/13)

メチャクチャおいしそう! サポーターがチームの勝利を祈ってカツ丼を食べる「Jリーグカツ丼部」ハッシュタグ広がる
ご当地カツ丼なども満載のハッシュタグで、見ているだけでよだれが出そう。(2017/9/4)

PR:かつての闘将が重視するのは「コミュニケーション」 柱谷哲二さんが語る強いチーム作りの本質とは?
現役時代はキャプテンとして黄金期のヴェルディ川崎や、サッカー日本代表を率いた「闘将」こと柱谷哲二さん。現在はJFLに所属するヴァンラーレ八戸FCで監督として指揮を執っている。そんな柱谷さんに強いチーム作りの勘所を聞いた。(2017/8/30)

Jリーグ公式「ジーコおじさんの子ども電話相談室」公開 終盤に巻誠一郎くんや柳沢敦くんからの相談も寄せられる
胸が熱くなるメンバーだな……。(2017/8/30)

1年で会員100万人突破:
スポーツ中継の“黒船”DAZN、快進撃は続くのか
2016年8月の日本市場参入から1年間で、急成長を遂げているスポーツ配信サービス「DAZN」。ジェームズ・ラシュトンCEOと、DAZN日本法人の中村俊社長が、これまでの展開を振り返るとともに、今後の方針を語った。(2017/8/29)

ミクシィ、プロバスケチームとスポンサー契約 スタジアム建設は「決定した事実ない」
チケット売買サイト「チケットキャンプ」を運営するフンザが、プロバスケットボールチームとスポンサー契約を結んだ。(2017/8/24)

「ミュージシャンは食えない」ってホント? 元プロサックス奏者にあれこれ聞いてみた(前編)
憧れだけじゃメシは食えない。(2017/8/15)

サッカー解説者デビューの小柳ルミ子 初陣へ向け代表DF槙野智章と2ショット
年間観戦数は2000試合以上!?(2017/7/10)

【連載】戦略PRが世界を動かす 第2回:
本田哲也×佐藤尚之:「人が動く」とはどういうことか? コミュニケーションのプロと語る
インターネットとSNSの浸透で個々人の興味はさらに細分化されていく中、企業はどのように消費者とコミュニケーションすべきか。戦略PRのプロとコミュニケーションのプロが語る。(2017/6/23)

「docomo with」「サブブランド」「ラグビー」「顧客対応」――NTTドコモ株主総会一問一答
NTTドコモが26回目の定時株主総会を実施した。株主総会は、株主が経営陣に直接質問できる数少ないチャンスでもある。ドコモの株主は、どのような質問(あるいは意見)を投げかけたのだろうか……?(2017/6/21)

18〜19季から放送:
DAZN、欧州CLなどの独占放送権獲得 スカパーから移行
DAZNが、2018年〜19年シーズンから3季分の「UEFAチャンピオンズリーグ」「UEFAヨーロッパリーグ」「UEFAスーパーカップ」の独占放送権を獲得したと発表。(2017/6/15)

DAZN、欧州チャンピオンズリーグなど日本で独占放映へ Jリーグに続き「スカパー!」から移行
DAZNが、欧州チャンピオンズリーグ(CL)、欧州ヨーロッパリーグ(EL)、欧州スーパーカップについて、2018年以降3シーズン全試合の日本向け独占放映権を獲得。(2017/6/15)

【連載】戦略PRが世界を動かす 第1回:
本田哲也×田端 信太郎:人の行動を変える情報戦略
SNSで誰もが意見を発信できる時代。可視化した個人の声は、時に企業の炎上騒動にも発展する。この時代の情報戦略とは。戦略PRのプロとメディアのプロが語る。(2017/6/9)

DAZNがApple TVに対応、iOSアプリもリニューアル
(2017/6/1)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
戦略PR 世の中を動かす新しい6つの法則
世の中の仕組みを理解し、どう寄り添っていくかという発想がないと素晴らしい商品やサービスであっても、うまくいかない。あらゆる分野において、戦略PRの発想が求められているのだ。(2017/5/25)

Jリーグ、公式ECサイトを楽天に委託 「クラブチームは物販に人員を割けない」
楽天がJリーグと契約し、ECサイト「Jリーグオンラインストア」を7月中旬にリニューアルする。商品発送や決済などの業務を、楽天が引き受ける。(2017/4/24)

ガンバ大阪を応援する横断幕、旗などがすべての公式戦で禁止に 一部サポーターがナチスを思わせる旗を使用したため
以前にも類似のトラブルがあり、サポーターグループに警告していました。(2017/4/21)

デジタルマーケティング分野から支援:
サイバーエリアリサーチ、清水エスパルスとクラブスポンサー契約を締結
サイバーエリアリサーチは2017年4月10日、Jリーグのプロサッカークラブ「清水エスパルス」とクラブスポンサー契約を締結したと発表した。(2017/4/11)

メルカリ、鹿島アントラーズのスポンサーに 試合後に選手ユニフォームを出品
最寄駅からホームスタジアムまでの道路は「メルカリロード」と命名。(2017/4/7)

投資回収には遠い加入者数:
DAZN、遠い採算ライン スポーツ映像配信 波乱の船出 
スポーツのライブ中継で日本に上陸したDAZNが順調に加入者数を伸ばしているが、投資を回収できるレベルには程遠い。(2017/3/24)

Jリーグ中継の「DAZN」、配信障害の原因を説明 「システムの一部不具合がデータベースの破損を起こした」
トラブルに見舞われたユーザーには、2週間の無料期間提供といったフォローがなされる。(2017/3/2)

「DAZN」Jリーグ中継不具合、原因が判明 データベースが破損
DAZNが2月26日のJリーグ中継の一部試合が視聴できなかったトラブルの原因を説明。再発防止策を講じるほか、ユーザーの無料体験期間を延長する。(2017/3/2)

人見知りの達人:
人見知りだって人を誘いたい!(でも断られるのは恐怖) そんなときどうする?
(2017/3/1)

「DAZN」Jリーグ戦中継不具合、原因は「非常にまれな障害」 見逃し配信にも影響
DAZNは、26日のJリーグ中継の障害について「非常にまれな事象だったため即時復旧できなかった」と釈明した。障害の影響は見逃し配信にも及んだという。(2017/2/28)

「DAZN」のJリーグライブ配信で不具合――YouTubeなどで緊急配信
(2017/2/27)

Jリーグ中継で障害相次ぐ「DAZN」、CEOが謝罪声明 視聴者への対応は今後発表
トラブルの原因は「配信映像へ方式変換するプラットフォームにあるスケジューリングシステムの構築誤差」?(2017/2/27)

「DAZNでJリーグ中継」障害続発 配信できなかった試合、YouTubeでフル公開も
Jリーグ戦の映像ライブ配信を始めた「DAZN」で、25日の開幕戦から2日連続でトラブルが発生し、視聴者から不満の声が上がっている。(2017/2/27)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
スペインで、柴崎岳に何があったのか
CDテネリフェの医療チームから「不安障害」の可能性を指摘されたMFの柴崎岳が、復帰する見通しとなった。「柴崎はスペインリーグに強い興味をもっていた」と言われていたのに、なぜ体調を崩したのか。(2017/2/24)

新型「Fire TV Stick」日本発売 音声認識リモコン付き Jリーグ開幕には間に合わず
新型の「Amazon Fire TV Stick」の予約受付がスタート。出荷は4月6日からで、今季のJリーグの開幕には間に合わなかった。(2017/2/22)

観客が増える理由も分かる:
Jリーグの年間入場者数、AIで予測 観客増に生かす
新日鉄住金ソリューションズが、AIの機械学習を使用し、Jリーグの年間入場者数を予測する技術を開発した。同社の試合日程作成システム「日程くん」に導入し、より多くのファンの来場が見込まれる試合日程の立案につなげる。(2017/2/17)

石川温のスマホ業界新聞:
NTTドコモが月額980円でスポーツ中継配信「DAZN」を開始――月額1750円からの大胆値下げで「差額の原資」に質問が集中
NTTドコモと英Perform Groupが提携し、スポーツ中継サービス「DAZN(ダ・ゾーン) for docomo」を開始する。それに先だって開かれた会見後、ドコモの吉澤和弘社長が囲み取材に応じた。(2017/2/17)

ひかりTVチューナーでも「DAZN」が視聴可能に
NTTぷららは、同社の「ひかりTV」が、スポーツのライブストリーミングサービス「DAZN」(ダ・ゾーン)およびNTTドコモが提供する「DAZN for docomo」に対応すると発表した。(2017/2/8)

Perform Groupとドコモ、「DAZN for docomo」を2月15日から提供 Jリーグなど人気スポーツが見放題
スポーツのライブストリーミングサービス「DAZN(ダ・ゾーン)」がドコモとコラボする。ドコモ携帯電話契約者向けの割引料金を提供するほか、「dTV」との併用契約者に合計月額料金の割引も提供する。(2017/2/8)

ソフトバンク、「スポナビライブ」値下げ スポーツ動画配信でドコモに追従
ドコモが同日発表したスポーツ専門動画配信サービス「DAZN for docomo」に追従して値下げ。(2017/2/8)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。