ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  K

  • 関連の記事

「Kickstarter」最新記事一覧

自分の娘を被写体にしたホラー写真集、米写真家が発売 大人が見ても怖すぎると話題に
夜トイレに行けなくなるやつだ……。(2016/5/24)

太陽光:
太陽光だけで料理ができる、燃料不要のクリーン調理器具
太陽光だけをエネルギー源として食材を調理できるユニークな製品が登場した。米APPLIED SUNSHINEが開発した製品「gosun stove」だ。食材を入れた真空管チューブを、太陽光を集光する独自形状のリフレクターで包むようにすることで調理が行えるという。日本ではeSPORTSが代理店として販売を行う。(2016/5/24)

口装着型ねこペロペロブラシが誕生 猫と人間の関係は新たなステージへ
猫ペロペラー「「「うおおおおお!!!」」」(2016/5/21)

バイクや自転車の盗難、爆発音で知らせる 世界一うるさいかもしれない警報装置「BIKE MINE」
自転車泥棒にとってはまさに地雷。(2016/5/21)

クラウドファンディング「成立」のその後:
「都会のマンションの閉塞感がいやだった」 任天堂出身エンジニアが“4K映像デジタル窓”に込めた思い
無味乾燥な部屋の壁が「大自然」に早変わり――そんな4K映像デジタル窓を任天堂出身の技術者が中心となって開発した。彼らはなぜ任天堂を飛び出し、デジタル窓に情熱をささげることにしたのか。開発元CEOに聞いた。(2016/5/20)

近未来の健康ガジェット:
アイマスクに水を循環 目の疲れを解消するウェアラブルアイマッサージャー「Aurai」
多くの人が1日中酷使している目を、温水や冷水を使ってマッサージしてくれる興味深いウェアラブルデバイスが「Aurai」です。疲れ目に悩んでいる人はぜひチェックしてみてください。(2016/5/15)

電球ソケットに挿すAndroid搭載プロジェクター「Beam」、Japan IT Weekで初披露
「Japan IT Week」にBeams Labs製のAndroid搭載プロジェクター「Beam」が日本で初披露された。電球のソケットに差し込み、LEDライトの照明として使え、Android OS搭載のスマートプロジェクターとして画面を投影することもできるというユニークな製品だ。(2016/5/13)

プログラミングの考え方を学べる絵本「ルビィのぼうけん」発売
プログラミングの基本的な考え方を学べる子ども向け絵本「ルビィのぼうけん こんにちは! プログラミング」が翔泳社から5月19日に発売される。(2016/5/12)

仏ゲームクリエイターがジブリや宮本茂作品をオマージュ 「Lynn and the Spirits of Inao」がクラウドファンディング開始
音楽もしっかりジブリテイスト。(2016/5/12)

個人で真空成型工場が持てるデバイス「FormBox」がKickstarterで人気
これからは副業が製造業とかアリなのかも!(2016/5/11)

「VR=仮想現実」ではない? VRの“第2次ブーム”で世界はどう変わる
VRはどんな未来を作るのか――Oculus、HTC、ソニーの代表者が「Japan VR Summit」で議論した。(2016/5/10)

“日本製”の海外進出を資金面からも支援「DMM Starter」開始
DMM.comがAWESOME JAPANと提携、海外クラウドファンディング申請支援「DMM Starter」を開始する。モノづくり施設のDMM.makeなどとも連携し“日本発”製品の海外進出を資金面も含めて包括的にサポートする。(2016/5/9)

「シェンムー」のような作品は当時“タブー”だった―― 鈴木裕氏、「誰にも理解してもらえなかった」と開発の苦労明かす
本日発売の「別冊少年マガジン」で、鈴木裕氏が「シェンムー」開発や当時のゲーム業界について振り返っています。(2016/5/9)

52種の楽器演奏を1台で! アコーディオン風電子楽器「du-touch S」がKickstarterで人気
工夫されたキー配列により直感的な演奏が可能。(2016/5/7)

Oculus Riftはじめました:
GWはみんなどこに行った? ぼくは月に連れてってもらったよ、アポロ11号で
Oculus Riftがあれば、人類の偉大な一歩を踏めるのだ。(2016/5/5)

これハン・ソロが遊んでたやつみたい! SWのモンスターチェスを手掛けた巨匠・フィル・ティペットがARカードゲームを開発
クラウドファンディングの成功次第で、Playstation VRやOculusへの移植も。(2016/5/5)

必要な時間は1分! あっという間に電動アシスト付き自転車に変身できる「GeoOrbital Wheel」がKickstarterに登場
販売されている大人用自転車の95%が交換可能となっています。(2016/5/4)

6月には遊べるぞおおお! 「ロックマン」稲船氏の新作ゲーム「Mighty No.9」の発売日が確定
北米、日本およびアジアは2016年6月21日発売!(2016/5/3)

スフィンクスやエッフェル塔 世界の名所をデザインしたペット用ダンボールハウスが出資者を募集中!
世界旅行気分ニャワン。(2016/5/2)

“ハグ”ポケット付きだと……! リア充専用パーカーがクラウドファンディング中
服ですから誰でも着られますとも、ええ。(2016/4/30)

あえてバーチャレーシングみたいなカクカクポリゴンにこだわったレースゲームがクラウドファンディング中
エンジン音と機関銃音が響くレース!(2016/4/21)

近未来の健康ガジェット:
いびき防止機能も搭載! 理想的な睡眠を支援するスマートなベッド「Balluga」
最近、睡眠の質を高めるデバイスなどが登場していますが、今回紹介するのはなんとスマートなベッドです。Kickstarterですでに目標を超える資金を調達済み。安くはありませんが、ほしいかも、と思えるベッドです。(2016/4/16)

製品分解で探るアジアの新トレンド(4):
“時代遅れのIC”で勝機をつかむ中国勢
今回紹介するD2Mのデジタル・フォトフレーム「Instacube」には、中国製のチップがぎっしりと詰まっている。なぜ、これらの中国メーカーはデザインウィンを得たのか。(2016/4/7)

アニメ「風雲維新ダイショーグン」が360度映像化目指してKickstarterで資金募集中 お色気あり・ロボットありの冒険活劇をCGで
スマートフォン、PC、各種VRヘッドセットなどに向け公開予定とのこと。(2016/4/4)

5万円以下のモデルも:
未来はすぐそこに! 今熱いVRヘッドマウントディスプレイまとめ
誰もが気軽にVRを楽しめる時代がやってきた。今話題のVRヘッドマウントディスプレイを紹介する。(2016/4/4)

何これ便利! たった10分で氷が作れるクールな製氷トレー「Freez THAT!」
水だけでなく、ジュースやチョコも急速冷凍できちゃいます。(2016/4/3)

既に技適など取得済み:
Nextbitの「Robin」、ソフトバンクの「+Style」で販売へ 価格は4万円台を予定
米国のベンチャースマートフォンメーカーが手がけるAndroidスマートフォンが、ソフトバンクの「+Style」で販売される予定だ。価格は4万円台になる見通し。(2016/3/30)

「Oculus Rift」出荷開始 専用ストア以外でもコンテンツ購入が可能に
VR HMDの「Oculus Rift」製品版の出荷が始まった。早期に予約したユーザーの元には今週中に届く見込みだ。新しいSDKもリリースされた。開発者はOculus Store以外でもアプリを販売できる。(2016/3/29)

近未来の健康ガジェット:
体の動きを記録・比較できるトレーニング専用スーツ「Enflux Smart Clothing」
活動量計よりも、さらに細かく全身の動きを記録し、たのデータと比較ができるという、高性能なトレーニング用スーツが資金を調達中です。腕や足、胴体など、10カ所にモーションセンサーを搭載しています。(2016/3/21)

ヴォルデモートの学生時代を描く「ハリー・ポッター」のファンフィルム、Kickstarterで資金募集中
タイトルを言ってはいけない。(2016/3/20)

危険な運転中のスマホいじり、IoTデバイスの力で解決 家の施錠や空調操作も
米国では運転中のスマホ操作による不注意が引き起こす事故が年々増加している。Kickestarterに登場した「スマートマウント」は、そんな問題を解決するかもしれないデバイスだ。(2016/3/18)

遊んでいるうちに3歳児がプログラマーに
手で触れて遊べるプログラミング言語(玩具)「Cubetto」がKickstarterに登場した。(2016/3/11)

地球上にちりばめられたフォントを使いたい?
衛星写真に写った建物の形をアルファベットに見立てて、フォントにしてしまう技術が登場した。(2016/3/11)

近未来の健康ガジェット:
脳波を測り、音で快適睡眠に誘うスリープトラッカー「Sleep Shepherd Blue」
単に睡眠の状態を記録するだけでなく、よりよい眠りをもたらしてくれる製品が、Kickstarterで支援者を募集しています。すでに目標額を大幅に上回る金額を集めているこの製品、どんな機能を持っているのでしょうか。(2016/3/6)

人工知能ロボット「Musio」の量産にも貢献――スタートアップを支援する「BRAIN PORTAL」とは?
リクルートホールディングスのMedia Technology Lab.は、中小企業や工場、専門家とハードウェアスタートアップをマッチングし、製造支援を行う新サービス「BRAIN PORTAL」を、2015年12月に発表した。BRAIN PORTALでは、具体的にどんな支援をしているのか?(2016/3/4)

素手で仮想物体を動かせるAR HMD「Meta 2」、949ドルで予約開始(日本からも購入可)
MicrosoftのHoloLensの競合となるAR HMD「Meta 2」の開発者キットの予約が始まった。価格はHoloLensの3分の1以下の949ドルで、日本からも購入できる。出荷は7〜9月の予定。(2016/3/3)

Spotifyオフラインプレーヤー「Mighty」がiPod shuffleすぎる
iPod shuffleそっくりな音楽再生デバイスがSpotify向けに登場した。(2016/2/26)

プロはCP+ 2016をどう見たか 荻窪圭、三井公一が気になった製品を紹介
例年多くの人でにぎわう、写真とカメラのイベント「CP+ 2016」。普段から製品レビューなどでカメラやレンズ、アクセサリー類に触れているプロは、展示のどこに目を引かれたのか。初日を終えた25日の夜に話を聞いた。(2016/2/26)

VRのハードル下げるか――日本発、視線追跡型VRヘッドセット「FOVE」
日本で開発されているVRヘッドセット「FOVE」は、視線追跡技術を活用している点が特徴。高価なコンピュータでなくてもVRコンテンツが楽しめ、普及へのハードルを下げる可能性を秘めています。(2016/2/25)

Oculus Rift、PlayStation VR、HTC Vive……:
もう知らないと乗り遅れる? 「VR(Virtual Reality)」の基礎知識
2016年は「VR元年」となりそうです。VRって何? 何がスゴイの? なぜ今話題なの? これからどうなるの? そんな素朴な疑問にVRアプリ開発者が答えます。(2016/2/21)

99ドルの格安3Dスキャナーがクラウドファンディング中 目標金額を大きく上回る人気
オープンソース3Dスキャナー「BQ Ciclop」がベース。(2016/2/20)

512個のLEDをプログラミングできる“3次元イルミネーション”キューブ「L3D CUBE」
512個の内蔵LEDを自由にプログラミングできる“3次元イルミネーション”キューブ「L3D CUBE」が「Makuake」で先行販売している。(2016/2/19)

「Firefox OS」の父、スマートホームプロジェクト「Sense」立ち上げ
MozillaのCTOを昨年6月に辞めてIoT企業Silk Labsを創設したアンドレアス・ガル氏が、スマートホーム端末「Sense」のプロジェクトをKickstarterで立ち上げた。監視カメラにもなるスマートハブだ。(2016/2/17)

スマホで360度画像を撮影 小さなターンテーブルがKickstarterで人気に
ネットオークションに出品する時に使えそう。(2016/2/9)

「とある魔術の禁書目録」錦織博監督によるオリジナルCGアニメ、クラウドファンディングで支援募集!
目標金額は1500万円。日米での達成を目指す。(2016/2/8)

「とある」シリーズ錦織監督の挑戦:
アニメ業界に新時代を 2人のアニメ馬鹿が「CHIKA☆CHIKA IDOL」プロジェクトに込めたメッセージ
「とある魔術の禁書目録」シリーズを手掛けた錦織博監督が、クラウドファンディングでアニメの制作資金を募る。(2016/2/1)

Kickstarterで話題の「エア盆栽」をさっそく自作してしまう職人あらわる
約40ドルほどで作れたそうです。(2016/1/31)

溢れ出るラピュタ感 空中浮遊状態の「エア盆栽」が謎カッコイイ
親方! 空から盆栽が!(2016/1/24)

周囲の音をクラウド解析「Listnr」、Cerevoが発売 乳児の声で感情を読み取り
Cerevoが、周囲の音をクラウドで解析し、乳幼児の感情分析などに役立てるデバイス「Listnr」を発売する。(2016/1/22)

カフェイン量をトラッキングできるデジタルタンブラー「Ozmo」 Kickstarter発のプロダクトが登場
1日に必要とされる水分量は個人によって異なる。「Ozmo Smart Cup」はアプリと連携することで水分量やカフェイン量をトラッキングしてくれるデジタルタンブラーだ。(2016/1/17)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。